1月1日。元旦。「今年こそは!」こそ今年だけにしたい

生活

正月の過ごし方。

朝は遅く起きる。

テレビをつける。

何かを食べながらテレビを見る。

親戚で集まってもテレビを見る。

お酒を飲みながらテレビを見る。

子供を連れて近所を少しだけ散歩する。

帰って酒を飲みながらテレビを見る。

夜になる。

そのまま朝まで寝る。

気が付いたら2日になっている。

 

恐らく今年の正月はそんな感じ。

 

ぐーたらやっているのだと思う。

来年もぐーたらするのだと思っている。

 

問題は正月にぐーたらやっていることではない。

 

新しく始まる一年に対してどんな気持ちで臨んでいくのか。

「今年の抱負は?」

なぜか正月はそんな質問をされる。

「どんな1年にしたい?」

去年の悔いが残っている。

正月をどんな想いでぐーたらやるのか。

 

本当は

一年間精いっぱいやり切った気持ちが清々しい。

出来てない。

 

だから、

最大限の力で駆け抜けて、

「悔いなし!」の気持ちで新たにスタートを切りたい。

 

今年の正月のぐーたらをより深く味わう。

その為にも一年間を必死で駆け抜ける誓いを立てる。

 

次の正月を最高に楽しむ為の準備はぐーたらしている今回の正月から始まる。

 

心から望もう。

次の正月を最高に清々しい気持ちで迎える為に出来ること。

正月はぐーたらやる「だけ」が目的ではない。

去年の勝利に酔いしれてぐーたらやりたい。

 

元旦。最高のスタートを切る為の準備をしたい。

 

スポンサーリンク

挑戦の一年がスタートする。

今年の正月をどんな気持ちで過ごしているか。

私には去年やり遂げられなかったことがある。

だから今年の正月はぐーたらしながらも、

「まだまだ頑張らなくてはいけない。」

と、どこかで思っている。

 

そう思っている正月は、ぐーたらしていてもなんだか気持ちは清々しくない。

 

まだまだ出来たことがあった。

まだまだやり残したことがあった。

もっともっと努力出来た。

もっともっと本気を出せた。

 

そんな気持ちをどんなに残していても、今日は新しいスタートを切る。

 

今日からスタートさせる。

どんな想いを持って正月を迎えたとしても。

「来年の」正月はどんな気持ちで迎えたいのか自分に問いかけてみる。

 

相変わらずぐーたらするんだろうけど、何かを達成したい。

 

私は最高に清々しいぐーたらを味わいたい。

なんならわざわざハワイまで行きたい。

わざわざハワイまで行って日本食を食べるくらいに余裕が欲しい。

精いっぱい頑張って掴んだ何かを持っていたい。

 

誰もがそうではないことはわかっているけど、

 

一年を本気で駆け抜けて、最高の結果を出せたなら、

そのくらい贅沢なぐーたらをしてもいいかも。

と思っている。

 

それが出来るように、今日、元旦がスタート。

 

最高のスタートを切りたいと思っている。

今年をどんな年にするのか、

改めて考えて、

来年の正月を夢見て、

ワクワクしたい。

 

今年の正月は、そんな気持ちで過ごしている。

 

仕事の事や今後の事も忘れて、ただ正月を楽しむのもアリだと思う。

でも私は去年の悔いがあるからこそ、一度踏ん切りをつけて、今年一年の目標を高く設定して、

新たにスタートを切りたいと思っている。

 

世界中でよーいどん。

きっと正月だからと言って休みがあるわけじゃなく、働いている人も大勢いる。

それでも世の中は正月だし、新しい年を迎える。

どことなく盛大なパーティーが開かれていたり、

テレビでも特別番組が放送される。

 

テレビが放送されているっていうのは働いている人がいるっていうこと。

 

多くの人の期待を裏切らないように、

一年でも最高の番組を作ろうとする。

 

それは見ている人が多いから。

視聴率はどの番組も圧倒的に高い。

多くの人が年末年始は家にいるとわかっている。

 

その裏側で一年で最も忙しく仕事をする人もいる。

 

その全員が同時に年をまたぐ。

番組を作る側も、見る側も。

時間はやっぱり平等なんだと思わせられる。

同じ時間を生きているのに、

私のように悔いを残している人もいればハワイで最高の休日を楽しんでいる人もいる。

 

来年の自分はどうなりたいのか。

 

どっちも選べるのなら、ハワイを選ぶ。

でも選べない。

だから選べるようになりたい。

その為に出来ること。

頑張る。

そのくらいしか思い浮かばない。

 

せっかくみんなで同時にスタートを切るのだからスタートダッシュをかましたいところ。

 

いきなり躓くパターンもあるんだろうけど、

結果的に最高の一年を過ごせるようにしたい。

 

きっと多くの人がそう思っているはず。

 

「今年はどんな年になるんだろう?」

じゃなくて、私は、

「今年はこんな年にする!」

と、攻めの姿勢で臨みたい。

 

どんな想いを胸に秘めていても、今日は元旦。

 

世界中の人が一年を新たにスタートさせる。

 

一年間の継続。

この世には、うまいこと12か月で1年という決まりがある。

これがなんでか良くわからないが、

長くもあり短くもある。

 

生まれてから今までずっとそうだったから別に違和感もない。

 

だから目標を決めて突き進むにはちょうどいい。

なぜか区切りとして考えられている元旦はまさに絶好の時。

 

何かにチャレンジする。

気持ちを切り替える。

 

時間が待ってくれるわけではないが、

ほんの一瞬、

変化させるなら「今だ」と気づかされる。

 

目標を立てるのもいい。

去年の悔いを全て拾い上げていくのもいい。

 

とにかく、それを継続させるメンタルが必要。

 

新しい12か月が始まる時。

立てた目標を継続して、達成出来るかどうか。

 

私は今まで一年間を目標に向かってただひたすら走り抜けたことがない。

一度もない。

 

ところどころで気持ちが変わったり、挫折したり、失敗したりする中で、

目標を変えたり、迷ったりする。

 

それが悔いとなって年末になると結局目標を達成出来なかったと考える。

 

それを続けると新しくスタートする気持ちも弱くなって、

なんとなくぐーたらな正月を過ごし、変わらない毎日へと溶け込む。

 

そしてまた一年が過ぎていく。

 

そんな生活をしていたからこそ、

今回は、

今年こそは、

立てた目標に対してただひたすらに進んでみたい。

 

結局毎年変わらない正月を過ごすことがないように、

充実した一年を過ごし切りたい。

 

必要なのは継続。

 

目標へ向かう力。

どんな困難が立ちはだかったとしても、

どんなに失敗したとしても、

目標へ向かう力が必要。

 

それを継続出来るメンタルが必要。

 

一度も達成したことがない。

経験したことがない。

一年間変わらない情熱を注ぎ込む自分。

 

いつもどこかで方向転換をするか、

なんとなくに流されて気が付けば一年が過ぎていく。

 

今年の目標はそうならない自分を貫くこと。

そしてそれを継続すること。

 

誰かに評価してもらえるだけの結果を残せるかわからない。

でも誰よりも自分が最高に納得出来る一年を過ごしたいと思っている。

 

甘える瞬間をどれだけ取っ払えるか。

サボりたい瞬間をどれだけつっぱねられるか。

 

自分に挑戦したい。

 

たかだか12か月。

365日。

 

その中で瞬間瞬間に訪れる自分の目標をサボる甘えをゼロにしたい。

自分に甘えてしまう瞬間をゼロにしたい。

 

今年。

その1年を経験出来たのなら、

きっとその先の1年もさらにその先の1年も、

同じように過ごせるようになると思う。

 

今まで一度も達成したことがないからわからないだけ。

 

でもそれは結局毎年甘えてしまうから。

甘えそうな瞬間を打破したことが無いから。

 

やり方がわからないし、それをやった時の結果も知らない。

 

知らないから出来ない。

じゃなくて、

やらなくちゃ知れない。

 

それを知りたい。

 

一年間、

一度も自分の目標をサボらずに、

毎日を過ごせるのかどうか。

 

そしてそれを続けた先にどんなものが待っているのか。

 

その結果がめちゃくちゃ良いものだと願いたい。

とんでもない達成感があると信じたい。

 

小さな目標かもしれないけど、

それを達成出来たら、大きな目標へも近づくような気がする。

 

1月1日。

今日は新しいスタートを切る大事な一日であって、私にとって挑戦の始まり。

 

「今年こそは!」こそ今年だけにしたい。