自分に嘘をついて定めた目標なんかクリア出来るわけがない

メンタル

私はカッコいい男になりたいと思っています。

カッコいい男になるにはどうするのか。

色々考えてみたけど大きな事を言って、それを達成することなんじゃないかと思いました。

正直、ビッグマウスなわけです。

達成しなければ「ダサい」って思われてしまう可能性だってある。

確かに達成出来なかったらダサいかもしれない。

でも私は男です。

だから達成したいし夢や目標は語りたい。

そしてそれを叶える為に毎日を頑張りたい。

「カッコいい男」の定義はひとつもわかりませんが、夢や目標を口に出さずに生活するのと夢や目標を口に出しながら毎日必死になって頑張るのはどっちがカッコいいんだろうか。

私にとっては後者の方がカッコいいと感じます。

夢や目標を口に出しながら毎日必死に頑張る方がカッコいいと感じるんです。

私が一番ダサいと思うのはその夢や目標が叶わなかった時じゃない。

まるで夢が叶っているかのような嘘をつくこと。

それも自分に。

「到底かなわない」って自分の中で思っていることを誰かに夢や目標として語る。

その後その夢や目標に向けて特に頑張ることもしない。

あの時誰かに語った夢や目標をそもそも叶えようとしていない。

これはダサいんです。

私の中では超絶ダサい。

誰かに語った夢や目標に向けて頑張らないなんて自分に対して嘘をついているのと同じ。

今自分が持ってる能力や現状から夢や目標を設定して、それに向けて頑張る事を誰かに語って、尚且つ毎日をその夢や目標に向かって頑張るってカッコいいと思うんです。

「明らかに叶わない」って自分で思っていることを誰かに話して尚且つ自分もそれに向かって頑張らないのはダサい。

むしろそれが出来る意味がわからない。

でもそういう人っているんです。

自分に嘘をついているのと一緒。

私はそういった嘘をついたことがあります。

だからこそ今、猛烈に反省しています。

今後、自分に嘘をつくような人にはなりたくない。

だから決まり事として残しておきたいんです。

スポンサーリンク

自分の現在地をしっかり把握しておかなくちゃいけない。

自分に嘘をつかない為にも、自分の現状はしっかり把握しておかなくちゃいけない。

簡単に言えば、それは学校のテストの点数だったり、運動能力だったり、毎月稼ぐ金額だったり、年収だったり、出来ることだったり出来ないことだったり。

少し前に「自分は稼いでいますよー。だからその稼ぎ方を教えますよー。」っていうお金の稼ぎ方が流行っていた時期がありました。

お金の稼ぎ方を教えるビジネス講座みたいなのをお金を取って開催する的なやつです。

その中にはもちろん稼いでいる人もいるんでしょうけど、実際に稼いでいないのにセレブを装ってそういった講座に勧誘するような広告を目にしたことがあります。

全部が嘘ではないと思うんですが、「嘘をついている人もいる」って感じた理由があります。

身近にそんなビジネスをしている人がいたからです。

その人はなけなしのお金で贅沢なご飯を食べに行ってパシャリと写真を撮ります。

給料が入れば高いブランドものに全ての金額を注ぎ、買った品とパシャリと写真を撮ります。

借金をして海外に行って豪遊しているような雰囲気を出し、パシャリと写真を撮ります。

そしてそのすべての写真をフェイスブックに載せます。

トップにはいつも「まだサラリーマンやってるの?」って書いてあります。

そしてその下には「私の稼ぎ方教えます。メルマガの登録はこちら。」と書かれています。

私はメルマガに登録しました。

最初はそれなりの精神論でした。

どれもこれもビジネス書籍に書いてあるようなことばっかりでしたけど決して間違っているわけではない。

「本気で稼ぎたい!」って思っている人にとってはそれが胸の内に響く内容なのかもしれません。

数週間もすれば「私はこの本を熟読して稼ぎ方を知りました。」とか「この商品を使ってさらに稼ぎました。」とかの内容も送られてきます。

その商品を買えばもれなく稼ぎになるってことだと思う。

でも入り口が「嘘」なんです。

別にそのビジネスが悪いとか思っているわけじゃないんです。

実際にお金持ちになって豪遊したり、お金持ちだからこそ好きな物を手に入れて、それをフェイスブックに載せて集客しているのなら何も思わない。

ただ、身近にいる人で、それが嘘だってわかっているからこそなんかすごく悲しい気持ちになったんです。

そしてその人が言ってたのは「生活厳しいんだよね」です。

でしょうね。

お金が無いのに海外に行ったりブランドもの集めてればそりゃ生活厳しいわ。

結局上手くいかずに撤退。

フェイスブックも削除。

今は普通に会社員として働いているみたいです。

まぁ。

流行ってたビジネスだし、本気で稼げるってなら考えるけど、そうじゃない人を見るとなんかすごく悲しい気持ちになったんです。

その人がもし嘘をつくわけじゃなくて、「お金がないのに無駄に買ってみました!」とか「無駄に贅沢してみました!」とか「無理してでもやってます感」が出てたら逆に面白いかもしれないし、それを更に貫こうとしているなら応援したくなったかもしれないですけどね。

逆にお金が無いのにそのビジネスに参戦する姿をフェイスブックに載せていくっていう面白さ。

ある意味応援したくなるとは思います。

自分の現在地。

私はしっかり把握出来ているでしょうか。

スポンサーリンク

目標は常に自分のMAXに設定する。

今の自分の現在地がしっかり把握出来ているなら、目標を設定する時に、ギリギリ達成出来るか出来ないかのところを選べるようになる。

ビッグマウスかそうではないかのギリギリのライン。

私はそういう目標をいつも掲げていきたいと思っている。

絶対に達成出来るところに目標を設定するとサボるでしょ。

私はサボってしまうんです。

だから目標を設定する為にも、まずは自分の現在地をしっかり把握しておかないといけない。

ギリギリ達成出来るラインで常に設定する。

その目標を達成していく度に夢に近づけるようにする。

全ての目標を達成出来れば夢は叶うものだと私は思っている。

大きな夢を持った時、その夢を掴むにはどういった目標を定めて、どうやって全てを達成していくべきかを考えるべき。

「少しでも早くその夢を掴む為にどうするか」って言われたらその途中の目標を常に自分が達成出来るMAXに設定するしかない。

でも継続出来なきゃ意味はない。

小さな目標をたくさん達成していく先に夢があるから。

だからこそ自分の現在地をリアルに知っておく必要があるんです。

つい欲張った目標を掲げると現実とのギャップで諦めそうになる。

継続的に目標を達成出来るようにしなくちゃいけない。

少し先の自分を超リアルに想像しながら目標を定めていかないといけない。

私はそれが出来ずにこれまで多くの夢を諦めてきました。

私は誰もが「すげーな!」って思うような目標を掲げてしまったからです。

誰もが見て「すげーな!」っていう目標じゃなくて、自分が考えるギリギリ達成出来て継続も出来る目標が必要なんです。

自分の夢なんだから他人の評価なんて関係ないっちゃ関係ない。

だから自分とちゃんと向き合って決めていくべきだと思っています。

誰かの評価を気にして、自分に嘘をついて作った目標が「本当の自分の目標」なわけがない。

スポンサーリンク

見栄は張る。でも自分に嘘はつかない。

大きな夢を抱えても、多くの人が「たぶん叶わないな」って思うかもしれない。

ただ、それを掴む為の目標をしっかり定めて、それをクリアしていけば辿り着けると私は信じています。

今はまだ現実とのギャップを感じるかもしれないけど、目標をクリアしていけばきっと見えて来ると思うんです。

目標をクリアしていくってのを継続していけばきっとわかってくると思うんです。

だから夢は大きく、見栄を張っても構わないって私は思います。

そこに向かう自分の目標に嘘はついちゃいけない。

自分でも達成出来ない目標を定めたところで絶対に折れてしまうから。

だから目標はリアルに継続出来るかどうかを考えてほしい。

夢ばかりを抱える人がいる。

私はそっちのタイプなんです。

子供の頃から大口ばかりを叩きまくってた。

夢ってのは大口なんです。

だから別に構わない。

だけど「結局大口だった」って思われるのはそこに向かう為に定めた目標も大口だったからなんです。

自分に嘘をついて「○○までにこれをやってみせる!」ってクリア出来ない目標を掲げる。

クリア出来ない目標を掲げて頑張れるわけがない。

継続出来ないことをいつまでもやれるわけがない。

腕立て伏せが一度に5回しか出来ないのに「毎日1000回やるぜ!」って定めても辛いから長持ちしないんです。

私はそういうタイプだったんです。

本当は20回から始めればいいんです。

それがリアルな目標なんです。

一度に5回なら4ターンやればいいんです。

それを継続していく内にきっと、もっと出来るようになる。

一度に1000回やったとしても苦しいから長持ちしません。

むしろ出来ないと思う。

でも頑張って、一度に250回出来るようになれば4ターンで済むんです。

夢ほど大きなものじゃないかもしれないけど、そうやって目標をクリアしながら継続していく道こそ、一番の近道だと思っています。

夢を語る時は見栄を張る。

でも目標を定める時はリアルに想像して自分に嘘はつかない。

そしてそれを継続していく。

簡単なようで難しいんです。

だって、全てに対して見栄を張りたくなるじゃないですか。

嘘でも夢で誰かを驚かせたいって思うじゃないですか。

そう考えていた私は人生で、一度も夢を叶えたことが無いんです。

それが答えだと思っています。

自分に嘘はつかない。

って今決めました。