「Amazon Go」と「無人レジ導入店」には考え方に大きな差がある

生活

最近近くのイオンの入り口に商品についているバーコードをスキャンする機械(スマホ)が置いてあるのを目撃した。

そのサービスは「まだ実験中」として、店側のスタッフが説明しながら使ってみてくれる客に声をかけていた。

もちろんミーハーな私達家族はそれを手に取って使ってみることに。

機械についているカメラで欲しい商品のバーコードを読み込みながらカゴに入れていき、専用のレジで支払いをする。

店員の手間を省くのに役立つと考えてのことだと思うけど、まず、客側の手間を増やすんだからその機械を使って人手を減らすつもりなら、商品をその分安くしないと…。

手間を客に押し付けてるのに商品の値段は据え置きって…。

一回目は新鮮で「ピッ」と読み込む動作に楽しみはあったけど、商品が多くなればなる程、めんどくさい事に気が付く。

最後はレジの横にある精算機に持っている端末が表示しているQRコードを読み込ませて清算するんだけど、この場合、商品が大量にあると実際に全てを本当に読み込んだのかどうかを確認するのがしんどい気がするのです。

レジが混まないように考えた仕組みなのかもしれないけど、大量に買い込んだ場合、読み込まれていない可能性がある商品を見つける事が難しい。

スーパーなんて商品は多いし、サイズ感もバラバラ。

買い物カートのカゴに大量に入っていると、さすがにごまかせそうな気がしてしまう。

無意識な万引きが発生してしまいそうでなんかちょっと怖いです。

今後はAIの進化により、レジが無くなると言われているけど、客側の動作を増やすのが得策だとはどうしても思えません。

全ての商品を自分で「ピッ」とやるパターンは多くのお店で見たことがあるけど、こっちの手間が増えるしやっている事はレジ打ちの仕事と同じなんです。

それなのに商品の値段は同じ。

無人レジの考え方が気になって色々調べていると、アメリカには「Amazon Go」というコンビニエンスストアがある。

このコンビニには無人レジどころか、「レジそのものが無い」のです。

無人レジって結局客側がレジ打ちをする人の代わりに作業しなきゃいけない。

でも「Amazon Go」にはレジそのものが無いんです。

客はお店に入って、商品を持って出て来るだけ。

細かい仕組みは後でちょっと説明しますが、根本的な考え方が違う。

めんどくさい作業を客側にやらせるのが無人レジの考え方。

レジそのものが無いのが「Amazon Go」の考え方。

無人レジのめんどくささを知る私からすると、レジそのものが無い方を応援したいんですが、今回はこれからのレジの在り方について伝えたい。

スポンサーリンク

無人レジとは。

無人レジは冒頭で伝えたような「レジ打ちを客側にやってもらう」システムになります。

最近ではレジが並んでいるスペースの端の方に自分でバーコードを読み込むタイプの無人精算機を良く目にします。

「客が自分でバーコードを読み込む」必要があるレジ。

単純にこれまで店員がレジでやっていた作業を客側に投げたってことです。

こちら側に作業を投げたとしても、客足が増えれば増える程従来のレジと同じように行列が出来る可能性があります。

全てを無人レジにすれば操作がわからない人がその流れを止めてしまう可能性があり、「説明する無駄な時間や無人レジ専用の人員確保」も想定しなくてはいけない。

良く考えると、並ぶ時間の短縮も人員削減もそこまで期待出来ないのです。

客側としては結果的に「便利」とは思えない仕組みになっている。

客の手間を増やすのなら、やっぱり普通にレジに並ぶ人よりも商品を安くしないといけない。

じゃないとめんどくさいだけだから私はいつものレジに並ぶのです。

「レジ無し」システムとは。

一方アメリカで展開している「Amazon Go」は、完全にレジが無いコンビニエンスストアになる。

入り口のゲートに設置されている機械にスマートフォンアプリから表示したQRコードを読み込ませる事で入場が可能になる。

前もってクレジット情報などをアプリを通じて登録しておくことでQRコードの表示が可能になる。

そのQRコードが入場扉の鍵になる。

そしてその後は中にある品物を持って出口のゲートを通って外に出るだけ。

レジで精算する手間は全くない。

お店を出るとQRコードを表示していたアプリからの通知が来る。

そして買った商品の領収書が画面に表示される。

登録してあるクレジットカードの決済も完了する。

このシステムを可能にしたのは今最も注目されているAIの進化です。

店内には多くのカメラやセンサーが設置されていて、該当の人物がどの品物を持って出たのかをコンピューターで解析し、特定する。

全ての商品棚で重量計測を常に行っていて、重さの変化から商品の動きを把握したり、様々なセンサーや設置されているカメラを通じてAIが人の動きを分析する。

誰がどの商品を持って出たのかを全てAIが管理出来るようになっている。

おかげで私達の動作は「お店に入って商品を持って出るだけ」となる。

無人レジで店員の代わりに「ピッ」とやる必要はない。

このシステムは店側の人員削減も客の手間も省ける。

私は絶対に「こっち派」です。

既存のお店で「レジ無し」はコストが大きいかも。

レジ無しの店舗がどんなに便利だとしても、現在稼働している店舗にそのシステムを導入出来るかどうか問われると、ちょっと難しい。

まず、技術的にアメリカだけで展開されている「Amazon Go」の専売特許のような形になっている事実。

実際にそういったシステムを店単位で開発して導入するにはコストがかかり過ぎる。

だから今はまだ「無人レジ」で精一杯。

多くのカメラやセンサーを使ってスマホアプリとの連携までをひとつの店舗で考えるには人手とお金が足りないのです。

ただ、近い未来で、まさしくAIを使った「レジ無し」の店舗が主流になってくる。

アメリカでも「Amazon Go」は一号店のオープンから続々とその数を増やし始めている。

レジを通さずとも商品を買えるシステムは私達に時間の恩恵を与えてくれる。

仕事で忙しくてもすぐに必要な商品を持ち出せる。

子供連れでもすぐに必要な商品を持ち出せる。

財布を出し、お金を数えて支払ったり、クレジットカードを出す必要も無い。

全てがアプリ管理になれば、ポイントなどが溜まるシステムも導入が可能になる。

レジに並ぶ必要も無い。

混雑も、そういった時に起きるヒューマンエラーも無い。

ただ、現段階では「Amazon Go」だけが真っ先に実践している状態であって、そのシステムを手広く展開するまでには至っていない。

もし今すぐに既存の店舗にレジ無しシステムを導入するには相応のコストを覚悟しなくてはいけない。

NTTデータが頑張ってるみたいです。

実は今、日本の企業で「Amazon Go」と同じ、レジ無し店舗システムを設置出来る技術を公開した会社がある。

NTTデータです。

仕組みは「Amazon Go」とほぼ一緒。

それを店舗まるまる導入出来るサービスを展開。

詳しくは https://digital.nttdata.com/commerce/pickup/pickup_09.html にて公開している。(NTTデータのページ)

これから小売業として店舗を持ちたいと考えているオーナーさんはいち早く導入が可能になるかもしれない。

後々現在稼働している店舗にも導入されていくのではないかと私は考えている。

駅の中とか、駅の周辺とか、時間帯によって込み合いそうな場所にレジ無しシステムが搭載された店舗があると便利かもしれない。

私は駅の近くにオフィスを構える会社で働いている時に、「朝」と「昼」はコンビニに行くのをやめたくなる程レジが混むのを毎日見ていた。

だから個人的にもそういった場所にあるコンビニなどに導入されればもっと利用しやすくなるんじゃないかと思っている。

AIの進化によってレジの仕事は無くなると言われているけど、そもそも店舗内で働いていて、「レジ専門の人員」などほとんど聞いた事が無い。

様々な仕事をする中で「レジもやる」っていう認識がほとんどだと思う。

今後は無くなる仕事も増えてくるのかもしれないけど、さらに便利になるのなら私はAIの進化に期待する。

無人レジはこっちの手間が増えるだけでAIの進化とはまた別の話のような気がしてならないのです。

生活
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました