目標や夢に本気で「恋」をすれば途中経過はどうでも良くなる

メンタル

今日という一日を精いっぱい生きているか。

余力を残してはいないか。

夢に向かって半歩でも進めたか。

今日という一日を無駄にしてはいけない。

毎日毎日の積み重ねが1週間になり、1週間の積み重ねが1か月になり、1か月の積み重ねが1年になる。

目標や夢があるのならその一日を無駄にするだけで、目標や夢に届く日が一日遅くなる。

そういう日をたくさん重ねれば重ねるだけ遅くなっていく。

一日も無駄にしなければ最短で目標や夢に到達する。

そういう考え方。

嫌いじゃない。

でもそれが出来る人。

自分を含めて、そんなにいないんじゃないかなと。

そう思うわけです。

営業会社ではそういった精神論的な話が飛び交うのだと思う。

目標へ向かってどれだけ本気で向き合えたかどうか。

 

「立ち止まっている時間はない。」

 

的な考え方ね。

一生懸命考える為に立ち止まる時間はどうだ。

それも目標や夢に向かって一生懸命になっているんだと思う。

何もしなくても頭ではわかっているならきっと目標や夢に近づいている。

精神論を掲げて、

 

「お前はまだ出来る!」

 

と言わんばかりのプレッシャー。

出来るかどうかは自分で決めるから。

別にそんなものいらん。

今日一日の努力が実を結ぶっていうのもわかる。

そんな精神的な部分をわざわざ言葉にする必要があるか。

 

ないね。

 

スポンサーリンク

目標や夢に突っ走ってる人は迷わない。

だから精神論なんていらない。

やることもわかっている。

それをやるだけ。

流されない。

揺るがない最強の夢や目標を持つ者に迷いなんてない。

精神論が必要ない程にビクともしない。

黙ってやる。

黙って反省してまた黙ってやる。

男からするとその姿がすごくかっこよく見えるのです。

他のものには目もくれず。

ただ毎日を目標や夢へ向かって進む姿。

その姿を見るとなんだか励まされるのです。

目標や夢が無いと今日という一日を反省しない。

今日一日でどこまで目標や夢に向かって進むことが出来たのか。

そんな事考えもしない。

何しろ別に目標とか夢が無いから。

目標や夢がなんかぼんやりしてるから。

ぼんやりしてると毎日をなんとなく過ごしてしまう。

なんとなく過ごしているとフラフラしている。

精神的にも隙間がたくさん。

その隙間に別の目標が現れるとついそっちに行きがちになる。

例えば、友達の誘い。

断る理由が…。

ない。

 

むしろそっちの方が楽しそう。

そう感じてしまうのなら目標や夢への気持ちが弱いのだと、

自分では決めている。

 

その気持ちが圧倒的に強いのであればどんな誘いであっても断る。

もはや「やりたい事」はもう決まっているようなものだから。

だから他のお誘いがあっても「めっ!」って自分で断る決断をすぐにする。

一瞬。

きっと考えもしない。

二つ返事で「NO」と言う。

でも今の自分。

 

「えー。それ楽しそうだなー。」

 

とか言っちゃう。

ブレる。

ぼんやりしてる。

そしてそのお誘いに乗っても、

 

「楽しかったねー!」

 

なんつって一日を終える。

目標や夢への気持ちが弱くてその一日を反省したりしない。

尚且つ次の日はお誘いの日の倍頑張るようなこともしない。

目標と夢があるはずなのにそれに遠ざかったことを反省しないのです。

それって…。

そもそも夢じゃない。

「目標や夢を持っている」という幻。

マヌーサにかかっている。

今自分はマヌーサにかかっている状態なのです。

「目標や夢をとりあえず持っている」という幻の中にいる。

本気で立ち向かうべき目標や夢っていうのはそもそも誘惑に負けないと思うのです。

避けて通れない人付き合いというのはもちろんある。

そう思う。

でもそれ以外。

自分が誘惑に負けているなぁ。と思う部分。

あるわー。

 

めっちゃあるわー。

 

負けまくってる。

流されまくってる。

誘惑に弱い。

目標や夢が超アバウト。

なんとなーく。

ヒラヒラとトラブルをかわしながら生きてきた。

もしそのトラブルが本気で願っている目標や夢を叶える為だったらどうだろう。

たぶん黙ってクリアしにいくと思うのです。

誰かに相談するのも自分で。

何かを調べるのも自分で。

自らの足を動かすと思うのです。

でもそれを避けてしまいがちになる。

夢、幻なり。

最近、気が付きました。

自分はその目標について本気で反省したり、本気で悩んだり、考えたりしたことが無いかもしれない。

しいて言うなら「恋」くらいなもの。

恋愛をしてる時は他のものが目に入らないくらいに突っ走ってたなって。

そして今は結婚して子供がいて…。

これだ。

目標や夢へ向かう力を思い出せ。

好きな人がいたじゃん。

と。

その時はその好きな人を振り向かせたいが為だけに、友達との予定があっても急遽デートとなれば断ってた。

即決してた。

 

「あの人と付き合いたい!」

 

っていう圧倒的な目標があったから。

他のものには目もくれず一直線だった。

あの時の力ってすごい。

だって断った友達との約束なんて吹っ飛んでた。

たぶん。

相手がどう感じてるかなんて…すごく申し訳ない事をしたんだと思うけど…

 

どうでもよかった。

 

別に後かフォローするとかそういうことも考えていなかった。

まさに本能。

余計な事は一切考えずに「恋」に走ってた。

その時の自分。

めっちゃパワフル!

どんなに夜中でも。

寝起きでも。

腹が減っていても。

大丈夫だった。

むしろ飲まず食わずでもOK。

そのくらい集中してた。

あの力だ。

あの力が今欲しい。

 

他の人にどんなに嫌われたとしてもあの人だけには良く思われたい。

 

っていう意味がわからないあの力。

あのリスクを恐れない感じ。

若かったからなのか…。

いや。

それだけじゃないと思う。

すごく本能的に行動していたような気がするのです。

まさに無我夢中。

思い出せ。

私はあの時恋愛に夢中で、目標や夢に対して一途になれていた。

その時の感覚をもう一度。

今度は違う目標や夢の力にしたいのです。

どうせ一個しか出来ない。

恋をしている時は恋一色。

サッカーをしてる時はサッカーしながらご飯を食べるのは無理だ。

だから恋に一生懸命になっている時にご飯を食べることが出来なかったのかもしれない。

今は恋も叶い。

太っている。

だめ。

こんな自分はダメだ。

でも一個しか出来ないんです。

だからきっとダイエットも、

 

「ダイエットだけに完全に集中する。」

 

が出来れば誰でも成功するんじゃないかと思う。

そして恋をしていた時のようなトキメキの中で努力する。

そのくらいの目標や夢であれば間違いなくダイエットは成長する。

学生の時なんて暇だった。

私の場合。

学業もおろそか。

スポーツも。

でも恋だけは頑張った。

本当に頑張った。

だからこそ今の生活があるのだと思う。

あのトキメキを知っているのは、

あの力を知っているのは「恋」だけ。

もちろん個人差というか他の人にとっては違うものかもしれない。

でも自分は絶対に「恋心」だ。

あの力。

他のものが一切目に入らないあの力と集中力。

それを今もっている目標や夢に対して使いたいのです。

ああ。

分かった。

解けてしまった。

今持っている目標や夢に本気で恋をしているか。

目標や夢に胸キュンしてるかい。

っていう話だ。

もちろん自分の場合はなんですけどね。

人生で一度でも周りの事を一切気にせずに打ち込んだ経験。

それに似たような感覚を持たなくてはいけない。

むしろそうしなくてはいけない。

なぜなら、

 

目標や夢に本気で恋をしなければ達成なんて出来ない。

 

始めて達成出来たのが自分にとっては恋だったのです。

そしてその恋の相手とは今の妻。

はいはい。

と言いたくもなる。

でも本気で恋をする。

フラれてもフラれても何度もトライ。

他の事なんて一切気にしなかった。

全てを注いだ。

その為に出来る事を全部した。

自分をどんどん恋愛を成功させる方向へ導いていった。

よく考えたら「無意識に」だったのかもしれない。

だから精神論なんてどうでもよかった。

迷ってなかった。

 

「この人しかいない!」

 

そう思ってるだけ。

それだけだった。

そしたら勝手に体が動いて、努力して、反省して、チャレンジして。

恋をする程の目標や夢を持てているのか。

まずはそこから。

そうなれば経過なんて気にならない。

叶えるだけだ!

行け!俺!

思い出せ!あの力を!