「悔しい!」って感じるのはあなたが本気だっていう証明だ

仕事

諦めるのなんて超簡単。

もう考えなければ良いだけ。

「しょうがない!わすれちゃえー!」って。

でも私は思う。

それがどうしても出来ない時がある。

どんなに忘れようとしても「悔しい!」って感じるんです。

どうしても悔しくて、何とかこの気持ちを解消したいって思う。

暴力的にじゃないです。

仕事をしている時に感じる悔しさは「仕事」で見返すしかない。

あくまで仕事の中でってことです。

この「悔しさ」こそ、頑張る理由だったりする。

自分の記憶に残る悔しさが毎日の原動力だったりする。

そういうことか。

悔しさを飼いならそうじゃないか。

仕事で「悔しい!」って感じた時に是非読んでもらいたい。

スポンサーリンク

悔しさこそ強靭なバネになる。

悔しいって言う気持ちが無ければ人は伸びきったまま。

伸びきっている人は縮まない。

バネは縮まないと力を溜められない。

「悔しい!」って想いは自分が縮まる瞬間。

力を溜める時間。

悔しい分だけバネは強く縮まる。

「なにくそ!やってやらぁ!」って思えた瞬間に溜めた力を「仕事」にぶつけてやればいい。

伸びる方向を間違えるとめんどくさくなりそうだから真っ直ぐ上に。

「仕事」にその力をぶつける。

一度強めの「悔しさ」を味わうと、なかなか忘れないものです。

「あんな想いしたくねー!」って思えるんです。

この気持ちってすごく大事。

自分の原動力になる。

悔しくて縮こまっちゃうような気持ちになるかもしれないけど、それはバネ。

バネを縮ませて力を蓄えているって思ってほしいんです。

だって普通に生きているだけで悔しい想いってするじゃん。

その度にただ縮こまって、結局諦めて、その力を無駄にしてしまうのはもったいない。

絶対にこれからも悔しい想いはするんです。

だったら、力を溜めるイメージを持っているだけで少し燃えてきませんか?

「やってやろうじゃないか!」って思いませんか?

負の力だろうが善の力だろうが、「力は力」なんです。

どっちの力も自分の未来の為に使ってしまいましょう。

スポンサーリンク

悔しいのは真剣だからだよ。

そもそもなんですけどね。

「一生懸命」じゃないと悔しいとも思わない。

頑張ってないと悔しいって思わないんです。

「悔しい!」のは自分が真剣に仕事に向き合っている証拠だし、一生懸命勤めようとしているから。

「全然悔しくないよー」なんて言ってる人の方がヤバいんです。

全然真剣じゃない。

本気じゃない。

本気で仕事に向き合っているからこそ「悔しい」んです。

「真剣にやっているのに悔しい想いをした」ってネガティブになる必要はない。

悔しいだけその力が溜められるんだから、「悔しくない人」に今後負けるわけがない。

「悔しい!」はネガティブな感情なんかじゃない。

むしろすごくポジティブな感情だと思う。

自分が一生懸命立ち向かっている証拠だ。

悔しい想いがあるなら本気だってこと。

「悔しい!」って思うのは真剣だってこと。

本気で真剣に仕事に向き合ってるなんて、めちゃくちゃカッコいいじゃないか。

めちゃくちゃ良い感じじゃないか。

そのまま突き進んでやりましょうよ。

スポンサーリンク

悔しい想いは進化の素材。

「悔しい!」って感じると、いつもよりも仕事の事を考える時間が出来る。

「どうして悔しい気持ちになったのか」って考える。

原因について掘り下げて考えたりする。

あんまり悔しいと「もうあんな想いをしない為には」って考えるようになる。

自分が今よりも前に進もうとしているってことだと私は思うんです。

「このままじゃダメだ」って思える切っ掛けのような気がするんです。

「悔しい」は進化の素材です。

多く集めることで必ず進化します。

その進化には時間がかかる人もいれば一瞬で進化する人もいます。

私はどちらかと言うと時間がかかるタイプ。

それでも諦めなければ必ず進化する。

「悔しさ」は諦めない気持ちを強くします。

だって悔しいんだもん。

当然っちゃ当然。

悔しいから諦めないわけです。

仕事の悔しさは仕事で見返すんです。

「絶対にやってやる!」

そうやって腹をくくった瞬間。

間違いなく自分は進化を遂げたと思うんです。

悔しさは前に!

退化じゃない!

進化しよう!

スポンサーリンク

「悔しくないなら辞めちまえ!」と思う。

人生ってほとんどが仕事みたいなものなんです。

仕事を頑張った分だけ楽しみが増えたり、時間が増えたりするんです。

お金もね。

私は朝起きてから寝るまでの間、ほとんどを仕事に費やします。

生きている時間のほとんどを仕事が占めているんです。

そんなに割合が多いのに私は「悔しくないなー」なんて思えない。

ほとんどの時間を仕事に費やしているのに「全然大丈夫っすー」とか言えない。

私はこれから先も仕事をしていく。

人生の時間のほとんどが仕事になる自覚がある。

だからこそ「悔しい!」って素直に感じたい。

仕事をする上で「悔しい」って思う瞬間が一つもないっておかしい。

出来ないことを「どうして出来ないんだ?」って言われたり、失敗して「どうして出来ないんだ?」って言われたり、期待に応えられなくて「どうして出来ないんだ?」って言われたり。

全部悔しい。

出来るって証明したい。

だってこれからも私は仕事をしていくんです。

人生のほとんどの時間を仕事に捧げるんです。

だったら真剣に向き合った方が良いと言うか、真剣に向き合わずにはいられない。

やる気が無いわけがない。

悔しいんだからやる気があるってことでしょうが。

仕事をしていて、それが出来なくて、「出来ないんか?」って言われて、「悔しい!」って思えない仕事なんて辞めちまえ!

生活の維持だったら違う仕事でも出来る。

仕事はこれからもどうせ続けていくんです。

だったらせめて「本気」で向き合える仕事をしたい。

悔しい想いをしながらも諦めない。

本当は誰だって悔しい想いなんかしたくねーです。

したくねーから頑張るんでしょうが。

自分らしく仕事をしたいのにそれが出来ないのが悔しいんです。

「悔しい」ってのは自分が本気を出している証明だ。

本気を出すから得られる成長も仕事の成果もある。

悔しさを感じたから頑張るんです。

悔しいから二度と悔しい想いをしたくないんです。

空回りしてたって頑張る。

失敗しても、文句を言われても、悔しくなれない事を続ける意味ってなんだろう。

「悔しい!」って想いこそエネルギーだと思う。

「悔しい!」って気持ちを持っているってプラスだと思うんです。

私は失敗したり、バカにされたり、認められなかったりした時に、「悔しい!」って思えるような仕事をしたい。

本気で仕事に向き合いたい。

どうせこれからも仕事をしていくんですから。