私達はAI化にビビり過ぎているかもしれない

生活

最近機械化やAI化によって仕事が無くなると言われている。

レジがいらなくなる。

タクシーの運転手やバスの運転手も必要無くなる。

自動運転になるから。

なんて言われている。

AI化が進めば私達の仕事はどんどん無くなっていくらしい…。

最初にこれを聞いた時に思ったこと。

「やばいじゃん!仕事が無くなったら生活出来なくなるじゃん!」

でした。

「何か新しい事を始めなきゃ!」

って焦る自分がいました。

でもその後、よく考えてみたんです。

「あれ?便利になるってこと?」

って。

たぶんAI化が進むにつれて、世の中は更に便利になる。

今やっている仕事が無くなる恐怖ってのもあるかもしれない。

でもきっと、もっともっと便利になるんです。

だってこれまで人がしなくてはいけないことが機械で出来るようになるかもしれない。

ってことはです。

人は必要無くなるかもしれないけど、便利になるってことなんです。

人の代わりに機械がやってくれることが増えるわけですから。

ビビる事ではなくて、むしろ有難い事なんじゃないだろうか。

スポンサーリンク

仕事が無くなるんじゃなくて仕事の在り方が変わるだけ。

AI化が進むにつれて「仕事が無くなる」って言われてはいますが、たぶん仕事は無くならない。

「機械に任せられる部分が増えるだけ」であって、人の仕事が無くなるわけじゃない。

もちろん職業によっては多くの人を抱えなくて済む。

だからリストラなんていうネガティブな響きだけど、人員削減に向かうと思う。

これは言っちゃいけないかもしれないけど、「しょうがない」んです。

だって機械が勝手にやってくれるのにわざわざ人でやらないでしょ。

私でもやらない。

もし自分が家にいて、機械が食事を作ってくれたら最高だし、機械が掃除をしてくれたら最高。

洗濯、その他の家事。

全部AI化で進化した機械にお任せしたいと思います。

でもその機械を作るのは人。

AI化が進む中で新しい仕事を生み出すのも人。

きっとAI化が進む中で無くなる仕事もあれば新しく生まれる仕事もあるんです。

だからと言って危機感を持たないなんてことはない。

だって、「危機感」はいつの時代でもあるでしょう。

今だって、危機感はある。

「終身雇用してくれる会社」はどんどん減ってきている。

いつだって危機感はあるんです。

時代と共に私達は働き方や仕事の内容を変えたり新しく作ったりしてきたはず。

「何かに対して一生懸命やる!」っていうスタンスさえ崩れなければ大丈夫だと思ってます。

AI化が進んだって、全ての仕事が無くなるわけじゃない、きっと仕事の在り方が変わるだけなんだと思う。

AI化が進むにつれて世の中が便利になるのは間違いないんです。

そんなに暗くなってどうする。

むしろ機械が頑張ってくれている分、私達の働く時間が短くなるかもしれない。

もちろん給料はそのままで。

それは素直に嬉しいことなんじゃないかと思うんです。

スポンサーリンク

いつの時代も「未来は暗い」って言われていたような気がする。

「最近の若者は!」なんていつの時代も言ってます。

私が子供の頃も言われていたけど、今は我が子に言ったりします。

「昔は良かった」って思う部分もあるでしょう。

でも今だからこそ出来ることだってたくさんあるんです。

インターネットのおかげで様々なサービスが展開されるようになった。

それは私達にとって身近な仕事になった。

もちろん無くなった仕事だってある。

でもやっぱり新しい仕事が生まれているんです。

その為に必要な技術や知識も新しくなる。

いずれポピュラーに。

それって大変なことなんだろうか。

暗いだろうか。

むしろ楽しいことなんじゃないだろうか。

インターネットが普及していく中で「新しい犯罪が増えている」ってニュースを目にすることがある。

それだっていつの時代も一緒。

社会が進化すれば犯罪も進化する。

ずっとそうやって私達は成長してきたんです。

終わりなんてない。

いつだって「未来は暗い!」って言われながら生きてきたじゃないですか。

もうギャグなんです。

「未来は…暗い…」

ってギャグ。

未来は誰にもわからないんです。

ツイッター。

フェイスブック。

ライン。

インスタグラム。

youtube。

それが犯罪に使われることがあるんだと…。

初めて「包丁」を手にした時、それを料理に使うモノだって誰が教えたんだろう。

料理人が素早く材料を切る為に作ったはずなのに。

使い方を間違えている。

使い方を間違えてはいけないモノってインターネットが無い時代からたくさんあった。

それを「新しい犯罪」なんて言い方をしたら…。

暗いよね。

未来は暗いと思い込んじゃうでしょ。

暗くない。

むしろ明るい。

使い方を間違えてはいけない。

AI化だって一緒だと思う。

スポンサーリンク

物事は捉え方でいくらでも変えられる。

AI化が騒がれ始めている中で、「仕事が無くなる…」って考えている人と「チャンスだ!」って考えている人がいる。

動じない人もいるかもしれないけど。

極端に感じ方が違う人達がいるんです。

同じAI化なのに。

「やばい!」って感じるのか「チャンスだ!」って感じるのか。

捉え方によってはいくらでもやばくなるしチャンスにもなるってことです。

せっかくなら、「チャンス!」って思える人になりたい。

「やばい!」って思ってたらそれこそ暗い未来を想像してしまいそうだから。

AI化って世の中の大半の人からすれば「便利になる」ってことなんです。

そもそも人類が求めていたことだったりするんです。

「もっと便利にするには」ってずっと考えて、やっと辿り着けるかもしれない領域なんです。

それを間近になって「危ないよ!」とか「やばいよ!」とか言ってたら人類は進化しなかったと思う。

むしろ誰も求めていないのにAI化なんて進まない。

大半の人が求めているんです。

そこが「ビジネスチャンスだ!」って感じて頑張っていた人達がいるんです。

だからこそ開発が進められて来たんです。

それを今になって「やばくない?」って言う。

うーん。

「自分にとって都合が良い進化」よりも「多くの人にとって都合が良い進化」が優先されてきた結果が今なんじゃないだろうか。

医学の進化に機械の進化。

治らなかった病気が治るのは嬉しいことです。

出来なかったことが出来るようになる機械が作られるのは嬉しいことです。

私達の進化はどこに行った。

進化を拒んで良いんだろうか。

スポンサーリンク

私達も進化しなくちゃいけない。

おじいちゃんが「十分過ぎるくらいに便利だ。これ以上はついていけない。」ってパソコンでスーパーのチラシを見ながら言ってた。

携帯の充電を気にしてた。

誰かが来るとモニター越しに郵便屋さんと話してた。

薄型テレビを「ハイビジョンだぞ」って言いながら買ってた。

スマホでラインを使ってる。

…。

おじいちゃん。

それ、全部前までなかったやつじゃん。

それを使いこなしながら「これ以上ついていけない。」って。

ちゃんとついていけてます。

最初は大変だったかもしれない。

慣れるまで時間がかかったかもしれない。

でも、何をするにも「最初はわずらわしい」んです。

意味がわからないものです。

でも気が付きゃ使いこなしてたりします。

AI化にそんなにビビることはない。

大丈夫。

私には人類がAIを使いこなしている未来が見えます。

だってスマホだって前の携帯より直感的に使えて便利なんだから。

AI化が進めばもっと直感的に便利になると思う。