子供に無理矢理お受験させる親ってどうなん?

生活

高校や大学はなんとなく自分で「受験しなきゃ」って気持ちになったけど、幼稚園や小学校にもお受験はあって、そのくらいの年齢の子供に「お受験する?」って聞いたとしたらなんて答えるだろう。

「親が喜ぶなら」とか「親がそう言うなら」みたいな感覚しかないと思うんだけどな…。

完全に偏見なんだけど芸能人やお金持ちのゴリゴリ教育ママの子供って、幼稚園からお受験させるイメージがあって、入学出来れば「うちのスネちゃまはねー」みたいな鼻が伸びきった親が子供を近所で自慢のネタにする為に無理矢理ぶち込んでる感じがするんだが、実際はどうだろうか。

またまた偏見ですが私は少なからず無理矢理お受験させる親がいると思っている。

今回は大したお受験を経験した事がない私が子供を無理矢理お受験させる親を一方的に攻め立てるブログです。

スポンサーリンク

子供はまだ自分で選べないからって無理矢理は良くないと思うぞ。

子供の成長速度に差はあると思うけど、幼稚園や小学校のお受験って子供が自ら「お受験しよう!」とか「ここに行きたい!」って思うかね。

思わないでしょ。

多分親が受験の情報を集めて「環境が良さそうだ!」とか「この子はここに入れる!」と鼻息を荒げて子供に「ここに行かない?」と誘うんだろう。

未来の事をそこまで考えていない子供にとっては「それで親が喜んでくれるなら!」程度で「行くー!」と言うんだろうけど、もし「嫌だ!」って言ったとしても無理矢理お受験させるのってどうだろう。

今を生きるので精一杯の子供に「あなたの未来の為だから!」と言っても心の内まで響かないでしょ。

それでも無理矢理親が子供に要求し続けるとストレスが溜まりそうな気がしてしょうがない。

将来的にも悪影響な気もする。

ストレス大爆発でグレるかも。

親の力量は「ここ」で左右されると思うんです。

「ここ」ってのは誘導力。

子供に「お受験って素敵だ!頑張る!」と思わせられるかどうか。

子供だって自分の意思で動かないとストレスを感じたり、将来誰かに言われた通りにしか行動出来なくなる。

大人になったら自分で多くの選択肢を判断出来ないと未来を切り開けない。

親が無理矢理にでも「この学校に入れば将来安泰だ!」とか思ってるなら大間違いだと思うのです。

必要なのは世知辛い社会をしぶとく生き抜く力であって、「親の言う通りの人生」なんて微塵も面白さを感じないし、自分で何かを成し遂げる達成感も得られない。

ほとんどの場合、親は子供より早く死にます。

その時子供が「常に親の言う通り」で生きていたら何も出来なくなる。

子供の将来を親が考えるってのは「良い環境で学習させる事」だけじゃない。

たっくさんの要素の中のたったひとつ。

どうしても入って欲しい学校があるなら子供自ら「行きたい!」って思ってもらえるように上手に誘導するべきだと私は思います。

無理矢理じゃせっかくのお受験はどんな結果でも無駄になる。

嫌々やるのが良い経験だとは到底思えない。

バカでも生きていける世の中だぞ。

私は、多分、バカです。

勉強も一生懸命やった事はないし、部活がメインだったし、アホみたいに恋に一生懸命になってその後も迷ってばかり。

今は結婚して、子供がいて、仕事をして、なんとか生きている。

お金持ちでもないし、子供の頃からの夢は一度も叶った事がない。

「あの頃もっとこうしていれば」って大量の後悔の中で生きてる。

「もっと勉強していれば自分の人生は違った進み方をしていたのかな?」

と思う事だってたくさんある。

今でも私は自分がやりたい事しか頑張れない。

だから今の生活があるんだと思う。

それを「幸せじゃない」と思った事はないけど、「もっと幸せになる方法」はきっとあって、それを見つけるには間違いなく「勉強」が必要なんだと思っている。

その勉強は学校で教わるものだけじゃなくて、もっと自分の人生を豊かにする為の勉強。

社会や仕事や人間関係の中で痛烈に感じる劣等感を埋めるべき勉強なんです。

私はバカだから、自分のバカさを思い知らされてやっと「自分のバカさ」に気がつくバカなんです。

賢い人ってのはきっと自分のバカさを思い知らされる前にその事実に気がついて自分の人生に先手を打てる人なんじゃないだろうか。

そしてそういう人達が社会をを引っ張って経済を発展させていくんじゃないだろうか。

ありがたいことに、私のようなバカでも生きていけるような世の中を作ってくれているのがそんな人違だと私は思っている。

なんとなく生きてきた私のようなタイプでも社会は必要としてくれるのです。

現実が悔しくて、逆転したいなら誰よりも勉強しないといけない。

どんなことで逆転するのかを見出して、それを誰よりも勉強する。

悔しい想いや劣等感からしか頑張れないバカな私はこれからもそうやって勉強するタイミングを感覚的に掴んでいくんだと思う。

私がなんとか生きていけているのは事実です。

それなりに幸せを感じて生きてます。

だからバカでも生きていける世の中なんだと思う。

全く親の話が出てこなかったけど、それは自分の進む道を決めるのは結局子供自身だからです。

どんなに学校で勉強しなかったとしても、人には必ず勉強が必要になる時が来る。

のほほんと生きていてもデッカい壁が目の前に現れる。

それを越える為に勉強が必要になる。

それがいつなのかわからないけど、辛く長い時間に感じたりする。

でも、自分の為に頑張るしかないんです。

そんな経験を経て親になると、親への感謝は想像を絶する大きさになる。

「ああ、本当にたくさんの勉強しながら育ててくれたんだな。」

って気付く。

私はバカだからその事実に気付くのが遅かった。

親孝行の正解もわからないから、また勉強が必要だな。

バカはバカなりに勉強しながら生きていくんです。

お受験とは無縁でも幸せにはなれるんです。

勉強が出来て困る事はないぞ。

自分勝手に生きてきた私は、勉強の価値に気付くのに時間がかかった。

学生の頃を思い出すと、勉強が出来て困ることは何一つ無い事実を改めて考える。

勉強よりも自分がやりたい事を優先してきた結果が今の私なんですが、自分がやりたい事を優先しながらも学校の勉強は出来たはず。

つまり、甘ちゃんだったんです。

甘えん坊で幼稚だった。

それを経ての今。

勉強が出来て困る事が一つもないどころか、使い方によってはもっと好きなものを見つけるヒントだって沢山あったはずなんです。

進路だって多くの選択肢を持つ事が出来た。

医者になったり弁護士になったりも出来たし、国を動かす重要な任務にも参加出来たかもしれない。

将来の選択肢が多いワクワク感ってのは絶大です。

「なんにでもなれる!」ってめちゃくちゃエキサイティングです。

子供の頃からそんなエキサイティングな思考を持つには自分の未来をリアルに想像出来ないといけない。

でもそんな思考すら勉強しないと持つ事が出来ないんです。

大人が言う「勉強が出来て困る事はないぞ」っていうのは、伝え方が下手過ぎてどうしようもないアホ親が考えた決めゼリフみたいなもので、本当は「勉強をするだけで未来の選択肢が増えてワクワク出来るぞ」って事。

勉強をすればするほど最高にエキサイティングな未来を選ぶ事が出来るようになるかもしれないんです。

それはお金の価値がちっぽけに見えるくらい楽しい自分の可能性。

勉強をすればするほどお金に頼らない自由な選択肢を多く選べる。

なんにだってなれる。

勉強をテストの点を取るだけの超ちっぽけな価値しかないと思っている子供が多い気がする。

親は「勉強の価値」をちゃんと言葉にして、子供に伝えないといけない。

「勉強が出来て困る事はない」なんてのは子供でもわかってる。

「勉強する」ってとんでもなくすごい可能性を秘めてるんだって伝えなきゃ。

ガリ勉は特殊能力だぞ。

ガリ勉のイメージは勉三さんかな。

ずっと大学に受からないのは至らない部分があるからだろうか。

そのイメージがあるからガリ勉はダサくて、無意味な努力風に捉えられているけど、勉強の真の価値を知っている人や、これまでの勉強を経て大きな功績を残した人って、大体ガリ勉です。

ガリ勉って実は自分が求める結果を手に入れるために日々努力を積み重ねていける人なんです。

眼鏡の奥がヘソの形をしているわけじゃない。

むしろ特殊能力みたいな価値があると私は思っている。

「ガリ勉になれる」ってとてつもなく凄い事で、それだけ情熱を注げる対象がある証拠。

それを掴み取る為に勉強し続けるって一体どれだけの生命力を使うんだろう。

勉三さんはずっと結果が出ないけど、あれはネタです。

キテレツです。

大概結果は出る。

どんなに周りにバカにされてもガリ勉を貫けるって、結局何をしても結果を出せる人なんじゃないかと思うんです。

私はこれまでガリ勉になれた試しがありません。

それだけの情熱を注げるものが無かったと言われればそれまでですが、好きな事にもガリ勉にはなれませんでした。

ガリ勉は凄い。

私はガリ勉になりたい。

自分の仕事にガリ勉になれたらどれだけの成果を残せるだろう。

給料上がるかな。

それが子供の頃に、目の前の学業に対してガリ勉になれるのなら、凄いとしか言いようがない。

その結果は必ず大人になってとんでもなく大きな成果になって自分に返って来ると思います。

勉強に対する価値を自分で見出して、ガリ勉になれれば人生はいくらでも切り開けるような気がするんだけど…。

それがなかなかうまくいかないんですわ…。

1番大事なのは「気付き」だぞ。

お受験するにも、勉強するにも、その熱を維持する為に最も必要なのは子供自身の気付きだと私は思います。

自分の将来をどれだけリアルに想像出来るか。

幼稚園や小学校に入る前の子供が自分の未来をリアルに想像してたらちょっと怖い。

凄過ぎて怖い。

芦田愛菜ちゃんは気付いてたかもしれないけど…。

そんな天才型の子供ではない限り自分の未来の為に幼稚園からお受験はしない。

親が入れたいんだよ。

ほぼ親が決めてる。

そしてあまりにも必死になり過ぎると「入れなかった時」の劣等感もデカい。

すでに違う進学先を考えているかもしれないけど、第一志望がダメだった時の劣等感って予想以上に大きいよ。

子供にもそれなりのストレスや負担がある。

子供も親と同じ進路を望んでるならわかるけど、もし親だけが考える希望通りの進学先に入れたとしても、そのあと様々な社会に触れて決断していくのは子供自身です。

親が子供の進路を強行突破しちゃダメでしょ。

せっかく入れた学校だとしても、子供が「普通の学校に行きたい!」って言うかもしれない。

それを親が突っぱね続けてると子供のストレスはどんどん溜まる。

親への「なんでわかってくれないのか」っていう無駄な悩みが出てくる。

この親への「なんでわかってくれないの」って悩みは無駄です。

ジョジョくらいに無駄無駄無駄。

悩んでる時間が多いから成績だって自然に落ちてくよ。

その時間を少しでも未来の為の勉強に費やした方がよっぽど有意義。

親も気付かなくちゃいけない。

子供に必要なのは親の助言や親が思い描く子供の未来だけじゃない。

「一心不乱に目標へ向かえる時間」です。

子供が目標へ向かう為に勉強する時間を、親が身勝手な理想的助言で邪魔しちゃダメでしょ。

勉強の手が止まるし思考も止まる。

「なんでわかってくれないの?」って疑問は歩みを止めるんです。

まだまだヨチヨチ歩きに見えるかもしれないけど、子供だって必死で生きてる。

親の助言だけじゃ世知辛い社会を生きていけない。

誰かに深く傷つけられる時もあれば、誰かを傷つけてしまう時もある。

頑張った成果を誰よりも喜んだり、結果次第で誰よりも悔しい想いをしたりする。

家族以外の社会で必ず様々な価値観に触れるんです。

親が干渉し過ぎて嫌われるのってどうなん?

なんか悲しくないですか?

「こんなに子供の将来を想って言っているのに!」って思いません?

子供だって一緒でしょ。

最も近くにいる人がわかってくれないのって悲しいよ。

私は親として、人生の中で必ずめちゃくちゃ頑張らなくてはいけない時期が来ると教えたい。

それが幼稚園の時だろうが50歳になってからだろうが、乗り越える力を養ってほしい。

もし、そんな事が一度も無くずっと大きな成果を出し続けられるのなら、きっと我が子は天才型のガリ勉なんだと思う。

人は死ぬまでずっと勉強してるんだから、気付いてからでも遅くはないとそれなりに生きてきたバカ親の私は思います。

人生って難易度高めだけど、勉強という経験を武器に自分を強化しながら攻略していくダンジョンです。

親が子供のダンジョンを攻略しにいったり、気にし過ぎて自分のダンジョンの攻略を辞めちゃいかんだろ。

出来るのは冒険のアドバイスくらいなもんです。

私は親として、バカでも難解なダンジョンを攻略し続けた結果を残したい。

生き様なんて偉そうな事は言わないけど、親のバカっぷりを見て、「もっと上手にやろう」って子供が思ってくれるなら、それはそれで立派な教育のような気もしますけどね。

だから私は自分の人生のダンジョンにこれからも挑み続けます。

生活
この記事を共有する
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

お見苦しい点が多々ある私なりの文章をここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。改めまして、執筆者のdaimaruです。

この度、DONGURILOGという日記サービスを共同運営させて頂く事になりました。

シンプルに伝えると、「みんなで日記を書くスペース」になります。

かれこれ数年このブログを続けて思った「ひとりで更新し続ける難しさ」を解消しつつ、多くの価値観を共有しながら楽しめる場所です。

まだ始まったばかりのチャレンジではありますが、多くの方に使って頂きたいと思っています。

ここまで私が書く、しがない文章を読んで頂き、目もお疲れかと存じますが、どうか、最後に、私の渾身のワガママを聞いて頂けないでしょうか?

無理なお願いをしているのかもしれません。

でも、「日記を書く」には多くのポジティブな効果があります。今日一日を振り返るだけで多くの気付きがあります。

じらしてすみません。

一緒に日記を書いて頂けないでしょうか?

私は多くの人と日記として記録を残す毎日を過ごしたいと思っています。

そしてそれがきっかけで多くの人が救われる瞬間があるんじゃないかと思っています。

私が求めているのは募金や署名ではありません。

シンプルにあなたが持つ価値観や考え方です。

本来「日記を書く」は一人で行う趣味的な存在なのかもしれませんが、それを多くの人と同じスペースで書く楽しさを大声で主張したい。

「うおー!」です。

是非一緒に、DONGURILOGで、日記を書きましょう!

自分の為になり、誰かの為にもなる。

そんな最高のスペース作りにご協力ください!宜しくお願いします!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました