人付き合いが苦手と感じるからこそ出来るオリジナル

人付き合いが苦手と感じる 人間関係

何から話せばいいだろう。どんなリアクションをすればいいんだろう。どんな顔をすればいいんだろう。とにかく人付き合いが苦手だ。

そう思う瞬間は相手と自分の考えが違うんじゃないかと感じた時だったりする。または家に帰って今日起きたを思い出した時。

自分は人付き合いが苦手だ。

でも「人付き合いが得意な人」は「人付き合いが苦手だと思っている複数人」が作った存在だったりする。

それでも人付き合いを続けていかなくてはいけないという現実。意外にも自然体でいた方がうまくいくこともある。

言いたいのは「あなたは人付き合いが苦手ではないんだよ!」という事実。

ここで紹介するのはその理由だ。

人付き合いで悩めば悩むほどあなたは「人付き合いが苦手ではない」という事実を感じて欲しい。

スポンサーリンク

1.人付き合いは無理をすると悪循環

人付き合いは無理をするとそのまま次に持ち越される。つまり一度無理をすると次も無理をしなくていけない状況になるっていう悪循環。

でも今更変えられるわけがない。そんな声。聞こえます。すいません。

だけど自分の事を大切にしてほしい。

これからずっと無理を続けることよりも一度の勇気で自分を大切に出来るなら変えよう。

どうせなら驚くほどガラっと変えてしまう方がいい。

本当はいつも「あんたに合わせるの疲れるんだよ!」と言いたい。わかります。言いたい。

妙にテンションが高い奴もいれば全くと言っていいほどリアクションしない奴。見当違いの事を言ってくる奴もいればいつもイライラしてる奴もいる。

いろんなタイプがいすぎて正直どれに合わせるのもめんどくさい。

でもやっぱりいきなり自分らしくというかこれまで合わせてた部分を変えるのは難しい。考えたけどやっぱ無理。

その気持ちわかります。むしろ尊敬します。普通は無理です。

基本的に気ままに人付き合いをした方が楽です。幸せを感じます。当たり前です。

これからの自分や現状を考えた時に

「ガラッと変えるのは違う!無理だ!」

と言われたら。

「そうですよね。」

って言ってしまう。

だって無理なものは無理だし。現実的に急に性格が変わったようになるのはリスクしかない。

じゃあどうしよう。

スポンサーリンク

2.人付き合いの価値はあなたがどう見られるべきなのかで変わる

ガラッと変えるのも。ガラッと変えないのも。会う人や話す人によって対応を変えるのも。

全部正解だと思う。

今人付き合いが苦手だと感じているのはどうしてだろう。

一生懸命自分の立場や自分のプライドや自分○○○を守ろうとしているからではないだろうか。

それのなにがいけないのかがわからない。

むしろ頑張っているとまっすぐ褒めたい。今週のMVPだ。

今はこれまでの人付き合いに疲れているかもしれないしいっその事気ままな自分の考えに従いたいと思うかもしれない。

確かにそうだ。仕事の成果や結果じゃなく。とにかく人付き合いを頑張った。ただそれを決めるのが自分じゃないだけだもん。

今あながいる状況の中、自分で判断して人付き合いをしている。むしろ合っていると思っている。

でも逆に疲れてしまったり、結果的に逆効果になっているような気がした時。

「人付き合いが苦手だ。」と感じる。

でもあなたの選択は今の自分がやるべきことや守るべきことを重視した結果だと思う。

だから正解なのだ。

さっき言った「ガラッと変えるなんてできねーよ!」もあなたが今やるべきことや守るべきものがあるからこその選択。

間違ってない。それに苦手だなんて思わないでほしい。

褒められるべき苦悩。称えられるベきだ。

じゃあどうすればいい。

スポンサーリンク

3.人付き合いが得意な人は「自分は人付き合いが苦手だ」と感じている人が作る

人付き合いが得意な人にはどんな特徴があるだろうか。

  • 明るい
  • 話しやすい
  • 相談に乗ってくれる
  • アドバイスをくれる
  • 誰にでも同じように接する
  • 独特な雰囲気がある
  • 自分には出来ないことが簡単に出来る

まだまだある。まだまだまだある。

だって一人一人が思う、人付き合いが得意な人だから。

あなたが思う。人付き合いが得意な人。

それは世界的に見て本当に人付き合いが得意な人だろうか。

もしかしたら、あなたひとり、または数人、数十人ほどが「人付き合いが得意な人」と勝手に決めた評価ではないだろうか。

逆に言えば、

あなたは本当に人付き合いが苦手だろうか。

それって誰が決めたのだろうか。

得意な人を作るから苦手な人が出来上がるのだ。

もちろん他人と比べることで成果が上がる物事も数多くある。

でも「人付き合い」は比較するべきだろうか。

今自分が置かれている状況や環境で精一杯人と付き合っていく選択をしているのにさらに比べる必要があるのか。

そんなことしてたらマジ超疲れませんか。疲れちゃうよ。ツカレチャウヨ!

じゃあどうしようか。

スポンサーリンク

4.今の自分にとって必要な人付き合い

あなたにとって今必要な人付き合いはいくつあるだろう。

  • 友達の○○さん
  • 取引先の○○さん
  • 同僚の○○さん
  • 先輩の○○さん
  • 上司の○○さん

それと家族。恋人?そのくらいじゃないだろうか。だいたいこのくらい。

せめてその人達とは自然体で付き合いたい。

他で無理をしている分その人達とくらいは自然体でいたい。

むしろ本当に必要な人たちには自分が自然体でいられることを伝えてもいいだろう。

案外喜ばれるから。

「自分といる時は特別自然体でいてくれる。」「安心してくれている。」

そう思うものだ。

特別視されることを「それだけは!私だけ特別扱いは!無理だわぁ。」と嫌がる人はそんなにいないだろう。

むしろ愛だと感じてもらおう。

となると、

あなたはもう人付き合いが苦手ではない。自然体でいられる相手がいるからだ。

「今はそばにいてほしいけど一人にもしてほしい」

それすら理解してくれるほど自然体でいられる相手がいるともっと安心するなぁ。と私は嘆く。これはつい漏れ出した個人的な感情です。

じゃあそれ以外の相手とはどうする。

スポンサーリンク

5.無理をするべき人付き合い

無理をするべき相手は存在する。

とても残念に思えるかもしれないが絶対にいるのだ。

これからの自分の為にも無理をする瞬間は必ず必要。

全ての人と自然体でいるなんて・・・。とても難しい。

でも始めに一度無理を続けたらこれからもずっと無理を続けるべきだって言いました。すいません。訂正します。

一生無理を続ける必要はない。

むしろ無理をすることで「自分にとって必要な人付き合い」に変わることもあるからだ。

自分にとって必要な人付き合いに変わればきっとあなたの本心を話すきっかけは生まれる。

長く無理をし続けていく中で相手にとってもかけがえのない存在に変わっていく。

あなたの価値は相手にとってバブル。とても贅沢な存在に変わる。

そうなれば自然体になっていくものだ。

それこそ自然にそうなっていく。

一度無理をすればその無理を続けなくてはいけない悪循環は生まれるかもしれないがそれは永久ループではない。

むしろ螺旋階段だ。

ぐるぐる回っているようで最上階へ向かっているのだ。

誰とでもそういう関係を求めるのは違うと思うが、頻繁に付き合わなくてはいけない相手とならきっと最終地点は自然体。

支え合える関係。お互いに利益がある関係になれるならこれまでの無理は報われる。

自然体という称号を手に入れるのだ。言い回しが雑ですいません。

スポンサーリンク

6.人付き合いが苦手だからこそオリジナル

こうなると人付き合いが得意な人よりも苦手と感じる人の方がオリジナルだ。

いい意味であなたにしか出来ない人付き合いが完成する。

苦手だからこそ生まれるオリジナルだ。

自分らしさというのが確立していればもう苦手という感覚もなくなっているのかもしれない。

あなただけの人付き合いの方法があればもっと「違うこと」に目を向けられるかもしれない。

「違うこと」とはあなた自身の幸せだ。

人付き合いに苦悩している時間が少なくなればなる程あなた自身をもっと大切にする時間が増える。

あなた自身を大切にする時間が増えれば未来はもっと楽しみになる。

言い過ぎですか。そうですね。

スポンサーリンク

7.まとめ

あまりまとめとして書くことがなかったのですがアドバイスされまして。

「まとめがあった方がいいと思うよ。」と。理由は聞きませんでしたが。

人付き合いが苦手という人は結構多いと思います。実際に私もそうですし。

でも「人付き合いが苦手」と感じる瞬間は無理をしている時だったり人間関係がうまくいっていない時だったりする。

そうなるとやっぱり悩むし、なにか良い方法がないかなって思う。

結局自分で何とかしなくちゃいけないこともわかってはいるけどアドバイスもほしい。でも自分で決める。

そうこうしている内に人間関係が回復したりする。そしてまた同じようなことで悩む。

繰り返していく内に自分では気づかない小さな変化が起きている。はず。

その積み重ねでしか解決策がないっていうのなら。

やるしかない。と思う時もあれば、じゃあいいやと思うこともある。

その選択の繰り返しこそが螺旋階段。

決して同じ過ちを繰り返しているわけではなくて、小さな変化が過ちを少なくしてくれている気がする。

でも自分では気が付かない。

人付き合いは余計にそうさせるというか初めからうまくいくパターンの方が少ない。

だからこそ傷ついたり、傷つけたりし合って小さく変化していくものだと思う。

同じ人とずっと仲良く付き合っていくのは本当に難しい。

でもお互いがいろいろなことを経験した状態で会うと案外いきなり意気投合したりする。

「幼なじみでずっと一緒にいる」も素敵だが「付き合いは1年未満だけど親友のような関係」も同じように素敵だ。

それはお互いが様々な経験をして出会ったから。分かり合える条件が多くなる。

そんな複雑な関係も普段の人付き合いがあってこそ。結果的に人付き合いは苦手ではなくなる。