「ダメな会社」と「良い会社」の違い

仕事

私には誰もが認めるであろうブラック企業で勤めていた過去があります。

その時の事を思い出すと、「二度と戻りたくない!」と語尾が裏声になるくらい本気の声が出そうになる。

凄く辛かったんです。

労働時間が異様に長い。

人間関係もめんどくさい。

仕事内容がシンプルにきつい。

この会社がブラックであることは明らか。

でも辞められなかった。

なんか、辞めたくないというか、意地みたいなのが発生したんです。

自分の中で勝手にね。

その心理現象はきっと「周りは普通にやっている」とか「与えられた職務はやるのが当たり前」って責任感が強い人は凄く感じるものだと思う。

責任感から来る使命感は結構危ないらしいのです。心理学的に。

無茶しちゃうから。

だけど私にはそこまでの責任感は無く、結局5年くらい勤めてやめた。

それなりにやり切った感もあったし、その会社で得られる「何か」は自分に経験として蓄積されたと思っている。

「ブラック企業が全てダメな会社か?」と聞かれると…正確な答えはわかりません。

きっとその会社に勤めている人の責任感だけでなく、これまでの歴史や考え方による部分も影響する。

ブラック企業と呼ばれてはいたけど、もう二度と戻りたくはないけど、その会社で得た経験は今の生活でしっかり活きていると私は思っています。。

ダメな会社って何だろう。良い会社って何だろう。

今回は会社や労働についてハッキリしない答えに強引に迫ります。

スポンサーリンク

ダメな会社とは。

ダメな会社の考え方はたくさんあって、多くの人が自分の身の周りで起きている「何か」によって判断する。

その「何か」が自分にとってネガティブな要素をたくさん持っているのなら、ダメな会社になるのかなと個人的には思います。

じゃあその「何か」って一体…。

上司や同僚。

ダメな会社にダメな上司はセット販売かと思うくらいに当たり前かもしれない。

「ダメな上司とは?」と聞かれれば答えが様々なのはわかるけど、ハッキリと「ダメだな」ってわかるパターンもある。

例えば、「いつも遅刻するのにそれを態度や権力で隠蔽しようとする上司」ってどうだろう。

私ならハッキリと「こいつダメな上司だ」と思う。

私は「上司になる」ってそれなりの責任を背負う必要があると思っていて、「部下に示しがつかない!」って言うわりに「上司の権力」を横暴に使うような人は、上司としての立ち位置に間違った認識を持っているんじゃないかと考えます。

部下の失敗を自分の責任だと考えて、率先して改善しようと努力しなくてはいけないし、部下が常に100%の力が出せるような環境作りをしていかなきゃいけない。

中には「厳しいから嫌い」とか「何でもハッキリ言うから嫌い」って言う人がいるけど、それは「上司として」じゃなくてそもそも人としてなので「ダメな上司」とは言い切れない。

友達と同じような距離感では上司としての権力を使いづらい。

そもそも人の上に立つってのは大変な事なんです。

「ダメな上司」ってのは「権力の使い方が間違っている上司」を指すんじゃないだろうか。

ダメな同僚ってのは「ダメな上司」を「上司ではなく、人として自分の思い通りにならないから嫌っている人」です。

そもそも人の感情を完全にコントロールするのは無理なんです。

そんなことを無理にでも続ければ必ず人間関係にほころびが生まれる。

それなのに「自分と意見が合わないから」って理由だけで「ダメな上司だ!」とか言う同僚はもっとダメなんじゃないだろうか。

会社は仕事をする場所なんだから、判断基準は自分じゃなくて「会社」で、その中で「良い」と「悪い」を判断しなくちゃいけない。

まぁ、私は自分と意見が合わない上司も同僚も好きにはなれないですけどね。

給料。

働く時間や仕事内容を考えると「給料が安過ぎる!」と言いたくなる瞬間って結構あります。

給料について文句ばっかり言う同僚や上司もいる。

そんな中、会社が定めた給料に文句も言わず、黙々と仕事をする人だっている。

会社によって給料が上がる条件が明確になっている場合もあるが、多くの会社が年功序列であったり会社の都合であったり何かしらの業績であったりと、明確ではなく「会社の都合」です。

基本的に給料が上がったり下がったりするのは「会社の儲け次第」って思っていた方が気が楽なんじゃないかと私は思っています。

完全出来高制の営業なら自分で勝ち取った成績の30%などの明確な給料を受け取れたりする。

その場合って実力や結果次第だから誰も文句は言わないんです。

代わりに保証もなし。

完全出来高制だとわかって仕事をしているんだから給料に対しては文句の言いようがない。

だったら自分で頑張るしかない。

ただ、完全出来高制ではないのにも関わらず、会社全体の利益を知らず、知ろうともせず、「自分の給料だけを見て」文句を言う人がいる。

これはちょっと違うような気がします。

ダメな会社は、「儲けている事実があるのにも関わらず、ごく一部の役員だけが多くのお金を受け取り、その他の社員にちっとも還元されない状態」が続き、更に「それがどうしてなのか?」という問いに対して明確な答えを出そうともしない。

ちゃんと説明してくれて、それに納得出来れば別に文句は言わないんだけどなぁ。

お金の問題はいつも信頼関係にまで発展する。

拘束時間や休み。

ダメな会社を判断する上で欠かせない拘束時間や休日の考え方。

求人誌を見ると、一日の拘束時間や1年間の休日の日数が書かれていたりする。

夏季休暇や年末年始の休みについても。

つまり、これから勤める会社を判断する材料として、拘束時間や休日が重要視されているって事だと私は思っています。

私は欲を言うなら土日は休みたい派です。

でもまぁ、今はフリーランスなので、贅沢は言いません。

それに自分の頑張り次第で今後の給料も変わるわけですし…。

そうなんです。

拘束時間や休みの考え方って、働き方によって大きく変わるんです。

立ち上げたばかりのベンチャー企業や私のようなフリーランスの人にとっては拘束時間も休日もあるようでなかったりします。

どんな仕事をしているのかでも変わりますが、拘束時間が長くても、休日が少なくても、充実しているのならその会社を「ダメな会社」とは言い切れないんじゃないかと思っています。

今まさに頑張り時のベンチャー企業であれば自ら望んで休みを返上する人がたくさんいるんじゃないかと。

社員みんなで会社を「大きく成長させよう!」と思っているような状態であれば、そこに拘束時間の考え方や休日の考え方が無くなるかもしれない。

未来の見返りが大きければ大きい程その考え方も大きくなったり。

拘束時間や年間の休みは、「求人誌」やそれを見る「これから勤める会社を探す人」は重要視するかもしれないけど、実際に現場で仕事に挑んでいる人達にとってはどうだろう。

拘束時間が長くても、休日が少なくても、「ダメな会社」とは言い切れない。

ある程度の決まりは設けられているかもしれないけど、仕事に向かう本人の姿勢で拘束時間や休みの価値は大きく変わる。

本人が会社に対してどんな部分を重要視しているか。

求人誌はあくまで判断基準として、これから勤める会社を探す人向けに拘束時間や年間の休みを載せるようにしているのだと私は思っている。

「休みが少ない=ダメな会社」ってことではない。

それは実際に会社に勤める個人の考え方によるんじゃないだろうか。

「休みは欲しいけどベンチャー企業で自分がやりたい仕事をしながら共に成長したい!」とか言うなら自分で勉強して起業した方が早い気がする。

仕事内容。

自分で起業でもしない限り、「本当にやりたい仕事」ってのはなかなか出来ない。

それなのに「自分が本当にやりたい仕事」って実は多くの人が願望として持っていて、「この会社ならやりたい仕事が出来るかもしれない!」と思って就職先や転職先を探したりする。

ところが、全ての人が狙った会社に入れるわけでもない。

結局多くの人が「本当にやりたい事は出来ないまま」会社に勤めていたりする。

「念願の就職先」に入れても、その後実際に働いてみると「やりたくない仕事」ばかりになってしまうケースだってある。

それを考えると、仕事内容はほぼ「会社が今求めているもの」になる場合が多い。

自分が本当にやりたい仕事をするには一体どうすればいいんだろうか。

今勤めている会社にやりたい仕事っていうのはあるんだろうか。

そういった悩みを抱えている人は多い。

「やりたい仕事が出来ない」が理由で「ダメな会社」と決める人だっている。

それは凄く残念です。

自分が本当にやりたい仕事は、自分の力で掴み取るものだと私は思う。

一番やりたい仕事を「誰かが与えてくれる」と思っている時点でちょっと違うような気がするんです。

仕事内容だけで「ダメな会社」とはなかなか判断出来ないんじゃないだろうか。

本当にやりたい仕事があるなら、自ら挑戦して掴み取りに行くべき。

良い会社とダメな会社の答え。

ダメな会社について個人的な感情も混ぜながら担々とまとめてきたつもりだけど、ここでちょっと疑問。

じゃあ良い会社って何だろう。

結局本人がどう考えるかにもよるけど…答えを探したい。

「自分が働きやすい会社は良い会社だろうか。」

「人間関係に困らない会社は良い会社だろうか。」

「給料が良い会社は良い会社だろうか。」

「望んだ仕事が出来れば良い会社だろうか。」

私の中ではどれも違うような気がしている。

冒頭に少し説明した通り、私はブラック企業と呼ばれる会社に勤めていました。

人間関係もめんどくさかったけど、給料はそこそこもらっていた。

仕事内容に関しては…全然好きになれなかった。

それでも活路を見出したくて、文句を言いながらも休日返上で働いたりした。

会社の外では「自分がやりたい事」を探しながら様々なチャレンジもした。

色々な事を考えながら経験を積んでいくことで、見えてきたフリーランスという選択肢。

今でも以前勤めていた会社がきっかけで繋がっている取引先だってある。

そういった人間関係の礎になったのは紛れもなく勤めていたブラック企業です。

ずっと「ダメな会社」だと思っていた。

なんなら今思い返してみてもダメな所が多かったなって思ってます。

ただ、「経験を積んだ事実」は今でもしっかり自分の中に残っていて、現状の生活を支えてくれているのは間違いない。

「良い会社だったなぁ」とはまだ思えない。

けど今は「ダメな会社だったなぁ」とも思えなくなっている。

複雑な状況。

答えはきっとこれから先の未来にあって、自分で選択して門を叩いた会社の良し悪しは過去になってからわかるのかもしれない。

過去になった時に、「この会社は良い会社だったな」って思えたら、どんなにダメな会社も良い会社に変わるかもしれない。

現段階で私が出す「良い会社の答え」は、自分を成長させてくれる会社ではないかと思っている。

そしてダメな会社の答えはその逆。

自分がちっとも成長出来ない会社である。

勤める会社を探すなら、まず先に「会社の良し悪しよりも自分の成長」を考えるべきだと私は思います。

仕事
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました