お酒の力を借りて解放された「楽しい時間」の反動はデカい

生活

良い酒を飲むと次の日に残らないと聞いたがめっちゃ残る。

めっちゃ具合悪い。

二日酔い。

飲みすぎりゃさすがにどんな酒でも二日酔いになる。

もうお酒なんて飲めない。

二日酔いでもお酒を飲む人を見たことがある。

信じられない。

揚げ物を見ただけで吐き気。

肝臓が拒絶しているのだろう。

視界すら二日酔い。

昨晩お酒を飲んでいる時はあんなに気分がよかったのに。

あと何回二日酔いになれば後悔しなくて済むのだろう。

お酒との上手な付き合い方を覚えないといけない。

色んなところに支障をきたす事は間違いない。

仕事、人間関係。

二日酔いにならないと全く考えないけど。

だからダメなんだ。

スポンサーリンク

お酒との付き合い方を考えよう

今もフラフラしている。

気持ち悪い。

本当に良くない。

飲みすぎちゃダメ。

どうしても飲み過ぎてしまう場面がある。

もちろん楽しい時間だから飲み過ぎてしまう。

それもある。

それもあるけどお酒に酔うと基本的に気持ちが楽になる。

それもある。

高揚。

考え過ぎるのが癖みたいな人にとってお酒は救い。

考え過ぎは飲み過ぎに繋がるのかもしれない。

自信が持てない。

うまくいかない。

シラフではいられない。

そんな時。

どうしてもお酒の力を借りたいを思ってしまうのです。

お酒を飲めばなんとかなるとどこかで思ってしまうのです。

自分の事が心配です。

本当にお酒の味が好きで飲んでいるわけではない自分がすごく心配なのです。

飲み過ぎてしまう場面をどうしてもシラフでは切り抜けられない。

お酒の力で強くなろうとする自分。

ダメだ。

シラフの自分を鍛えたい。

そもそもお酒の力を借りずにすむ自分にならないといけない。

でもそれを鍛えることが出来ない。

まさにお酒の席が本当は苦手なのです。

初対面もそう、久しぶりに会う人もそう。

とにかく苦手なのです。

人に対する苦手感、それと将来の自分に対する不安。

だからお酒でその感覚を麻痺させようとしてしまう。

あんまり飲み過ぎて、今少し二日酔いの状態も良くなってきた。

やっと自分の頭で考えられるようになってきた。

そしたらやっぱり飲み過ぎたことへの後悔ばかり。

はぁ。

何度これを繰り返すのやら。

でも何とかしたい。

お酒を飲まなくてもまるでお酒を飲んだかのように振る舞える自分でいなくてはいけない。

これが最強なのです。

お酒なんて必要ない。

ちゃんと自分の脳みそで、はっきり記憶もあって、酔ってるくらいに陽気な奴になりたいのです。

だからシラフの自分を鍛えないといけない。

せっかく二日酔いでお酒を飲んでいる感覚を覚えているのだ。

陽気になった自分を覚えている内に。

その間に鍛えたい。

二日酔いの間はお酒の力を覚えている。

酒も残ってるからね。

そりゃ覚えていますよね。

なんとなく酔ってる時の高揚感を覚えているのです。

だから反省してるんですけどね。

高揚感があり過ぎても迷惑をかけてしまう事があるので注意。

二日酔いの間は記憶が残っている部分をリアルに感じられたりする。

チャンス。

お酒の力の余韻が残っている時だからこそ自分を鍛えるというか、あの強烈に楽しい感覚を自ら引き出せるように出来るかもしれない。

普段は気を使い過ぎているのかもしれないし、セーブしている部分もある。

それを上手に解放してやれるようにしたい。

お酒の力で解放させるわけではなく、自然に。

なるほど。

解放です。

キーワードは解放です。

お酒の力は解放。

縛られている心と体を解き放てるかどうか。

もちろん泥酔状態の自分はダメダメです。

もう記憶にございませんが、さぞ迷惑をかけていることでしょう。

だから上手に解放させてあげないといけない。

自分で自分を解放させてやるのです。

むしろ緩める感じでしょうか。

お酒の余韻、縛られている部分を考える。

さあ。

お酒の力で解放された自分の良い部分や悪い部分を考えよう。

悪い部分は縛り付けておいて大丈夫。

嫌われた部分とか。

迷惑をかけた部分とか。

怒らせてしまった部分とか。

解放したいのは良い部分。

楽しく話が出来た。

喜んでもらえたこと。

そういった事があったならそこだけ解放してやりたい。

もちろん自分の為に。

より良い自分の為に。

より良い自分の為とは、お酒を飲み過ぎない。

最上級はお酒を飲まない。

お酒を飲まなくてもお酒を飲んだ時の高揚感はそのままに、良い部分や楽しかった部分を引き出せること。

これです。

これが欲しい。

二日酔いの最中。

マジで喉から手が出る程ほしいのです。

それをシラフの、冷静な頭でやりたいのです。

どうしてもそうしたい。

なぜなら今、お酒を飲み過ぎて気持ち悪いから。

圧倒的な吐き気に襲われているから。

普段の生活の中で縛られているのは悪い部分だけではない。

良い部分も縛られている。

お酒を飲むと全部の縛りが緩くなる。

だから良い部分の縛りだけを緩めたい。

むしろ、解放したい。

あの感覚。

覚えている内に。

気持ち悪いけど。

なんとなくわかってきた。

普段は縛られている自分の良い部分。

自分にも良い部分があると仮定して。

その部分だけをいかにして解放してやれるか。

お酒を飲むとあまり周りの様子が気にならなくなる。

酔えば酔うほどそれは強まる。

逆か。

注意力が著しく低下する。

鈍化か。

バカになる。

そもそも頭が良い方ではない。

でも解放されるっていうのはもっとバカになるっていう感じ。

バカになるにはどうするかっていうと、周囲へ対する注意力を下げる。

全部解放した場合。

これを良い部分だけに絞る為にはどうするか。

注意力は高いまま注意力を下げる。

出来るのか。

そんなこと。

部分的に注意力を下げる。

部分的にバカになる。

良いバカになるのです。

全部バカは絶対に泥酔状態の自分です。

だから良い部分だけバカになる。

良い部分は制御が効かない程にバカになる。

良い部分だけ圧倒的にバカになる。

良い部分だけ全開放。

お酒の力を借りてもそれは出来ない。

それをやる。

 

良い部分を目いっぱい解放する分悪い部分をより縛り上げる。

 

なぜなら解放されるとその分の反動があるから。

私は知っている。

今まさに解放の反動を体で受け止めている。

力を解放すると必ず反動がある。

物理的にある。

お酒の力で解放した力の反動。

二日酔いね。

気持ち悪くなるあれ。

あれが反動。

ってことはやっぱり一時的にでも解放されてたっていうこと。

だから今気持ち悪くなってる。

となると自ら良い部分だけを解放したとしても、

 

必ず反動がある。

 

先にこの反動を何とかする事を考えるべきだと思うのです。

お酒を飲み過ぎても気持ち悪くならない方法があるならそうするでしょ。

でもそれは出来ない。

全開放だから。

「飲まない」しか反動を抑えられないわけです。

でも思った。

考えた。

良い部分を解放しても反動があるならその反動を悪い部分をさらに締め上げる力にする。

つまりですよ。

 

自分の悪い部分を圧倒的に封印する。

 

極端に悪い事をやめてみる。

そうするとどうなるか。

 

良い事しかしなくなる。

 

ほら。

解けた。

力を解放する為には反動を伴うのです。

だから良い部分を解放する時の反動で悪い部分を圧倒的にぶっ潰す。

良いバカになる。

良いバカになる為には悪いバカをゼロにする。

それだけ。

自分の悪いところ。

ちょっと考えてみました。

酔うとどうしても出て来てしまう自分の悪いところ。

それを徹底的に縛り上げる。

意図的に縛り上げていくわけです。

そうこうしている内にきっと良い部分が増えていく。

悪い部分が封印されていく。

良い部分の反動を目いっぱい利用して悪い部分をふっとばしちゃおう。

それが出来ればきっと自分は最強の良いバカになれるかもしれない。

 

お酒なんて飲まなくても楽しく過ごせるようになるかもしれない。