営業にコツとかある?成績を上げたきゃNOアレンジ!

仕事

営業の成績がいい奴はだいたい空気読めない奴かそんな事も気にしてない奴説。

これを唱え始めたのはあの日。

風の日も雨の日も台風の日も同じ結果を残す後輩を見た時だった。

誤解がないように説明するがそいつの見た目はいたって普通。

ちょっと笑顔が可愛いくらいなものだ。

服装も普通。

歯並びも普通。

第一印象も普通。

異常なのは営業の成績だけ。だと思う。

ずっとダントツ一位。でも見た目もやっていることも同じらしい。

スポンサーリンク

魔法使いかと思うくらいの営業力

むしろ絶対にズルしてるだろうレベル。

そんな奴が世の中にいるとは到底思えない。

別次元。

もし本当なら別次元の人。

営業星人。

そんな人っていませんか?

そしてそんな後輩にもズルしてないかと思って実際についていくことにした。

別に何も特別な事なんてしてませんでした。

むしろ基本に忠実でした。

基本以外の事は一切やらないくらいシンプルな営業でした。

大体な人がマニュアルがあるのにそれを無視して自己流になるでしょ。

こうした方が良いんじゃないかとかああした方が絶対に喜ばれるとか。

確かに大事だと思う。

でもね。

何年も積み重ねてきたマニュアルがあるならそれは不動。

平均的に成績が出るように作られたものである事は間違いないんですよ。

そして誰よりも足を動かす。

営業の良いやつは大体自分が頑張ってるっていう状況の2倍は足を使ってる。

そしてそれを維持してる。

普通次の日の事を考えたら力をセーブしたりしません?

するでしょ。

守りに入るでしょ。

でもね。

一番の奴は守りに入らないんだよ。

スポンサーリンク

マニュアル通りに攻めの姿勢を貫く

魔法じゃなかったね。

成績のいい奴に限ってマニュアル通りなのは間違いないんだけどどんな相手にも怯まないのだよ。

少しマニュアルから外れてもまたマニュアルに戻す。

社会人として最低限の身なりと言葉遣いで。

マニュアルを厳守する。

それだけだった。

一緒に行ったんだから間違いない。

そしてそれをやってのける姿を見ると本当に自分でも出来るような気がする。

そして実践するとやっぱり自己流になる部分が出て来る。

これ!

この自己流がいかんのだよ。

自己流っていうのはマニュアルは必ず出来てそれプラスアルファの話だった。

だから後悔。

そして思い知らされる結果になる。

マニュアルパワー最高!

そう思わざるを得ない。

マニュアルを読み直せ!

そしてイメージトレーニングだ!

そうすれば案外簡単に成績が上がるかもしれない。

つまりですよ。

スポンサーリンク

営業にコツなんてないんですよ。

マニュアルは会社が用意してくれてますやん!

って。

それ通りに進めるだけなんですよ。

そりゃ語彙力は必要だし返答に対する引き出しも必要かもしれない。

でも必要最低限の身なりと言葉だけでも成績は上がる。

それは後輩が証明してくれたんですよ。

ありがたいことなのかわからないけど長く営業をやればやる程どの人なりの方法を真似しようとしてしまうじゃないですか。

でもね。

マニュアル100%なんですよ。

それ以外本当はいらないんです。

それだけでも大丈夫なように作られているのがマニュアルなんです。

マニュアルが100%当たり前のように実行出来てから。

そこからが真の営業がスタートだと。

そう思います。

いや。そう思わされた。

成績が悪い人に限ってマニュアルは完全に出来ていると言い張るでしょ。

出来てないからと。

社内では出来てる風にしているだけで本当は出来ていない。

またはお客様ごとにマニュアルから逸脱してしまう。

ルート営業とかならわかります。

でも新しいお客様へ常にアプローチするような営業をやっていれば間違いなくマニュアルを厳守すること。

これすごく大切。

絶対大切っす。

成績を上げたいからこそもう一度上司にマニュアル通りに進められているかチェックしてもらった方がいい。

体にマニュアルを覚えさせるくらいの気持ちでいきましょうよ!

いや。

むしろ無。

マニュアル以外必要ない。

それ以外は一回全部捨ててみたらいい。

スポンサーリンク

まるで機械になれと言われているようですよ。

そんな事ねー!

機械じゃねー!

誰も機械になれとか言ってねー!

マニュアル通りに進めても機械になるわけじゃない!

大丈夫だ!今もちゃんと人間の仕事としてあるのが営業だ。

営業は仕事の原点だよ。

営業を極めし者は仕事を極める。

そのくらいてっぺんが高い仕事なんだよ。

営業力ってどこでも使える。

資格じゃないのにどこでも使える。

どんな会社でも大体必要とされる。

スキルじゃないのにスキルなんだよ。

一つの営業で結果を出せればどんな営業でも出来るって言われてるくらいすごい仕事なんだよ。

そんな大事な仕事を機械に任せておくなんて会社もしない!

どこかで人間力=営業力と思われているような気がしてしょうがない。

マニュアルがないものだと思い込んでいる節がある。

例えば違うものに置き換えてみましょうよ。

スポンサーリンク

料理に置き換えてみましょう!

料理にはレシピがあるじゃないですか。

お菓子とかいろんなものを入れたりそれに伴った工程があるでしょ。

作った事ないけど。

ドーナツ!

ドーナツの味って想像つきますよね?

ドーナツ作れます?

レシピとか調味料とかわからない状態ですぐに作れます?

作れるならきっとそれはレシピが頭の中に入っているからです。

さらにおいしいドーナツを作りたいと思って初めて自己流にしてみません?

レシピも知らないまま作ったものって本当にドーナツのあの想像出来る味になりますかね?

どうですか。

なりそうですか?

実際に作ってみて。

食べて。

あれ?

ってなりそうじゃないですか?

なるでしょー。

なりますって。

お菓子作った事ないけどね。

お菓子作りっていうのが営業だとしたらドーナツは商品なんです。

お菓子作りはレシピ通りに作るけど営業は?

レシピ通りに売るんです。

いや。マニュアル通りに実行するんです。

そのくらい自由度がありそうで無いものなんです。

お菓子作りがうまい人って絶対にこのレシピが頭の中に入ってて、当たり前のように出来るっていうことだと思うんです。

アレンジするのはそのあとの話なんです。

ドーナツを食べたいって思った人に想像通りのドーナツを作ってあげるのがプロなんですよ!

ドーナツが食べたい人にわけわかんないお菓子あげても満足感低いっす。

むしろ次はお願いしないっす。

だからレシピ通りに作る事がどれだけ大切な事かもう一度考えてみてほしい。

ドーナツがおいしいかったから違うものも食べたいってなるかもしれない!

超大切!

営業っていう仕事はすごくざっくりだけどレシピがメインなんです!

営業力があるっていうのはどれだけ忠実にレシピ通り作れるかってこと。

誰にでも出来る仕事だって言われているのもきっとレシピがあるから。

でも誰にでも出来ないのはアレンジを意識するが故。

すごくシンプルなのです。

スポンサーリンク

シンプル過ぎて迷うんです。

「この商品を売ってこい!」

っていうシンプルさが逆に辛いんですよ。

シンプル過ぎて迷うんです。

シンプル過ぎてアレンジしちゃう。

営業をアレンジする人って結局すごくいろんなことを考えている人だと思うんです。

つまり頭がいいっていうことっす。

営業が出来る人が頭が悪いかって言われるとそういうことではないんですけどね。

すでに頭がシンプルになってる人っていうことなんで、頭が良くても悪くてもこの問題を解決出来れば誰でも結果が出せるっていうこと。

すごくいろいろな事を考えてしまう人ってやっぱり頭をシンプルにすることが出来ないんですよ。

だってレシピがあるのにそれ通りに実行出来ないんでしょ?

それはね。

相手が人間だから。

料理ならレシピ通りに実行出来る。

当たり前っす。

材料をぶっこむのに相手の感情とか関係ないからね。

でも営業は相手が人間で感情も人それぞれ。

相手の事をすごく熱心に考えてしまう人は正直それが辛い。

だって仕事だとはしても自分が本当に良いと思って売ってる?

自分でも使ってみて、買ってみて、本当にいいと思うものを売ってますか?

中には好きなものがあるかもしれない。

でも自分は使わなかったり買わないと思ったものを売るんです。

そりゃ難しいでしょ。

商品を売るってすごく難しいんです。

はい。

ここでも色々と考えてしまっていますね。

スポンサーリンク

頭で考えると成績不振に陥ります。

相手が人間なのは営業ですから当たり前です。

それでもマニュアル通りに進めないとだめです。

商品がどんなものでもです。

自分がいらないと思っていても、必要なくても、買わなくてもです。

それが営業なんですよ。

頭で商品の事を考えると売れない理由を商品のせいにして終了。

でも成績が良い人がいるんですよ。

その人が商品のせいにしていると思いますか。

たぶん商品がどんなものでも売ってきます。

石ころでも売ってきますよ。

それが営業力です。

考えれば考えるほど深みにはまります。

それが営業っていう仕事なんです。

原因を探し出すからです。

必要最低限の身なり。

必要最低限の語彙力。

そしてマニュアル。

以上!

商品なんてどれもマニュアルが解決してくれるからその事について考えていることが違う!

商品開発部か!

営業だ!

営業なんです!

我々の仕事は営業なんですよ!

そんなに考えるなら商品ではないものを商品にしてしまいましょう。

営業っていうのは、奥深い事にお客様も商品を買うっていうよりももっと大切な部分で判断してたりします。

私たちです。

私たちから買うんです。

わかります?

商品だけならネットで調べて買うでしょ。

今必要ないものだったらいらないっしょ。

買わないっしょ。

でも買うんです。

私たちから買うんですよ。

商品が本当に問題ですか。

違う!

スポンサーリンク

本当の商品は私たち営業マン!

私たちそのものが商品みたいなものなんですよ。

「あなたからなら買うよ!」

っていうのが営業なんです。

とは言っても自己流にはしない。

その絶妙だけどシンプルなバランスの上で結果が出るんです。

私たちからしか商品を買わないっていう人だって存在するはずなんです。

そういった関係を多く築く為のマニュアルなんです。

たくさんの人と会ってください。

たくさんの人と会話をしてください。

初めましてを何度も繰り返してください。

友達との会話で営業なんて身につきません。

初めましてを制するんです。

初めましては人と人がするものです。

商品ではありません。

だから私たち営業マンが商品なんです。

「あなたが売っているものはなに?」

って

気になる存在が最強なんです。

いきなり

「これ買ってください」

なんて無理!

無理なんですよ。

だから大体の会社さんのマニュアルは

挨拶だったりアイコンタクトだったり自分が何者かの説明だったりって当たり前の事が書いてあります。

いちいち書いてあるんですよ。

それは本当に大切だからなんです。

本当に大切な事だからいちいちわかりきっている事が書いてあるんです。

でもね。

だからこそ、結果が出ると嬉しいんです。

辛いって思っていたことも乗り越えられると嬉しいんです。

そして結果が出るともっと嬉しいんです。

最高に嬉しいんです。

そしてその結果は私たちのスキルの高さです。

営業というすごく大きなマーケットの結果なんです。

商品なんてなんでもいいんです。

そうやって結果が出た時仕事に困らなくなります。

だってなんでも売れちゃうんだもん。

最強です。

どんな会社でも喉から手が出る程ほしい人材です。

だって売ってきてくれるんだもん。

スポンサーリンク

営業はシンプルにして最強

営業は最強のスキルです。

最強の仕事です。

私たち営業マンのおかげでほとんどの企業が助けられています。

私たちに売ってほしいと思っている会社は山ほどあります。

営業は最初の一手なんです。

そこが崩れたら総崩れです。

そのくらい大切なものなんです。

営業の成績が良い人が仕事に困るなんて聞いた事がありません。

常に求められているんです。

そして営業の成績がずっといい人に限って独立したりします。

会社にとっては大打撃です。

でも独立しようって思えるくらいなんでも売っちゃう。

強いんです。

そして空いたところにまた営業マンを募集するんです。

営業マンって人気が無い仕事じゃないんです。

頂点がどんどん抜けていくんです。

大企業の社長さんとか、実は結構営業で成績を残した人が多いのものそのせいなんです。

目立たないわけじゃないんです。

目立つ頃にはもっと上にいっちゃってるんです。

それが営業マン。

営業マン最強。

営業って仕事は最強なんです。

そして入り口がいっぱいあるんです。

常に入り口がいっぱいあるんです。

仕事に困りません。

だけど考えすぎてしまう。

出来ないと思ってしまう。

違う!出来ないんじゃない!

営業を甘く見てはいかん!

仕事の原点じゃ!

原点はシンプルでなくてはいけない!

原点にアレンジなんて加えてはいけない!

それじゃ原点じゃなくなってしまうじゃないか!

シンプルにいこう!

私たちに売れないものなんて一つもない!