ブログ収益化と広告の関係について

小言

私が更新しているこの「あれんじブログ」というホームページには、広告を掲載されています。

広告の掲載は全てグーグルアドセンスにお任せしています。

現在それ以外の広告は掲載していません。

どうして広告を掲載するかと言うと、シンプルにお金を稼げるからです。

「じゃあブログを開設すれば誰でも稼げるようになるのか?」と言われると、答えはノーです。

広告を掲載するだけでは収入にはならない。

誰かがどこかでブログを見てくれて、更にそこに掲載されている広告に興味を示し、広告のページに移動したり、商品を購入しなければ収入にはなりません。

友人から「ブログは本当に仕事になるのか?」と質問されたので、今回はブログと広告の関係と収益について少しまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

ブログ収益ってなんだろう。

すでに人気ブログを運営している人はアドセンス以外にも様々な広告やアフリエイト、自社商品を掲載する選択肢を持っていたりする。

広告掲載以外の選択肢として、登録フォームからメールアドレスなどの情報提供によってファン獲得を目指している人もいる。

「ブログ」と言われると、なんだか個人日記のようなイメージがあるけど、実はどれもwebサイトと呼ばれる作りになっている。

つまりホームページ。

「自分のブログを作りたい」ってのは言い換えれば、「ホームページを運営する」って事になる。

逆に考えれば、ブログこそホームページそのものなんです。

ブログもホームページも作りはほとんど一緒です。

そのページを使ってどんなものを提供するかの違いだけだと私は思っている。

私のように個人日記のような記事を書いて広告を掲載する人や、自社で開発した商品ページを作り、それを販売する為にホームページを作る人もいる。

「ブログは本当に仕事になるのか?」って聞かれると、ブログはホームページの運営になるので、「Amazonや楽天は本当に仕事になるのか?」って聞かれているのと同じ意味になる。

つまり「仕事になる」ってことです。

そういったホームページから生まれる収益の全てが「ブログ収益」になります。

個人的に運営しているブログになると、「ホームページ」と言われてもあまりピンとこない。

多くの人がイメージとして、「ブログ」って言葉に小規模な考えを持っていると思う。

ところが、全てのホームページが実はブログであり、webページである。

その全てが収益化可能です。

人気が無ければ収入が少ないと思うかもしれませんが、それも運営方法によって異なります。

専門的な特化型ブログやホームページだとすると、アクセスの数は少なくなる傾向にあります。

例えば「工場で使うベルトコンベア」を商品に持つ会社のホームページを想像してみてください。

「工場で使うベルトコンベア」に興味がある人はどのくらいいると思いますか?

恐らく、ほぼ、いない。

私達の生活の中ではあまり触れることが無い商品です。

この世にある全てのホームページのアクセスから比べると圧倒的に人気が無いページになるわけです。

でも収益化することは可能です。

それは、「ベルトコンベア」という商品の在り方と単価とニーズにある。

ベルトコンベアに興味がある人は、ほぼ、その商品が欲しい人で、ホームページに辿り着くのと同時に商品が売れる可能性が高いからです。

だからアクセスがどんなに少なくても、商品は売れる。

つまり収益化が出来るってことになる。

こういった考え方は個人で運営する「ブログ」にも反映される。

ブログに掲載する情報によって収益化の方法も変わるんです。

ブログはリアルな商売で言えば「物件やテナント」にあたります。

どんな物件を借りるかは「どんな商品を取り扱っているか」で変わります。

飲食店であれば大通りに面した一階のテナントが望ましい。

オフィスとして借りるのならどこでも良い。

多くの商品を抱えるのなら倉庫のような物件が必要だし、船を管理するなら海の近くが望ましい。

「ブログを運営する」って実は会社を運営するようなものなんです。

言いたいのは未経験者が考える「なんとなく」で収益化は難しいって事です。

広告ってなんだろう。

ブログと収益の考え方について理解した上で、広告収入についてまとめていきたい。

私が運営しているこの「あれんじブログ」では冒頭で説明した通り、「グーグルアドセンス」と呼ばれる広告を掲載しています。※以下「アドセンス」に省略。

このアドセンスはグーグルが管理している広告の総合デパートのような存在で、ブログを運営しているが、ベルトコンベアのように特化型のホームページではない場合は最もマッチする広告だと思っています。

最近では自動的に広告をブログの相手いるスペースに表示してくれる「自動広告」という選択肢もあります。

この「あれんじブログ」は雑記型のブログになります。

運営者の私が好き勝手に記事を更新して、伝えたい事を伝えたいように更新しているからです。

恋に特化しているわけでもなく、ファッションに特化しているわけでもない。

ゲームや不動産に特化しているわけでもない。

だからこそ総合デパートのアドセンスに広告をお任せする方が収益化しやすいんです。

もし自分ですでに商品を持っている状態だと想定して、「家でカラオケが出来る機械」を販売したいのであれば、私なら、「家でカラオケをする楽しみやメリット」を最大限に表現していくようなブログを作ります。

「家でカラオケが出来る嬉しさ」などを考えてコンテンツを作ったりする。

そうなった時、アドセンスは必要無くなり、自社で抱えている「家でカラオケが出来る機械」の広告だけを掲載します。

でも私は商品を抱えているわけでも特化型のブログを作りたいわけでもない。

様々な価値観をネット上に残し、それに共感してくれる人やちょっとしたアドバイスをもらいたい人向けにブログを作っています。

だけど商品を持っていないので収益化することが出来ない。

だからこそのアドセンスになります。

私は「あれんじブログ」に訪れた人に対して何かを売りたいわけではないんです。

誰かの支えになったり、生きるヒントになったり、ひらめきを与えたい。

だから商品は抱えない。

でも多くの人に見てもらいたい。

アドセンスの存在は見てくれる人から収益化するわけではなく、テレビで言うCMのような存在です。

番組の中でコンスタントに流れて来るあのテレビのCMのような感じ。

記事を見ている最中に広告を掲載することで、そこに効果があったら「ブログを見ている人」からではなく、広告主からお金を貰う仕組みです。

直接見てくれる人がお客さんになるわけではないんです。

見てもらうことで広告を掲載したい人からお金を貰う仕組み。

広告についても様々な考え方や魅せ方がある。

でも私にとってはCMのような仕組みであるアドセンスが最強だと思っている。

それは自分が運営する「あれんじブログ」に最も合っているからです。

他にもいくつかブログを運営していますが、この「あれんじブログ」には特に愛情を注いでいます。

それはきっとこのブログの在り方が心地良いからだと私は思っています。

深い考えや戦略はいらず、好きな事を好きな時にコンテンツを作る。

自分の気持ちを整理したり、考えている全てを文字に起こす作業。

そしてアドセンス。

この感じが今の私にはピッタリなんです。

今後はブログをどういった方向に進化させていくかわかりませんが、その時の為にも様々な広告掲載の考え方がある事実を知っておいた方が良い。

特化させるのか、商品を紹介するのか、雑記型なのか、ビジネス的なものにするのか。

ブログの考え方次第で広告掲載の方法も変わる。

ブログもアレンジ方法によって可能性が無限に広がるんです。

そういった想いもあって、このブログのタイトルは「あれんじブログ」にしました。

このブログを切っ掛けに様々なチャレンジをしていきたい決意と願いを込めています。

もし身近にブログを開設したいと思っている人がいれば遠慮なく言います。

「面白いよ!」って。

小言
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました