「モンクレール」に憧れて欲しくなって恋をして

生活

興味が無い人には全く価値を示さないファッションブランド。

私は基本的に無関心。

無関心というよりは「着れれば良い」「履ければ良い」って感じなので、ブランドにこだわるというよりも、「安くて自分に似合うもの」ばかりを探すタイプ。

なんならこれまでずっとブランドに興味はないと思っていた。

そんな私が、生まれて初めて、「このブランドで全身をコーディネートしたい」と感じた。

それがモンクレール。

正直、今だけかもしれない。

今後もずっと憧れのブランドになるかどうかはわからない。

でも今はマジで惚れてしまっている。

これは恋なのかもしれない。

モンクレールが作るありとあらゆるものが「素敵」に見えてしまっている。

だって恋してるからね。

スポンサーリンク

モンクレールに恋した理由

値段が高い

これまで私は「値段が高い」っていうのはネガティブな要素だと思っていた。

貧乏人の私に向けての嫌がらせだと思っていた。

ところが、少し大人になってから気が付いたことだけど、実は違う。

いや。深い。

値段が高いっていうのは消費者である私にとって「特別感」を醸し出してくれている。

値段が高いってのは「誰でも買える品物なじゃない」を表現するにはもっとも簡単。

だって高いんだもん。

お金がないと買えないじゃん!って話になる。

それに消費者の私はプレミア感を感じてしまうのです。

「誰もが買えるわけじゃない」ってとこがさらに魅力的。

まぁ。

単純にそういうマーケティングに乗っかってるんでしょうけどね。

「高い」ってのは決して全てが無駄遣いとは言い切れないと感じたのがモンクレールに恋した瞬間でした。

どれも数万。

品物によっては数十万。

高い。

けど素敵。

物が良い。

みたいな感じ。

試着した時の感激

今まであんなに着心地の良いダウンを羽織ったことはない。

マジで、ない。

だから余計に感動したのかもしれない。

きっとモンクレールだけじゃなくて、他のブランドでも着心地が最高の洋服はたくさんあるんだと思う。

ただ、たまたま出会ってしまったのだから仕方がないじゃないか。

一度試着しただけでそれが良質なものであることは明らか。

自分が普段着ているダウンが安物だっていうのもあるけどね。

余計に「おお!おおお!?」って感じるのかもしれないです。

試着しちゃったら恋しちゃったわけですね。

好きな人と「話しちゃったよーどーしよー」みたいな感覚ですかね。

過去に着た時の記憶が今でもしっかり残っております。

ダウンだけじゃない

入り口はダウンだったのです。

流行りもあったと思うけど、最初は「モンクレールのダウン欲しいなー」くらいだった。

それがしばらくして、「ダウン以外にもあるのかな?」って思って調べた。

そしたらあるのです。

「ダウン」を皮切りに、その思い出がキラキラし過ぎて、全ての商品が光り輝いているように見える。

ダウンだけだったらきっとモンクレールに恋はしなかった。

だけど調べてみたら全身様々なアイテムがあった。

そんなことをされてしまったら、最初から好きだったのに、さらに「顔も性格も良い人」や「様々な才能に溢れた人」だったような衝撃。

好きの上書き保存。

首ったけになるわけです。

なんか憧れの芸能人が「実は音楽も出来ました!」みたいな感じと言いましょうか。

すでに恋してるもんだからさらに好きになってしまうんですね。

魔性の魅力ってそんな感じなのかもしれない。

私の心を鷲掴みにして離さないわけです。

高級へのこだわり

ハイブランドって呼ばれるにはそれだけのこだわりが無いといけない。

「ただ値段が高い」だけじゃない。

それ以外にも様々な魅力で、常に人々に「高級だ」と感じ続けさせなくちゃいけない。

高級へのこだわりを持たないといけない。

そうしないと「どこにでも似たようなものがあるのに」敢えてモンクレールを選ばなくなる。

これってすごく難しいと思う。

似たようなものがある中で「それでもモンクレール!」って言ってもらえる。

それを続けていく。

難しいっしょ。

だって安くても良い物がたくさん出てきている中で「モンクレール」を維持していかなくちゃいけないわけだし。

難しいと言うか簡単じゃないと言うか。

ずっと「真面目に高級」って言うか。

自分のモチベーション

これね。

これは大きいと思うのです。

自分が頑張る理由。

ネットで調べてみたところ、モンクレールで全身をコーディネートすると冬場はかなり高い。

歩く50万。

それ以上するんじゃなかろうか。

今の私には洋服に50万円は「渋々のフリして絶対に出さないレベル」です。

でも、今後、頑張って、頑張って、お金が稼げるようになったら。

躊躇なくモンクレールを手に取って購入出来るような人になりたい。

その為のモチベーションにしたい。

「憧れのマイホーム」とか「高級車」とか「高級腕時計」とか「大好きなブランドで全身コーディネート」とか。

きっと場面ごとに好きなものや欲しいものは変わるけど、それを目標に頑張るって凄く分かり易くて良いと思う。

目標や夢はシンプルの方が考えずに我武者羅に頑張れたりするし。

未だにどれも手にしていない私は一体何なんだろうか。

これからか。

これからだよ!

生活
この記事を共有する
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

お見苦しい点が多々ある私なりの文章をここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。改めまして、執筆者のdaimaruです。

この度、DONGURILOGという日記サービスを共同運営させて頂く事になりました。

シンプルに伝えると、「みんなで日記を書くスペース」になります。

かれこれ数年このブログを続けて思った「ひとりで更新し続ける難しさ」を解消しつつ、多くの価値観を共有しながら楽しめる場所です。

まだ始まったばかりのチャレンジではありますが、多くの方に使って頂きたいと思っています。

ここまで私が書く、しがない文章を読んで頂き、目もお疲れかと存じますが、どうか、最後に、私の渾身のワガママを聞いて頂けないでしょうか?

無理なお願いをしているのかもしれません。

でも、「日記を書く」には多くのポジティブな効果があります。今日一日を振り返るだけで多くの気付きがあります。

じらしてすみません。

一緒に日記を書いて頂けないでしょうか?

私は多くの人と日記として記録を残す毎日を過ごしたいと思っています。

そしてそれがきっかけで多くの人が救われる瞬間があるんじゃないかと思っています。

私が求めているのは募金や署名ではありません。

シンプルにあなたが持つ価値観や考え方です。

本来「日記を書く」は一人で行う趣味的な存在なのかもしれませんが、それを多くの人と同じスペースで書く楽しさを大声で主張したい。

「うおー!」です。

是非一緒に、DONGURILOGで、日記を書きましょう!

自分の為になり、誰かの為にもなる。

そんな最高のスペース作りにご協力ください!宜しくお願いします!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました