我が家の子供とテレビの付き合い方

生活

子供がテレビを見過ぎて心配になる親の心境。もうこれはあるある話だと思う。

テレビをつけるとずっと見ている。

消すと騒ぐ。だからまた付ける。

他の遊びに誘ってはみるもののそれに乗ってこないことの方が多い。

他にも家事があるから結局見せてしまう。

少しならいいと思ってはいるが、長時間かじりつくように見てしまう。

子育てについての悩みの一つかもしれない。

我が家も父と母の意見が食い違う場面があり、テレビについての考え方でモメた。

でもモメないと今の価値観で子育ては出来ていないと思う。

特にテレビ問題。

これは育ってきた環境とか雑誌とか、ネットとか、ママ友とか、情報が多い中で「これで合っているのか?」と不安になるもの。

あくまでは我が家はこうしているという感じではあるが参考になれば。

スポンサーリンク

我が家の「子供テレビ見過ぎ問題」の考え方。

テレビがそこにある以上「全く見ない」という選択は難しい。

どんな家族であっても家にテレビがある以上、その画面でなんらかは見るだろう。

テレビがあるのに「子供がいるから全く見ない」という選択を選ぶのは難しい。

基本的に「子供にテレビは見せたくない」という気持ちがあるとしても家族の中で全くテレビを見ないというのは社会に触れていない状態に近いと我が家では考えている。

テレビから得る情報もニュースの一つであって、社会との共通点を作る意味では必要なものと捉えているのだ。

そうなると例えば仕事に行く前に見るかもしれない。

夕食後に見るかもしれない。

あって当たり前のテレビを全く見ないという選択肢はなかなか選べないと感じる。

大人が見ているのに子供には見せないといった事はしない。

テレビを捨ててしまえば見ずに済むかもしれない。

だが、我が家ではテレビは大人は様々な情報収集の点からも見るべきだと考えている。

そうなると「子供にだけ見せない」という選択肢が浮上する。

そこにテレビがあるのに大人は見て良い。

子供は見てはいけない。

そういう区切りを作るのは良くないと思っている。

食べ物は大人と同じようなものを食べさせるのにどうしてテレビはダメなのか。

「子供だからダメ!」という理由をテレビで使うのはそもそもおかしな話なのではないだろうか。

お酒やたばこは法律的にも成長にも悪影響を及ぼす。

テレビにそこまでの悪影響が考えられるのだろうか。

テレビから受けた影響については後述するが、「子供だからダメ!」という理由はテレビでは全く関係のない事だと考えている。

例えば「目が悪くなるから」という理由。

これは大人も同じである。

子供だけに影響がある事ではない。

それを「子供はダメ!」という理由で片づけていいものだろうか。

目が悪くなるという理由であれば携帯も捨てるべきなのではないだろうか。

「歯止めが効かなくなる」「キリがない」という理由であれば大人はどうだろうか。

朝起きてテレビをつけて、寝るまでテレビをつけっぱなし、テレビの前にかじりついている。

そんな子供がいるだろうか。

そんな大人がいるだろうか。

ある程度の制限は必要かもしれないが、朝起きてから寝るまでずっとテレビを見ている状態が何日も続くわけがない。

いずれ飽きる。

テレビなんていずれ飽きると考えている。

それに大人がテレビを付けなければテレビの存在を忘れて遊んでいることもある。

子供は「今、一番楽しそうな事」を選んで実行しているだけではないだろうか。

子供が「見たい!」と言ったら基本的に見せる姿勢でいる。

「今、一番楽しいと感じる」のがテレビだと子供が考え、それを口に出したなら基本的には「どうぞ」と見せる。

その時に大人がニュースを見ているのなら「今ニュースを見ているからあと30分待ってほしい」と伝える。

その時にあまりにグズったりすればもう一度伝える。

何度伝えても「今見たい!」と主張するのであれば「何が見たいの?」と聞く。

先に見ている人がいる状態で「自分の主張」を通したいのであればそれなりの理由をちゃんと聞くようにしている。

「ただ単に見たいと言ったから見せる」とは違う。

コミュニケーションを取り、それでも自分の主張を通そうと頑張って伝えてくるのであれば結果的には見せる姿勢でいようと考えている。

全てを思い通りに実行させたり、黙らせる為にテレビを見せるのではなく、子供ともコミュニケーションを取りながらその都度考え、意見の交換をしながらテレビを見る選択を一緒に選ぶ。

見過ぎてるなと思ったら違う遊びに誘ってみるが子供の主張は優先する。

テレビを見過ぎることでおそらく子供の目も疲れてくる。

でも限界を迎えなければ違う事はしなかったりする。

そしてその限界は毎日同じようで違う。

親の想像と違うとすごく心配になる。

「今日テレビ見過ぎじゃない?」と感じるのだ。

その判断は父親も母親も線を引くタイミングが違ったりするものだが、そう感じた時に本人に一度聞く事を心掛けている。

「目が痛くなったりしていないか?」や「他の遊びもやってみないか?」といったように一度質問として投げかける。

無視される時もあるが、そういう時はしっかり目を見て聞いてみる。

その時に違う遊びを提案してみて本人に判断させる。

「もう少しテレビが見たい」と主張するのであれば「目が痛くなったり、飽きたり、他の遊びがしたくなったら言ってね?」と伝えてもう少しテレビを見させたりする。

しっかり主張が出来ればなんとなくテレビを見ているわけではないと判断出来るからだ。

素直に楽しいと感じているだけだろうが、それを言葉にして相手に伝えることは正しいと考えている。

そして可能な限りその主張については叶えてあげたい。

家の中でストレスを溜めてしまうような事を避けたい。

あと何年後にはお友達と外で遊んだり、親の目が届かない場所で遊んだりする。

その時に「やってはいけないこと」の判断を主張出来ること、「外でないと楽しくない」と思ってほしくない。

家族で過ごす時間を考えていることや思っていることを口に出来ない環境にしたくはない。

テレビを利用出来るツールとして考える。

ここまで考え方を伝えてきた通り、我が家ではテレビをコミュニケーションを取る為のツールとして考えている。

他にコミュニケーションを取るツールが無いわけではないが、テレビを無くすといった選択肢を我が家では選べない。

「テレビはあるもの」として考え、「あまり見せたくない」という気持ちも何とかしたい。

そう考えた時にテレビがあるから出来るコミュニケーションの取り方や言葉の種類。

他人の立ち振る舞いや教養番組。

良い部分も認め、ツールとして考えることで「無理に無くさない」と「見せる事で得られる知識や情報もある」と考えられるようになった。

大人が好んで見る番組の方が圧倒的に多いのだが、いずれ子供はそういった番組を理解しなくてはいけない時期が来る。

そうなった時に「あの時テレビで見たな」「テレビを見ながらこんな話をしたな」と思い出してくれるだけでもツールとして利用出来たのではないだろうか。

我が家ではテレビの存在に親がコントロールされるのではなく、テレビをうまく利用していく選択を選んだ。

スポンサーリンク

テレビからの影響で感じたこと。

多くの言葉。

テレビを見るようになってからふとした瞬間にテレビから聞いたであろうセリフが飛び出す。

家族とのコミュニケーションだけでは出てくるような言葉ではないのにそういった言葉が飛び出すことには親としては悪い影響ではなく、「記憶」するという「脳」を使えている証拠だと考えている。

悪い言葉も飛び出すこともあるが、もし少し大人になってそういった言葉を知っているのと知らないではショックの受け方も違うだろう。

多くの人と関わりを持つことでそういった言葉を投げかけられることもある。

そういった言葉を使うのではなく、うまく受け流すような事も出来るようになると考えている。

表現力。

何かを誰かに伝える時には表現力が必要になる。

その「誰かに伝える」という表現力がテレビからも養えると考えている。

アニメだが映画を観る。

その時に起こる困難を乗り越える様子やその時の表現。

人の心を動かせるようになるかどうかはわからないが、その時の表現力を必死に再現しようとしている時に少し笑える。

笑えるが一生懸命やっている姿を見るとなんだか少し誇らしかったりもする。

なんでもミュージカル風にされるとさすがに表現力というよりも演技力になってしまうのが少し気になるところ。

スポンサーリンク

テレビの存在とうまく付き合う。

今になってテレビの存在を消すことなんて出来ない。

であれば家族とテレビの在り方を今一度考え、子供にとって有効に使える方法を話し合う方が有意義な使い方が出来るのではないだろうか。

テレビは決して悪いものではない。

私たち自身もテレビがあって当たり前の生活をしてきたのだ。

それを子供には制限をさせたり、無理やり見ないものにしてしまうのはどうかと思う。

大人と子供の区別は必要かもしれないが、うまく付き合う選択をした方が家族とのコミュニケーションも増える。

我が家ではテレビを見せるか見せないかという二択ではなく、テレビをコミュニケーションを発達させるツールとしてどのように活用していくかが大切だと考えている。

疑問に思う部分や納得出来ない部分をその都度話し合うことが家族のバランスを取る為にも必要なのかもしれない。

そしてそういう話し合いの場に子供がいるということもコミュニケーションの発達を助けるかもしれない。