「パパ活」は「楽して稼げる方法」ではない

生活

最近「パパ活」って言葉を聞くようになった。

パパ活をしながらお金を貯めている人の経験談とか。

パパ活を専門としているサイトとか。

「援助交際やん!」と速攻で突っ込む私。

言葉が違うだけで、やっていることはそんなに変わっていないように感じるんだけど…。

援助交際って言葉のトゲを取ったように見えるけど…「パパ活」って更にどストレートな言い方になってるような…。

単純に若い女子が父親くらいの年齢の男性と会食をしたりデートをしたり、で、お小遣いやプレゼントをもらうっていう方法。

仕事?なん?

仕事なら税金が…?

まぁ。

お小遣いだし的な感じなのだろうか。

バンドマンとかは男性で女性のファンにお小遣いをもらったりするって聞いたことはある。

もちろん会食やデートをして。

音楽活動とは別だけど、その人のバリューを最大に活かしてるわ。

まるで芸能人みたいな方法でお金を稼ごうって感じだろうか…。

…。

我が家には娘がいます。

正直、「パパ活して欲しい」とは思わない。

理由は単純に「嫌」だから。

だけど、後々もう少しまとめていきます。

きっとパパ活でそれなりに稼いでる人もいるはず。

でもそれだけの苦労やリスクを承知でやっているんだろうと思っている。

多くのお金を稼ぐには、どんな事をしても、それなりの苦労とリスクが点在している。

援助交際だって簡単じゃない。

それなりにお金持ちの相手を見つけないとただ危険な時間を過ごしただけになったりする。

お金持ちの見つけ方もわからない状態で安易にパパ活しようとすればリスクは高まる。

私が言いたいのは、パパ活に対しての文句じゃない。

かと言ってそれを認めているわけでもない。

多くのお金を稼ぐにはそれなりのリスクと覚悟がいるってこと。

それに人を見抜く力も必要。

今回はこれから「パパ活しようかなぁ」と安易に考えている女子に伝えたい。

スポンサーリンク

若いだけでパパ活出来ると思ったら大間違い。

パパ活だって人間関係を築く必要がある。

相手がいてナンボの商売。

だけどそれなりのお金が動くとなれば慎重にならないといけない。

最近では「パパ活専用サイト」なるものもある。

これって中身は出会い系と同じなわけで、パパ活をしてお金を稼ぎたい女子からお金を取って運営していくモデルになる。

出会いを与えているのと一緒なわけです。

パパ活をしようと今まさにそういったサイトに登録しようとしている人はそれに気が付いているだろうか。

男性だって一緒。

これまでの出会い系サイトのような仕組みであることに気が付いているだろうか。

登録したからと言ってすぐにパパ活がスタートするわけじゃない。

なんなら以前の出会い系と同じように、男性からお金を取るシステムかもしれないし、「あわよくば」って気持ちをうまく利用されているとは思えないだろうか。

別に詐欺に引っ掛かってるって言いたいわけじゃなくて、恋愛だろうが、パパ活だろうが、「出会い」を提供しているんだから「出会い系サイト」なわけです。

これまでとなんら変わらないシステムの中にパパ活を織り込んでいるだけかもしれない。

互いにもっと慎重にならなくちゃいけない。

「出会いが無い」だけが恋愛出来ない理由じゃない。

「出会いが無い」だけがパパ活出来ない理由じゃない。

自分磨きを怠ってはいけないと思うんです。

もし、自分が大金持ちなら、パパ活サイトを利用するだろうか。

自分からパパ活サイトに登録するだろうか。

お金があるんだからいくらでも理想の相手を見つけられると思う。

「パパ活サイトを使わなくても」いくらでも探せる。

「パパ活サイトの中で大金持ちで紳士な男性」が見つかるのは希です。

「出会い系サイトの中でめちゃくちゃタイプの相手を見つけて実際に会う」くらい稀です。

私が本気でパパ活をするなら、まず、お金持ちが集まる場所を探す。

そこに出入りするコネを手に入れる。

それなりの情報を集める。

情報を集めながら自分の魅力を高めていく。

お金を払ってでも一緒にいたいと思えるような人になる。

「お金」が絡むと人はグングン先に進もうとする。

だからねずみ講の考え方は無くならない。

もっと慎重にならなくちゃ。

お金持ちになるのってそんなに簡単な事じゃない。

若いだけでパパ活が出来ると思ったら大間違いだ。

人を見極める力はどんなに歳を重ねても必要です。

世の中には「安全ではない人」がいる。

残念ながら常にいるんです。

だからニュースにもなるし刑務所だって刑罰だってある。

それはしょうがない。

犯罪がゼロになるなんてことは無い。

パパ活ってのは、知らない大人に会って食事をしたりデートをしたりする。

二人だけの空間になることだって容易に想定出来る。

自分に人を見極める力が無いと「カモ」になる可能性がある。

パパ活をするっていうのは、意識していなくても、普段の生活よりも遥かに「犯罪」に近づいているってわかってなきゃいけない。

「お金が欲しいから」って理由だけで犯罪に自分を寄せていくのはリスクです。

そのリスクを多少でも減らすのが「人を見極める力」です。

これは別にパパ活だけに必要な力じゃない。

今後何をするにも必要になる力です。

「私に限ってそんな人とは会わないし!」とか思ってるならそれは違う。

超否定します。

私が言いたいのは、「安全に多くのお金を稼ぐ為に人を見極める力が必要」だってこと。

「危険を冒してまでお金を稼げない」のはダサい。

ダサいというか情けない。

だったら、「人を見極める力を養って、安全に多くのお金を稼いだ方が良いでしょ」って話です。

パパ活に反対しているわけじゃない。

実際に需要がなくちゃ私の耳に「パパ活」って言葉が届くわけがないんだから。

辞めさせたくて言っているわけじゃない。

やるなら人を見極める力がある方が稼げるんじゃないかと言いたいんです。

危険を察知し回避する力も必要。

どんなに人を見極める力を持っていても、実際に危険な場面に遭遇する可能性は常にある。

パパ活が完全に安全なわけが無い。

常にグレーゾーンに身を置いている感じになる。

相手の行動で黒にもなるし白にもなる。

男女なのだから想像する範囲の危険は常にあると考えた方が良い。

実際にどうやってそういった場面を回避するかは常にシュミレーションしておくべきだと思うんです。

それはパパ活だけじゃなくて、私生活でも同じ。

災害時の準備をしておくとか、避難場所を確保しておくのと同じ。

生きていれば危険なのがパパ活だけではないのは誰もがわかっている。

だからこそあらかじめ危険が起こり得る可能性を考えて、準備をしておかなくちゃいけない。

自分を守る術。

そのくらいは準備しておくべきだと思う。

心配なら多くの人に助言をもらうべきだと思う。

楽して稼げるなんて思うなよ。

パパ活はまるで簡単にパパ役の男性からプレゼントやお小遣いが貰えるみたいな言葉に聞こえる。

でもそんな事はない。

パパ活で多くのお金を稼ごうと思えばそれなりの努力が必要。

身だしなみやコミュニケーション能力だけじゃなくて、相手を見極める力も必要だし、多くのお金を持っている男性を見つける嗅覚だって必要。

ただ可愛いだけで務まる仕事ではない。

ただ面白い話が出来るだけで務まる仕事ではない。

お金を稼ぐのはいつの時代も大変。

どんな年代であっても大変。

そうじゃないと頑張る人がいなくなる。

実際に頑張っているのにお金が稼げないなんてあっちゃダメな事だと思っている。

私は頑張っている人にお金をたくさん稼いで欲しい。

パパ活ってのはたぶん多くの人が勧める「稼ぎ方」ではない。

どちらかと言うと、反対派の方が多いと思う。

実際に自分の娘が「パパ活するから~」とか言ったら…。

絶対に一度は反対すると思う。

「だったらパパが稼ぐわ!」ってもっと私自身が本気になるかもしれない。

ただ、全部が反対かって言われると…そうじゃない。

どんな仕事でもお金を稼ぐのは大変だとわかっている事。

リスクを最小限にする努力を怠らない事。

身を守る方法を持っている事。

人を見極める力を持っている事。

自分磨きを決して辞めない事。

パパ活を題材にしてはいるけど、結局根本的なのは「人としての魅力」だと私は思っている。

「若いから」とか「少し可愛いから」とかそんなちっぽけな魅力でパパ活が上手くいくとは思えないんです。

パパ活だって人としての魅力が無ければ騙されたり危険な目にあって終わる可能性がある。

私は「楽に稼げるから」っていう仕事ほど危険だと思っている。

お金を稼ぐのが「楽」なわけがない。

そんな当たり前なことを理解していないのに「パパ活をすれば楽に稼げる」って思っているのなら、それは大きな間違い。

「楽して稼げるからパパ活をする」って動機なら、違うことで苦労して稼いだ方がお金も自分も家族も友達も大切に出来るような気がします。

それでもやりたいなら、「極める」くらいの気持ちで突き進んだ方が良い。

ただでさえ反論が多いんだから。

結局それなりの苦労がきっと待ってる。

稼ぐって覚悟が必要なんです。

生活
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました