「告白が成功する」が手に取るようにわかるシチュエーションを作り出す

恋愛

告白を成功させようと思えば思う程「大丈夫かな?」って考えてしまう。

告白の成功っていうのは相手と好き同士であるっていうことの確認の儀式みたいなもの。

そんなに改まって告白しなくても「相手と好き同士である」って確認出来るんじゃないだろうか。

もうこうなると裏技なようなものだけどその確認が完了してからの告白でもいい気がする。

儀式的なものを断られるってなんかショックじゃないですか。

だったら絶対に成功するってわかっている状態で告白したいって思う。

告白して、断られてから始まる恋っていうのもなんか通な気がしますけど、あれば強靭なメンタルが必要になりますし、正直それに耐えられる気がしないんです。

むしろそんなに自分を追い詰めるタイプじゃないし、結構本気で凹む。

冗談でっていう前提を作ってダメージを予め減らしても断られると凹むから。

だとしたら間違いなく「好き同士」っていうのを確認してからの方が良いんじゃないかなって思うわけです。

自分を大事にしてあげたい派なので。

だから告白が成功するかわからないでドキドキしながら恐怖で眠れないっていう夜が来ないようにあらかじめ確認をしながら間違いなく告白が成功するように仕込んでいこうじゃないか。

スポンサーリンク

褒められて嫌な気持ちになる人はそんなにいない。

絶対っていうわけじゃないんですけどね。

だってめちゃくちゃ嫌いな人から褒められてもあんまり嬉しいって感じないでしょ。

だから褒めてみたらいい。

好きな人を褒めるのって超簡単。

だって褒める部分が多過ぎるくらいに好きなんだし。

「可愛い」「かっこいい」「おしゃれ」「優しい」「思いやりがある」「頼りがいがある」

まだまだあるでしょ。

好きな相手について思っていることはたくさんあるんです。

嫌な部分が先行しているような状態じゃ好きになれないでしょ。

だから良い部分を褒めるのは超簡単。

お手軽。

そして少しでも好意を持っている相手からそれを言われると照れちゃう。

だって嬉しいじゃん。

こっちが好意を持ってる人から褒めてもらえるって。

最高に嬉しいじゃないですか。

だからもし褒めるならちゃんとそのリアクションを見ておいてください。

凝視する必要はないけどね。

あんまり見てると気持ち悪いし何か考えているのもバレちゃうので。

褒めてみて、素直に嬉しそうなリアクションだったり、なんて照れてるなら好き同士になってる可能性はある。

ただ、

「そんな事ないって~w」

みたいなリアクションも「嬉しい」に入るから。

照れ隠しだ。

可愛いね。

「褒める」を乱発すると胡散臭いから注意。

あれもこれも褒めれば喜んでくれるって思うと乱発してしまいそうだから注意。

あんまり褒めると胡散臭いんですよ。

嘘っぽいんですよ。

だから最高に褒めたい部分を一つだけにしときましょう。

褒めてくれる人に好意を抱くっていうこともあるんです。

そりゃそうですよね。

なんか褒められるって気持ちがいいじゃないですか。

鼻が高い気持ちになります。

偉そうな素振りをしたくなります。

「えっへん!」

ってやつです。

だけど乱発すると

「嘘くせーなおい」

ってなる。

だから一回につき、褒めるのは一つ、一度だけにしてください。

リアクションを見逃すな!

稀に恋愛慣れしていてリアクションがどっちなのかわからない人がいる。

褒められる経験が豊富な人ってリアクションをする事に慣れていて、正直どっちかわからないっていうことがあるんです。

こればかりは単純に「モテる人」が該当する。

もしあなたが好きな相手、告白したい相手が、やたらモテる人、他にも良い寄られている人がいそうなタイプ。

そういう人ならリアクションには期待出来ない。

照れてる風。嬉しい風。

素直なリアクションをしていない可能性がある。

だからもし好きな相手がすごくモテる人。

常に誰か恋のライバルがいるような人だと判断が難しくなる。

「可愛い」とか「かっこいい」とかはもう響かない可能性が高い。

そういう人には褒める部分にテクニックが必要だ。

というか基本的にうわべを褒められるよりももっと深い部分を褒められる方が威力がある。

つまり恋愛テクニシャンでも素直なリアクションが取れるように褒めればすべての人に応用が利くってこと。

常に応用出来る褒め方を知っている方が告白成功への近道になるんですね。

いつも相手に自分の事を想ってほしいわけですよ。

出来れば片時も忘れてほしくないんです。

それなら忘れられない褒め方をするのがベスト。

うむ。

人に話したくなるような褒め方をすると良い意味で忘れられない。

だって人に話している時ってあなたの事を考えているわけじゃないですか。

そうなると長い時間あなたの事を考えるきっかけになる。

新鮮なリアクションを見る事が出来て、今まで以上の嬉しさもあって、尚且つ人に話をしたくなる褒め方。

最高かよ。

「かっこいいって言われたんだー」

とか

「可愛いって言われたんだー」

とかって

誰かに話したいって思いますかね?

ちょっと恥ずかしくない?

自意識過剰だと思われそうで人に言いづらいんです。

嬉しいけど言いづらい事を褒めても一瞬の輝き。

永遠に輝く褒め方をした方が後々その効果は威力を増す。

その威力は間違いなく最大の効果を引き出す。

そして告白も成功へと導く。

むしろあなたが忘れられない存在になる。

そのくらいの攻撃力。

経験したことのない喜びから少し戸惑うくらいの衝撃。

だからあなたのことが忘れられなくなる。

人に話したくなる。

そしてもっと好きになる。

最高かよ。

どんな褒め方か気になるじゃないですか。

簡単に説明すると。

世界一その人にしか似合わない褒め方をしよう。

ってことなんです。

そんな褒められ方をするのは長年連れ添った夫婦くらいのものです。

そのくらい貴重だし、そのくらい相手の事を考えているっていう報告も出来ます。

というかそれが必殺ブローになります。

後々告白を成功させる為に必要なんです。

好きな相手にライバルが多くてもここで差をつけられるし、今後もずっと残る褒め方になるんです。

自分の存在を更に印象づける事も出来る。

「可愛い」とか「かっこいい」とか「優しい」とか誰でも当てはまるような褒め方ではないんです。

好きな相手だからこそ良く見ているはずなんです。

それは好きになった瞬間から今日までの間で感じた全てを織り交ぜて、さらに未来を予想させる褒め方なんです。

例えば、

「かっこいいね!」

っていうよりも、

「出会った時は見た目だけかなって思ったけど誰でも大切にするのに言いたい事ははっきり言えるところは尊敬するし、真面目過ぎて心配になるけど一生懸命自分や周りの事を考えてる。今考えたらこれから先はもっともっと良い意味で変わっていくんだろうなって思った。全部ひっくるめてその才能が最高にかっこいい。」

の方が印象に残る。

ちょっと詰め込み過ぎ感はありますけどね。

そのくらいその人だけをピンポイントで褒めてあげないといけない。

そうやって言われたらただ「かっこいい」って言われるよりも印象に残る。

印象に残るどころかすごく自分の事を理解してくれている上で真剣さも伝わる。

そこまで真剣な褒めかたをしてリアクションを取らないわけがない。

リアクションを取らないと申し訳ないレベル。

そしてすごくうれしいはず。

ただの「かっこいい」じゃない。

「才能までかっこいい」って言ったら誰かに言いたくなるでしょ。

そんな褒められ方は滅多にしないはず。

普段の生活の中でそこまでの会話にならないはず。

だからこそそこまでやってみてください。

間違いなくその印象は好印象なわけです。

そしてそのリアクションで今自分の事をどう思っているのか判断してみてもいいと思う。

そこでどんなにリアクションが良くてもまだ告白はしない。

確実に告白を成功させることがメインだから。

これはまだまだジャブです。

好きになってもらえるようにする当たり前の段階です。

告白が成功する可能性を100パーセントにしたいのだ。

絶対に告白を成功させる為に告白しない。

だって成功させたいんでしょ?

じゃあそもそも告白しちゃダメなんです。

告白してもらえるくらいの特別を相手に与えていかないといけない。

その結果相手が告白をしたくなるところまで気持ちを高めていかないといけない。

「好きだ!告白したい!」

って思わせていかないとダメなわけです。

「絶対に自分からは告白しない!」

って思っている人でも告白させないといけない。

告白してもらえればこっちからも告白する。

そんなの成功に決まってる。

その為にも多くの特別を相手に与えていかないといけない。

それはもちろんプレゼントを与えるっていうこと。

欲しいものを渡す。

当たり前かもしれないです。

好きなんだから。

でもね、これだけじゃダメなんです。

またプレゼントと聞いて簡単に品物を想像してしまうでしょう。

これも相当特別なプレゼントにしないといけない。

さっきの「褒める」と全く一緒。

世界一その人にしか似合わないプレゼントを渡そう。

どういうこと?

って思うじゃないですか。

やっぱり不透明じゃないですか。

でもね。

あるんです。

品物なんて誰でも買えば渡せる。

買えるものだけであなたが特別な存在になれるなんて思わない。

お金持ちアピールだけをしてもそれ以上の価値を見出すのは難しい。

最も大切にしたいって思うプレゼントがあるんです。

それは「あなたと一緒に過ごす未来が幸せだって想像出来る事」なんです。

あなたと一緒に過ごす日々に物品以上の価値がある事を見せつけることです。

それなら相手との立場は逆転します。

あなたに告白をするべきだと思うんです。

だって一緒にいる未来が幸せしか想像出来ないんですよ?

そんなのずっと一緒にいたいに決まってます。

これからずっと幸せでいる事が想像出来るのはあなたとの未来だけなんです。

そんな相手を手放したくないでしょ。

だから告白するんです。

お付き合いしたいって思うんです。

誰にも渡したくないんです。

その為の伏線が褒めることだったりプレゼントを渡すことなんです。

伏線はすべて告白で回収される。

実際に告白されるまでその伏線は回収しない。

絶対に告白を成功させるまで回収しない。

ここまでの伏線を回収する時は相手の告白を誘い出した時。

誘い出したなんて言ったらさすがになんか申し訳ない気持ちになりますけど間違いなくそれに向けて頑張ってきたはずなので告白されたら作戦成功と言えます。

そしてもし告白されたら全力でやってほしい事があります。

必ずやってください。

それは、

あなたが改めて告白をするということ。

相手が告白してくれたとしても、それですぐに「はい!喜んで!」って言ってしまったとしても。

ちゃんと

「自分からも伝えたい事がある」

って切り出してください。

そして今まで伝えてきた事、それも含めてずっと好きだった事、これからも好きでいる事。

全部伝えてください。

たとえ、作戦がうまくいって、相手が告白をしてくれたとしても、

その告白以上の言葉で必ずお返しする。

最高の告白をしてください。

告白されたからと言って優位に立つわけじゃない。

誰よりも好きだからこそちゃんと伝えたい事を全力で伝えてきた結果なんです。

そもそも自分の方が好きだった事も全て伝えてください。

恥ずかしくないです。

だって大好きな気持ちがそうさせたんですから。

相手が告白してくれたなら間違いなく成功する。

そしてそれが告白の合図。

告白までの距離が長く感じますか?

でも実際に告白しようって思っているならその距離はもう後少しなのかもしれません。

世界一その人にしか似合わない褒め方をして、世界一その人にしか似合わないプレゼントを渡す。

本当にそれだけなのかもしれません。

だってどうせ告白するなら絶対に成功させたくないですか?

いんや。

成功させましょうよ。

そこまで相手の事を考える事が出来るのはあなただけです。

だから必ず幸せになりましょう。

その幸せの入り口は告白を成功させることなんです。

まだ入り口にも立っていないんです。

幸せのゲートをくぐってもいない。

始まってない!

まだなんも始まってない!

そんな入り口の告白も成功しないなんてあんまりだ!

だから成功させましょう!

成功させるまでにかけた時間は絶対に無駄にはなりません。

むしろすんなり成功する方がなんだか先が不安に感じるかもしれない。

だったら大好きな気持ちを上手に利用して相手にも心から好きになってもらおう。

お互い「好きで好きでしょうがない!」ってなった時。

幸せのゲートを「せーの!」でくぐればいい。

互いに告白なんて最高のシチュエーション。

もうテレビショーだよ!

恋愛
この記事を共有する
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

お見苦しい点が多々ある私なりの文章をここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。改めまして、執筆者のdaimaruです。

この度、DONGURILOGという日記サービスを共同運営させて頂く事になりました。

シンプルに伝えると、「みんなで日記を書くスペース」になります。

かれこれ数年このブログを続けて思った「ひとりで更新し続ける難しさ」を解消しつつ、多くの価値観を共有しながら楽しめる場所です。

まだ始まったばかりのチャレンジではありますが、多くの方に使って頂きたいと思っています。

ここまで私が書く、しがない文章を読んで頂き、目もお疲れかと存じますが、どうか、最後に、私の渾身のワガママを聞いて頂けないでしょうか?

無理なお願いをしているのかもしれません。

でも、「日記を書く」には多くのポジティブな効果があります。今日一日を振り返るだけで多くの気付きがあります。

じらしてすみません。

一緒に日記を書いて頂けないでしょうか?

私は多くの人と日記として記録を残す毎日を過ごしたいと思っています。

そしてそれがきっかけで多くの人が救われる瞬間があるんじゃないかと思っています。

私が求めているのは募金や署名ではありません。

シンプルにあなたが持つ価値観や考え方です。

本来「日記を書く」は一人で行う趣味的な存在なのかもしれませんが、それを多くの人と同じスペースで書く楽しさを大声で主張したい。

「うおー!」です。

是非一緒に、DONGURILOGで、日記を書きましょう!

自分の為になり、誰かの為にもなる。

そんな最高のスペース作りにご協力ください!宜しくお願いします!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました