お金を貯める方法。根本見直し編。

生活

さて、お金を貯める方法根本見直し編です。基礎編や応用編はございません。

サイトの中を探しても一切見つからないのでご了承ください。根本見直しのみで勝負させて頂きます。

でもただふざけて書いてるわけではないのでその辺りは汲み取ってもらえると助かります。

でもくそ真面目に文章にしたところでもう知ってる事だらけ。

今更言われなくてもわかってますよ的なことばかりになってしまう。

そこで考えたんです。根本的に。

それが「こだわらない」スタンス。

こだわらないスタンスこそ。最強のお金を貯める方法だってことに。

スポンサーリンク

こだわらない事にこだわる

矛盾しているように見えますか。見えますね。でも大丈夫。自分でも納得が出来るように一生懸命説明します。

だらだら書いてんな~って思ったらありきたりなお金を貯める方法で素直に続ければ良いと思う。それはそれでお金は貯まると思うしわざわざテクニックにこだわる必要もない。

こんな文章の為に時間を費やすくらいなら他のページで調べるか、直接お金持ちに聞いてみる方がよっぽど有意義だと思うよ。そう思う人はね。

ほら。

こだわらない!

どんな方法でもお金が貯まればいいんでしょ?違うの?そうでしょ!

だから、こだわらない。

方法なんてお金が貯まってから気が付いたって遅くないのよ。

だんだん読み進める価値が出てきたじゃないの。

こだわらないには覚悟が必要さ。

これを読んで、自分の為になるかならないか。そんなのはどっちでもいいと言い切っちゃおう。いや、出来れば役に立ててほしい。

せっかく読んでくれるんだから一生懸命何かが残るようにしたいけどやっぱりどっちでもいいや。

こだわってないし。

そもそもお金を貯めるのってなんで?

お金が必要なのってなんで?

何かしたい事があるのか。ほしいものがあるのか。借金でもしたのか。

なんでもいいさ。そもそもお金が必要な理由にもこだわりはない。

食べるものだって、着るものだって住むところだってそう。

こだわればこだわるだけお金がかかる。

今穿いてるそのスニーカー!それ!ナイキじゃん!ナイキの中では安い?

違う違う。

ガセのナイスにした方が安いよ。

こだわりがないからね!

今住んでる家!この家のキッチンはかなり使い安そうだね。

料理をするしないに関わらずこだわりが感じられるね。

家賃。お高いんでしょ?

高いやんけ!もっと建築年数が経ってる家にすれば安くなるよ。

こだわりがなければお安くなるはずさ。

その服、絶対ブランドだ。

ほとんど首の後ろ側にあるタグで判断する程度だけどブランドだね。

しかも白いTシャツだ。

ブランドものの白いTシャツか。

こだわってるね。首の後ろのタグでしか判断出来ないけどこだわってるよ。

別にブランド物じゃなくてもいいけどこだわってるから高そうだね。

数万か。Tシャツで数万ね。

価値観とかじゃないっす。もうそれはこだわりっす。

もっと安いTシャツなら3枚セットで売ってるよ。

気に入るかは別だけど「気に入る」っていう部分がもうこだわりだからね。

お金を貯めたいから何かを我慢する必要があるってよく聞くけどその我慢ですらもうこだわってるし。

こだわらない事にこだわればきっとお金は貯まっていくものなんじゃないかと。

たぶんですけどね。個人差はあると思うし。

でもやっぱりそんな事出来ない。世間体もあるし。今の生活は変えたくない。

スポンサーリンク

欲しいものを手に入れながらお金を貯めたい。

よし、わかった。そんなわがままな奴にはとっておきを用意した。

先に言っておくが超簡単だ。

友人の中に数人。これを実行してる人がいるが、全員がお金に困るような生活をしていない。全員だ。

つまり100パーセントの確立でお金に困ることはなくなる。

貯金がどのくらいあるかは教えてもらえないが、実際に新築のマンションならどこでも買えると言われた。

間違いなく自分が食べていくのには困らないくらいの貯金が出来るということだ。

もう一度言うが、これは超簡単な事だ。

あえて知りたくないという人や、こだわりがない人にとってはこれ以上読むのをやめた方が良いだろう。

きっと結末を見ればバカバカしくなる。

だから読んでみて、鼻で「ふっ」ってなってくれたらと思う。

「なんだよこれ!すげー!」とは絶対にならないから気を付けてほしい。

先ほど超簡単と言ったが少しだけ訂正させてください。

超簡単とは言ったが友人の中でもそれが出来ているのはほんの数人。

もしかしたらそれが難しいと考えてしまう人もいるのかもしれない。

ただ、それが出来ている友人にお金の事で困っていたり、お金を貯める方法について考えている姿をみた事がない。

それなりに立派な家に住んでいるし、家庭もある。

来ている服もブランド品がほとんどだし、それなりにいい車に乗っている。外車だ。BMWという年齢問わずほしい人が多い車種だお。

もう一人の友人はもっとだ。国産の車だが、たぶん一番グレードが高いのであろうレクサスに乗っている。家なんて都内のマンションの最上階。

お邪魔したことがあるが、正直無駄な広場があった。噴水でも起きたくなる広場だ。屋内だからBBQも出来ない。ルンバも一台ではバッテリー切れを起こすだろう。はっきり言って無駄だ。無駄なものが多すぎる。無くてもいいものに囲まれ過ぎてる。

だが想像は膨らむ。

ただ少し気がかりなのが、いつも彼らは少し寝不足らしい。

超簡単とは言ったものの常に寝不足というのは少し辛いかもしれない。

ただ、お金が貯まるのであればそのくらいの我慢は出来るのか。

睡眠時間をしっかり取りたい人にとってはかなりおっくうかもしれない。

私は出来れば睡眠をしっかり取りたい派だ。

どんな事をしているのか?と聞いた事がある。

すごく気になるだろう。まるでこれが答えかような質問だ。

答えは、

仕事だ。

正直これを聞いた私は

「ふーん。」

の一言だ。

つまらん回答だよ!求めてないよ!

だから続けて聞いてみた。

「なんの仕事なの?」って。

これが答えだと思うだろ!

答えは営業だ。

…意味不明だ。

仕事の中でも割と多めというすごくざっくりの分野。

「社会学部社会学科」くらいざっくりだ。

ただ続けて、社会学部社会学科は、

「今は投資もやってお店も持ってて…」

ストップだ。いったんストップ。

このまま続けられるとたぶんだが嫉妬に変わってしまうかもしれない。

私「飲食…店?かな?」

社会学部社会学科君「まだ3店舗だよ」

ストップだ。いったんストップ。

なんだこいつ!

くそ。パーカー羽織ってるし。

気になるわ~。

生い立ちから気になるわ!

年表もってこい!

社会学部社会学科君

  • 0歳 生まれる
  • 24歳 スーパーでアルバイト始める
  • 25歳 子供出来る
  • 同年 アルバイト先の社員になる
  • 27歳 営業になる
  • 28歳 営業成績トップになる
  • 29歳 すでに金持ち
  • 30歳 店出す、金出す、投資する。

これといった転機と言えば子供くらいなものだ。

友人というくらいだからある程度は知ってるわけで、その点で言えば間違いなく「真面目」な人。熱中してるものがいつもあった。ぷよぷよっていうゲームがとにかく強かった。負けたところをみた事がない。

そして頑張り屋さん。とにかく頑張り屋さん。学生の頃は皆勤賞〇のスキル持ち。

そのくらいだ。

運もあったんかって思うけどそうでもない。

誰にも負けないくらい頑張って仕事をしていたんだろう。という事は。

社会学部社会学科君

  • 0歳 生まれる
  • 24歳 (誰にも負けないくらい頑張って)スーパーでアルバイト始める
  • 25歳 (誰にも負けないくらい頑張って)子供出来る
  • 同年 (誰にも負けないくらい頑張って)アルバイト先の社員になる
  • 27歳 (誰にも負けないくらい頑張って)営業になる
  • 28歳 (誰にも負けないくらい頑張って)営業成績トップになる
  • 29歳 (誰にも負けないくらい頑張って)すでに金持ち
  • 30歳 (誰にも負けないくらい頑張って)店出す、金出す、投資する。

これといった転機と言えば子供くらいなものだ。

コピペ。

子供がターニングポイントじゃねぇ。

手前に誰にも負けないくらい頑張ってるがくっついてるっぽいよ。

誰にも負けないくらい頑張る。

なるほど。

ってならねー。

そもそも誰にも負けないくらい頑張るっていうのがどんな事なのかわからないけど自分の周りにいる人と比べてどうだろう。

自分は頑張ってるか?

頑張ってないな。もっと頑張ってる人がすでに今勤めている会社の中にいるわ。

自分より頑張ってる人って本当にたくさんいるわ。

って考えるとどのくらい頑張ればいいのかっていうのはだいたい予想がつきそうなものだけど、結局寝不足っていうのはそこから来てるのかもしれない。

例えば時給で頑張ってる奴と頑張ってない奴ってどっちが早く時給が上がるのか。

例えば社員になって、頑張ってる奴と頑張ってない奴どっちを高いポジションにしたいのか。

例えば投資するってなって頑張ってないとこと頑張ってるとこどっちに投資するのか。

例えばお店を出すってなって頑張ってる奴と頑張ってない奴のどっちのお店に行きたいか。

大体頑張ってる方に軍配が上がるんじゃないかと。

じゃあお金を貯めたい時ってシンプルにどう考えればいいんだろうって。

誰にも負けないくらい頑張ってお金を貯めればいいんじゃないかな。

具体的な策とか細かい計算の前にすごく大切な根本的な事。誰にも負けないくらいっていう精神力。

「誰にも負けないくらい頑張る」って文字だけで表現するとすごくシンプルだし超簡単。

スポンサーリンク

問題は維持

ですね。ですね。

誰にも負けないくらい頑張ってお金を貯めるのを維持するのはすごく難しい。

これが一番難しいよ。

だって睡眠はしっかり取りたい派ですからね。

自分にはとことんあめぇです。ハイ。

でも睡眠を取らなくてもいいくらい熱中すると話は別ですね。

睡眠に勝るやりがいがあるわけですし。

今まで出会った中でそれをクリアするのはクロノトリガーくらい。

でもあの頃のクロノトリガーくらいのものがあれば寝る間も惜しんで頑張るのかもしれないっす。

まだ自分が出会えていないのか。それとも今あるものの中に熱中できる部分を見つけられていないのか。

もしかしたらそれが「お金を貯める事」なのかもしれない。

お金を貯める事こそが今自分が最も熱中出来る事なのかもしれません。

仮にもしそうなら、きっと貯まると思う。

だって誰にも負けないくらい頑張ってお金を貯めるわけですから。

そう考えたら色々計画したくなってきた。

まず本当に必要なものの出費を計算してみよう。

食事…家賃…携帯…交通費…交際費?くらいか?

寂しい自分。

それ以外に必要のないものは断捨離だ!

捨てる…かも。

ちゃんといらないものだけにしよう。また今度ちゃんと見直そう。

あとで「あれ?どこにいったっけな?」

ってならないように。

そうこうしていく内にだんだんお金を貯める方法もテクニカルになっていくことでしょう。

さて、寝るか!

寝るっていう分野で誰にも負けないくらい頑張るっていうと…

寝具系?っすかね。

寝具系の仕事か。

ちなみに社会学部社会学科君は期限切れのものをもらえたり長い時間働けるからっていう理由だけでスーパーのアルバイトを始めたみたい。

やっていく内に店舗のどこになるがあるとか、ここに置くと売れるとか、念入りに掃除するべき場所だとか、誰よりもはっきり挨拶するとか、とにかくその場にいる社員よりも信頼されるような存在になっていったみたい。

人格的にもすごく魅力的な人だっていうのは…

悔しいがその通りだと思う。

そんな夫と結ばれた妻。

お金の部分だけ見ると羨ましいけど、

その他の部分でなんかすごくダメ出しをされそうだ。

でもお金があればいいのか?我慢出来るのか?

お金の力はそこまであるのか。

愛か。愛があれば我慢でもないのか。

お金が常に正しいのか?

寝れるのか?

この状態で寝れるのか?

知らない間に朝になってるパターンか?

この寝る前に妄想し出す癖みたいなのも誰にも負けないくらい頑張れることなのかな。

また社会学部社会学科君に会いに行ってみようかな。

いや。やっぱりやめた。電話にしよう。忙しいだろうからな。夜中に電話してやろうかな。でも出るんだろうな。

そしてわりかし元気な声で

「なんかあったのか?」

って言ってくるだろう。

くそ。あいつ、根本的に最高かよ。