新型コロナに震える世界で圧倒的なデータを持つGoogleの凄さ

小言

世界が自粛モードの最中。

ネットサーフィンが趣味になってる私。

様々なニュースを流し見していると、興味深い内容が。

「自粛遅れの日本とGoogleの分析」

新型コロナが世界中で暴れ回ってる中、GPSの情報を集めて、世界の人々がどのくらい職場に行き、どのくらい外出し、どのくらい家にいるかのデータを公開していた。

もちろん匿名で。

GPS情報の提供を許可した人だけ。

記事の内容は世界が新型コロナによる自粛モードの中、日本人がどのくらい職場へ移動しているかをパーセンテージで紹介。

新型コロナが暴れ回る前と比べて、職場へ移動する人が、イタリアでは63%減に対し、日本は9%だと言うのです。

内容に関しちゃ日本にいる私でもなんとなくわかる。

いまだに通勤時間の電車はラッシュだ。

9%ね。

確かにな…。

そんな内容だった。

私が「すげーなおい」と思ったのはそのデータの分析結果ではない。

むしろ、Googleが持ってるデータそのものです。

今回はそのデータがどれだけ凄いのかを本気で伝えたい。

スポンサーリンク

位置情報データと地図アプリの最強タッグ。

今時のスマホにはGPSの機能が搭載されている。

位置情報。

このGPS機能があるからこそ地図上で自分の現在地がわかる。

目的地までの距離や移動手段によって必要な時間までわかる。

GPS機能だけだと搭載いるのかよくわからないけど、地図アプリと連動した時に価値が最大になる。

この連動があれば、まず、迷子になる事はない。

そして、Googleは地図アプリを持っている。

Googleマップ。

私が今こうしてブログを書いているのはiPhone。

パソコンでカタカタ書く機会の方が多いけど、iPhoneを使うと外出先や気が付い時にすぐ書く事が出来るのが利点だと思っている。

で、iPhoneには予め「マップ」というアプリが搭載されている。

が、私はGoogleマップを使う事がほとんどです。

色々理由はあるけど、Googleマップの方が使い慣れているし、使いやすいと思っている。

今回、新型コロナに震える世界の人々の動きを残せるのは、GPSとGoogleマップのタッグがあるから。

持っている端末にGoogleマップが入っていて、GPS情報をGoogleに送る許可をしていれば、その人の「行動の記録」を残しておける。

今回データを公開したのがGoogleだっただけなんだけど、世界中の人が地図アプリのスタンダードとしてGoogleマップを選んでいる証拠なんじゃないだろうかと思っている。

だって、新型コロナの蔓延中の人々の動きをデータ化して公開するレベルなんだから。

世界で最も多くの行動履歴をデータとして持っているんだと思うのです。

その膨大なデータが今後様々な分野で活用されて、人の命を守ったり、更なる「便利」に繋がる様な気がします。

てか、願ってます。

GPSと地図アプリの連動は最近じゃ身近な所に沢山あって、ポケモンGOやドラクエウォークなどのゲームや、ウーバーイーツなどの配達業務にも使われている。

自分の位置を誰かにLINEで送ったりも出来るし、受け取った方も住所だけを伝えられるよりわかりやすい。

どれもこれも世界中の人がスマホを持ってるってのが大前提なんだけど、これから更に普及して、一人一台が必須になれば、全世界の人の位置情報がわかる。

世界の地図アプリのスタンダードがこれからもGoogleであるのなら、Googleって、めっちゃ強いわけです。

強過ぎて震える。

だって世界中の人々の位置を知ってるんだよ?

なんでも出来るじゃん。

守られてるような、狙われているような感じだけど…。

とにかく、超強い。

GPS機能を使った様々なサービスが作られる度に強くなっていく。

ポケモンGOはGoogleとの連携があってこそ完成したみたいだし。

Googleには更なるデータが蓄積されていく。

もう、これから先、ずっと最強かもしれないね。

検索データとスマホ。

Googleが握っているデータは地図アプリからの人々の行動履歴だけじゃない。

検索がある。

私達は知りたい事があると、検索する。

Googleで。

Yahooもあるけど、中身はGoogle検索。

世界の検索のほとんどがGoogleを通して行われる。

検索もGoogleが世界のスタンダード。

世界の人々の検索結果データをGoogleが握っている。

そして最近ではほとんどの人が自分のスマホでググるのです。

自分の端末で、自分が知りたい事をググる。

つまり、Googleは今、私の好きなものを知っている。

これまでの検索履歴を引っ張り出せば性別だけでなく、今考えている事も理解出来るかもしれない。

Googleはそれを堂々と「全て知っている」とは言わないし、「全ての検索履歴を残してある」とも言わない。

真実は、わからん。

検索履歴を残すか残さないかは端末毎の設定によっても変えられるし。

が、実際に検索をする時はGoogleの検索窓に文字を入れる。

端末の設定とか、もはや関係ないじゃん。

許可があろうがなかろうが、Googleを通して検索してるんだから履歴はGoogleがデータとして持っていても不自然ではない。

最近、私は新型コロナの蔓延でネットサーフィンが趣味になった。

様々なサイトを見た。

で、多くのサイトで広告の表示がある。

不思議な事に、この広告が明らかに私が興味を持ちそうなものばかりになった。

さすがGoogle。

この広告も実はGoogleが管理しているパターンが多い。

私に最も効果がありそうな広告を自動的に選んで表示しているらしいのだ。

検索履歴無しで自動的に私が興味を持つ広告を出せるか?

出せねーだろ。

間違いなく私が持つスマホに残る様々な履歴を参照しているに決まっている。

自動的?

超意図的な気がするけど…。

表示は自動か…。

履歴を参照する事すら自動って事か?

私が興味を持ちそうな事も自動的に判別してるのか。

検索履歴、スマホに残る履歴。

世界中の検索履歴を持ってるGoogleって…。

最強じゃん。

たまに見当違いの広告が表示されてるけど…。

「自動なんだな…」って思う。

これも立派なAIですな。

Googleでお店の名前を検索すると、現在地から最も近い該当のお店が検索結果に出てくるようになってる。

似たようなお店も出てきたりする。

間違いなくGPSと検索結果も連動してる。

恐ろしく凄い進化だと思った。

そりゃ「人間はAIに支配される!」とか言いたくもなるわ。

多分、それはないだろうけどね。

ただ、とんでもなく莫大なデータを持っているのは間違いないな。

世界中にサーバーを設置してる事実。

世界中の様々なデータを保存するには家庭用のハードディスクなんかじゃ収まらない。

もちろんGoogleは専用のサーバーを持っている。

それも世界各国に。

まるで畑のような広い土地に設置する事もあれば、ビル型に建てる事も。

とにかく世界中で大きなサーバー施設を管理、運営している。

更にこれから増設が発表されている地域に日本も入っている。

Googleのあらゆるサービスを通して残るデータや通信速度を確保する為にまだまだ増設していくだろう。

ネットサービス運営にはサーバーが必要。

世界中で使われているGoogleのサービスを維持するにはとんでもないサーバーがいくつも必要。

で、世界中にそれらのサーバーを設置してるんだからそれなりのデータも蓄積されてるし、蓄積しようとしてるわけで…。

私一人の頭脳じゃ価値を考えられない領域にあるんだと思う。

凄過ぎてわからんのです。

莫大な資金をサーバーの設置と管理に使う運営が。

ネットサーフィンをしている側の私には、物理的なサーバーの存在なんてほぼ考えるタイミングはない。

こうしてブログを運営してるけど、サーバーもネットを通じてレンタルしてるだけ。

実際に自分が契約しているサーバーを見た事はない。

誰かがどこかで今日も大切に管理しているんだろう。

だからこそ私の書いたブログも検索結果に反映されている。

仕組みは全く分からない。

でもサーバーが必要なのは知ってる。

ネットが当たり前になり過ぎて、サーバーなんてものが物理的な機械として存在してる事実も忘れがちになる。

今や回線すらWi-Fiで目に見えない。

サーバー?

なにそれ?

どんな機械?

そんな感じ。

レンタルしてるのにね。

俺だって頑張ってるぞ!

Googleマップに、Google検索に、とんでもない量のサーバー。

それらを組み合わせる事でネットを使ったサービスを全てこなせそうなGoogle。

最近じゃわからない事を誰かに質問すると「Google先生に聞いてみな」と言われる。

わからないことなんてGoogleには一つもないのだろう。

検索窓に文字で質問すると、ほぼ全て答えに導いてくれる。

確かにGoogleは凄い。

めっちゃ凄い。

でも、聞いて欲しい。

Google先生が教えてくれる検索結果は、誰かが書いた答えです。

誰かが書いたブログに、誰かが撮った写真に、誰かが投稿した動画です。

世の中にアップロードされている全ての情報から「探し出してくる」のがGoogle先生です。

つまり、「私だって頑張ってるぞ!」って言いたいのです。

Google先生が無数にあるサイトの中からこの「あれんじブログ」の記事を選んでくれると願っている。

実際にその効果を感じたのは先日の「思い出のマーニー」の金曜ロードショー。

放送が終わると見事にこのサイトのアクセスがグンと上がった。

キーワードは「思い出のマーニー 感動」だった。

その記事はシンプルに「感動したー」ってのを共有したいだけだったけど、Google先生は選んでくれた。

記事の内容が面白いかどうかなんてのは個人の感じ方次第だから別に気にしない。

つもりです。

キツめのコメントは削除だ。

…。

Google先生が何を基準にしているかはわからないが、いつしか私達のようなブロガーは「Google先生に選んでもらえる幸せ」を求めるようになった。

そうだ。

私からしたらGoogleは先生なんかじゃない。

もはや神だ。

私が書くこのブログの評価を決める神。

逆えまい。

ただ、ブログが好きだから今日も頑張ってるぞ!

評価せい!

いつも一番上に表示せい!

なんで上位に表示して欲しいかって?

広告収入の為だ!

地図情報と検索履歴とスマホと5Gの連動。

私のブログのジャッジを抜いて、今回紹介してきたGoogleが持つ莫大なデータは、これからの世界をまるっと変える可能性を秘めている。

と私は思っている。

まず、地図アプリとGPSと検索と5Gのスピードがあれば、瞬時に行きたい所や何かを体験したい場所を目的地に設定出来る。

更にスマホの検索履歴と合わせれば「楽しい場所に行きたいなぁ」って個人的な願望すら速攻で目的地として世界のどこかを指し示すだろう。

それを、車と合体させたらどうなる?

自動運転と合わせたらどうなる?

私が「楽しい!」って感じる場所に自動で連れて行ってくれる。

もし、私が持つスマホの場所を検知出来て、自動運転があるなら、車が私を迎えに来てくれるようになる。

実際に車が到着するまでの過程もGoogleマップで丸わかりだ。

ウーバーイーツで商品が届くまでのようにね。

Googleが持ってるデータとすでに存在する様々な企業の技術を合わせると、未来は無限だ。

その中に私が書いてるブログが無いのが残念だけど、ブロガーは皆、すでにGoogleとコラボしてる。

むしろ、ずっと前からコラボしまくってる。

ある意味最初に繋がりを持った取引先なのかもしれない。

やったぜブログ。

逆えないけどね。

Googleがめちゃくちゃ凄いと思うのは持っているデータの量じゃない。

無限コラボの可能性。

むしろ「まだまだこれから」って思える凄さ。

小言
この記事を共有する
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

お見苦しい点が多々ある私なりの文章をここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。改めまして、執筆者のdaimaruです。

この度、DONGURILOGという日記サービスを共同運営させて頂く事になりました。

シンプルに伝えると、「みんなで日記を書くスペース」になります。

かれこれ数年このブログを続けて思った「ひとりで更新し続ける難しさ」を解消しつつ、多くの価値観を共有しながら楽しめる場所です。

まだ始まったばかりのチャレンジではありますが、多くの方に使って頂きたいと思っています。

ここまで私が書く、しがない文章を読んで頂き、目もお疲れかと存じますが、どうか、最後に、私の渾身のワガママを聞いて頂けないでしょうか?

無理なお願いをしているのかもしれません。

でも、「日記を書く」には多くのポジティブな効果があります。今日一日を振り返るだけで多くの気付きがあります。

じらしてすみません。

一緒に日記を書いて頂けないでしょうか?

私は多くの人と日記として記録を残す毎日を過ごしたいと思っています。

そしてそれがきっかけで多くの人が救われる瞬間があるんじゃないかと思っています。

私が求めているのは募金や署名ではありません。

シンプルにあなたが持つ価値観や考え方です。

本来「日記を書く」は一人で行う趣味的な存在なのかもしれませんが、それを多くの人と同じスペースで書く楽しさを大声で主張したい。

「うおー!」です。

是非一緒に、DONGURILOGで、日記を書きましょう!

自分の為になり、誰かの為にもなる。

そんな最高のスペース作りにご協力ください!宜しくお願いします!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました