何をしてもダメな日っていうのは絶対あるし逆に何をしても上手くいく方がちょっと怖い

メンタル

私は私の力を過信しない。

ある程度自分の人生を歩んできたからかもしれないけど、何をしても上手くいく日があると逆に怖い。

むしろダメな日が続く方が自分らしいというか「世の中そんなに甘くないよな」って思えるきっかけがあっていい。

どうしてそう思うかっていうと、
リスクに対する防御方法を作れるから。

毎日上手くいっていると、逆に上手くいかない日はめちゃくちゃ凹む。

その時に「前までは出来てたのになー。」って思うとなんか自分を過信しているような気がしませんか。

「世の中甘くない」って思って、上手くいってもその逆でも日々の鍛錬を変わらずに積み重ねていく方が良いと私は思う。

調子が悪くて当然。だから頑張る。
調子が良かったらラッキー。ただのラッキーなんだからまた頑張る。

何をしてもダメな日なんて絶対にあるんだから。

それを「どうして!?ホワイ!」って思わない方が良い。

上手くいかないのも実力だと認めてあげてまた明日に備える。

どんなに後悔したって明日は来るしまた新たな挑戦をしていかなくちゃいけない。

ダメな日が連日続くことだってある。

それでもまた明日は来る。

なぜだか来てしまうものだから仕方がないから迎えてあげなくちゃいけない。

自分を過信しちゃダメ。

過信すればするほどダメだった時の反動が激しい。

それは「頑張らない」ってことじゃなくて、もっと自分を信じられるようになる為に必要だと思っている。

失敗しても、失敗が続いても、それが自分の実力だと認められずにまだ過信しているのは危うい。

だって「出来るはずなのに!」って精神のバランスを崩してしまう。

「やっぱダメか。これが実力か。」
「じゃあ出来るようになるまで頑張るか!」

ダメな自分を明るく迎え入れて、「どんまい!自分。また頑張ろうぜ!」って応援してあげなくちゃ。

スポンサーリンク

何をしてもダメな日を力に変えて明日を迎えにいく方法

認める。

だめだった今日について「なんで出来ないだ!」とか「絶対出来るはずなのに!」とか思うと今の自分と実際に起きている現実との差を埋められずに苦悩することになる。

この苦悩は思ったよりも自分を苦しめる。

「自分はダメな奴だ」って思う必要はないにしろ、「出来なかった自分」を認めてあげた方がいい。

失敗した自分も、後悔している自分も、反省している自分も、ちゃんと認める。

まずは現実的に今、自分はどんな状態なのかを認める。

それも含めての自分だと認める。

認めていないのに「まだ出来るはずだ!」とか思っていると次の失敗でさらに深く傷ついたりする。

諦めるわけじゃないけど、「今日はダメだった。」とか「今回はダメだった。」と認めてあげてほしい。

自分の事だからこそなかなか認められない部分もあるかもしれないけど、自分に期待し過ぎるのも良くない。

自分の事なんだからまず自分が真っ先に認めないといけない。

今日はダメな日で、間違いなく何かを失敗して、反省しなくてはいけない時。

そこがスタートラインなんじゃないかと私は思っている。

立ち上がる。

自分の失敗や後悔や敗北をちゃんと認められたのなら、次は立ち上がる。

あの偉大なバスケットボールのマンガでも言っていた。

「負けたことがある。」それが財産になるって。

負けても失敗しても後悔しても無駄じゃないってこと。

今すぐに立ち上がれるわけじゃないかもしれない。

想像以上に大きなダメージを受けているかもしれない。

精神的なダメージは目に見えるようなものではないから自分でも気が付かないことが多かったりする。

ただ、敗北や失敗を認められるのは「弱い」わけじゃない。

これから強くなれる伸びしろを発見したようなもの。

可能性を見つけたようなものだと私は思っている。

むしろ強い。

やるしかないじゃん。とシンプルにする。

結局どんなに悩んでも、立ち上がれなくても、自分で自分の人生に打って出ないとなにも変わらない。

立ち上がれなくたって、いつかは立ち上がらないといけない。

結局いつも未来はシンプルで、頑張った分だけ何かが切り開けるようになっている。

路頭に迷う事も、抜け出せない迷宮に入ってしまったような感覚になる事だってある。

あるけど、結局は自分で切り開いていくしかない。

手探りでもジリジリ前に進む。

自分の事なんだから自分でなんとかしなくちゃいけない。

すんごく迷って、
すんごく泣いて、
すんごく考えて、
すんごく眠れなくなって、

「結局やるしかないかー。」

ってシンプルな答えに辿り着くはず。

失敗や挫折から得た経験の大きさは人それぞれだし、周囲の協力が必要な場面だって必ずあると思う。

だけど、最後は自分で、シンプルに「やるしかないじゃん」って思えたら、きっとそれが最強の答えだったりする。

いつも目の前には「やる」か「やらない」かの選択肢しかない。

会社に行く。
学校に行く。
誰かに会う。
勉強をする。
練習をする。
ご飯を食べる。
お風呂に入る。

それを「やる」か「やらないか」はいつもシンプルに自分で決めていいんだと思う。

やらなきゃ出来ないじゃん。とめっちゃシンプルにする。

立ち上がったってまた迷ったり失敗したりする。

立ち止まったり落ち込んだりダメな日が続いたりもする。

だけど立ち止まる度に結局「やる」か「やらない」を選択する。

そして「やる」を選ばないと出来るようにはならなかったりすることがある。

自分の為の努力は自分の未来に対する投資。

その選択肢に対して「やらない」を選んだらどうなるだろう。

一時の安心だろうか?
一時の休息だろうか?

もし「やる」を選んだどうなるだろう。

生きていれば多くの選択肢が目の前に現れる。

だからその度に迷う。

迷って考えて迷って考えてを繰り返す。

ただ、自分の未来の為に出来ることがあるなら、迷わずに「やる」を選べるような人になりたい。

そう思いながら何をやってもダメな日を過ごす。

何をやっても上手くいかない日があったからこそ気が付いた多くの事がある。

人生に無駄な経験なんて一つもないんだと信じている。

「何をやってもダメな日があって良かった。」

と思える日は絶対に来る。

目の前にある選択肢を選んだら、
もうそれは過去の話になるのだから。

ダメな日も積み重ねて経験にしてしまうしかないのかもしれない。

メンタル
この記事を共有する
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

お見苦しい点が多々ある私なりの文章をここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。改めまして、執筆者のdaimaruです。

この度、DONGURILOGという日記サービスを共同運営させて頂く事になりました。

シンプルに伝えると、「みんなで日記を書くスペース」になります。

かれこれ数年このブログを続けて思った「ひとりで更新し続ける難しさ」を解消しつつ、多くの価値観を共有しながら楽しめる場所です。

まだ始まったばかりのチャレンジではありますが、多くの方に使って頂きたいと思っています。

ここまで私が書く、しがない文章を読んで頂き、目もお疲れかと存じますが、どうか、最後に、私の渾身のワガママを聞いて頂けないでしょうか?

無理なお願いをしているのかもしれません。

でも、「日記を書く」には多くのポジティブな効果があります。今日一日を振り返るだけで多くの気付きがあります。

じらしてすみません。

一緒に日記を書いて頂けないでしょうか?

私は多くの人と日記として記録を残す毎日を過ごしたいと思っています。

そしてそれがきっかけで多くの人が救われる瞬間があるんじゃないかと思っています。

私が求めているのは募金や署名ではありません。

シンプルにあなたが持つ価値観や考え方です。

本来「日記を書く」は一人で行う趣味的な存在なのかもしれませんが、それを多くの人と同じスペースで書く楽しさを大声で主張したい。

「うおー!」です。

是非一緒に、DONGURILOGで、日記を書きましょう!

自分の為になり、誰かの為にもなる。

そんな最高のスペース作りにご協力ください!宜しくお願いします!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました