世の中全部電気自動車になればいいのになって思うのです

小言

私は車を持っていない。

維持費がかかるから。

単純に今の若者と同じ考え方。

ランニングコストが嫌いな私は車は欲しいけどお金がかかるって部分でちょっと考えちゃうわけです。

住んでいる場所も駅近くだから電車使うし。

「どうしても車が必要」じゃなければいらないと考えてしまう。

ガソリン代もかかるし。

って思ってたわけですわ。

ところが最近の電気自動車はどうでしょう。

めっちゃ走るやん。(航続距離)

電気代がどのくらい必要なのかわからないけどもう電気の時代になったわけですね。

色々調べていくとどうやらバッテリーとか電池の開発が進んだからみたい。

たっぷり電気を充電出来る電池やバッテリーが開発されてるらしい。

正直、私に細かい事はわからない。

だが、排気ガスも出ない。

勝手に世の中が電気自動車の方へ行く。

その方がメリットがあるとわかっている。

デメリットがどこにあるのか良くわからないんだけど多くの人は電気自動車に対してどう思ってるのかね。

メリットの部分ばかりに目が行ってしまうのは私だけだろうか。

その内全て電気になるんじゃないかと思う。

勝手にね。

勝手にそう思っているわけです。

それを想像して楽しくなる日。

今日はそんな日なのです。

スポンサーリンク

世の中の全ての車が電気自動車になるメリット

どんなに頑張ってもガソリン車より燃費が良い

ちょっと調べたんですけど、どんなに頑張ってもガソリン車よりも燃費が良いらしい。

もし、全部が電気自動車になったとしたら、多くの場所で充電が出来るようになる。

こうなると、家で充電するっていう「電気を使う燃費」の考え方も無くなるんじゃないかなって思っている。

ガソリン車が無くなればそのポイントはもっともっと増える。

もう燃費なんて考えなくても良くなるレベルになるんじゃないだろうか。

給油じゃなくて充電。

しかも多くの場所で使えるようになる。

どんなに頑張ってもガソリン車より燃費が安くなる。

今現在ガソリン車と電気自動車が混在していてもすでに燃費は良いのだから電気自動車だけになればもっと便利に、使いやすくなるはず。

こりゃメリットとしか言いようが無い。

更にモーターで動くから故障も少ない。

こりゃメリットとしか言いようが無い。

と思っている。

街が静かになる

「ブルルルン!」っていう考え方が無くなる。

電気自動車にマフラーなんていらない。

モーターだから。

音にするなら「キーーーン」だな。

デザインの問題で「敢えてマフラーがあるように」見せる事はあるかもしれないけど、100%電気で動く自動車に排気ガスは無縁。

環境的に良いとされているだけではなく、あのちょっと改造した「ブルルルン!」っていうのはない。

大きな道路の近くに住んでいると、あの「ブルルルン!」が夜中に響き渡ることがある。

窓を閉めているのにね。

正直、寝ている時はうるさいのだよ。

車だけじゃなくて、バイクも電気にする必要があるとは思うけど、車社会の国だとその開発は「まず車」からになるのはしょうがない。

もし、世の中の車が全て電気自動車になったとしたなら、きっとバイクも電気になる。

そうなれば、「ブルルルン!」っていうのは完全に無くなる。

結局別の騒音が現れそうだけど、一旦、無くなるのは嬉しい。

だって寝れないくらいうるさい時があるんだもん。

充電とかはもはやどこでも出来るようになる

さっきの燃費でも少し触れたけど、電気だから充電っていう考え方になる。

これって単純に「お金を取る対象」ではない気がしている。

だって、電気代ってコンセントがあるお家だったり、その施設内の支払いになるから。

それを外から来て使うのは基本的には無料。

充電だから。

携帯電話と同じような感覚になると無料でしょうね。

「充電する」なんていう考え方は今となっては「超当たり前」なんです。

歯を磨くとか風呂に入るとかと同じくらい「充電する」は当たり前。

なんでもかんでも充電する時代なのです。

充電するのに今時お金取らないっしょ。ってことで車も電気自動車が当たり前になればどこでも充電出来るようになる。

そうなるに決まっている。

すでに観光地やその他の施設には車がいつでも充電出来る設備があったりする。

「急速充電スタンド」ってのがグーグルマップで調べてもたくさん出て来るようになった。

そういうのがもっともっと増える。

電気自動車を持っている人が増えれば増えるほど充電する場所も増えていく。

こんなもの比例するに決まっている。

電気自動車が増えれば増える程ガソリンスタンドが無くなっていく。

今が一番中途半端。

電気なのかガソリンなのか。

宙ぶらりんだからガソリンスタンド徐々に無くなっていく。

車の燃費が良くなれば良くなる程ガソリンスタンドにとってはダメージを受けるような気がする。

ただ、全部が電気自動車になればガソリンスタンドは姿を変える。

今は宙ぶらりんだからどうしたらいいのかわからない。

ジワジワ減ってきている感じ。

だからこそ全部電気自動車にしちゃえばいいんだと思う。

ガソリンスタンドのこれから

車にガソリンを使わなくなるとガソリンスタンドが無くなる。

代わりに必要になるのが充電スペース。

ガソリンと違って充電には少し時間がかかる。

その時充電している人は、車の中で過ごすか、くつろぎの時間にする。

商業施設の駐車場全てに充電出来る何かが作られるかもしれない。

買い物をしている最中に充電。

テーマパークで遊んでい最中に充電。

映画を観ている最中に充電。

そうなると面白い。

ガソリンスタンドが無くなるのと同時にきっと新たなチャンスが訪れる。

ガソリンスタンドの経営を心配する人もいるかもしれないが、必ず時代と共に動く流れってのがあって、「廃れる」って言葉が良く使われたりする。

これまで何十年もガソリンスタンドにはお世話になった。

車が普及するのと同時にどんどんスタンドが作られた。

次は電気。

同じように新しい何かがどんどん普及していく。

そういうもの。

無くなるものを心配するよりも新しくて楽しい何かを想像したいじゃないか。

だって全部電気になって、もし携帯みたいに誰もが持つようになって、インターネットを介して世界中の人が見るマップの制度が増して、GPSの制度もさらに増して、どの車がどこにいるのかしっかり把握出来るようになればどうなるか想像してみてほしい。

もう運転も必要なくなる。

自動。

バスが無人になる。

タクシーも無人になる。

時代は電気。

AI。

充電スペースを探している時代なんてすぐに過ぎ去る。

今日もこの間まで営業していた近所のガソリンスタンドが一つ無くなった。

次だよ!

もう次のステージに移動しようとしてる。

世の中の車が全て電気自動車になったら、世界が劇的に変化するはず。

その次はもう、「飛ぶ」に決まってる。

そしたらどうなると思いますか。

道路が無くなるんですよ!

すげーな!