マザコン夫への文句と対処法

生活

先に言っておきますが、私にマザコン野郎の気持ちはわかりません。

今後わかる事があるかもしれないが、今は完全に否定派である。

なぜならマザコン野郎によって日々の生活が脅かされてる人がいるからだ。

それはマザコン夫の嫁。

マザコン野郎のお陰で嫁姑問題が悪化するケースは多々ある。

「それは結婚する前から全てわかっていたんじゃないの?」と嫌な質問をする奴もいる。

そんな恵まれた奴に言っておこう。

相手の本質がわかるのは、大概、結婚してからだ。

もう、断言しよう。

結婚してからじゃないとパートナーの全容はほぼわからない。

「マザコンっぽいな」と思っても、相手の事が好きなら恋は成立するんだよ。

問題はその先。

結婚して、恋の先に進む過程で超絶邪魔になる。

それがマザコン野郎の考え方だ。

今回は妻が日頃からマザコン夫に迷惑を被っているであろう事と、その文句を言いたい。

あんたの代わりにな!

発信してやるよ。

反論がありゃコメントにでも残せ。

対処法も最後にまとめるつもりだ。

マザコン夫に嫌気が差して仕方がないなら最後まで読め。

前半はほぼ悪口だ。

スポンサーリンク

義理の母の存在感が異常。

奴らにとって母の存在はもはや神だ。

聖母だ。

だからどんなに妻に合わせてきた日々でも一瞬でひっくり返してくる。

母への愛が妻への愛を軽々と越えていく。

そんなマザコン夫のそばにいれば、妻は「しょうがない」と納得せざるを得ない状態にもなるだろう。

「親を全く大事にしないよりもマシ」と無駄にポジティブに捉えたりもするかもしれない。

待て待て待て。

それはあなたの家庭だけで起きている事だ。

私はマザコン野郎ではない。

それでも自分の親も大切にしたいと思っている。

ただ、あえて順位をつけるなら妻と自分の家族が1番だ。

そりゃそうだろ。

これからも共に苦楽を共にするんだから。

マザコン夫の母だってそうしてきたはずだ。

悪いのはマザコン夫の母ではない。

「子離れ出来ない親」とかいうクソくだらない言葉もあるが、夫が妻を優先すりゃ済む話だ。

問題はマザコン夫にある。

いや、むしろそこにしかない。

自分の家族の幸せよりも、母の存在が勝っている状況がなんとも気持ち悪い。

私は圧倒的にマザコン夫が嫌いだからわざわざ言うけど、自分の妻や家族を親よりも大事に出来ない野郎にはネクタイよりもおしゃぶりがお似合いだと思ってる。

マザコン夫が親に抱く感情は尊敬や憧れなんかじゃない。

異常な愛だ。

吐き気がする。

いい歳こいて母親にベタベタにくっついて、その間妻は放置ときたもんだ。

私から見たら圧倒的に異常。

それが偏見なのもわかってるよ。

人に様々な価値観があるのもわかってるよ。

でもね。

自分の妻がお前のようなクソ気持ち悪いマザコン夫である事を嫌がってんだよ。

嫌がってる事を平気でやるってのは異常なんよ。

だったらママと結婚しろ。

妻と結婚して、あの日、愛を誓ったなら、誓い通りに妻を大切にしろ。

マザコン夫と結婚した妻よ。

諦めるな。

幸い、人は変われる。

時間がかかるかもしれないけど、奴がくわえて離さない「ママ印」のおしゃぶりを引きちぎってやろうぜ。

代わりに「妻印」のおしゃぶりをくらわさせてやろう。

結局マザコン夫が求めてるのは義理の母と同じような存在。

結果的にそれになりゃいい。

家族が義理の母と同じくらい大切な存在になりゃいい。

自分の足で歩けない。

義理の母はマザコン夫の管理者だ。

司令塔みたいなもんだ。

母の都合が悪い事は全部反対するだろう。

考えただけで気持ち悪いな。

でもそれを放っておけばマザコン夫への不満は無くならない。

なんなら増え続けていく一方だ。

その狂気に似た母親への愛情でこっちも発狂しそうになるが、堪えよう。

問題はマザコン夫の管理者が義理の母になってるって事なんよ。

これがまずい。

まずいと言うか、キモい。

でもさすがに義理の母からその権限を妻側に引っぺがして貼り付けるわけにもいかない。

本来大人になれば自分の管理は自分でする。

意のままに選択して人生を歩もうとする。

恋する気持ちだって単独的な思考がほとんどだと思ってる。

自分の人生を歩む為に自分で自分を管理して、共に歩んで行きたいと思った相手と結婚して、家庭や愛を育む。

別にそれが正解だとは思ってないけど、順序的には正しいんじゃないだろうか。

マザコン夫は義理の母に管理を委ねたままあれこれ進めちゃったパターンだと思ってる。

だからやる事はやってるとしても、まだおしゃぶりマンだ。

ママに委ねてる。

ママに頼ってる。

バブバブ言ってるわけだ。

クソでかい赤ちゃんだな。

ママ基準でしか物事を捉えられない。

だから自分の足で歩かせないといけない。

ママばっかりを大切にしていればうまくいかない家庭があるって事実を受け止めてもらわなければいけない。

それによって不信感を募らせる妻がいる事もわからせないといけない。

「ママを大事にするな!」って事じゃない。

極端なだけ。

その極端さがなんか気持ち悪いのだ。

偏った愛情なもんでキモいのだ。

本当は、ママと同じ愛情を、妻や自分の家族に向けるだけでバランスが取れるのに。

ちょっと崩れただけで気持ち悪い。

きっと愛情のバランサーがイカれてんだな。

思いっきりパンチしたら直りそうなものだけど、平和的解決が望ましいよね。

妻の有り難みに気が付かない大馬鹿野郎。

少し私自身の話をしたい。

まず、妻という存在は、私にとって、かけがえのない、有り難い存在である。

家事を分担するとか、子供の面倒を見るとか、家計簿をつけてくれるとか、そんなチャチな有り難さなんかじゃない。

妻がやる事に対しての有り難みなんかじゃないのです。

もうね、その存在が感謝でしかない。

これからの事で悩んでたら一緒に考えてくれるし、未来設計も同じ夢だと意識してくれて、たまには喧嘩もするけど、あの時間は本気の意見交換だと思ってる。

そういった時間もすぐに作られたわけじゃなくて、結婚してから徐々に本音をさらけ出して、やっと辿り着いた境地なんよ。

だから、私の本当の気持ちはきっと妻じゃなきゃわからない。

だからこそ感謝すべき存在なんです。

自分が、自分らしく生きていく為に必要な存在。

頼ったり、頼られたり、ヘマしたり、それを支えたり。

そうやって繰り返していきながら価値観をすり合わせてきた。

時にはムカついたり、話すのがめんどくさくなる時もあったけど、後からそれをほじくり返してぶちかまし合って、今じゃイラッとしたらその場ですぐに言えるようになった。

言いたい事を、言いたい時に、言いたいだけ言える関係ってのは心地良いのだ。

はっきり言おう。

マザコン夫はそれを自分のママとやっている。

だから心地良いんだと思う。

良き理解者でもあるんじゃないだろうか。

気持ち悪いけどな。

その存在が妻になれば少しは状況も変わりそうだけど、「言う、言わない」を決めるのはバブ太郎自身だからどうしようもない。

一方的に妻から不満ばかりをぶつけても、どうせ「ママーーー」と擦り寄っていくだろな。

マザコン夫は妻の存在意義と言うか、根本的な事に気が付いてない大馬鹿野郎なんだと私は勝手に思っている。

妻に見せられない顔を、最愛のママの前ではさらけ出せると思ってるのかもな。

やっぱり気持ち悪いけどな。

妻の有り難みにいつ気がつくんだろう。

自分の家族の有り難みにいつ気がつくんだろう。

言いたい事を、言いたい時に、言いたいだけ言える環境は一つじゃなくても良いと思うんだけどな。

むしろ沢山あった方が心は楽だと思う。

マザコン夫よ。

そろそろ気が付け。

目の前にいる妻は、元々他人だった分、お前の最愛のママより多くの価値観をもたらしてくれると思うぞ。

妻よ。

それに気付かせようぜ。

その方が家庭は幸せだろ。

家庭の幸せはみんなの幸せだ。

妻が幸せを感じていれば家族は元気。

少し前、どのタイミングだったか忘れたが、誰かが「妻が幸せを感じている家庭には活気がある」って言ってた。

ザ、昭和、の家庭を持つ人に向けて言ってたような気がするけど、なんか心に響いたのを覚えている。

表面上の意味だけしか捉えてないかもしれないけど、「確かに妻が幸せを感じていればみんな元気かもな…」と感じたのです。

もちろんどの家庭にも当てはまるわけじゃないと思うけど、少なからず私が幸せを感じているよりは妻が幸せを感じている方が家族は明るいと私は思うんです。

尻に敷かれているわけではないぞ!

妻が怖いわけでもない。

ただ、家族の元気は妻が握っていると思っただけ。

妻がピリつけば「なんだ?」と思って私もピリつく。

子供達も気が付くだろう。

ところが私だけがピリついたとしても妻はすかさずフォローする。

「なんかあった?」と言うだろう。

そんなつもりはないけど、なんか妻の空気感に合わせるのが1番良いんじゃないかと思っている。

意味はわからない。

でもそんな気がするのです。

マザコン夫にはそんな考えも生まれないだろうな。

だって義理の母の機嫌が全てだもん。

殴りたくなるわな。

言っても直らないんだもん。

妻であるあなたが幸せを感じられるようにするにはどうしたら良いんだろう。

多分、夫のマザコンを否定して直す事じゃない。

マザコンって実は才能みたいなもんで、持って生まれたモノなんだと思う。

私は否定派だから今でも気持ち悪いよ?

でも才能だとしたらもう一旦諦めるしかないじゃん。

むしろ良いところだと思うしかない。

親をクソほど大切に出来る奴なんだと思う。

で、そうなると、問題は妻の幸せだ。

マザコン野郎がいる家庭の中で妻であるあなたが幸せを感じる瞬間ってなんだ?

さて、マザコン夫と共に幸せを探しにいきましょう。

さんざん文句を言ってきたけど、マザコンが才能ならしょうがない。

私はそれを持っていないんだから否定しようがあるまい。

嫌いだけどね。

生理的に受け付けないけどね。

でも才能だと思ってる。

そんな夫とこれからも共に生きていく妻。

マザコン夫からマザコンを取り上げたい?

もう性癖みたいなもんでしょ。

マザコンは直らんよ。

むしろ、それでも自らの幸せを追って良いと思う。

だって、もう「夫婦として」って考え方はうっすら気付いてると思うけど、ほぼ崩壊してるっしょ。

片方はマザコンで、それも才能みたいなもんだしさ。

だったら「私たち家族は」って考え方にしなくちゃいけない。

「夫婦として」じゃなくてさ。

今の時代、何が普通かなんてわからんのです。

それぞれが、それぞれの価値を持って、それぞれの人生に立ち向かっていく時代でしょ。

これまでの当たり前や普通が簡単に否定されるんよ。

だったら各家庭毎の幸せがあっても良いじゃん。

話は変わるけど、こないだ朝の「スッキリ」って番組で「正月はどっちの実家に帰るか問題」を取り上げてた。

結局様々な家庭で夫の実家に帰る機会が圧倒的に多くて、そこでの嫁姑問題がいまだにあるらしいのです。

「いまだに」ね。

別に結婚したからって正月に「夫の実家に行かなければならない」ってルールは無い。

自分の幸せと納得を優先していいんじゃないか?

別々に実家に帰ってもいいだろ。

そうしたいなら堂々とマザコン夫に本音を伝えればいい。

どこに問題がある?

我慢して、なんも面白くないストレスまみれの正月を過ごす方がクソほど問題だ。

マザコン夫は自分のママが好きなんよ。

それが幸せなんよ。

それを奪わずに妻であるあなたが幸せになる方法は無限にある。

あるのに実行出来ないだけ。

マザコン夫からマザコンを取っちゃダメだよ。

その分あなたの幸せは限定される。

「夫からマザコンを奪う」だけになっちゃう。

そんなのもったいない。

もっともっと違う幸せが沢山あるはずだ。

「夫婦として」じゃなくて、「私たちの家族は」って在り方を探す。

あなたの幸せに勝る答えなんて無い。

夫からマザコンを奪わずともあなたは幸せになれる。

絶対になれる。

それを模索するのも人生の楽しみの一つにしたらいいじゃん。

生活
シェアする
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

改めまして、執筆者のdaimaruです。

かれこれ数年このブログを続けて来て、思った事があります。

「ひとりで更新し続けるのって寂しいやん」

って事で読んで頂けた方々の感想やら文句やらもブログとして掲載していきたいと考えております。

この下にコメント欄を作ってありますので是非、何か、頂けたら幸いです。

あと、お手数ですが誤字脱字やらも見つけたら報告ついでに一言もらえると私は全力で直します。

数年更新し続けると読み直すのがさすがにおっくうなのです。

どうか、ご協力ください。お願いします。

あれんじ

どうか感想をください。