自分が有名になったと仮定するとそれなりの苦労はあってもその見返りは半端ないかも

小言

最近芸能人が出した飲食店に行った。

名前を出すとあまり良くないだろうから伏せます。

繁盛していた。

近所に同じようなお店はある。

でもその店の方が混んでいた。

芸能人が出した店の方が賑わっていた。

もちろん美味しいし、それなりのお値段でお会計も元気に「ご馳走様でした!」って言える満足感があった。

もし焼き肉店であれば近くにも似たようなお店がある。

ところが「有名人」が出したお店っていうのがそこに乗っかって更なるバリューを生み出している感じ。

もし、もしですよ。

マジで万が一何か奇跡的なことが起きて、自分が有名になったとしましょうよ。

だとしたら飲食店を出すかどうか。

「出すぅー!」

飲食店だけじゃなくて、様々な分野に挑戦する可能性が高い。

なぜなら、ネームバリューの効果を目撃してしまったから。

自分に人気があればある程人を呼べる。

人を呼べる価値っていうのは影響力そのもの。

奇跡的にそうなったら色々やってみたい事はある。

スポンサーリンク

自分が有名人になったらやりたい4つのこと

お店を出す

これは単純にお金儲けに繋がるからお金を稼ぐ系の話というよりも、集客力を使った作戦ね。

どんなお店を出しても成功するとは思わないけど、それなりの味で、それなりの雰囲気でそれなりのお値段であれば近隣に同じようなお店があったとしても「有名人がやるお店」ってだけで人が集まったりすると思っている。

だって有名なんだもん。

もしファンだったらそのお店に行ってみたいと思いません?

大好きな人が経営しているお店だったら食べてみたいと思いません?

おもぉーうぅー!

私は思うタイプ。

そう思う人が多いからこそ「有名人が経営しているお店」は繁盛しているんだと勝手に思っている。

何なら知り合いを連れていって、「これ、わいの店だ。」なんて言っている姿を想像している。

いちいち鼻につく言い方をするかもしれない。いや、むしろそう聞こえてしまうかもしれない。

だって、有名なんだもん。しょうがないじゃん。

お金儲けの為も含めると何かしらのお店を出した方が良いような気がするのです。

せっかく有名になったのだから。

母校に行く

たまにテレビで見るのです。

芸能人が有名になって母校に行って当時の担任から話を聞いて「こんな子でしたねー。」みたいな話をする場面。

ありゃ有名にならなきゃ絵にならない。

有名じゃないのに母校に行ったところで「誰?」になりかねない。

担任すら覚えてなかったらただの地獄。

それか普通に通報される。

だから有名になったからこそ、あえて、母校に行く。

有名になったからこそ意味がある。

と思ってます。

なんならサインでも正面玄関のところにあるガラスケースに飾っとけって思っている。

調子に乗っているわけじゃない。

調子に乗りたいから行くのです。

何をしても目立ってしまう。

それこそが有名人。

私はそう思っている。

もし私が有名人になるような機会を神がお与えくださるのなら、間違いなく母校に行く。

無駄に、時間を作ってでも行くだろう。

忙しい合間を縫って来た感じを出してね。

同窓会に顔を出す

これも学校に行くのと似ている。

ただ、さらに自分がどれだけ有名なのかを知る為に同窓会に参加する。

もしかしたら質問攻めにになるかもしれない。

もしかしたら「忙しいからあんまり質問しちゃダメだよ」的な考え方が発動して「久しぶりー!」だけかもしれない。

それでも有名になってから敢えて同じ時を過ごした同級生に会う。

なかなかありだと思っている。

自分の影響力だけを知りたいわけではなくて、少しでも同級生が喜んでくれて、さらに応援してくれて、誰かに「○○は同級生なんだ!」なんて言ってもらいたい。誰かに自慢してもらえるような人でありたい。

始めは「どや!」みたいな感覚が強いのかもしれないけど、有名になって、さらにそれが継続されている時ってちょっと特殊な感覚になりそう。

色々な人の応援によって人気が生まれ、そのおかげで自分は有名になったと思えるのかもしれない。

もちろん私は有名人になったことはない。

完全に妄想。

そして同窓会に行きたいのは「有名人が来た!」っていう「ざわざわ感」を味わいたい。

きっと有名じゃないからそんな事を考えるのかもしれない。

炎上

SNSで爆発的にシェアされるアレ。

有名人が何かを発信するとそれを多くの人が拡散する時代。

あまりに多くの意見やアクセスが集中するとそれは「炎上」と呼ばれる。

ネガティブな要素を多く含んでいるのは百も承知。

それによって本人達は心を痛めているのも承知。

承知しておりますが、それを味わったことがない自分は少し憧れを抱いているのです。

有名人が発する情報の価値がどれだけあるのかはわかりません。

私自身が有名ではないから。

でも、本当にちょっとしたことで炎上しているような気がする。

自分が言ったら火花も散らない事だけど、有名人が言うと大炎となり、みるみる広がっていく。

炎上と言われるくらいだから決して良い事ではないかもしれない。

ただ、経験してみたいなぁと思う。

それもまた、「自分が有名人だ!」って知れるポイントだと感じているのかもしれない。

影響力を持つっていうのは本当にすごい事だと思う。

英語で有名人はセレブリティ。

それなりの年齢になってもまだ私はセレブってやつに憧れている。

憧れを憧れのまま終わらすかは自分次第。