会社を辞めるという後輩に思うこと

仕事

何とも言えない感覚です。

きっと本人にとってはすごく大きな決断をしたんでしょう。

それなりの計画があるんでしょう。

でもやっぱりなんか寂しいよ。

会社を辞めるっていう決断が結果的に本人にとってどうなるかっていうのは正直誰もわからないけどそれでも応援したいと思うのはきっと人間的に嫌いじゃなかったからでしょう。

応援したいと思わせてくれた後輩は

「なかなかやるじゃないか!」

とちょっと思うわけです。

突然辞めたわけではないし結果的に円満退社。

これからの目標をしっかり伝えられているし、止める理由としたら正直寂しいからくらいしかない。

スポンサーリンク

今自分が会社を辞めるって決断したら…

もし自分が今の会社を辞めようと思った時にどうしたものだろうと考えたわけです。

説得するテクニックスキルがあるわけでもないし、これと言って得意な事っていうのも自慢出来るようなものはないし。

自分が今の会社を辞めようって思う時ってどんな時だろうと。

おそらく多くの事を天秤にかけるんじゃないかなって思う。

給料。

家族。

環境。

仕事内容。

自分がやりたい事。

雇用形態。

休み。

労働時間。

人間関係。

探し出すとキリがないわけですよ。

ただ、今の自分と比べてどのくらいその条件みたいなものが良くなるのかっていう天秤にはかけますよね。

それをずっと探して、手に入れようとしている後輩はある意味すごく成長するんじゃないかなって思ったわけですよ。

もちろん今いる会社でその条件がずっと整わないわけじゃないとは思うけど。

でもその時分の欲求というか求めている事に対してすごく正直な部分とかはすごい決断をしたんじゃないかなって思う。

やっぱり仕事を基準に生活の基準が決まるって言ってもいいくらいな状態な人がほとんどなわけで。

実際辞めるってなってもそれなりに計画はすると思う。

すごく計画するのかな。

するわな。

勝手にいなくなるっていう人もいるとは思うけど正直それは周りの人の事を考えると得策じゃない気がするわけですよ。

もうそんなのおかしいじゃない。

そんな事をされたらすごく困る人がたくさんいるじゃない。

もし仕事を初めてすぐに「辞めよう」って決断をしたとしてもそれはちゃんと伝えるべきだと思う。

自分がやりたい事とか求めているものと反しているならそれはそれでちゃんとした理由だし。

本当に働きたい会社で働けるようになったっていう理由ならそうするべきだと思うし、

そうじゃなくても辞めたいって思った理由ってめちゃいっぱいあると思うんですよ。

それがどんな理由だとしてもやっぱり知りたいです。

先輩として、一緒に働いてきた仲間として、または一度は一緒に働いた人として。

辞めるって決断した理由を単純に知りたいから教えてほしい。

逆の立場だとやっぱりそう思います。

どんな理由でもそれを知っていい意味でネタにしたいっす。

帰って家族とか友達にその理由について話をしてディスカッションしたいじゃないですか。

だって。

単純に面白いじゃないですか。

自分の考え方っていうのもこうなんだなって気が付けるし。

他人の考え方を覗けるチャンスじゃないですか。

「自分だったら辞めないな。」

とか

「それなら辞めるに決まってるわ。」

とか

そういうディスカッションを。

したいじゃないですか。

そして自分がこれからどうしていくべきかみたいな話で終わっていく時間。

酒のつまみです。

そりゃ文句を言いたくなる人もいれば応援する人もいるでしょうけどね。

誰が辞める時でもそれは一緒だろうし、

自分が辞めるってなった時も一緒。

賛成する者と反対する者がいるのは当然かと思う。

もうこれは自然な流れなような気がするわけですよ。

今回辞める後輩については大賛成ですけどね。

ずっと行きたかった会社に転職するパターンだし。

走ってるねー!いいねー!

って思ったけど、

その隣で

「俺の仕事が増えるわー」

とか

「簡単に辞めてんじゃねーし」

とか

「ありゃ嘘だなー」

とか

飛び交うわけですよ。

お酒の席でね。

その大半が後輩の同僚なんですけどね。

同僚ってどうしてこうもバチバチするかね。

羨ましいって思う人もいるでしょうし。

素直じゃないなーって。

だから素直に行きたい会社に行く選択をした後輩はある意味素直なのかなって思ったけど嘘とか言われるとそうなのかなーっていう。

そういう流されやすいタイプです私。

騙されやすいというか。

そういうお酒の席だとつい調子に乗って偉そうな事言うタイプでもあります私。

だから当然お酒は程ほどに話にも参加する感じ。

こういう時間が結構好きだったりする。

イベント状態っす。

辞める側はそんな事全く知らないんだろうけどね。

辞めない側にもメリットはあると思う。

まずこのお酒の席でのイベントね。

これは結構面白いんだけどそれ以外にもたくさんのメリットがあると思う。

同僚達は特にそれを感じる場面も増えそう。

引きずり落そうとは思っていないだろうけど抜けた分以上の仕事をこなそうと頑張る人だっている。

ある意味チャンスって感じる人もいる。

仕事を教えた側の人はすごく寂しそうだったけどね。

だって結構叱りながらたくさんの事が出来るようになっていった姿をみたし。

これからも繋がっていたいって言ってたな。

そりゃそうだよね。

一人前になるってすごく教える側も教えられる側も根気のいる作業が必要。

人間性も必要。

でも後輩にとっては一人前にしてもらえたからこそ理想の転職が出来たっていうのは忘れないでもらいたいと思う。

辞めていく会社があったからこそ行きたい会社に行けたっていうのは持っていてほしいなって思った。

もし自分が教えた側だったらね。

そう思っていてほしいし、情報交換くらいは今後もしたいなって思う。

家族みたいに思えるのってやっぱり一生懸命だったからじゃないかな。

そもそもですよ。

一人前にしたいって思います?

他人ですよ?

自分よりも年下のひよっこを一人前にしたいって思うわけですよ?

信じられないバイタリティだわ。

家族とやってる事同じですからね。

子を育てるのと同じだわ。

そう思えること、やってのけること。

本当に尊敬。

そしてそういう人がいる場所で働きたいなって思う。

ついていきたいっていうかね。

それでも辞める後輩。

そりゃ文句も出る人がいるわ。

でも育てた本人は

「じゃあ偉くなって将来自慢させてくれ。」

「そんなに有名な人と俺は知り合いなんだってさ。」

とか言うわけ。

知り合いって言ってるし。

育てたなんて言わなかったわけです。

泣いちゃいそうになったよ。

普通だったらですよ。

「せっかく育ててやったのに!」

ってなりませんか。

なりますよ。

それなのに後輩に尊敬を表している。

なんていうことだ。

もう後輩だなんて思ってないわけですよ。

一人前の人として認めているわけです。

二人にしかわからない距離感があるわけですよ。

そりゃ泣けてくるでしょうが。

辞めても辞めなくてもドラマにしたい。

そう思ったわけですよ。

素敵なセリフも生まれますわ。

そりゃ生まれますよ。

もう辞める側も辞めない側もドラマだわ。

辞める側の事ばかり考えてたけど辞めない側も素敵なんです。

本人たちがどんな感情だったのかって全部はわからないけどセリフだけで大体察しがつくっしょ。

どっちも素敵なんですわ。

どっちも正解なんですわ。

そう思わせてくれる出来事でした。

そういうのを傍から見て何も思わないわけがない。

バシバシなんか感じる。

自分がどうなりたいのかってすごく考えるようになる。

そしてそれに向かってまた歩み出す。

飲みにケーションって言葉も捨てたもんじゃない。

ストレスを発散する場だと思ってたけどそれだけじゃないなんかすごく心をえぐられるような、湧き上がるようなものがあった。

稀だけど。

イベントがあったからだけどね。

やっぱり人間関係ってドラマが生まれるものなんですよ。

とてつもなくドラマなんです。

そして俺はそういう人になりたいと思ってまた仕事に行くわけです。

すぐにはなれないし一生なれないかもしれない。

でもそれはそれでドラマならいいんです。

馬鹿にしたくなるくらいドラマでいいんだなって思いました。

恥ずかしいくらいドラマでも構わないんだなって思いました。

反対する人もいて、賛成する人もいるからこそのドラマなんですわ。

そんなドラマを作れるような自分でありたいと思ったのでした。

辞める辞めないに関わらずどんな人間関係を築くかってことが大事な気がしてきた。

もし今会社を辞めたいって思っている人がいたらせっかくの機会だと思ってこれから先どんな人間関係を築いていきたいのか考えてみるっていうのも楽しいんじゃないかと。

めんどくさい?

確かにめんどくさいし結末がわからないってすごく不安。

わかる。

辞める側なんてめちゃ不安だと思う。

でもいい方向に想像しません?

張り切っていこうぜ!

みたいな感じになりませんかね?

良い人間関係を築けるかどうかっていうのはすごく大切だしすごく難しい事だと思う。

準備をして何とかなる問題じゃないし突然方向が変わるかもしれない。

それでもよかろうもん。

前の職場に戻るっていうドラマがあってもいいじゃないかと。

色々あるじゃん人生は。

投げてしまうわけじゃないし運命に流されるわけでもないけど。

それなのにドラマな瞬間があるってなんかすごく素敵なことではないかと。

学生の時に、体育祭も部活も頑張らなかったけど卒業式の日に何か心に残るものがあるあの感覚。

毎日早く卒業したいって思ってたのにいざ当日を迎えるとなんか心をえぐられるようなあの感覚。

何かが終わって何かが始まろうとしているまさにあの感覚ですよ。

見えない何かの不安でワクワクな足音が聞こえてきたよ。

あの感じ。

あの感じに似てたんです。

人生で何度も経験出来るような事じゃないと思う。

卒業する側が生徒なら卒業しない側は先生です。

一生懸命やったからこそ伝わる想いがあるんだって再確認しました。

だからなんでも中途半端な自分にとってはその関係が恥ずかしくて、なんか真っ直ぐ見れなかった。

でも少し大人になってまだ外側だったけど、そのドラマの当事者じゃないけど。

それでもぐっと来るものがあった。

ああ。

また学生の時と同じような自分でいるわ。

と。

まだ一生懸命になる自分がかっこ悪いと思ってるわ。

と。

俺はずっと視聴者でいたい側ではなくてそういう関係を本当は築きたいんじゃないか。

と。

気が付かされたわけです。

だからずっと傍で見ていたわけではないけど一緒に働いた後輩には感謝の気持ちが強いわけです。

きっかけなんてたくさんあったとは思います。

周りから見たらとてつもなく普通に会社を辞めていく人かもしれないっす。

でも金八先生を観ていた時のようなあの感動だったんですよね。

観てない人にはわからないです。

そうなんです。

観てない人にはわからないんです。

傍で見ていたからこその出来事なんですよ。

これなんです!

これがすごく大切なんです。

後輩には悪いですが、今の自分にとっては本当にただ辞めていく後輩です。

でも自分の後輩が辞めていくとき、または卒業的な事が訪れた時に。

次は自分がどの立場でいるのかっていうのは決めておいてもいい気がするんです。

視聴者でも得るものはたくさんあります。

金八先生がそうであったように。

ただ、当事者達はもっと違うなにかを得たかもしれません。

それがすごく気になるのです。

今の自分にどうしても必要なものではないかと気になってしまうのです。

きっと経験したようなつもりでいるだけだと思うのです。

当事者はその何倍も何十倍もなにかを感じているかもしれないのに。

それがなにかわからないから、

辞めても辞めなくても自分が最終的に得るものを最大限にしたい。

一番大きな収穫を得たいと思いました。

その為に出来ること。

その為に出来ることと言えば。

今の自分に?

ああ。信頼されることっす。

これと言って自分には任せてもらえる後輩がいませんでした。

むしろそれがめんどくさいと思ってました。

すいません。

一人でやってる方が楽だと思っていたもので。

でもドラマに魅せられて。

間近で魅せられて。

感じた事がありました。

だからもうちょっと。

いつもよりほんの少し。

まずは頑張ってみたいと思います。

無難なところを選んでクリアするだけじゃなくて、

今の自分がちょっと無理をしないと手が届かないものに目を向けてみたいと思いました。

その時得るものがなんであれ、

最終的に得るものが一番大きなものにしたいからです。

今思い出したわ。

そういえば高校の時の志望校も一緒。

無難。

無難だったな。

悪くはなかったけど。

確かに受かったし。

おお。

だから俺に任せろ。

無難という選択なら誰よりも得意だと思うぞ。

得たものも無難だがな。

仕事
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました