友達から恋人になるまでに必要な5つの条件

恋愛

好きになってしまったなら止めようがない。

恋心ってのはいつ何時抱くかわからないものです。

「友達だったけど好きになっちゃった。」

なんて事。

当然、ある。

そこでの問題は「相手はまだ友達だと思っている」状態だって事。

いきなり告白したなら、「友達でいたい」と言われるか、そのまま気まずい空気になり疎遠になってしまうパターンもあるだろう。

でも「友達だったからこそ」わかる相手の心理が沢山ある。

それらを利用しながら友達から恋人になるまでに必要な5つの条件をここにまとめたい。

お互いの事を理解しながら恋人へ変わっていくのが世の中で言う自然な流れなら、「友達から恋人へ」のパターンはある意味超自然かもしれない。

出会っていきなり恋人同士になる可能性の方が低いでしょ。

難しく考えがちな問題かもしれないけど、恋の始まり方に種類なんてない。

好きなもんは好きなんだよ。

相手にも好きなってほしいでしょ?

じゃあ最後まで読もう!

スポンサーリンク

友達の枠を超える。

友達という枠組みがあると、なかなか「恋人として」の意識は芽生えない。

だから自分が相手にとって友達としての枠を超えた存在にならなければならない。

この「枠」っていうのが思ったより厄介だ。

何しろ相手の中のイメージで作られている。

目で見える壁ならパワーでぶち破ってやるがそうもいかん。

こっちがどんなに友達の枠を超えたいと思っても、どんなに考えながら行動しても、相手が感じる恋人の条件にマッチしてなければその枠は超えられない。

友達枠からの脱却と同時に恋人枠へ移動するミッション。

鍵は「友達だからこそ」知っている「理想の相手像」が握ってる。

友達だからこそ聞き出せる相手の情報があるわけだ。

「そういえば恋人に求める条件ってなんだっけ?」

と普通に聞いても問題ない。

恋人として意識してるのはこっちだけだし。

大事なのはその情報が「本音」であるかどうか。

世の中には「友達の前ではなかなか本音を言えない人」もいる。

または「話を盛るタイプ」もいる。

恋人に求める条件が、友達の関係とかけ離れたところにある人もいる。

秘めた想いもありそうだ。

そこは友達枠を生かし、本人とコミュニケーションを取ったり、他の友達からも情報を集めていこう。

その後、もし本音を聞き出せて、その条件を理解していたとしても、いきなり実行してはいけない。

理由は、相手がまだ「友達」だと思っているから。

恋人枠に行くには「友達枠」を超えなくてはいけない。

が、

突然人が変わったように勢い良く友達の枠を越えようとして、恋人枠にも入れなかったら最悪だ。

一気に友達枠からも外されるかもしれない。

得た情報を元にいきなり攻め立てられたら引くでしょ。

「こいつ急になんなんだ?」って思うでしょ。

だから今はまだ「情報として持っておくだけ」にしておこう。

ハートに刺さる矢をしっかりキープしておけ。

友達でいられればその矢を放つタイミングが必ずある。

そこで射抜く。

例えば「励ましてくれる人」が恋人の条件だとしたら、「励ますべきタイミングではないのに」励ましても響かない。

使いどころを間違えると「お節介」になってしまう。

お節介な友達なんて必要か?

必要ない。

タイミングを間違えるだけで「友達枠」からも外れてしまうかもしれないから気をつけよう。

まずは恋人枠に入る条件を知り、持っておく。

そしてベストなタイミングで使う。

それが友達の枠を超える方法になる。

恋を意識させる。

相手の恋人枠に入る条件を知ったなら、次はそれを使うタイミング。

もちろん小出しにしていきましょう。

徐々に恋人枠に入る条件を埋めていく。

そして友達枠から恋人枠へ移動する。

うまく相手の恋人枠に入れれば友達を超え、恋を意識してもらえるようになる。

もちろん人は急に変わらない。

少しでも早く恋人として意識して欲しい気持ちはわかるけど、こればかりは相手の気持ち次第。

しっかり相手に合わせながら恋する気持ちを芽生えさせなくてはならない。

もし相手が肉食系な恋を望んでるタイプならガツガツいっても良いけど、その情報が誰かから伝わったガセだった場合はひどい結果が待っている。

本当は草食系だった時とか最悪だ。

そうならないように改めて相手が理想とする恋人像を確認しておこう。

ちなみに、「どんなに頑張っても今は辿り着けない理想」ってのもある。

「大金持ち」とか「筋肉モリモリ」とか。

「モデル」とか「家柄」とか。

とかとか。

「どう頑張っても無理じゃね?」

と思われる理想を目の前にして、「こりゃダメだ」と諦めるのはまだ早い。

早いと言うか、情報が乏しい。

相手の口から出てくる恋人に求める理想の条件だけが正解ではない。

恋を意識する瞬間って深層心理にあったりする。

「親みたいな人は絶対に嫌だ」と言う割にこれまでの恋人は親によく似た性格だったり。

本当に真逆だったり。

友達として存在している今だからこそ相手の深層心理を汲み取れるような時間を過ごそう。

私の過去の経験で、仲の良い友達と雑誌を見ながら「この人好きなタイプでしょ?」と指定したが、とんだ勘違いだった事がある。

好みって友達でも深く理解するのが難しい部分だったりする。

友達同士ならね。

でもこっちは恋をしてる。

今のところは一方通行だけど、友達よりも相手の事を沢山知りたいと思ってる。

だからきっと友達同士より相手の深い部分が見えてくるものだ。

今は叶えられない理想があっても、他の部分で補ったり、違う方法を考えたり出来る。

次に紹介する方法がその中の一つと思ってほしい。

共に歩む未来を想像させる。

今はどんなに頑張っても叶えられない相手の理想でも、「将来は叶えてくれる」と期待してもらう事は出来る。

それがいつしか恋愛には欠かせない信頼感に繋がったりもする。

そんな信頼感を相手に感じてもらうには、共に歩む未来の先にある理想を想像してもらう必要がある。

相手がイメージしてる恋人像に近づける未来や、それを超えていける可能性を感じてもらう。

それにはもちろん言葉も行動も必要になる。

もし相手の理想が「大金持ち」だとすれば、それを予感させる何かが必要なわけだ。

「大金持ち」ってどんな存在?

それになる為に今自分に出来る事は何?

伝えられる事は何?

自分が「それになれる」と確信してもらえるような理由が必要になる。

「こいつは大金持ちになりそうだ!」と思ってもらえたら勝利。

医者や弁護士になるのか、あっと驚く新ビジネスを考えているのか。

方法は様々だ。

でも相手が信頼するだけの「今」が必要。

口だけじゃさっぱり信じてもらえないのは明白。

それに見合っただけの行動が必要になる。

「めちゃくちゃ勉強してる」とか「めちゃくちゃ頑張ってる」とか。

見てて期待出来る努力をしているかどうか。

今は友達の関係だとしても、相手に「この人は私の理想かも」と思ってもらえるようにしたい。

シンプルに今後の自分の為にもなるし。

自分を磨く意味でも将来性を感じてもらえるように頑張れ。

「この人と一緒になれたら幸せかも」と思ってもらえりゃ圧勝だな。

それはあなたの未来の価値です。

それを相手にしっかりイメージしてもらえるように今を頑張る。

「芯がある人」はいつも魅力的に見えるもの。

発言と行動がシンクロしてればきっと信頼感に繋がる。

そしてそれが未来をイメージさせる。

「この人と一緒なら幸せになれる」って未来を予感させるのだ。

恋人になるメリットを知ってもらう。

未来を想像させるのも重要だけど、「今の幸せ」もやっぱり重要。

恋人になるのは「今」なんだからそりゃ大事。

相手が理想として掲げている恋人像は将来的に満たすとしても、今も「恋人になるメリット」を感じてもらえなきゃ友達として応援されるだけになる。

恋人になるメリットは「相手が恋人に求めるもの」ではなく、「それ以外の目標や夢」にヒントがある。

恋以外の夢や目標って事ね。

例えば相手が何かしらのスポーツでプロを目指しているなら、サポート出来る部分は結構ある。

疲労回復のあらゆる情報や商品を受け取ってもらったり、一緒に練習したり…。

つまり恋以外の夢や目標を「支える存在」になる事だ。

出しゃばったマネをすると嫌われるかもしれないが、そもそも友達なんだから必要としているサポートは情報として集めやすい。

それらを「友達以上」に支えてあげる。

普通の友達じゃ出来ないレベルのサポートをする。

友達から恋人になるんだから友達以上のメリットがなきゃ話にならない。

恋以外の夢や目標を支える存在になると実感してもらえれば「そばにいてほしい」と感じる瞬間が必ず来る。

尽くすのではない。

サポートする。

支える。

尽くし過ぎると相手にとって「都合の良い奴」になってしまう事もある。

だから尽くす訳ではなく、「支える」がメインね。

そばにいなくちゃ出来ないような支え方でアピールする。

これが出来れば相手が持つ「恋人としての理想」を超えて、今最も必要な存在になれる可能性がある。

そばにいてほしい存在になれば恋人までの距離はあと僅かだ。

告白のタイミング。

ここまで紹介した全ての項目がうまくいっているなら恐らく相手はあなたを恋人として意識し始めているはずだ。

将来的にも信頼出来て、夢や目標もサポートしてくれる存在。

私なら「独り占めしたい!」と思う。

そう。

恋は相手を独り占めしたい衝動である。

これまでの項目を相手がしっかり意識しているなら、「あなたは他の誰にも渡したくない存在」になるはずなんです。

それが恋になる。

友達としてじゃなく、「恋人として共に歩んで行きたい」と感じるはず。

そうなりゃ告白のタイミングなんて考える必要はない。

きっと「わかる」はず。

その時に告白すればいい。

お互いにとっての理想なんて努力次第でこれからいくらでも叶えられる。

「今」あなたと一緒にいる時間が相手にとって価値があるものにすればいい。

お互いその価値を感じているならきっと「恋している」とわかるはず。

友達だからこそ出来る事を駆使しながら進めていけば、向こうから告白してくれるかもしれないぞ。

そりゃ嬉しい。

答えは?

YES!だ。

その瞬間が来るまで頑張ってみようぜ。

恋愛
この記事を共有する
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

お見苦しい点が多々ある私なりの文章をここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。改めまして、執筆者のdaimaruです。

この度、DONGURILOGという日記サービスを共同運営させて頂く事になりました。

シンプルに伝えると、「みんなで日記を書くスペース」になります。

かれこれ数年このブログを続けて思った「ひとりで更新し続ける難しさ」を解消しつつ、多くの価値観を共有しながら楽しめる場所です。

まだ始まったばかりのチャレンジではありますが、多くの方に使って頂きたいと思っています。

ここまで私が書く、しがない文章を読んで頂き、目もお疲れかと存じますが、どうか、最後に、私の渾身のワガママを聞いて頂けないでしょうか?

無理なお願いをしているのかもしれません。

でも、「日記を書く」には多くのポジティブな効果があります。今日一日を振り返るだけで多くの気付きがあります。

じらしてすみません。

一緒に日記を書いて頂けないでしょうか?

私は多くの人と日記として記録を残す毎日を過ごしたいと思っています。

そしてそれがきっかけで多くの人が救われる瞬間があるんじゃないかと思っています。

私が求めているのは募金や署名ではありません。

シンプルにあなたが持つ価値観や考え方です。

本来「日記を書く」は一人で行う趣味的な存在なのかもしれませんが、それを多くの人と同じスペースで書く楽しさを大声で主張したい。

「うおー!」です。

是非一緒に、DONGURILOGで、日記を書きましょう!

自分の為になり、誰かの為にもなる。

そんな最高のスペース作りにご協力ください!宜しくお願いします!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました