恥ずかしい事を平気で言える奴が凄く苦手

小言

「愛してるよ!」

とか、直接言うのって、恥ずかしくない?

洋画でよく見る光景なんだけどさ。

両手で頬に触れて、「愛してるよ。」ブチュー!

いや、恥ずかしくないか?

たまに「あれは外人だから」とか「日本人は愛情表現が苦手だから」とか言うじゃん?

そういう事じゃなくてさ。

そもそも愛情表現が「愛してるよブチュー」なとこに突っ込みたいのだよ。

超限定してるからね。

確かに日本人とは違って手足が長く、美しい瞳とブロンドの髪の役者が「愛してるよブチュー」をすりゃ絵になる。

そりゃそうだ。

魅せる仕事だからね。

手足が短くて小太りの中年が「愛してるよブチュー」って普通にキモくないか?

人によるんだよ。

あんたらが愛情表現を限定的にしてしまってるからこっちはすげー迷惑してるんよ。

簡単に説明すると、「白馬に乗っても様にならない王子もいるだろ?」って話です。

「愛してるよ。」ってめっちゃどストレートじゃん。

投げようと思えばいつでも投げれるし。

そんなもんを堂々と投げつけて「キャー嬉しー!」って騒いでる奴もヤバいけどな!

「恥ずかしい」ってのは「自分には似合わない」って思ってるからなんよ。

キモくて目立つよりよっぽど良い思うけどな。

だから私は大して美しくもないのに恥ずかしい事を平気で言える奴に言いたい。

言いたくてしょうがないからここにまとめます。

スポンサーリンク

お前はそんなに美しいか?

さっきも言ったけど、手足が長くて、スタイリッシュで、鼻が高くて、どこからどう見ても美しい奴が恥ずかしい事を口にしてもなんか腑に落ちたりするんよ。

ところがめちゃくちゃ普通な奴がテレビや映画や雑誌の影響で圧倒的に恥ずかしい事をキメ顔で口に出したりするじゃん。

あれってマジで鳥肌が立つんだよね。

ドラマや映画で言ってくれる分には独特の世界観に引き込まれてるから良いんだけど、それをリアルに持ち出して、しかもムービースターとはかけ離れた体型と顔立ちの奴に言われると流石にキツい。

影響されたりマネをしたりするのが悪いとは思ってないけど、「お前はそんなに美しいか?」と思うわけです。

正直見た目で差別的な事を言ってるのはわかってる。

世の中から見れば圧倒的に私が悪い。

でも我慢出来ないのだよ。

言いたくなってしまう。

鳥肌も立つし。

それを無視出来ない。

だもんで結局ブログへ。

ブログがあってよかったぁ。

たまにボロクソ言いたくなる時ってあるじゃん?

それを殴るように書く、書く、書く!

お前は恥ずかしい事を当たり前の顔をして言う。

ブスなくせに!

やめてくれ。

身の程を知れ。

ムビースターにしか似合わないセリフを言わないでくれ。

鳥肌が止まらない。

別に直接文句を言うわけでもないし、批判したいわけでもない。

勝手にやってもらって構わない。

でも、私は鳥肌が止まらない。

心の声です。

せめて歌にしてくれ。

恥ずかしい言葉ってお笑い芸人が「面白い」と思って使うことがある。

わざわざ恥ずかしい言葉を使って笑わせる。

「その顔で!?」と突っ込む。

多分、私はそういったお笑い芸人の姿を見て、それが「正しい使い方」だと思ってるのかもしれない。

「くさいセリフ」=「笑える」

そういう価値観を持っているんだと思う。

「生まれ変わっても君と結ばれたい」

みたいなセリフをリアルな世界で聞いてキュンとする?

する人もいるんでしょうね。

価値観はそれぞれだし。

「生まれ変わっても君と結ばれたい」

…。

そのくらい愛してるって事ね。

…。

真面目な顔して、見つめあって、手を取り合って…。

「生まれ変わっても君と結ばれたい」

…。

ダメだ。

やっぱり無理だ。

誰も突っ込んでくれない状況だと辛い。

一方的な価値観なんだけど、やっぱりお笑いになってしまう。

これは日本人だからか?

違うだろ。

「生まれ変わっても」って現実離れし過ぎて想像出来ないし。

そういう世界観?

無理だ。

やっぱ無理。

浸れない。

ギリギリいけて歌の歌詞。

歌にしちゃえばなんとかなるかもしれない。

ミュージカルにしてくれれば鳥肌は立たないかも。

どんなに恥ずかしいセリフも音楽に合わせればなんとかしてくれる。

恥ずかしいセリフをど真面目に言いたいなら、せめて歌にしてくれ。

それでもブスはキツいがな。

大袈裟で逆に伝わらない。

圧倒的に恥ずかしいセリフで気持ちを表現されると、「生まれ変わっても」とかメルヘン過ぎて私には伝わらないのです。

「世界中を敵に回しても」とか「世界で君と僕だけになっても」とか…。

ある?その状況。

恐らくないじゃん。

てか本人も起こらないってわかってるのに言ってるでしょ。

「あまーーーーい!」って誰かが言ってくれりゃまだマシだけど、クソ真面目に言う奴もいるじゃん。

とにかく大袈裟。

リアクションがデカイ奴と一緒にいるとたまに「何事!?」って思うような事がある。

でも中身は「小虫が顔にちょっと当たっただけ」だったりするじゃん。

あれね。

つまり大袈裟なんよ。

リアクションがデカ過ぎて一瞬生命の危機かと思うけど、全然そんな事はない。

ちょっとガッカリする。

いや、イラっとする。

「なんだよ!どうって事ないじゃん!」ってなる。

だんだんそいつのリアクションがムカつくようになる。

「どうせ大した事ないんでしょ?」となる。

あんまり恥ずかしいセリフを連発していると、「愛してる」単体のパンチ力が下がるんです。

いつも大袈裟過ぎるから「普通」に納得しなくなるんです。

伝わらないどころか普通じゃ満足出来なくなる。

大量放出した金塊状態。

そこら中に金があったら金の価値が下がるでしょ。

それ!

「愛してる」ってセリフですら恥ずかしいのに大袈裟にしちゃったらもう私には異次元の難しさだよ。

逆に「愛してる」が伝わらないんだよね。

恥ずかしくて何が悪い。

私は「愛してる」ですら恥ずかしい。

だからなかなか言えない。

どんなに愛している相手でも言えない。

言えないのです。

手足も短いし、小太りだし。

自分に「愛してる」は似合わないと思っている。

自虐ネタにしてるわけじゃない。

大真面目です。

だからたまに考えるのです。

「愛してる」の表現方法。

セリフじゃ無理なんよ。

ガチで超絶恥ずかしいから。

だからこそ違う表現方法が出来りゃそれで構わんのです。

外国の方々が「愛してる」ってセリフを当たり前に使い過ぎて、まるでそれ以外に方法が無いような雰囲気があるけど、私には似合わない。

スーツよりも和服が似合うのに無理やりスーツを着せられ続ける胴長短足。

苦痛だよ。

別にセリフじゃなくてもいいじゃん。

生活の中で「愛してる」を表現する方法なんていくらでもある。

オムライスに描くハートのケチャップでもいいだろ。

それはそれで恥ずかしいかもしれないけど、無理して、キメ顔して、「愛してる」って言うよりよっぽどマシだ。

問題は正しい愛してる表現が「愛してる」ってセリフな事なんだよ。

それが似合うか似合わないかくらい自分で選ばせてくれ。

「愛してるって言って!」なんて言われたらもう拷問だ。

「頼むからふんどし履いて!」と同じ。

泣いて謝るから違う方法を一緒に考えてくれよ。

「愛してる」が恥ずかしくて言えなくて悩んでる時点で相当愛してると思うけどな。

お前が正解を決めるな。

わかった。

わかってしまった。

「愛してる」の正体が。

はい。

セリフです。

単なるセリフ。

この際だからハッキリ言おう。

私は本気で愛している人には恥ずかしくて「愛してる」とは言えない。

でも心の中ではめちゃくちゃ愛しているつもり。

実際に愛していない相手なら何度でも言える。

だから、私にとって「愛してる」ってのは単なるセリフなのです。

本気の「愛している」を伝える時には使えないセリフなのです。

誰かが作ったドラマや映画の価値観で「愛してる!」って言うのが正解みたいな雰囲気を作りやがって。

そうじゃない伝え方だってあるはずだ。

正解は俺が決める!

「愛してる」の伝え方も俺が決める!

お前が俺の正解を決めるな!

誰かが作った「愛してるの伝え方」なんかに興味はない!

恥ずかしいだけだバカ野郎!

だから私は恥ずかしい事を平気で言える奴が苦手だ!

私は私の伝え方で本気の「愛してる」伝えようと思ってる。

小言
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました