ハイブランドに魅せられて

生活

なぜか高級時計に惹かれる。

私が男だからか、そういう年齢に達したのか、

高級腕時計に惹かれている。

簡単には買えない。

家計へのダメージは相当のもの。

妻に話をしたところでその価値を伝えるのは難しい。

 

というよりも、

腕時計っていうのはそもそも時間をすぐに見れるように身に着けている。

 

普通はそれだけだから、

出来れば安くて軽くて、頑丈で使いやすいのが一つあれば十分。

そう考える。

 

ところが、腕時計っていうのはそんなに簡単に説明しきれない何かがある。

洋服や靴、車と同じように、最上級ランクがある。

 

そこに憧れを抱くように作られている。

 

「いつかは○○が欲しい。」

「手に入れたいなぁ。」

と思うようになっている。

 

私はまんまとそのマーケティングに魅力を感じて欲しくなっている。

 

腕時計ともなれば最上級のランクであれば紛れもなく「成功者」を象徴させる。

私は成功者ではない。

 

だからその腕時計には手が届かない。

そういう値段設定になっている。

何かに成功しなければ買えないような金額設定になっている。

 

だからこそ欲しい。

 

自分が成功者になったあかつきには、

間違いなく最高級時計を買うのだと思う。

 

成功者の証を腕にいつも付けている。

嫌らしい気持ちがあるわけじゃない。

単純に「自分は成功したんだな」って、

頑張った自分を褒めてやりたいんだと思う。

 

ハイブランドの存在価値。

目指したくなる。

商品にはハイブランドと呼ばれる地位がある。

洋服でも車でも腕時計でも、

用途とは別に高級感を出して、

物欲を最上級まで引き出してくる。

 

これ以上のものはない。

 

ってところまで持ち上げてこられると、

欲しくなる。

 

この世で一番良い物だと思わせる。

車は移動手段としてしか使わない。

それはもちろんわかっている。

 

だけどベンツやポルシェやランボルギーニやフェラーリに魅力を感じる。

 

移動するだけで良いのに高級感を上乗せする。

ただの自己満。

それでも欲しくなる。

 

わかっているけど「欲しい」と憧れを抱くようになる。

各ブランドが作るイメージ戦略的なものもある。

そのイメージが「成功者」を彷彿とさせたり、

優雅な感じを演出している。

 

その演出は見事に私の物欲を刺激して、

頑張る切っ掛けになったりしている。

 

それを買う為に頑張る。

 

「いつか買ってやる!」

って思わせてくれるからありがたい。

 

ローンをしてまで買う人もいると思う。

それはそれで良いと思うんだけど、

私の場合は半分夢のような存在価値があって、

仕事を頑張ったり、我慢してでも成り上がる気持ちにさせてくれる。

 

車が一種類しかなかったら、頑張る人が減るような気がする。

腕時計が本当に時計としての価値しか持たなかったら、頑張る人が減るような気がする。

洋服が全て同じような形をしているのなら、モデルなんていう職業は成り立たず、雑誌の価値は皆無。

マイホームの価値も、牛肉のブランドも、なにもかも。

 

高級品っていうのは私のモチベーションになっているんだと思う。

 

成功の証。

成功者としてハイブランド品を身に着けることは自分の価値をさらに上げる。

上げると言っても誰かがそうするわけでもなく、

単純に自分が自分で納得するだけ。

 

人は生きていれば必ず誰かと比べたりする瞬間がある。

 

その時に比べる内容は人それぞれだとしても、

ハイブランド品を身に着けるっていうのは一番分かり易い。

 

誰かに常に自慢するような卑しい人になりたいわけではないけど、

せめて自分の中では少し優越感に浸りたい。

 

「自分頑張ったなぁ。」

って思える瞬間。

 

高級品はその時間を作り出してくれる。

誰かと比べることが正しいわけじゃないってわかってはいるけど、

そもそも差別化をする為にハイブランドっていう戦略があって、

そこに見事に乗っかろうとしている私はわかりやすいくらい優越感に浸りたいのだと思う。

 

野球選手がわざわざ高級時計を身に着けるのはどうしてなんだろうって考えた時に、

野球は人気があって、その人気のおかげでプロ野球は成り立っている。

 

人気がなければお金は動かない。

 

多くの人が楽しみしているスポーツになった今、

「お金を多く稼げる事実」を人々に見せつけることでさらにプロ野球を目指す人を増やしていく。

 

私の中でプロ野球選手っていう職業は、夢でもあり「多くのお金を稼ぐ仕事」になっている。

その地位になったのも選手たちがわざわざ身に着けるあの高級時計が一役買っていると思う。

あの腕時計を付けているのは「お金持ちだけ」だとわかっているから。

 

その分かり易い「金持ちイメージ」がさらにプロ野球選手に対する憧れを刺激したりする。

 

世の中お金だけではないって言いたい。

言いたいけど、

いつになっても憧れを抱くのはそういう分かり易い「お金持ちや高級品」だったりする。

 

醸し出す優越感は反感を招くこともあるけど、

プロ野球選手っていう「間違いない努力」の裏付けがあると称賛と憧れを生むのかもしれない。

 

頑張って成功したんだから身に着けても文句を言えない。

 

私もそう思われるような努力の結果を出せるだろうか。

世の中はプロ野球選手っていう職業だけがお金持ちなわけじゃない。

多くの職業の中でも「頑張った人」「努力をした人」が成功を掴んで分かり易い「成功者の証」を身に着けるのだとしたら、

誰にでもチャンスはあると信じたい。

 

憧れて惚れる。

ハイブランドは成功者に身に着けてもらったり、持ってもらうことでその価値をさらに高めていく。

高級車は誰が乗っているのか。

高級時計はどんな人が身に着けているのか。

 

もちろん商売だから儲けありきでブランディングしていくのだと思う。

 

それなりの素材を使って、もう原価がわからないくらいの値段設定になっている。

それを作るのにどのくらいのお金がかかるのかわからないけど「ただ作る」わけじゃない。

 

成功者やそれなりの地位の人が身に着けると更に魅力的に見えるように作られている。

 

まさに「ふさわしい」を演出してくれる。

 

その「ふさわしい」が私の憧れになっている。

今の私はほとんどの高級品を身に着けることが出来ない。

それは「ふさわしくない」と思っているから。

だから高級品をローンで買ったりもしない。

それを身に着けるのにふさわしい人になったら手に入れたい。

 

その憧れを抱いて頑張っているとその商品に心底惚れ始める。

 

まるで叶わぬ恋のように一途に想う。

必ずゲットしたいと思う。

ハイブランドの商品は人の心よりシンプルに出来ていて、

頑張って頑張って、ふさわしい人になれば手に入れられる。

それなりのお金があるだけで買える。

恋愛はふさわしくても心が通わなければゲット出来ない。

 

高級品はすごくわかりやすい設定になっている。

 

わかりやすい設定になっている分それを目指しやすい。

物語を与えられたゲームのようにクリア条件がはっきりしている。

 

お金を稼いで買う。

 

一時的な収入では買えないような値段設定。

一日で稼げるような金額ではない商品。

だからこそ。

 

だからこそ多くの人に憧れを与えているのだと思う。

 

憧れを抱かせるだけじゃなくて、

商品そのものに惚れてしまうほど「ふさわしい人」しか身に着けられない現実。

 

私はまだ一つしか手に入れたことが無い。

だけど欲しいものがまだまだたくさんある。

 

腕時計に車。

自分が納得出来るだけのマイホーム。

 

妥協せずに作られた「お金で買える」高級の品の数々が私をやる気にさせてくれる。

 

ブランド品。

確かに欲しい。

 

でもその先。

ハイブランド。

一番高級で一番気高い商品に憧れている。

 

手が届かないハイブランドがあるから今日も頑張れるのかもしれない。

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました