本当は田舎に暮らしたいけどね。問題は仕事だけじゃないから!

生活

やっぱり田舎と呼ばれる場所で暮らしをする方が土地も安いし気持ちも落ち着くし子育てにもいい部分が多いし。

と考えてしまうとどうしても行きたくなるよね。

田舎暮らしに憧れてるのか?って言われるとそういうわけじゃないなんだけど。

仕事とかお金とかリアルな心配ごとを無くせるならそりゃ田舎ってすごく素敵だなって思う。

って考えている自分は割と都会側の人間じゃないか?

そんなことないか。

スポンサーリンク

田舎で暮らす事にどれだけのメリットがあるか

今田舎と思われるところに住んでいる人は絶対に読まないだろうこの文章。

だって田舎で暮らしてるなら田舎暮らしに興味ある?

ないでしょ。

むしろ都会で暮らす事を考える人の方が多くない?

そんな事ないかな。

じゃないとそもそも過疎化しないからね。

都会で暮らしたいと思う人の方がすごく多いのはわかる。

もちろんわかりますよ。

移動手段だって多いし、なにより便利。

全てが便利。

ただ、田舎に便利さを求めるかっていうとどうだろう。

求めなくない?

便利じゃなくていいんだよ田舎暮らしは。

そこを求めてないから。

つまり都会に暮らすのか田舎に暮らすのかって比べられないと思うんですよ。

スポンサーリンク

都会暮らしと田舎暮らしでは求めてるものが違う

そもそもっていう話なんですよ。

都会に暮らしている人は田舎で暮らしたいと思うのかっていうとそういうことでもないんです。

最近若い人に仕事も与えて地方への移住を勧めたりしてるけど。

あれ、いいよね。

働き盛りの人には最高の条件を作ってあげていると思う。

ただ、なんでも無料であげちゃうってやっても地方としてもやっていけないだろうからそりゃもう少し改善の余地があるとは思うけどね。

働く場所も思ったよりまだ多くはないからね。

でもですよ。

最近インターネットの普及がすごいじゃないですか。

携帯なんてどんな山奥でも電波が繋がったりするって聞いた事があるし。

インターネットなんて電線があれば繋がるレベル。

そうなってくるとだんだん見えてくるでしょ。

一つ提案があるんですよ。

都会暮らしをしている人を呼び戻すっていう感じではなくて、都会の人ですらメリットと思う事をやってあげられないかっていう話。

地元にある企業とはまた別のね。

最近インターネットを利用しない会社なんて田舎にしかないくらいなんですよ。

全くないっていうわけではないんですけどね。

でも利用しなくてもやっていける会社さんが多いっていうことです。

それでも最近では使った方が便利だと気が付いてどんどん普及はし始めてるでしょ。

インターネットがあると便利に仕事が出来るっていうことなんですよ。

その辺りは当たり前にあるとしてですよ。

スポンサーリンク

田舎の方がインターネットの速度を早く出来ないものですかね

いや。全くもってどうやってやるかっていう計画はないですよ?

専門家でもないですし。

モノ申すっていう感じでもないですからね?

もし自分が田舎で暮らしたいっていうリゾート地チックな、別荘チックな感覚に憧れてそう思ってるだけですからね?

その愚かな私はそう思うっていうことなんですよ。

なぜなら都会にはインターネットだけがあればやっていける会社がたくさんあるからです。

逆にね。

逆にインターネットがあればやっていけるところが多くあるんです。

これ、田舎とは真逆じゃないですか。

ここに目をつけたんです。

単純に地方の田舎と呼ばれているところの方がインターネットの回線が早いってなると、会社ごと移動した方が話が早い企業だってあるはずなんですよ。

会社ごと移動させちゃえば雇用が生まれるから若いのも動くかと。

私もそれに乗っかって動くかと。

個人に対して地方に住めるように家を与えて仕事を与えるっていうのも手段としてはいいと思うんですけど自分ならそれで

「おお!行こう!」

となならん。

でも大きなインターネット系の会社があれば話は別。

パソコン使えるって結構当たり前の世の中だからそれももう考えている地方はたくさんあって、実際に会社の本社を地方に移すっていうところも増えて来ています。

これは、これはもしかして、田舎暮らしに憧れている人にはチャンスが来るかもしれないんです。

働く場所があれば人は絶対に増えます。

会社がたくさんあれば地方が潤います。人が増えます。

税金も多く徴収出来ます。

便利な田舎が出来上がっていきます。

会社さんについても最近は直接会う回数を減らしてインターネットでビデオ会議なんていうのを多く導入してるんです。

いけるよ。

あとちょっと!

田舎に時代がやっと追いついてきた!

会社ごと巻き込んじゃいましょう!

だからその為にもインターネットのスピードをやたら早くしたいところ!

これがあるだけで

「お!?」

って思うところがすごく多くなると思うんです。

インターネットで仕事をしている会社なんてデータのやり取りもインターネットでしょ?

納品とかもインターネットでしょ?

そしたら早い方がいい!はず!

それがあれば大手も

「よっしゃ!」

って。なれ!

そして逆に田舎に行きたくない社員を都会に置いて、田舎は別として雇用が生まれるでしょ。

その雇用がとにかく大事なんですよ。

田舎暮らし=農家

とかそういう時代じゃないっす。

もちろんこれからも絶対にまもらないといけない部分だと思いますよ。

でもそれはそれでこれはこれ。

頑固な頭は一回捨てちゃいましょう!

スポンサーリンク

仕事があるなら田舎で暮らせる人多数

それは間違いないんです!

田舎で暮らしたい!って思っている人ではなくても、「田舎でも暮らせる」って思わせてくれればいいんです!

それなら人々の選択肢に普通に田舎というものが入ってくる!

そうしたい!

それを当たり前にしたい!

だから頑張りましょう!

私頑張るから!

だって今は街に働きに出てるんですもん!

仕事が無いとお金がないから田舎に行きたくてもいけないんだもん!

田舎に行きたくても行けない人を囲っていきましょう!

その為に出来ることならわずかながらふるさと納税頑張りますから。

だからそういうのに使ってください。

結局のところですよ。

スポンサーリンク

田舎でも便利に暮らしたいんです

もうここまで来たらただのわがままですよ。

スーパーだってわざわざ行かなくてもネットで頼んで狙った商品だけを届けてくれるじゃないですか。

だからいいんです。コンビニが必要なわけじゃないでしょ。

スーパーごと移動する必要なんてもうないんですよ。

必要なものを必要なだけ届けてくれる時代なんです。

もう少しです。

後は働き盛りの人が仕事する場所。

これだ!

これさえあれば…

それが難しいんか。

あと何年かすれば整うかな?

整い始めるかな。

転職っすね。

そうなったら転職ですよ。

都会だけが盛り上がるっていうひいき感を平らにしてやりましょう!

住みたいところに住んで好きな仕事も出来る。

こんな事になったらすごく素敵です。

下手すりゃ海外だってあり得るかもしれない。

島だってあり得るかもしれない。

世界を平らにしてしまいましょう!

地方から!

無理か!

まださすがにそこまでは考えられないね。

熱くなりました。

すみません。冷やします。

「定年を迎えたら田舎に住みたい。」

こんなセリフ。

なんか寂しいじゃないですか。

住みたい時に住む。

そんな世の中になればいいのにと。

定年を迎えたらって結局昔から仕事する場所がないっていうのが問題だったわけじゃないですか。

インターネットを使いましょう。

スポンサーリンク

インターネットは田舎を田舎じゃなくしてくれる

そうなんですよ。

インターネット×田舎で暮らしはすっかり良くなるはず。

むしろ田舎っていう言葉が無くなる。

ただ、住んでるところ。

そうなる日も近い。

だからもっとインターネットに対するリテラシーをみんながみんな上げていこう。

インターネットを使った詐欺も本当に多い。

残念ながら多い。

でもセキュリティも本当に頑張っている。

むしろ詐欺に負けない速度で成長している。

国で対策しているレベル。

大丈夫。

もっともっと良くなるはず。

若い人が田舎に住みたいのはリゾート気分を味わいたいからかもしれないし別荘のつもりで考えているのかもしれない。

それでもいいじゃないか。

それが出来る世の中の方がいいじゃないか。

過疎化でやせ細ってる場合か。

行きたい人だってたくさんいるんだぞ!

ここにも一人いるんだぞ!

すでにいるんだぞ!

定年なんて待ってられないよ。

今いきたいよ!

それに対しての問題が山積み過ぎるだけだよ。

ん?

そんなに行きたいならやればいいじゃん?

と。

むしろ行ってその普及を手伝えと。

やだ。無理無理。

そんなドラマみたいなこと言われても困るよ。

だってそんなことしたらもう偉人だよ?

偉人になりたいわけじゃないよ。

普通に生活したいんだよ。

そんな事言われたら田舎で暮らしたいって言えない人多数だよ。

力でねじ伏せないで!

簡単にこの気持ちを摘まないで!

スポンサーリンク

じゃあ定年を迎えたらでもいいよ

そうなんですよ。

これね。

この気持ち。

この気持ちが余計に田舎暮らしに特別感を与えているわけですよ。

全然悪くないわけ。

むしろ定年後っていうある意味テーマになってて、それが田舎のプレミアだったりするわけで。

若けりゃ田舎に行っても何とかなる人はいると思うし勢いで行って何とかやっていけてる人もたくさんいるはず。

でもね。

定年を迎えたら行く。

目的は人それぞれだけど、なんだかすごくプレミア感があるんです。

だから、このプレミア感はやっぱり残しておきたいですよね。

モナコ的なプレミア感を。

そのプレミア感があるからこそ今の若者たちにも周知はされてると思う。

田舎に暮らすってどういう事かっていうイメージは湧くと思う。

そして最近すごく魅力的なのは「あえて田舎」に作るショッピングモール。

これは都会から人が集まってくる。

逆にね。

都会にも同じようなものは売ってると思いますよ?

でも来るの。

行っちゃうんです。

実際に周辺に住んでいる人にとっても嬉しいだろうし。

都会に住んでいる人は休日の癒しを求めるの。

現地の人は贅沢な時間を過ごせるの。

最高じゃないですか。

金持ち大手がやる事かもしれないですけどね。

でもね。見つけてしまったのよ。

実際にそんなショッピングモールに行ったときにね。

ショッピングモールの敷地外にカフェがあったり、おみやげ屋さんがあったりするんです。宿泊施設もね。それに伴って住宅も。

なるべく近くにね。

これはしめた!って思ったんでしょう。

道路を挟んだ反対側にそんなお店を出してしまうんです。

ナイスです!

雇用が生まれていきます。

働ける場所があるって本当にナイスです。

そして尚且つそういった癒しの特別感もあるんです。

いいでしょ。

かなりいいでしょ。

もうこうなったらインターネットだけじゃねー!

田舎でもなんの問題もねー!

行こうと思えば行けるんです。

まだ場所は選べないかもしれないですけどね。

行けない事なんて本当にないんですよ。

少しの思い切りがあれば多少のネガティブはあるかもしれないですけど行けます。

そのくらい頑張ってます。

先ほどは無礼な事を言って本当にすみませんでした。

スポンサーリンク

田舎でも仕事は探せばいくらでもある

さあ。

悩みを捨てよう。

本気で住みたい場所で仕事を探してみよう。

どこに住みたいか決まってる?

そうなんだ。

じゃあ少し探してみたら?

だってインターネットがあるじゃないか。

情報誌があるじゃないか。

旅行がてら現地に行くのもありだ。

癒されるぞ!

そこで情報収集すればいい。

探し始めたら秒読みだ!

先に仕事が決まるっていうパターンもあるかもしれない。

それから家を決めてもいいかもしれない。

選択肢なんて無数にあるさ!

少しの勇気があれば十分だ!

そのくらいのロマンが待ってるぞ!

男なら冒険に行くようなものだ!

ワクワクするだろう!

家族があるならみんなが喜ぶかもしれないぞ!

子供たちなんて最高に喜ぶんじゃないか?

計画を立てたなら家族に話をしてみよう!

「あのさ!すごくいい話があるんだ!」

って。

ものすごく喜んでくれそうでしょ?

「最高じゃん!」

って返ってきそうでしょ?

よし!

今夜だ!

今夜伝えてみよう!

ある程度の下調べで十分だよ!

だって夢がある話だからね!

うん。

断られるぞ!

全力で拒否されるぞ!

「無理だ!」

とな。

「一人で行け!」

とな。

そして思い知らされるだろう。

田舎暮らしのハードルは仕事だけじゃないとな。

そうなんだよ。

田舎暮らしをしたいと思う人のほとんどは家族を持っているんだ。

そのハードルは相当高いよ。

仕事なんて本気で探せばあるよ。

でもな。

家族ってのは本気で探して見つかるものじゃない。

みんなで作っていくものなんだよ。

今決断しようとしているその選択は家族みんなが幸せになれるものなのかい?

田舎暮らしを決断する為に一番大切で、一番掛けがえのない一番の問題は、

そこなんだよ!

まぁ諦めたわけじゃないけどな!

はっはー!