「断れない人」からの卒業〜イエスマンからの脱却〜

メンタル

ピーンポーン!

「はいー。」

「〇〇新聞ですー!」

「結構でーす。失礼しまーす。」

こんな感じでハッキリ簡潔に簡単に断れればいいのに…。

相手も営業で頑張ってるわけで…。

なんか申し訳ない。

そんな性格の人、損してます。

私を含め、優しいけど、損してます。

なので、一刀両断しましょう。

断れない自分をぶった切って変えていこうじゃないか。

「断れない人」から卒業しよう。

イエスマンから脱却しよう。

このまま読み進めていけば、断る事が普通になるし、ノーがハッキリ言えるようになる。

なるー!

スポンサーリンク

相手の事を考え過ぎ。

見ず知らずのセールスマンに「すぐに断ると申し訳ない」と思う人。

なんて優しいんだろう。

その優しさをもっともっと自分の家族や身近な人に注げば何か良い事が起きような予感。

そんな事を言う私は「冷たい奴」だと思われるかもしれないが、構わん。

冒頭でやってきた新聞の営業に興味のカケラもありません。

もし今「どの新聞と契約するか迷ってる」なら話を聞いたかもしれない。

比較対象に役立ったかもしれない。

でも今の私は「ネットがあるから新聞なんていらない」と思ってるし、ランニングコストが増えるのはネガティブでしかない。

なので、断る。

いや、「断る事がすでに決まっている」と言った方がいい。

それなのに相手の事を考えて一旦話を聞くもんだから、断るタイミングが掴めなくなる。

なんでか。

相手が「セールスマン」だからです。

それが仕事だし、結果的に自分の成績になって給料が上がるかもしれないんだから「話を聞いてもらえそう」となれば断りにくい空気を作って畳み掛けるでしょ。

あなたは相手の事を考える優しい人。

相手はあなたの事ではなく成績を考える人。

だからセールスマンって仕事が成り立つんです。

話を聞いてくれる人を探しているのがセールスマン。

断りたいけど断れない人に対してビジネスチャンスを感じている。

相手は仕事です。

自分の為にやってます。

だからあなたはそこで相手のこと考える必要は無い。

呼ばれてないのに来てる相手に対して敬意を払う必要など無い。

いきなり「帰れー!」とか言うのは人としてどうかと思うけど、普通に「いらないのでお帰りください」と言うのは自然な事です。

めんどくさかったら「出るのもめんどくさいから」って理由で居留守を使ってもいいんです。

だって、招いたわけじゃないんだから。

それが普通でしょ。

私の中で「呼んでないのに来たセールスマンに敬意を払わない」は真っ当なリアクションだと思っている。

相手の事を考え過ぎてしまう人をセールスマンは狙い撃ちしています。

話を聞いてくれれば契約が取れる可能性が上がるんだから。

あなたとセールスマンは人に対しての見方が違う。

だから成り立っちゃうんです。

セールスマンが来たらセールスマンと同じ見方をすればいい。

興味が無いのにそいつの話を聞くメリットはあるか?

相手は自分のメリットの為に話してるんだぞ?

こっちのメリットは無視するか少しでも早く帰ってもらって無駄な時間を減らす事だ。

秒速で断ればお互いにとってありがたい。

私はそもそも新聞なんて要らないのです。

だから秒速で断る理由を持っている。

断るのがめんどくさいなら相手が何のセールスマンか確認して居留守を使う。

だって要らないんだもん。

秒速で断られたのにそんなに粘るかね?

全く空気が読めないアホじゃなけりゃ次に行った方が良い成績を残せると考えるでしょ。

セールスマンにとっては契約する気がない奴と話すよりも次でその可能性を持った人と出会う方が成績は上がるんです。

もしあなたがどうしても相手の事を考えてしまうなら相手の為にも秒速で断ってあげてください。

その方が相手の為になるんです。

断る事が決まっているのにわざわざ話を聞く方が迷惑です。

時間を費やしても契約出来ない相手と話してもしょうがない。

その優しさのおかげで誰かに迷惑をかけてしまうなんて変な話じゃない?

だから、秒速で断る。

それこそセールスマンに対しての真の優しさなんです。

「サクッと次に行って頑張れ!」とは言わないけど、興味がある人に向けて話す方が単純に契約は取れるんですから。

契約する気が無いあなたと話す体力を契約する気がある人と出会った時の為に温存させてあげてください。

それも優しさです。

断るだけであなたは気を揉む必要が無くなり、相手は結果を出せる。

秒速で断るのはお互いにとってありがたいんです。

それでも粘ろうとするアホには多少キツめに「いらん。失礼します。」で扉を閉めちゃおう。

それもまた、優しさなのだよ。

「考えてみる」は一切不要。

久しぶりに友達から誘われたりすると断りづらい時ってありません?

「お茶でもどう?」とか「飲みに行かない?」とか。

そんな時に優先すべきは「今」の気持ちです。

今からでも行きたいかどうか。

でも「せっかく誘ってくれたから」って理由で行きたくないのに「考えてみる」と伝えて一旦電話を切ったりする。

今行きたくないのに「考えてみる」ってよく考えたらおかしいんです。

ちゃんと伝えるなら、「今は行きたくないけど行きたくなったら自分から連絡するよ!」です。

予定が無くても行きたくない事だってあるでしょう。

逆に行きたければ予定があっても調整するでしょう。

「考えてみる」は相手にとっても予定がわからなくなるから迷惑です。

それならまだその場で断った方が良い。

答えは出ているのに「考えてみる」と引っ張って、その後に「やっぱり行かない」って断った方が相手は「なんだよー」って思います。

その場で「行かないよー」と断ってくれれば「じゃあまた次にでもー!」なんて言って切り替えられる。

ヘタに引っ張る言葉。

それが「考えてみる」です。

相手は「行く」か「行かない」を知りたいだけなんだから合わせてやった方がいい。

「考えてみる」は大体行きたくないのに相手の事を考えて出てくるその場凌ぎの言い訳です。

全部じゃないとは思うけど。

だって行きたかったら速攻で「行くー!」って言うでしょ。

逆に誘う側の人もこれを見ているなら伝えたい。

「考えてみる」と言われたら「じゃあ次回また誘うね!」と返してくれまいか。

気を使う人にも気を使ってほしいものです。

とは言ってもそう上手くはいかない。

だから気を使う方が変えていかないと。

「行く?」「行かない?」の問いに「考えてみる」はテストを白紙で出すのと一緒。

0点です。

本当は今の気持ちに正直になれば良いだけ。

本気で考えてみるなら「明日電話する!」とちゃんと期限を自分で設けて伝えてあげてください。

行きたくないなら「今は行きたくない。もし行きたくなったらこっちから連絡する。ありがとう!」で良いんじゃないだろうか。

考え過ぎて「考えとく」という答えを出すとお互いの時間を奪ってしまう。

断る時はちゃんとその場で感じた通りに伝える。

それも相手への思いやりです。

優しさなんです。

迷わない努力。

普段から自分の行動に迷いがあると、いざという時に決断が出来なくなります。

決断が出来ないと誰かの判断に頼らざるを得なくなる。

指示があるまで「待て」を続ける飼い犬みたいになる。

一見頭が良さそうに見えますが、待っている間に何者かに飯を奪われたらどこに怒りをぶつける?

飼い主?

自分で言う事を聞いて待つ選択をしたくせに飼い主のせい?

犬同士でそんなことになれば飯を奪った側とバトルになるかもしれないけど、自分で「今食うぜー!」って判断をして食べちゃえば奪われる事はなかった。

逆に「飼い主に従う」と自分で決断出来れば争う事もなく、諦めもつく。

迷っている内に奪われるから取り戻そうとしたり諦めきれなかったり誰かのせいにする。

自分で取った行動なのに結果次第で感情が変わっちゃうんです。

それは迷いがあるから。

まずは迷いを無くす努力をしなくちゃいけない。

迷いが無くなれば自分の行動全てに責任が持てるようになる。

「自分で選んだ!」としっかり意識出来るようになる。

そこで失敗すれば素直に反省出来る。

誰のせいにもしない。

断れないのは迷いがあるからなんです。

なんでもかんでも「イエス!」にしたら考える事を辞めてるようなもんだけど…。

両方ともダメ。

まずは迷わないで自分なりの答えを素早く出せるようにする。

普段の生活の中でも細かい迷いは多々ある。

風呂場で「先に顔を洗うか頭を洗うか」みたいな迷い。

それもしっかり決断する。

「今日は!頭からだー!」って。

迷わなくなればその後の行動は早い。

「どっちにしようかなー」ってずっと考えていれば風呂の時間は長くなる一方だ。

のぼせるぞ。

迷いが生むのは「無駄な時間」です。

迷わない努力を続ければ徐々に「断れない人」から卒業出来るし、「イエスマン」からの脱却も出来る。

いつも突然訪れるんです。

ピンポーン!と家に訪れるセールスマン。

「今度遊びに行かない?」の電話。

それらはいつも突然です。

準備をして待つことなんて出来ない。

準備のしようがない。

だから普段から迷わない努力を続けていなければまた考えてしまう。

如何なる時も、迷う時間を短くし、決断する。

それを繰り返す。

断る事が正しいわけではない。

常にノーと言えるのが正解じゃない。

1番正しいのは「意識しなくても」自分が納得出来る答えをすぐに出せる事です。

自分の意思に従って迷わずに秒速で決断出来れば断っても断らなくても良いし、イエスだろうがノーだろうが構わない。

重要なのは、自分が納得出来る答えを常に出せているかどうか。

そういった分かれ道に立たされるのは何故かいつも突然なんです。

突然だから迷ってしまう。

でも秒速で決断する。

日頃から突然現れる目の前の選択肢に対していつも秒速で決断するようにしよう。

そうすればいろんな迷いから解放される。

その延長線上に「断れない人からの卒業」が待っているんだと思います。

私は昨日、後輩からの誘いに、一度は「考えてみるわ」と言ったけど、その後すぐに修正して、日付けを決めて前日に場所などは決めると言って切りました。

ちょっとは決断が早くなったのかな。

人は突然変われない。

でも意識しなきゃ、一生変わらない。

メンタル
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました