一杯1000円以上のラーメン。高い?安い?

生活

私はラーメンが好きです。

でも、遠出をしてまで食べることはない。

好きだけど、近場のラーメン屋さんで十分満足している。

それに人には好きな味がある。

つけ麺が好きな人もいれば細麺が好きな人もいて、しょうゆ、みそ、しお、とんこつ。

好きな味は人それぞれ。

そんな中、一杯1000円以上のラーメンがある。

私は「どうしても食べたい!」って思っているものであれば払います。

価値観の差。

でも「絶対に払わない!」って人もいる。

「1000円は高くない?」って思っている人もいる。

「カップ麺で良くない?」って言う人もいると思うんです。

私は食べたいと思っていたラーメンであれば一杯1000円でも出せます。

いや、出してでも食べたいと思う。

味によっては1000円でも安いと感じる事もある。

1000円以上の価値がある味。

それなら誰も文句は言わないと思うんです。

自分が「これはうまいなー!」って思えるラーメンに出会えば、きっと「高い!」って思わなくなる。

私はそう信じている。

今回はその想いを無理やりにでも伝えたい。

スポンサーリンク

ラーメン好きだからと言って平気な顔して1000円以上出すわけじゃない。

ラーメンのスープ。

あれはお店の顔です。

何味でもスープが美味しくなきゃ話にならない。

麺だって、その他の具材だって、上を求めればいくらでも1000円以上のラーメンは作れます。

でもとにかくスープなんです。

そこにはすごくこだわらなくちゃいけない。

1000円って言われると華々しいランチを思い浮かべる人もいるかもしれない。

でもラーメンはいつもながら、どんぶりにスープと麺とちょっとした具材。

見た目はどのお店も大体一緒。

だからこそ500円から1000円の誤差があってもどこが違うのかあまりわからないのだと思っています。

ラーメン好きであればスープを一口飲めばわかるかもしれない。

でもそもそもラーメンにあまり興味が無い人からしたら、どのお店も大体同じビジュアルなわけです。

それなのにお店によって価格の差が結構ある。

幸楽苑なんて超絶安い。

具材を豪華さを求めなければ、一杯「440円」。

しかも、美味しいんです。

ラーメン好きだからと言って高いラーメンでも平気でお金を出すわけじゃない。

美味しいラーメンになら1000円を出せるっていう意味なんです。

幸楽苑の440円のラーメンは美味しい。

他のお店の1000円以上のラーメンも美味しいんです。

私は、美味しいモノにお金を払うのであって、平気な顔して美味しくないものに1000円以上出したりしない。

なんなら美味しくないモノに1000円を出すことになれば心の中で思うだろう。

「もう2度とこんな店こねー!」

って。

でも美味しくて家から近いなら、「1000円でもまた来たい!」って思う。

私は真のラーメン好きじゃないかもしれない。

でも美味しくないのに食べない。

言いたい事はひとつです。

「無駄遣いはしません」ってこと。

ラーメンに費やすお金だってとても大切に使わせてもらいます。

ラーメンのスープを作る時間を買うのです。

私はラーメンのスープを作ったことがあります。

ラーメンのスープはなぜか、なぜだか、骨を炊きます。

だから私も鶏の骨を使ったり、豚の骨を使ったりしました。

その工程はどれもめんどくさい。

めんどくさいというか、時間がかかるんです。

骨を炊いて、ダシを取る。

これって地味な作業なんです。

ただただ煮込む。

時間をかけて煮込む。

時間がかかるんです。

ラーメンの具材もそう。

ただのゆで卵が乗っかっているわけではない。

茹でた後、なぜだか、漬ける。

メンマはどうだ。

タケノコを、なぜか、なぜだか、漬ける。

麺はどうだ…。

小麦粉…。

を、混ぜて、伸ばして…なぜだか時間がかかる。

ラーメンはなんだかどれもこれも時間がかかるのです。

その時間を1000円で買う。

そう思ったら、もしかしたら安いのかもしれない。

自分でラーメンが完成するまでの全ての工程をこなすと思ったら、素直にめんどくさいのです。

一杯を作るだけでどれだけの時間がかかるのか。

って考えると、ラーメンはラーメン屋さんに作ってもらう方が自分で作るより遥かに良いんじゃないかと思いました。

もし家で、ダシから作っていったら…なんだかんだで1000円くらいになる。

そんなもんなんです。

幸楽苑が安いのは、単純にそれだけ売れる事を想定して大量に仕入れるからに決まっているんです。

材料の原価を安く出来るならラーメンだって安く作れる。

にしても、美味しいんだからすごいじゃないか。

スポンサーリンク

期待外れのラーメン。

同じラーメンとは言っても、味はお店によって違います。

当たり前。

好きな味も人によって違います。

当たり前。

だからこそあるんです。

「期待外れのラーメン」が。

そんな期待外れのラーメンに出会うとちょっとがっかりしてしまいます。

いや。

かなりがっかりする。

同じ1000円を払うならもっと自分好みのラーメンの味に払いたい。

そう思うことがある。

こういう時は本当に思うわけです。

このラーメンで1000円は高い。

スポンサーリンク

一杯1000円以上のラーメンは高いのか?

値段的に一杯1000円以上は「高い」と感じるかもしれない。

最近じゃ一食1000円もかからないことの方が多い。

もしランチなら、可能であれば500円で済ませたい。

だから「一食」で考えると高いって思うかもしれない。

ただ、ラーメンを自分で作る時間と手間暇を考えると安いのです。

ラーメンはなかなか自分の家では作れません。

それなりの材料とそれなりの時間がかかる。

それを考えると正直安いんじゃないかなって思っております。

それに私はラーメン好きです。

そもそもなんですけどね。

ラーメン好きにしてみたら、一杯1000円のラーメンなんて案外普通だったりする。

幸楽苑のラーメンも美味しいけど幸楽苑の味じゃないラーメンだって美味しい。

こないだラーメン店の入り口に並んでいたら後ろにいるグループが英語で話をしていた。

「ラーメンイズソウルフード?」

英語?って思ったけど言わんとしていることは理解しました。

そしたら一緒にいた日本人が、

「イヤー!ソウルフード!」

って。

その後すぐに「違うだろー」って同じグループの人から否定されてた。

ラーメン好きの私からしたら、

立派なソウルフードだ。

駅前に行けば一件くらいはあるじゃないか。

牛丼屋と同じようなものだと思っている。

それに美味しいと感じるものに1000円以上かかるとしてもそれは、

払う!

安くはないがな!

ってとこでしょうか。