ピアノが弾けるようになれば世界の見え方が変わるかもしれない

小言

私はピアノが弾けない。

でもピアノが弾けたら世の中の見え方が変わるんじゃないかと思っている。

さすがにおっさんになると生活を維持する為にしなければいけない事がたくさんある。

「誰かの前で堂々とピアノが弾けるようになるまで」の練習時間はなかなか作れません。

ピアノの前に英語の話をさせてください

子供の頃も音楽は得意じゃなくて、英語も得意じゃなかった。

国語もね。

思い返せば得意な科目なんてなかった。

ところが少年時代からおっさんになるまでの間で「英語」が出来る方が有利だとわかった。

ただ、私はこれまで海外旅行に行ったこともない。

それなのにこれからの時代は全世界と繋がる為の教育が中心になるような流れ。

「英語」は出来れば出来るほどその人の評価が高くなる。

らしいよ。

でも、私が思い描く未来にはで英語は必須ではない。

その内どこかで必要になるかもしれないけど、その時には翻訳機器の発達もグイグイ進んで翻訳こんにゃく的なアイテムが現れるような気がする。

今の私は普段の生活を維持する為に必要な英語と言えば、ネットで文章を訳してもらう程度で十分。

英語で会話をするような人付き合いもない。

ピアノの話に戻します。

音楽は世界共通言語に近い価値を持っていると私は信じている。

英語は翻訳機の発達にお任せしておけば自然に話をしているだけで会話が成り立つようになるんじゃないだろうか。

って思うと、英語で会話が出来るスキルの価値はガクンと落ちる。

かもしれない。

だって母国語で話をしてもその場で翻訳してくれるわけですから。

世の中にはいくつもの言語があるのに、「英語」だけに絞られるわけがない。

母国語が完全に消滅するわけがない。

だからこそ翻訳機が発達するのであって、英語が話せる「メリット」は翻訳機が発達すればするほど低くなる可能性がある。

ところが「ピアノが弾ける」ってスキルはどうだろう。

音楽が世界共通言語と同じような価値があると信じている私は「ピアノが弾ける」ってスキルの方が、今後「誰かを納得させる力」を持っていると考えている。

自分勝手な意見ですみません。

そこまで深い考えを誰かの前で展開することはないけど、そういう価値も含めて「音楽」をやりたいし、「音楽をやるならピアノを選びたい」と思っているのです。

「ピアノが弾けるようになりたい」と思う理由をめんどくさく説明するとこんな感じ。 

ざっとこんな感じです。

他にもたくさんある。

ザクザク出てくるのよ。

「実はピアノが弾けるんです」の素敵度

私はおっさんです。

あと数年もすれば「ハゲ丸」ってあだ名が付くかもしれない。

デブでハゲでお金も大して持ってないおっさんの自分が救われる方法を探した。

探しに探して「英語が話せる」と「ピアノが弾ける」に絞った。

その二択。

問答無用。

「ピアノ」でしょ。

ピアノと言っても「誰もが知ってる曲」や「楽譜を見ながら弾く曲」を目指しているわけではない。

楽譜が読める方が良いとは思うけどね。

私が思う「実はピアノが弾けるんです」の素敵度が最大限に達する瞬間。

それは、

いきなり「一曲お願い!」って言われた時にその場の雰囲気にバッチリな曲を「はいよー」って言いながら楽譜が無くてもサラッと弾く時。

楽譜じゃない。

すでに存在している曲でもない。

「はいよー」で雰囲気を最高潮に持っていける一曲が弾けるかどうか。

完全オリジナルでも耳で味わう音楽だからこそ出来る圧倒的な芸。

「英語が話せる」にそれほどの力があるだろうか。

あるのかもしれないけど私にはその場面が想像出来ないのです。

翻訳機が発達すれば。

だからピアノ。

素敵度が高いのはピアノだと思っている。

ひとつで納得のいく音色

敢えて今言っておきます。

私はギターが少し弾けます。

大して上手ではないけど弾けるっちゃ弾けます。

電気を使えばそれなりに色々な音色を出せます。

マルチエフェクターなるものを使えばそれなりに遊べます。

それを使えばね。

ただ、私の中ではそれを使ったところでギターはギター。

「ギターの感じ」を抜けないのです。

音の雰囲気ね。

指を動かす時の「キュッキュ」とか「ビビビッ」って音がどうも好きになれない。

耳障りだと感じる瞬間がある。

それも含めてギターの魅力だっていうのはわかっているけど、ピアノはそんな音がしない。

ギターは弦を張ります。

その弦は錆びます。

弦が切れます。

それもちょっと嫌なんです。

ギターを弾く姿はカッコいいかもしれないけど。

手汗が多めな私には向かないのかも。

あと「ででーん!」とか「じゃーん!とか「ドーン!」って感じはギターよりピアノの方がある。

ラスボス感があるんです。

ギターだけでは成り立たない場面でも「ピアノだけで」成り立ったりするのが好き。

大は小を兼ねると言うか。

それこそ電気を使えば「ギターの音色」も出せる。

嫌いな「キュッキュ」とか「ビビビッ」って音が無くなるのにギターの音が出せるならそっちの方が良い。

ピアノひとつで納得のいく音色を持っている気がするのです。

さあ!ピアノを練習しよう!

音楽が持つ「世界共通言語感」を表現するには一番ピアノが向いている気がする。

英語を覚えたいと思った時、翻訳機の発達に目がいった。

「あれ?これが発達したら英語覚えなくても良くね?」って思った。

ピアノはと言うと、ずっと鍵盤の形や考え方は変わらない。

発達したのはサイズ感と音色の量。

世界のどの国にも大体ある。

でも「弾けないと持っててもしょうがない」っていう存在。

世界中にあるくせに弾けないと意味を持たないって。

「弾けるようになるしかないじゃん!」

って感じがした。

私はまだ弾けない。

だけど、もし、今後、弾けるようになったら、世界の見え方が変わるような気がする。

デブでハゲでブスでお金も大して持ってないおっさんの私が挽回出来る唯一の楽器。

世界で通用するスキルの可能性。

間違いない。

大袈裟。