人脈はカードゲーム。手持ちの質次第で最も適した人脈を。

仕事

人脈に支えられる。

だけど支えてもらう事を前提で人脈を作ったりはしない。

人脈の作り方を解説する本がいくつもあるが、どれも「結果的にそうなればいいね!」といった結論に至る。

結局のところ人脈を持っていてよかったと思えることばかり。

人脈を作るのは自分の可能性やチャンスを活かす為に必要な時が来るから。

つまり今から人脈を作ろうと頑張ったとしても、すぐにその人脈が活躍する場などほぼない。

気が付けばその人脈に助けられていると感じるのであれば。

何年後かの自分の為に今人脈を作っておくべきなのだ。

大人になると人脈を作るのは難しくなる。

仕事の人脈ともなればお互いに同じような利益を生む関係にならなければ人脈を作るのは難しくなる。

お互いにとって「おいしい話」を持ち込んでくれるような関係。

そういった人脈を作る為には自分が常に有益な情報や有益な手札を保持しておかなければいけない。

相手を驚かせるカードを手札の中に忍ばせておく必要がある。

相手を驚かせるようなカードは普段の自分がどのような生活をしているのか。

スキルを磨いたり、情報を集めたりする努力が必要になる。

大人になればなるほどそのカードの種類や効力はシビア。

お互いが良いカードを持っていれば最高の人脈となるが、ほとんどの場合良いカードを持っているのはどちらか一方。

そのカードを自分も使いたい。

だから自分のカードも差し出す。

トレードのようなものになる。

また、一枚のカードを利用する為に、何枚ものカードを差し出すこともある。

その上で人脈が作られていく。

最強のカードは人脈。

人脈を作る為のカードを集める。

スキルを磨いたり情報を集める。

自分の為の人脈を作っていくのには必要不可欠かもしれない。

しかし時にそれを遥かに上回る種類のカードがある。

それが人脈カード。

多くの情報を持っている人を紹介出来るカード。

多くのスキルを会得している人を紹介出来るカード。

人脈を持つことで人脈を作る。

お互いが求めている技術やスキル、情報を聞き、それに合わせて紹介する。

不動産の仲介業のようなもの。

そのカードを持っているだけで多くの人脈を作る事が可能になったりする。

相手が求めている事に応えられるからだ。

多くの人脈カードを手札に持っていれば更に多くの人脈を作るのに役立ち、さらに今回の相手の情報により手札も増える。

人脈が人脈を呼ぶような環境になる。

代理店と呼ばれる部類ではあるが、ジャンルを絞らなければ多くのカードを手札に持てる。

人脈そのものを手札に入れられるなら最強のカードと考えていいだろう。

しかし手札が少ない時に必要なのは間違いなく自分だけが持っているスキルであり、情報。

日々情報を集める努力やスキルを磨く感覚を失ってはいけない。

結果的に人脈が人脈を呼ぶ時まで自分自身を高める必要がある。

人脈で救われる多くの「困った」。

人脈が人脈を呼ぶ状態も救われる、または支えられる事に入る。

だがそれだけではない。

例えば車が故障した時。

車の修理屋のカードを持っていれば他よりもスムーズに、そしてお得に故障を直せるかもしれない。

例えばサッカーをやりたい時。

サッカー仲間がたくさんいる人のカードを持っていれば集めてくれるかもしれない。

彼女が欲しい。彼氏が欲しい。

その他でも何かが故障した。

必要なものがある。

様々な「困った」に対応出来る。

その時に初めて人脈があってよかったと思える。

何をするにもやはり人脈が必要になる、または人脈があった方がスムーズに進む場合が多い。

そういった人脈は「困った」時に作るものではない。

結果的に持っていた。

だから救われた。

未来の「困った」の為に人脈を作る。

今作ろうとしている人脈が今困っていることであればすぐに最善の人脈を作る事は難しいだろう。

人脈の力を最大限に発揮するのは未来。

今困っている人脈を作ろうとすると最も適しているわけではなく、どこかで妥協する形になる。

急いで最も適している人脈を利用する為にも前もって準備をしておく必要がある。

自分の未来の為に人脈を作る。

今持っている自分の手札をフルに活用し、「自分にはこんなことが出来ます!」とアピール。

どんな場でも構わない。

自分が得意とする事や人が必要とする部分で何が出来るかを伝える。

伝えておくことで必要とされる時が来るかもしれない。

ビジネスチャンスとして声がかかるかもしれない。

相手が持っている情報やスキルも教えてもらえるかもしれない。

後々それが人脈となり、支え合える機会が訪れる。

人脈を活かしたいと心から思った時、または協力が必要な時に手札から該当の人脈を選ぶ。

今必要としている時に限って本当に必要なカードは手に入らない。

カードゲームの世界で言えば今は販売されていないもの。

すでに販売期間を過ぎているから手に入らない。

そうなれば「手札として持っておけばよかった」という後悔が残る。

人脈はあって損をするものではない。

作れるチャンスがあるなら積極的に自分が出来るや持っている情報をアピールしよう。

他人の手札に加えてもらう。

人脈は持ちつ持たれつ。

自分の手札として加えるのと同時に相手の手札にも加えてもらう必要がある。

加えてもらう事でどこかで自分のカードを使ってくれるかもしれない。

そのカードを使ってもらう事で新たなカードを手にするチャンスを得る。

多くの人の手札に自分のカードを入れてもらえていることは今後さらに人脈として獲得出来るカードが多い事を表す。

人脈を広く集めていきたいと考えているならまずは自分のカードを多くの人に加えてもらえるようにする。

その方法も先ほどと同じように、自分のスキルを伝えたり、自分しか持っていない特別な情報を相手に与え続ける事。

相手の手札として加えてもらえるようになれば後は勝手に人脈として広がっていくこともある。

持っているスキルや情報にもよるが、「人が驚くレベル」であればその可能性は高い。

「人が驚くレベル」とは人に話したくなるようなネタにもなる。

ネタにしてくれようものなら人脈はどんどん広がりを見せ始める。

先に相手に手札として加えてもらえるくらいのスキルや情報を蓄えておく。

人脈作りが得意な人は常にそれらを意識している。

アニメに出て来る情報屋は基本的に人脈が広い。

特別な情報を持っていることは人脈作りを有利に進めてくれる。

アニメなどにも出て来るが、まさに情報屋という状況。

様々な情報が入ってくるような人脈ネットワークを持っている証拠。

アニメ程怪しいネットワークは必要ないが、情報を集める事が出来るのは立派なスキルと言える。

相手に必要なさまざまな情報を持っているだけで人脈作りが捗る可能性もある。

それだけ確かな情報を欲しがる人が多いということ。

そして様々な情報を持つことで多くの人が自分が持っている手札と交換をしたがる。

例えば生命保険の情報を自分が多く持っているとする。

生命保険の事を深く知っているという事を多くの人に伝えておけばその情報を思い出し問い合わせてくる。

そしてその問い合わせ先の人が車の修理屋さんだとすれば、この時自分の手札には車の修理カードが加えられる。

生命保険の多くの情報を知っているだけで、車の修理のカードが手に入る。

それが人脈の醍醐味であり、自分のスキルを磨く醍醐味。

自分にはどんなスキルがあるのかもう一度考えてみよう。

圧倒的なスキルは圧倒的な人脈を呼ぶ。

他の者を凌駕するほどのスキルを持っている人には自分が考えていることを凌駕するほどの人脈が作られることがある。

例えば、趣味として料理ブログを書いていたが、アクセスが多く集まり、想像以上に有名になっていく。

それほどに料理のスキルが高いという評価。

そしてそのアクセスの集まりや料理の質の高さから料理本を出したいという問い合わせが入る。

これにはビックリするはずだ。

本人は好きな料理をブログとして残していただけかもしれない。

それが飛躍し、自分の料理本を出版出来るようになる。

更に自分が監修したフライパンも販売されるかもしれない。

そしてそのフライパンのCMがお茶の間で放送されるかもしれない。

CMが放送されるようなものを作ろうとしたわけではないが、結果的にそれほどの人脈が作れた。

それは自分が習得したスキルのおかげである。

料理が作れるという手札のカードによって、テレビ局、CM会社、出版社などのカードを手札に加えられるようになった。

これは紛れもなく、自分の想像を凌駕している人脈になるはずだ。

そしてその人脈は自分がもたらした料理により、いつでも使えるカードとなる。

圧倒的なスキルには圧倒的な人脈が集まるのだ。

人には隠されたスキルがたくさんある。

自分には他人を凌駕するスキルなどない。

そう考える人は多くいる。

だが自分のスキルにまだ気が付いていない人も多くいる。

誰もが他人を凌駕する程のスキルを身に着けるチャンスがある。

気が付いていないだけ。

まだ知らないだけだ。

車を運転するスキルを極めようと頑張ってきたが、自転車の運転の方がスキルが高い人もいる。

好きな事を優先するだけでスキルを手に出来るわけではない。

また嫌いなものだけを努力で乗り切ることで卓越されたスキルが身に着くわけでもない。

そのバランスは本人ですら気が付かない。

車の運転が好き過ぎて自転車を運転するスキルが高い事に気が付かないのだ。

だが何かのきっかけでその事に気が付くかもしれない。

いつもは断っていた自転車での遠出。

たまたま引き受けたその日にスキルが開花。

そんなこともある。

隠されたスキルを身に着けるきっかけに過ぎないが、自分の行動でそのきっかけを得た。

また、誘い続けてくれた人。

これも人脈が生み出した奇跡。

これまでのあなたの誠意や行動が何度も「一緒に行きたい」と思わせたのだ。

常日頃から人脈作りに力を入れていれば多くのきっかけを与えてもらえるだろう。

スキルを磨くのも人脈。

すでに今高めようとしているスキルが決まっている。

もう人段階上のレベルになりたい。

そんな時でも人脈は大きな効果を発揮する。

自分以上のスキルの持ち主に辿り着ける場合もある。

スキルの上達法を学ぶきっかけに。

人脈からもスキルの向上を図れるかもしれない。

それもこれまで作ってきた人脈のおかげ。

常に前もって人脈を作っていくことでそのようなチャンスが与えられたのだ。

今自分が持っている手札をすべて見直してみよう。

その中に自分のスキルを圧倒的に高めてくれるカードがあるかもしれない。

だがこれまで一度も使った事がないカードを使うにはそれなりに力がいる。

連絡先の効果をしたが、それ以来会って会話をしような試しがない。

もし話を持ち掛けても断られてしまうかもしれない。

いきない使った事もないカードを出すのは危険。

もし断られてしまった場合は二度とそのカードが使えないかもしれない。

人脈の維持。

人脈は維持を怠るといざ必要な時の効果が半減してしまう恐れがある。

上手く自分のバランスを整えながら細かく連絡を取ったりなどをしなければならない。

その連絡とは近況の報告であったり新しい情報などを提供したりする。

こちらから情報を提供する事で新しい情報を得られる可能性も十分にある。

そしてそこから新たな人脈へと繋がりを持つことも出来るだろう。

人脈の維持に勤める事で新たな人脈や新たな情報を得る。

カードという言葉を使うのであればアップデートだ。

そのアップデートをマメに行う事でより多くの情報やスキルを手に入れるきっかけになるだろう。

アップデートを頻繁に行う必要はないが、定期的に自分から行動を起こすと近い未来さらに大きな結果をもたらしてくれるかもしれない。

人脈を最大限に活かす為にも自らこまめに情報を与えるなどの行動を起こそう。

人脈はカードゲーム。

多くのカードをきちんとアップデートをしながら、手入れをしながら手札として持っておく。

そして必要な時に最適なパフォーマンスを発揮するカードをチョイスする。

手持ちのカードの種類が少なければ難しい戦いになることもある。

使い方も肝心だが、手元にあるカードの種類が多い方が断然戦いやすい。戦略も豊富になる。

もちろん人生を戦いに例える事を正しいとは思わないが、人脈によって人生の良し悪しをうまくコントロール出来れば自分の可能性も広がりを見せるだろう。

自分の人生を戦略的に考えるだけでなく、思いもよらぬピンチを乗り越える為にも人脈を大切にしよう。

次にあなたが出すカードで人生は大きく変わるかもしれない。