その習慣が自分をダメにしているとそろそろ気が付かなければ

仕事

最近自分は何もしてなくても世の中は目まぐるしく動いていることに驚愕した。

仲良くしていた同僚が仕事を辞める。

成績もそこそこで間違いなく会社にとっては戦力である。

その戦力を失った会社はそれを埋めようと人事異動なり、新入社員なりを揃えようとする。

それがほんの2か月前の話。

今となってはまるであの人事異動やバタバタが嘘だったかのように平常運転。

平常運転どころか逆に成績優秀になる人も。

どんなに仲良くしていた同僚だとしても間違いなく仕事は出来る人であった。

辞めるとなればそれなりの引継ぎもある。

それも済ませて今は更なる会社の成長と共に平常運転。

仕事の内容にもよるけど2か月でそこまで立て直す。

もし自分がいなくなったところで数か月で元通りになるのだと思うと…。

 

さすがにちょっと切ないじゃないですか。

 

「やっぱりあなたが必要です!」なんていう言葉も戻るつもりはないのにかけられたい。

 

それがまるで初めから居なかったような佇まいになりました。

あまりにも自然になり過ぎて元同僚に報告するのを忘れていました。

だから言ったんです。

 

「辞めてから2か月経ったけどどうだ?今会社はお前がいた頃の事なんてちっとも考えていないようだ。残念だったなw」

 

そしたら「安心したよ。」と言われた。

 

ん?待て待て待て。

もうちょいなんか寂しがれ。

 

ダサいのが自分だけになってしまう。

もうちょいなんか悔しいとか寂しいとかこっちは大変とかそういうのはないかね。

 

ないんだね。

 

自分ダッサー。

 

って思ったのは何年ぶりだろうか。

スポンサーリンク

きっと自分が抜けても世の中は回る。

それを肌で感じたのです。

別に色々辞めようとか思っているわけじゃなくて、結果的にすごく良い意味でそう思えたのです。

それをいちいちじわじわ説明したい。

世の中は自分には優しく出来ていない。

例えば会社を辞めるとなってもそんなに残念がられる人材ではないのだろう。

そう思うとなんかイヤになる。

だから逆にめっちゃ頑張って。

めっちゃ貢献して、から。

それから辞めてやったらどうだろうかと考えた。

さすがに同僚は他にやりたい事が見つかって、その良い話的なものがタイミングよく来た。

だから辞める選択をしたのだと言っていた。

もちろんそっちの仕事も順調。

確かに会社の成績も良かった。

はっきり言おう。

 

「自分よりは遥かに頑張っていた。結果を出していた。」

 

でも辞めた。

だからだ。

ここが圧倒的に違う。

なにしろ自分は。

 

結果を出していない。

 

その他より下。

なんとなく社員。

その状態で

 

「辞めます!」

 

って言ったところできっと何も変わらない。

手放して良しの存在であることは間違いなさそうだ。

 

そう思われているだろう。

 

それが気にくわないと思い始めた。

誰よりも結果を出してやろうと頑張ってみた。

 

1週間。

 

結果は変わらなかった。

きっとそうなんだろうなって思った。

やる気だけでなんとかなるならきっと学生時代は生徒会長にもなれたんじゃないかなって。

でもやる気がある1週間だけで結果なんて出ない。

ですよね。

世の中はやる気だけで何とかなるように出来ていない。

わかってはいたけど結構難しくなっている。

出来る奴はやっている!らしい。

んなアホな。

と思う結果を出して来る人。

そういう人が周りにいるのなら徹底的にその分析が出来る。

間近で結果を残している人の行動や言動を見れる。

そんな機会滅多に無い。

凄い幸運だ。

幸い自分の周りにも一人、とんでもない営業モンスターがいた。

毎日結果しか出してねー。

そんな先輩。

たった一年先輩。

たった一年。

だから逆に親近感というか簡単に追いつけると思っている。

一週間張り付いて観察をした。

 

…。

 

やっていることは変わらなかった。

 

…。

 

だとしたら魔法使いとしか考えられない。

全てが同じ…。

 

ように見えるだけか…。

 

でも特別何かが違うようには見えないのです。

言われた通りにやっているだけ。

もはやマニュアル通りと言わざるを得ない。

それでも結果を出す。

毎日その結果を積み重ねる。

ただ一つ確実に自分と違う所がある。

 

本気でマニュアル通りである。

 

ここは何と言うか。

もし自分が結果を出したいって思うとついやりがち。

 

テクニック的な部分ね。

 

自分が思った通りにアレンジし始めちゃうでしょ。

それがない。

全くもってマニュアル通り。

他には何もやらない。

そのくらい真剣にマニュアル通り。

それと本気。

ずっと本気。

自分とは違うところ。

 

ずっと本気。

毎日本気。

 

バカなのか?って思うくらい本気。

バカなのか?って思うくらいにマニュアル通り。

 

どういうこと?

ほなら自分がアホってこと?

毎日本気を出せない…。

どうしてだ。

本気を出せるのはせいぜい2時間。

以外にムズイぞ。

本気を出し続けるっていうのは。

直さなきゃいけないところはたくさんある。

普段の生活からもそれは見えて来る。

自分がどうしてもサボってしまう癖。

どうしても甘えてしまう時間。

そういうのを少しずつ変えていかないといけない。

本気の出し方がわからないのです。

普段からサボっているから。

だからわからない。

一瞬気合いでやる気を出したところで普段のその癖があるからすぐに戻る。

根本から変えていかないといけない。

根本から。

私はなりたいのです。

 

自分が抜けたら困るっていうくらいの存在感がある人に。

 

その存在感を持っている人が普段はサボったりするかね。

きっとしないんじゃないだろうか。

サボり方にもこだわりがありそうだ。

いや。

違う。

もっと根本的に違う気がする。

生活のリズムも考え方も全部違う気がしてしょうがない。

もうこうなると生態が違うような気がしてきた。

いかん。

迷っている。

迷って迷って何をしていいのかわからないから、

 

いつもよりも30分早く起きることにした。

 

ただそれだけ。

それを1か月続けようと思った。

2日目で何と、

 

遅刻だ。

 

ヤバいだろ自分。

情けなさ過ぎる。

でも気が付いたのです。

 

こういうところ。

 

まずはこういうところから直していかないと。

成績が良くなるのはもう少し先の話になりそうです。

習慣という奴はすっごく強い。

習慣ってあるじゃないですか。

会社に行くギリギリに起きるとか。

あまり良くない。

予習復習をしないとか。

学生の頃で言えば宿題をやらないとか。

でもこれって習慣になってるから、

 

「そうしてしまう。」

 

わけです。

どうしてもそうしてしまう。

そうじゃない場合の方は相当なストレスを感じるわけです。

もう圧倒的なストレスです。

いつもは好きな事をしていた時間に「予習復習」とか辛いに決まってる。

でもですよ。

 

考えてみてください。

 

予習復習をするのが習慣だったら?

 

…。

 

猛烈な強さを発揮する。

そう思いませんか。

 

だってみんなが、というか自分が「自由な時間だー!」って思う時。

 

予習復習をしないと逆にストレスが溜まるって事です。

 

真逆だからね。

その習慣を持っている人。

マジで猛烈に強いと思うのです。

でも今の自分の習慣からは真逆にあるものだから全く馴染まない。

全く馴染まないしわざわざストレスが溜まる方の選択肢を選んで行く必要がある。

 

そういう意味でも習慣は強過ぎる。

 

悪い習慣も強過ぎてなかなか直せない。

癖のようにマイナスに働いてしまっている習慣。

こいつを真逆にするだけで相当な収穫を得られると思うのです。

それが出来りゃとうの昔にやってる。

というか学生の時にもそれがわかってれば…。

そういう習慣を手にしていれば…。

くそ。

サボる癖うぜー。

でも結果出してーな。

そうなるとやっぱりそういう習慣から変えていかないといけない。

 

ずっと本気を出していられるのは本気を出さないと逆にストレスが溜まるってこと。

 

本気を出す習慣を持っている人は勝手に本気を出してしまうのです。

なんて羨ましい習慣でしょうか。

でも今自分が持っているダメダメな習慣も毎日の積み重ねで着々と作られていったものだと思う。

だから毎日逆に積み重ねていけばきっと本気を出し続けられる人間になれるっていうことだと思う。

私は自分が抜けたら世の中が回らない人間になれるのだろうか。

せめて会社の中。

会社の中ではそういう人材になりたい。

だって悔しいじゃないか。

自分よりも上がいるっていうのはやっぱり目障りです。

追い越してしまいましょう。

 

その為に見直す部分は途方に暮れる程ある。

でも諦めない。

 

「それ」を諦めない気持ちを持つ毎日から積み重ねていきたいと思います。