「なりたい自分」に近づく為に「なんとなく」を排除せよ

仕事

最近子供達の間では、将来なりたい職業の上位に「ユーチューバー」が入っています。

その他には常に人気の医者やスポーツ選手がランクインしています。

子供の頃って凄く素直に将来なりたい職業を選んだりするけど、その仕事は想像出来る「なりたい自分」に該当するわけです。

大人になると、もっと現実的な問題になって、あの頃の「なりたい自分」になれる人はごく少数。

そもそも子供の頃の「なりたい職業」は大人になると、ごく少数が叶えているのが現実で、「夢」とごっちゃになってる。

でもあの時はそれが「なりたい自分」だったんです。

つまり、なりたい自分となりたい職業には密接な関係がある。

将来の夢である「なりたい自分」を考える時、ほとんどの人が「仕事」と関係しているものを選ぶんです。

子供でもわかってるんです。

「なりたい自分」と「仕事の関係」に。

大人になると、「現実」と「なりたい自分」の間で、「夢は叶わない」と考える人がいる。

仕事もあるし家事も育児も…。

なりたい自分と「夢」をごっちゃに考えてはいけない。

「なりたい自分」と密接な関係を持っているのは仕事です。

今の仕事はなんですか?

その仕事はお金を稼ぐ為だけのものですか?

なんとなく続けているだけではありませんか?

今の仕事をもっと深く理解しようとしたことはありますか?

なりたい自分に近づく方法は仕事を深く理解する事で見えてくる。

スポンサーリンク

夢と仕事と現実。

冒頭でも伝えた通り、子供の頃の「なりたい職業」は「夢」と「なりたい自分」が混ざっています。

将来的になりたい職業が夢そのものだったりします。

それを叶える為に子供の頃から頑張る。

でもそれを叶えられる人はほんの一握りです。

だからほとんどの人が将来的になりたかった職業にありつけないと、「夢は叶わなかった」と思う。

自然な流れです。

でも、それは仕事に限ってです。

「なりたい自分」は別のところにある。

なりたい職業っていうのが「なりたい自分」だと思っている人が多いけど、実は違うんです。

頭の中で思い描いた夢の職業に就くことで「なりたい自分」になれると思っているだけで、それはイメージです。

そもそもやったことが無い職業なんだからイメージでしかないんです。

それなのに、イメージ通りにならなかったから「なりたい自分」になれないと思っている。

夢と仕事と現実がごちゃごちゃになっているんです。

子供の頃に願ったなりたい職業はイメージであって、想像です。

だから夢なんです。

仕事はリアルです。

スポーツ選手であっても医者であっても、ユーチューバーであっても、どれもこれも実際にその仕事をしている人は、リアルに職業として見ていたりします。

私達が今目の前にある仕事も同じようにリアルです。

そしてどれもこれも「仕事」であることに違いはない。

だとしたら、今目の前にある仕事を「いかに充実させるか」っていうのは凄く大きな問題です。

仕事が充実していればプライベートだって充実するかもしれない。

なりたい自分に近づけるかもしれない。

重要なのは「どんな仕事か?」じゃなくて、「いかに充実させるか」です。

アルバイトだろうが、派遣社員だろうが、契約社員だろうが、どんな仕事だろうが、仕事が充実している人は「なりたい自分」になれる。

「なりたい自分」に近づく為の重要なカギは仕事が握っているんです。

仕事を充実させる為に。

毎日楽しく仕事が出来ていれば、充実感に満たされます。

充実感は「自分らしさ」を生みます。

自分らしさは「なりたい自分」に近づく為の力になります。

「仕事を充実させるかどうか」が「なりたい自分」への近道だと私は思っています。

じゃあどうやって仕事を充実させるのか。

興味を持つ。

今勤めている会社や、毎日こなしている仕事に、もっと興味を持ってください。

どんな仕事でも、「当たり前だ」と思っていることに疑問を持ってください。

「なんとなく」という意識を無くしましょう。

どうして利益が生まれているのか。

どうやったら利益が生まれるのか。

私達がやっている毎日の仕事はその中のどの部分なのか。

今の仕事だって、あの頃思い描いた「なりたい職業」だって結局仕事であることに変わりはないんです。

仕事として雇用を生んでいる仕組みをまずはちゃんと理解する。

理解しようとすることでなりたい職業だけじゃなくて、仕事そのものをもっと深く知れる。

人は生きている間のほとんどを仕事に費やします。

今の仕事から学べることはまだまだたくさんある。

「お金が欲しいから」ってだけの理由じゃ充実するはずがない。

「なんとなく」って思っていてもこれ以上の成長はない。

もっともっと「仕事」を理解する必要があると私は思っています。

目標を知る。

もし今、会社に勤めているのなら、会社として掲げる目標を知ることが出来る。

会社が目指す目標に対して、どう感じて、何をするべきなのかを考えてみるのも面白い。

今自分に与えられている仕事の重要性にも気が付けるかもしれない。

全ては自分が仕事に対して充実感を得る為なんです。

仕事に充実感を得られれば「なりたい自分」に近づける。

あの頃夢にした職業だって「充実感が得られる」ってイメージしていたはずなんですから。

その為にも、会社が目指す「なりたい会社」を知るのは有効だと私は考えます。

成長させる。

会社の目標を知り、自分の仕事の重要性を知り、今の自分に何が出来るかを理解する。

それによってこれまで取り組めていないかった自分の課題に気が付いたりします。

「興味を持つ」から始まった仕事への関心は、自分を更に成長させる選択肢を持つようになる。

今会社から与えられている仕事の中でどのような成果を出せば会社が成長し、自分も成長出来るのかが一直線に繋がります。

学生の頃、「勉強するのはどうしてか?」っていうシンプルな疑問を自分で解くような感覚になる。

「与えられるだけ」「退屈」「同じことの繰り返し」だと思っていた仕事に大いなる意味を見出せるんです。

そこから生まれるのは「仕事に対するやりがい」です。

私達は人生のほとんどの時間を仕事に捧げます。

仕事に対するやりがいは「生きがい」に等しい価値があると私は思っています。

楽しみになる。

仕事にやりがいを持つようになると、成果を気にするようになります。

なんとなく仕事をしていると、興味が湧かなかった仕事の成果や全体の成績に目がいくようになる。

自分が頑張ることで得た成果が会社全体にどれだけの効果をもたらしたのか、結果が知りたくなるんです。

つまり、楽しみが増えるんです。

仕事に対して、興味を持って、目標を知って、成長へのやりがいを感じると、自分がこなす仕事の成果が楽しみになる。

結果が悪ければ一生懸命改善するようになるし、結果が良ければもっと大きな成果が出せるように頑張る。

仕事が楽しみに変わるんです。

全ては仕事を充実させる為に直線的に繋がるはず。

「なりたい自分」までの道のりが明確になる。

学生であっても、社会人であっても、「仕事」に触れる機会はたくさんあります。

身近にあり過ぎて気が付かない部分がたくさんあるんです。

子供の頃に思い描いた「なりたい職業」も結局は仕事です。

「なりたい自分」って結局仕事から得られる部分が多いように感じます。

だとすればどんな仕事であっても、興味を持って、深く理解することで、楽しみを見出すことが出来る。

楽しみを見出すことで「やりがい」を見つけることが出来る。

やりがいを見い出せれば「なりたい自分」がより明確になると私は思っています。

「なりたい自分」っていうのはどのくらい自分の未来に興味を抱けるかどうかです。

人生はほぼ仕事の時間と言っていい。

だからこそ一番身近にある仕事が「なりたい自分」に近づくカギを握っているんです。

「なりたい自分」までの道のりが明確になれば、きっと生きるのが楽しくなる。

結果を求めてもっと頑張ることが出来る。

なりたい自分に近づく為には、まず身近にある仕事にもっと興味を持つことです。

会社の仕組みを知ったり、儲けのカラクリを知ったり、経営に必要なスキルを知ったり、自分に足りないスキルを磨いたり、「なりたい自分」に近づく為に必要なものを明確にしていく作業が必要です。

明確になれば進むだけ。

そしてその途中の成果や結果を元に修正したり、方向を変えたりしながら、更になりたい自分に近づいていく。

どうせ仕事をすることになるんです。

もしあなたが描く「なりたい自分」が「仕事をしない自分」だとしても、「仕事」を学ばなくちゃいけない。

仕事を学んで「仕事をしない方法」を見つけなければならないんだから。

まずは興味。

もっと「なりたい自分」に興味を持たなくちゃ。

自分の未来に真剣にならなくちゃいけないと私は思っています。

明確にして、納得して、最短距離を見つけて進む。

「なんとなく」な時間が一番無駄なのかもしれない。

仕事
この記事を共有する
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

お見苦しい点が多々ある私なりの文章をここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。改めまして、執筆者のdaimaruです。

この度、DONGURILOGという日記サービスを共同運営させて頂く事になりました。

シンプルに伝えると、「みんなで日記を書くスペース」になります。

かれこれ数年このブログを続けて思った「ひとりで更新し続ける難しさ」を解消しつつ、多くの価値観を共有しながら楽しめる場所です。

まだ始まったばかりのチャレンジではありますが、多くの方に使って頂きたいと思っています。

ここまで私が書く、しがない文章を読んで頂き、目もお疲れかと存じますが、どうか、最後に、私の渾身のワガママを聞いて頂けないでしょうか?

無理なお願いをしているのかもしれません。

でも、「日記を書く」には多くのポジティブな効果があります。今日一日を振り返るだけで多くの気付きがあります。

じらしてすみません。

一緒に日記を書いて頂けないでしょうか?

私は多くの人と日記として記録を残す毎日を過ごしたいと思っています。

そしてそれがきっかけで多くの人が救われる瞬間があるんじゃないかと思っています。

私が求めているのは募金や署名ではありません。

シンプルにあなたが持つ価値観や考え方です。

本来「日記を書く」は一人で行う趣味的な存在なのかもしれませんが、それを多くの人と同じスペースで書く楽しさを大声で主張したい。

「うおー!」です。

是非一緒に、DONGURILOGで、日記を書きましょう!

自分の為になり、誰かの為にもなる。

そんな最高のスペース作りにご協力ください!宜しくお願いします!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました