おじさんが持つSNSへの疑問と答え

小言

最近芸能人が朝の番組でSNSから寄せられる誹謗中傷を話題に上げ、ひどい事を言う人を非難してた。

アンチ集団に対する考え方を交えてね。

「バカはブロックだ」とか「放っておくしかない」とか。

エゴサーチすると基本的に悪口しか出てこないらしく、それについても言ってた。

「普段の生活が充実していない奴がやる事だ」とか「匿名だから出来るんだ」とか。

よくもまぁこんなに色んな考え方が出て来るなぁと思って見てた。

もちろんこのブログでもTwitterアカウントを公開している。

私もSNSはやっている。

おじさんだけど。

でも、芸能人の投稿に対して「文句を言ってやろう!」とは思わない。

テレビで言ってる誹謗中傷ってのがガチガチな悪口ならわかるんだけど…。

「〇ね!」とか「アホ!」とかね。

それならまだわかるんだけど、芸能人が集って主張しているのって案外微妙なラインなのだ。

「それは不適切だ」とか「子供が真似するからやめろ」とか。

そんな言葉すら「バカは相手にしない」とか「ブロックブロック」とか言ってる。

韓国じゃSNSが原因で心を病んでしまったり、命をも奪う凶器と言われていたりするらしい。

ホリエモンはしょっちゅうアンチとバトルしてエンターテイメントにしてるけど…。

おじさんの私に真実はわからない。

だからこそ生まれる疑問と考え方。

おじさん流のね。

今回はそれ!いってみよう!

スポンサーリンク

目立てば批判されるのは当たり前じゃないのか?

芸能人がSNSを使って、何かを発信する。

またはリークされる。

それって…。

そもそも人気があるからじゃん?

って思うのです。

私のように人気が無い人がSNSを使って、普通の事を発信しても、拡散されない。

話題にもならない。

炎上目的で過激な事をすればちょっとは違った結果が訪れるかもしれないけどね。

元々人気があれば炎上しなくても多くの人が見る。

多くの人が見るって事は多くの価値観の人に見られるって事でしょ?

じゃあその中で「いいね!」って思う人や「バッドだ!」って思う人や「無関心」の人がいて当たり前じゃん。

芸能人ってだけですでに目立ってるんだから批判的な意見が出てきてもなんら不思議な事ではない。

もし私がSNSを使って人気になりたいと思ってるなら、批判的意見を残す事で注目度が増すかもしれない。

わざと批判するだろう。

煽るだろう。

そこで注目を浴びる。

そんな考え方が生まれる事もあると思うんです。

ハロウィンの時期に繁華街を練り歩くあのしょうもない時間と一緒。

人が注目されているところでわざと派手な事をやる。

広告と一緒。

人気があるから批判的な意見をぶつけて注目されようとする人もいるのだよ。

それに感化されて「そうだそうだ!」と乗っかる奴もいる。

「そんなことないよ!」とフォローしたがる奴もいる。

見るだけ見て「おもろいな!」って思ってる奴もいる。

自由だからって「何を言っても良い」ってわけじゃないけど、そもそも人気な芸能人なら批判されるのは覚悟の上なんじゃないかと思ってしまうんだな…。

そんな事言ったら「お前も芸能人になったらわかるわ!」とか言われそうだけど、芸能人のなり方も、SNSで人気になる方法も私にはわかりません。

ごめんなさい。

だから結局叩かれない。

批判もされない。

…。

寂しい。

批判されるのも人気のバロメーターとは思えないものか…。

無理なのか…。

ああ。

人気者になりてー。

ならなきゃ一生わからねー。

でもね。

子供の頃の思い出でさ。

目立ってる奴って文句言われたりしたよね。

「お前調子乗ってんな!」とかって言われて。

普通にしてるつもりなのに…。

あれさ。

何とも言えない気持ちになるよね。

大人になってもそれは変わらん。

目立つとなぜか叩かれる。

出る杭は打たれる。

SNSでも一緒なんだな…。

アメリカだと目立てば目立つほど「イケイケー!」って応援してるイメージがあるけど。

国民性?

関係あるのかね。

誹謗中傷の考え方に個人差はないか?

「アホ!」とか「クソたれ!」とかは問答無用に誹謗中傷だと思う。

ただ、こないだテレビで議論してたのは、例えば子育て中の映像を芸能人が発信して「これは虐待じゃない?」とか「子育てに向いてない」といった書き込みがあるのをどう思うか…みたいな感じだった。

これって…。

別に誹謗中傷じゃなくね?

普通にその投稿内容を見て、思った事を思った通りにぶつけただけじゃね?

それに対して出演している芸能人達が「こういうアンチもいるよね」とか言ってた。

いや、待て待て待て。

それはアンチではない。

普通に感じた事を言ってるだけでしょ。

画面を通じてそれを静観している私は、「この人達は自分とは違う価値観を持った人をアンチだと思っているのかもしれない」と感じたのです。

「アホ!」とか「〇ね!」とか言われたならわかるよ。

でもそうじゃないじゃん。

意見じゃん。

感想じゃん。

そもそもSNSってそういう意見をコメントとして書き込む事が出来るようになってる。

で、発信してる奴も「コメント」が反響だと思ってやってる。

わかってやってるのに自分とは違う価値観を持った人をアンチにしてしまうって…。

どうなん?

だったら最初からファンクラブに入った人達しか見れないSNSの中で投稿したり発信したりすればよかろう。

「わざわざ」全世界で発信したり見たり出来るプラットフォームを選んでるんだから意見くらいはあるだろ。

それを誹謗中傷と取るか、「こういう意見もあるのか」と取るかは個人差があるし…。

「アホ!」って言われてもお笑い芸人にとっては最高の誉め言葉になるかもしれない。

結局発信してる奴の考え方次第でいくらでも捉え方も変えられるような気がするのです。

もちろん私は人気者ではないからそんな意見を頂戴するような機会は少ない。

でもね、このブログはコメントを解放してるんですわ。

ええ。

どんな書き込みでも載せるのかと言われればもちろん「ノー!」だ。

でも極端な誹謗中傷じゃなきゃ返信付きで載せたいと思ってる。

だって…。

そっちの方が面白いじゃん。

ブログを読み終わって、同じ記事を見た人がどう感じるのかって、結構おもろいのです。

たまーにヤフーニュースの下にあるコメントを読んだりするけど、あれ、結構おもろいです。

むしろ率先して読んじゃうのだ。

「こんな風に捉えてんのかぁ」と感心したりする。

だから私としては極端な誹謗中傷は見てるこっちが気分が悪くなるので消したいけど、そうじゃないなら一つの意見として捉えたいと思ってる。

コメントを残したりするのって労力なんよ。

書いてる人にとってはね。

その労力を惜しまず、意見を伝えようとしてくれた事に対して一度くらいは「アンチだ!」って決めつけるわけじゃなくて、「こんな考え方もあるのかぁ」って受け止めてみても良いんじゃないかと思うのです。

もちろんガッツリ批判されるような人気者になった事が無いからわからんがね。

それでもSNSを使う理由は?

SNSって世界中の人が同じプラットフォーム上で意見の交換が可能なツールでしょ?

それを使っている芸能人が「知らなかった」とは考えられないのです。

「アンチな意見なんて無い」と思っているわけがない。

だって誰でも見れるんだもん。

ブロックだって出来るんだもん。

言い返す事も出来れば、反省して一切発信しない選択もある。

でもね。

使い続けてるんですわ。

辞める人もいるけどね。

あれは何?

結局仕事の都合なのか?

事務所に「TwitterやInstagramをやりましょう」って言われたからなのか?

だとしても、ルールは知ってるだろ。

知らないのは長州力のTwitterくらいなもんだろ。

あれは間違いなく天然な気がするけどね。

気になったら見てみてください。

めっちゃ自然過ぎる。

そして謎。

そしてTwitterを通して知り合いに話しかける。

おもろいのです。

到底仕組みを理解しているようには思えないけど、それが面白いのだ。

事務所に言われたのかもしれないけどね。

だからちゃんと管理されてるはずなんだよね。

基本的には。

ってことは。

芸能人のSNSってのは仕事として使われているか、更に人気になる為に使うわけじゃないですか。

アンチからのキツめの一撃があったとしても辞めるわけにはいかない。

だって仕事なんだもん。

だから「誹謗中傷はやめてくれ!」とテレビで言う。

またそのアカウントに人が流れる。

で、叩く。

でもフォロワーは増える。

話題になればなる程お金になる商売なもんだからどこからどこまでがマジなのかがわからないのです。

売り出し中の芸能人がSNSを辞めるわけがない。

叩かれてもネタになる。

そう考えるしたたかな奴もいるだろうに。

やりたくなくてもやらなきゃいけない場合もあるだろうに。

はなっから「アンチ込みのSNS」だと思ってるでしょ。

SNSは商売道具の一つだと認識してるんじゃないだろうか。

じゃなきゃ辞めればそれで終了なんだし…。

どんなに攻撃をされても発信し続ける意味が必ずある。

で、それをちゃんと見極めている。

私からすれば叩かれるだけ目立ってるって事なんじゃないかと思ってしまうのです。

人気のバロメーター。

誰かフォローしてくれよ。

アンチってそんなに悪なのか?

アンチとは言っても、違う価値観を持って意見を伝えてくれる存在なんだから、正直「悪」ではない。

ホリエモンのTwitterを見ていると、わざわざアンチと呼ばれる存在とぶつかって話題性を集めたりしてる。

文句の言い合いみたいな感じになって、見ているこっちとしたらそれはそれでエンターテイメントとして楽しめたりするのです。

間違いなく自分のフォロワーが楽しめるような発信を意図的にやってるように思える。

だって、さっきも言ったけど、気に入らないならブロックだったり辞めるって選択肢もある。

なのに、反発したり言い合ったりするのだ。

これって、ショーじゃん。

プロレスじゃんね。

超わざとやってる。

youtubeでも「アンチのみなさんのおかげです」と人気の理由に触れてたし。

感謝してたし。

たぶん、アンチの存在を利用して人気を獲得している自覚があるんだと思うのです。

会場を沸かすのはいつもヒールキャラ。

実はアンチは客寄せキャラなのかもしれない。

本人達は正しい事を言っているつもりだと思うけどね。

そこにあえて乗っかるショーを見せられているような気もする。

クソ真面目な奴には本気で戦っているようにしか見えないかもしれないけど、そう思わせるのがプロなわけで…。

仕事としてアンチを利用しているのかもしれない。

って考えるとやっぱりアンチは悪ではない。

考え方によっちゃ味方。

今日も誰かのアカウントでアンチが会場を沸かしている事でしょう。

いつの時代も賢い人はいるもんですな。

そっち側の人になりたいもんです。

考え方が柔軟です。

多少ひどい事を言われても「あれ?これ、活かせるんじゃね?」とか考えたら傷つかずに済む瞬間って多いよね。

生きるのは大変だなぁ。

どう考えてもなんとも思ってない人の方が多くない?

で、ここまでをまとめると、SNSでひどい事を言う人も、それをポジティブに捉えられる人も、圧倒的に少ない。

静観しているか、やってはいるけど人気のアカウントではない人がほとんど。

アンチと呼ばれる誹謗中傷チックな事を吐きかけるような奴はそもそも人気のアカウントに群がる。

でも人気なアカウントはそんなにたくさん無い。

って考えると、静観している奴が一番多いわけです。

…。

何とも思ってない人の方が多いんだよ。

でも、SNSの誹謗中傷が話題になるわけさ。

おじさんから見たらだよ?

おじさんから見たらさ、SNSの存在でさえ最新なのにも関わらず、尚且つ文句ばっかり言われるプラットフォームって認識になるじゃん。

それなのに若者や人気アカウントの所有者は使い続ける。

なんじゃそりゃ。

変なの!

嘘をついたり誰かに文句を言う事がSNSの活用法になってるじゃん。

報道だとね。

話題に上がるのがいつもネガティブな要素なもんで。

SNSが本当に「良いモノだ」と感じる時。

私のようなおじさんからすればSNSを一言で表すとすれば「炎上」っす。

はい。

ごちゃついた意見が散乱して荒れてるイメージっす。

怖いんですよ。

そんな所に足を踏み入れたいと思うわけがなかろう。

で、アンチを抱える芸能人達がテレビで「誹謗中傷を簡単に口に出来る環境だけど、ちゃんと考えるべきだ」って言ってる。

そりゃ言いたくもなるさ。

そんな事する奴は少しでも早く排除したいだろうからね。

でもそれじゃ無くならないだろう。

いいか?

こんな世知辛い世の中だからこそSNSが盛んになったんだよ。

匿名ってのは良いところなんよ。

バシッと本音を言える場ってのは良いところなんよ。

自分が求めている情報を求めている時に、今すぐに検索出来るのってめちゃくちゃ便利なんだよ。

中にはフェイクもあるけど、それでも実態を伝えるツールとしては最も早いと思うわけさ。

便利な部分や為になる情報で溢れてる。

それなのに一部のアンチをフューチャーして話題に取り上げるから変なイメージになるんよ。

アンチはごく一部。

なぜなら有名な人もごく一部だから。

フォロワーなんて関係ないよ。

例えば今地震が起きたとして、リアルな現地の情報を発信してくれる人がいれば検索出来る。

大きな価値はSNS上の「検索」にあるんよ。

フォロワーとか、いいねとか、人気とかにばっかり向かいやがって。

SNSの本当の価値はそこだけじゃねぇ。

ナウを伝えるツールって事なんよ。

そして多くの人が気兼ねなくそれを発信し続けられる事なんよ。

「今どこで何が起きているのか」

これ!

SNSで最も優れているのはここ!

だから炎上とか誹謗中傷でおじさん達に恐怖を与えるな。

むしろアンチがいない人の方が圧倒的に多いんだから怖がる事は無い。

こんなおっさんに世の中は興味がなかろう。

世界の誰かの為に、「今」を発信するのだ。

それこそSNSの最大の武器ではないのか?

最高に便利で楽しいものじゃないのか?

誰か「そうだそうだ!」と言っておくれよ。

SNSってもっと楽しくて便利なもんだろ?

小言
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました