マイペースな男を支配する為に与え続ける「価値」とその方法

恋愛

マイペースな男でも気を引くことさえ出来れば簡単に攻略出来る。

マイペースな男程単純な頭の作りになっている。

むしろ扱いに慣れてしまえばマイペースな男の方が一緒にいるのが楽になる。

今後も付き合いを重ねるのであればマイペースな方がこちらが気を使わなくて済む。

それまでの攻略が問題なだけであとはマイペースな男の方が知らずにいい結果をもたらしたりもする。

一度攻略してしまえば後は簡単。

さあ。相手のペースを崩す事無く、守備はコテンパンに崩してやろう。

スポンサーリンク

マイペースな男の考え方。

自分のペースを崩したくない男はそれを無理やり崩そうとしても嫌な気持ちしかしない。

気持ちよくペースを崩していくにはまずその考え方を理解してあげる必要がある。

全く腹立たしい男だ。

こだわりがある。

マイペースな男がキレイ好きである印象はあまりないかもしれない。

それでも自分が気になった場所はやたらキレイにしたがる。

むしろその掃除のこだわりすらある場合がある。

マイペースだからこそこだわりが強い部分があるのだ。

その強いこだわりがあるのはどんな部分なのか。

一緒に生活をしているのならマイペースなだけにすぐに気が付くが、外にいるとそれがなかなかわからなかったりする。

それなのに何も知らずにこだわりの強い部分を否定されたり遮られたりするのを嫌がる。

それなのにこだわりを持つ部分を説明しようともしない。

説明しないわりに強いこだわりがあるのがマイペースな男の特徴の一つ。

ベラベラ意味の分からないこだわりを話すよりも男らしい一面である。

放置されていても自分で何とかする。

基本的にマイペースが故に放置され気味なるので一人で何とかすることに慣れている。

自分が困れば自分で何とかしようとする。

逆になかなか「事が運ばない」と手を差し伸べられる方が苦手。

周囲の人が心配して手を差し伸べようものなら「自分でやるからいい!」とつっぱねてくることもあるだろう。

こちらが良かれと思った事が相手を怒らせてしまう原因に。

この瞬間は「マイペースな男はむかつく!」と感じるかもしれないが、本人は別に何かしてほしいと言ったわけではないと思っている。

これもこだわりの一つと言えそうだが放置しておく方がマイペースな男は力を発揮する。

マイペース故に自分で決めた事はしっかりやるタイプなのだ。

無駄に手を差し伸べる必要が無いというのは変に気を使わなくて済む。

自分のペースを乱される場所には行かない。

マイペースに全ての事を運びたいと考えているため、自分のペースを乱されるような場所にはいかない。

人混みが嫌いな男であればそこに行こうとはしない。

無理に連れて行っても不機嫌になる。

その割に自分が行きたいところには進んで連れて行こうとする。

または一人で勝手にいく。

誰かと一緒にいる事を嫌うイメージがあるが、「誰かと一緒に行った方がマイペースに事が運べる」のであれば誘う。

なかなか誰かと一緒に行けないとしても「こうしたい!」と思ったら努力する。

自分のペースで物事を進めることをメインに考えているのでそれが叶わないのであれば一人でも大勢でも拒絶する。

どの場所に行くのにも「その場所」が嫌いなわけではなく、ペースを乱されることが嫌いなのだ。

ペースを乱される指摘はされたくないし指摘しない。

自分のペースが乱されるということもあり、基本的に何かを指摘されることが苦手。

ただ自分のペースが乱されない指摘についてはしっかり受け止める。

言い方次第では非常に聞き分けが良いと感じられる部分。

また自ら指摘する部分も同じだ。

自分のペースが乱されるようであれば指摘するが、それ以外の事はほとんど指摘しない。

実は色々と考えた結果マイペースを選んでいる。

マイペースな男はなにも考えていないと思われがちだが、実は色々と考えている。

今後の展開を予想してみたり、大きな結果を出すためにはどうすればいいのか。

これまでの経験と知識をフルに活用して最終的にマイペースを選んでいると言っていい。

だから思いつきで言われたようなことには乗らない。

それはしっかり自分の立ち位置を理解しているからこそだ。

マイペースだからこそ目標に向かって順調に進むことが出来る。

その分自分が納得出来るほどの説明や裏付けがあればどのような事でも参加する。

自分のペースが乱されないのに自分にとってマイナスでもない。

またはプラスになるような事であれば進んで参加する。

マイペースだからこそ様々な選択を慎重に選ぶ。

考え事をするのは得意分野だ。

マイペースな男の扱い方。

マイペースな男の考え方がわかればその扱い方も見えてくる。

その扱い方を覚えてしまえば上手く立ち回れるだろう。

さあ。マイペース男を操るぞ。

こだわりを理解する。

マイペースな男ほど、理解しがたいこだわりを持つ。

こだわりというのは「一般的にはそこまでしないだろう」という部分だ。

掃除で言えば「天井までキレイにする」くらいの事。

それがこだわりである。

だが「そこまではしないだろう!」と否定的に伝えることは相手にとって拒絶の対象になる。

なぜなら「天井まで掃除をした方が部屋はキレイになるから」である。

「普通はそこまではしない」を主張すれば間違いなく嫌われるのだ。

「そこまで出来るのはすごい」と言い方を変えなくてはいけない。

天井まで掃除をするのは一般的にはしないことかもしれないが、天井までキレイにする事はすごいことなのだ。

マイペースな本人は気になるだけでやっているにも関わらず、その部分を褒められる。

当たり前だと思っていることを褒められるのは予想外に嬉しいのである。

こだわりを強く感じる部分があり、それがマイナスではなく、プラスに働く部分を見つけることが出来ればそれをほめてやるといい。

見つかればこんなにわかりやすいこだわりはない。

喜んでもらうのは簡単なのだ。

喜んでくれているのならこちらの印象はかなり良いと判断していいだろう。

普段から放置してあげる。

マイペースな男は基本的に放置しておく。

放置しておくことで「こだわりポイント」を見つけやすくなるのだ。

放置する代わりに良く観察するようにしてみてほしい。

普段は見過ごしているこだわりを発見出来るかもしれない。

そういったこだわりを指摘したくなる気持ちもわかるがまずは放置。

そして放置をしていることで自分から「○○がしたい!」と発信し出すこともあるのだ。

こちらがどんなに誘っても不機嫌そうに断られるだけかと思いきや放置することで発信する側になることもある。

上手く放置を利用するのだ。

マイペース男は放置されればされるほど色々な事を考える。

考えて考えて自ら発信するのだ。

後はお任せしておけばいい。

マイペースな男が自ら発信し「○○がしたい!」と言い出したのだ。

とことん好きにやらせてあげることで大満足するだろう。

誰かと一緒に行くことを想定しているのならその相手が満足してくれるようにすでに考えている。

それだけの時間を放置することで与えているのだ。

そして頭の中で完成したところで発信する。

何も考えていないわけではないので心配はいらない。

一緒に考えてほしいことがあればきっと「この部分は一緒に考えてほしい。」と発信するだろう。

相手のペースと自分のペースを考える。

マイペースな男に全てを合わせてしまうと自分のペースを完全に無視し続けなければならないと感じるかもしれない。

一緒に出掛けたいと思うこともあるだろう。

そういった時に肝心なのは相手に考えさせる時間を与えること。

行きたい場所を変更せざるを得ない時もあるかもしれない。

自分のペースを崩したくない男はそれなりの場所や方法を考える。

最初に話した場所とは別になったとしてもペースを崩してしま方が後々めんどくさいの。

テンションが低い男を連れていてもこっちも楽しくはない。

放置することで様々な事を考え、そしてお互いが楽しめるように試行錯誤する時間を与えてあげてほしい。

そうすることで新たな提案やお互いが楽しめる状況を考えてくれるに違いない。

あくまでマイペースなのだ。

こちら側のペースに巻き込むような事はせずにお互いが納得できるラインを探してもらえるようにするといいだろう。

マイペースな男が自分のペースを掴みやすいように提案することでストレスなく、尚且つ楽しい一日を過ごすことが出来る。

こちら側が行きたいところに連れ回すのだけは避けてほしい。

男が楽しいと思っていない状態を続けることで今後全ての提案を拒否される可能性もある。

その提案自体がペースを乱されると思われてしまえば次に誘うのが難しくなる。

自分のペースを相手に考えさせればマイペースな男は十分に力を発揮してくれることだろう。

指摘する時の考え方。

マイペースが故に普段の生活の中で指摘したい場所はいくつか見つかるだろう。

そんな時に相手が何かをしていても構わずに指摘をするような事をしてはいけない。

ペースを崩さずに指摘し、さらに自分のペースをより保ちやすくなるような効果を得られるようにしなくてはいけない。

指摘はするが、「直しても直さなくてもどっちでも構わない」といった伝え方をするといい。

指摘する部分が「○○しなければならない」といった伝え方だとマイペースな男はそれを嫌な事だと感じる。

「どっちでも構わない」となった途端に自分のペースの中にそれを加え始めるのだ。

マイペースだから自分のペースの中に指摘している部分を組み込ませればいい。

そしてその中に無理やりこちらが入れようとしても入るわけがない。

だってマイペースなのだから。

自らが指摘された部分を組み込まない限り永遠にそれを拒み続けるだろう。

それか嫌々それをやらせてそのあと険悪なムードになる。

そうなるよりもお互いが気持ちよく指摘し合えるような関係でいる方が大切だ。

そういった行動や言動を続ける事でこちら側の信頼感は日々高まっていく。

かけがえのない存在に変わっていくのだ。

自分のペースを簡単に崩せてしまうような男よりよっぽど信頼関係を築きやすいとは感じないだろうか。

マイペースな男ほど信頼関係は崩れない。

マイペースな男は自分のペースをコントロールする。

その時分のペースの中にこちら側が入り込んでしまえばその信頼関係は崩れにくいものになるのだ。

ペースを乱されることを嫌うのであれば、一度入り込んでしまうと「その存在が無くなる」事でペースが乱れると感じるようになる。

そうなるとあなたの存在そのものがマイペースに欠かせないものになる。

そうなればなるほど離せない存在になる。

まるで寝る時に必ず必要になるぬいぐるみのような存在になるのだ。

一度男のペースの中に入り込んでしまうだけで信頼関係は崩れにくくなる。

それはマイペースな男が自らそれを守ろうとするからだ。

ペースが崩れる程の存在になれれば相手をコントロールするのはたやすくなるだろう。

マイペースな男の中に入り込む方法。

ペースを乱されることを嫌うのであれば男の中に大きな存在として入り込めばいい。

そうすることで相手はその存在を切り離せなくなるのだ。

それを実現するためにはこれまで伝えた事を欠かさず続けること。

入り込む余地がなければ放置し、その機会を伺う。

「あの時はこう言ってくれた。」「嬉しかった。」「一緒にいると楽しいと感じる。」

そういった経験がマイペースな男の中で積み重なることにより「もう一度」や「これからも」という気持ちになる。

そうなれば次第にこちら側の存在が大きくなっていく。

気が付けば欠かせない存在になっていく。

時にうまく伝える事が出来ずに衝突したとしても積み重なった「いい思い出」により帳消しになる。

衝突を避けられない時の為にも「いい思い出」の貯金をしておいてやるといい。

それが放置することであり、相手のペースをメインに考えてやること。

こちらのペースも可能な限り相手に考えさせること。

こだわりに対して嫌悪感をぶつけないこと。

そういったいい思い出を貯金しておくのだ。

それにより衝突が避けられない時であってもうまく乗り越えることが出来る。

実のところマイペースな男の方が「簡単」なのだ。

奇抜な行動や発言がある方が貯金が出来ない。

思いつきで行動してしまう人にはペースが無い。

戦略も立てることが出来ないのだ。

そう考えるとマイペースでいる男の方がわかりやすい程「男」そのものなのだ。

本当は簡単なのだ。

単純にこちら側の価値をマイペースな男に与え続けるだけでいいのだから。

恋愛
この記事を共有する
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

お見苦しい点が多々ある私なりの文章をここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。改めまして、執筆者のdaimaruです。

この度、DONGURILOGという日記サービスを共同運営させて頂く事になりました。

シンプルに伝えると、「みんなで日記を書くスペース」になります。

かれこれ数年このブログを続けて思った「ひとりで更新し続ける難しさ」を解消しつつ、多くの価値観を共有しながら楽しめる場所です。

まだ始まったばかりのチャレンジではありますが、多くの方に使って頂きたいと思っています。

ここまで私が書く、しがない文章を読んで頂き、目もお疲れかと存じますが、どうか、最後に、私の渾身のワガママを聞いて頂けないでしょうか?

無理なお願いをしているのかもしれません。

でも、「日記を書く」には多くのポジティブな効果があります。今日一日を振り返るだけで多くの気付きがあります。

じらしてすみません。

一緒に日記を書いて頂けないでしょうか?

私は多くの人と日記として記録を残す毎日を過ごしたいと思っています。

そしてそれがきっかけで多くの人が救われる瞬間があるんじゃないかと思っています。

私が求めているのは募金や署名ではありません。

シンプルにあなたが持つ価値観や考え方です。

本来「日記を書く」は一人で行う趣味的な存在なのかもしれませんが、それを多くの人と同じスペースで書く楽しさを大声で主張したい。

「うおー!」です。

是非一緒に、DONGURILOGで、日記を書きましょう!

自分の為になり、誰かの為にもなる。

そんな最高のスペース作りにご協力ください!宜しくお願いします!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました