クズ野郎のおかげで発見出来たユートピア

人間関係

「あいつマジで〇なねーかな!」

って思った事が何回あるだろうか。

生きてりゃ気にくわない奴やムカつく奴に必ず出会う。

でも社会ではそんな奴らを排除しようにも「手を取り合って生きていこう!」が当たり前で、そんな事をしたら罰せられるんです。

法律でね。

こんな事大々的に言っちゃいけないのはわかってるけど、私には少なからず「コイツに価値なんかあるのか?」と疑問に思う奴がいる。

学生の頃にはクラスに1人はいたし、街を歩いていれば目に付くし、仕事をしてても必ず1人は出てくる。

完全に自分を棚に上げて言っていますが、「コイツなに?マジでぶっ飛ばされてーのか?頭おかしいのか?」って奴がいるんです。

誰かに迷惑をかけるクソガキも、人をアゴで使う会社のアホも、人を人として扱おうとしないバカな権力者も、本気で居なくなってくれないかと心から願ってしまう。

デスノートがあれば真っ先に書きたい名前はすぐに出てくるんですよ。

過去の思い出の中にも必ず出てくる嫌な奴。

思い出すだけでムカついてしょうがない。

自分が善人だとは思ってないけど、法律で裁かれていない圧倒的に「悪な奴」がわんさかいる。

それでも社会は「仲良くやっていこうね!」ってルールなんです。

協力するのが思いやりなんだとさ。

私はクズ野郎に情けをかける程心が広くない。

デスノートがあれば真っ先に使う。

別に闇落ちしたいわけじゃないです。

デスノートなんて本当は使いたくない。

毎日楽しく、ストレス無く、無理な人付き合いもせず、幸せに暮らしたいだけ。

それが理想。

今回はそれを邪魔する奴らと付き合わなくちゃいけない社会で、どう生きれば少しでも理想に近づけるかって話です。

スポンサーリンク

学校でクズ野郎に悩まされてるなら。

どこの学校でも1人はいるだろうクソガキにクソ教師。

仲間に迷惑をかけたがったり、先陣切って暴力を振るう本当は寂しいだけで愛情表現の仕方がわからない歪んだクズ野郎。

私はクラスに1人でもそういう奴がいると学校に行きたくなくなる。

そいつに怯えたり存在を気にする時間がもったいない。

本当はそのクズが学校に来なきゃ済む話なのにどうしてか来る。

来なくて良いのに来るんだからこっちが行かない選択をすれば良い。

親になんて説明する?

「嫌な奴がいて、そいつを意識している時間がもったいないから家で勉強したい。」

普通に説明すれば良い。

居心地の悪い場所があって、そこに一日中缶詰にされてるストレスは最悪だろう。

先生にも同じ様に説明すればいい。

「ただ行きたくない!」と言って意味深に拒絶し続けるとみんなが心配する。

結局誰かの迷惑になってしまう。

誰かに迷惑をかければ自分だってクソ野郎になっちゃう。

だからちゃんと普通に説明する。

「〇〇って奴が嫌で顔も見たくないし、そいつがいる事で授業にも集中出来ないから家で勉強してもいいか?」って。

これって普通の要求だと思うんです。

真っ当な「行かない理由」だと思うんです。

「自分らしく生きる方法」だと思うんです。

みんな同じ時間を生きてるのに自分だけが楽しくないなんてのは不公平だ。

学校に行かないで学習する手段だってめちゃくちゃいっぱいあるんだし。

進学に関わる内申点の評価ってたった3割で、しかもテストの点数だけ。

もしテストだけ受けたいなら時間をずらして1人で受けさせてもらえないか相談すればいい。

それの何がいけないの?

そういった自分らしくいられる時間を作る事で誰かに対してネガティブな感情を持たなくなる。

「このクズ野郎が!」って感情も無くなるでしょ。

だって会うことが無いんだから。

気にしないで正直に言って、改善しないならまた別の方法でも考えようぜ。

クズ野郎の為に大切なあなたの時間を使う事はない。

1秒もくれてやるな。

その時間を少しでも自分の為に使ってやれ。

そうやって自分が居心地の良い人付き合いだけを残せば良い。

街中でクズ野郎に悩まされたら。

街中でもクズ野郎は目立つ。

電車の中でも、車を運転してても、街を歩いていても、レストランでも。

出くわしたら、躊躇なくその場を去る。

「コイツヤバそうだな」って思ったら周りへの配慮なんていらない。

その場を去る。

そいつが近くにいるだけでストレスなんだから離れる方が良いに決まってる。

「大丈夫かも」とか「もし何かあったら」と考える必要はない。

それすら無駄なストレス。

とにかくその場を真っ先に去る。

そしてクズ野郎がいそうな場所にはそもそも行かない。

護身術って変態野郎と出会った場合の格闘技的なイメージを持ってる人がいるけど違う。

初っ端は「そういう場所に行かない」とか「夜は出歩かない」だから。

これも護身術ね。

夜道で女の人がコツコツとヒールの音を響かせて歩いてたりしてるけど、あれって「私ここにいます!ヒール履いててダッシュ出来ないです!」ってみんなに言ってるのと同じだからね。

カモじゃん。

世の中にはどこに、どんなクズ野郎が潜んでいるのかわからないのに油断し過ぎでしょ。

油断というか本人はお洒落を意識してるだけで気が付かないんだろうな。

もうあんなの変態おびき寄せおとり捜査の警察官がやる所業です。

クズ野郎が好むバカになんかなるな。

賢い頭で考えろ。

この世は目立ってなんぼじゃありません。

芸能人やモデルに憧れるのはわかるけど、それでカモにされるのはバカ野郎っす。

もっと上手にやりましょう。

男気?女気?

んなもん外で出すな。

テレビの中や雑誌の中でやるもんだ。

芸能人って外を出歩く時は一般人より地味だよ?

とにかく、クズ野郎に出会ったらすぐにその場を離れる。

出会いそうな場所や時間は避ける。

それだけで無駄なネガティブは無くなり、自分が求める人付き合いだけが残るものです。

会社でクズ野郎に悩まされたら。

会社の上司や同僚にクズ野郎がいると仕事どころではなくなる。

そいつの言動や行動に気を使い、悩まされ、仕事の効率も落ちる。

そもそも仕事をする為に会社に行っているのに、会社に行ったら仕事どころではなくなるってどういう状況?

頑張って頑張ってやっと入れた会社かもしれないけど、仕事をしたくて入ったんでしょ?

仕事どころじゃない状況になってるのに居心地良い?

良くないでしょ。

自分の能力を最大限に活かせてない。

もったいない。

そんなのは人生の無駄遣いだ。

それに人は誰かを完全にコントロールする事は出来ない。

コントロール出来ないものに対して悩まされてるのはおかしいんです。

私ならそんな会社は辞める。

一刻も早く辞めて転職をする。

やりがいも生きがいも奪うような職場に未来などない。

人を駒のようにアゴで使う上司も、仕事以外の事で悩みを増やす同僚も、それを放置してる先輩や会社も、私にとってはどれもクズ野郎です。

仕事って人生の大部分を占めるとても重要な時間なんです。

それをクズ野郎と付き合って無駄な時間になんてしたくない。

仕事がしたいのに出来ない理由が「クズ野郎がいるから」なんてのはストレスにしかならない。

人付き合いってもっと自分の可能性を広げる為にあるもので、自分の視野を狭くするものであってはいけないと私は思います。

もっと自分に素直になって良いはずなんです。

「辞める」を選択するのは恥ずかしい事でも逃げる事でも楽をする事でもない。

自分の人生を歩む事です。

私はクズ野郎に付き合って自分の人生を歩めないなんて絶対に嫌。

嫌の事を続ける先にメリットが無いなら絶対に続けない。

デメリットだけの時間なんてただのネガティブだ。

もっと自分の未来について考えるべきだと思う。

自分らしく生きる為の選択をしよう。

「クズ野郎に影響されて、無理な人付き合いを続ける事が全て無駄なのか?」と言われれば、そんな事は無い。

人には我慢する時間も、努力を継続する時間も必要だと思っている。

無理な人付き合いを続けるのは嫌だけど、「その先にどんな未来が待っているか」は常に考えるべき。

大切なのは自分らしさです。

我慢や努力の先に「最も自分らしい未来」が待っているなら、今でも無理をして続けている人付き合いは決して無駄じゃない。

経験の中でしか得られない選択肢だって沢山ある。

どうしても必要な人付き合いだってある。

「どれもこれも必要だ!」なんて思ってたらパンクしちゃうから、その中から捨てるものや残すべきものを自分で選ばなくちゃいけない。

だって自分の人生なんだし。

神様が選んでくれるわけでもないし。

コロコロ変えたっていいんです。

自分らしくいられる時間が最も心地良いんだから。

それに従って選択していけば我慢する部分も、努力が必要になる意味も、勝手に見えてくるんじゃないだろうか。

無理なものは無理で良いじゃない。

人にはどうしても我慢出来ない事やどうしても許せない事があります。

しかも個人差がある。

だから自分は我慢出来ない事でも「他の人は我慢してるから」っていう強制的多数決の中で頑張って多くのストレスを感じる。

我慢出来なくても罪になるような事じゃないなら、自分の感情を優先していいと思うんです。

誰かを傷つけたり、誰かに迷惑をかけたりするような事じゃないのに周りに合わせるのは、無理な人付き合いの一つだと私は思っています。

例えば、全校集会があったとして、「自分の中では説明されなくてもわかっている事をわざわざ時間をかけて話してる校長先生権限主張タイム」って私にとっては退屈で無意味な時間なんです。

でも周りのみんなは大人しく座って聞いてるフリをしている。

学生だから席を立って歩き回れば誰かに迷惑をかけてしまうかもしれないけど、その場で何もしないで座っているより、好きな本を読んでる方が自分の為になると思う。

もしそれで怒られたら「迷惑かけました?これって犯罪ですか?」って真っ当な事を言ってやればいい。

自分の時間は自分のもので、誰かに迷惑をかけてるわけでもなく、誰かを傷つけてるわけでもないなら選べる手段は沢山ある。

無理なものは無理なんだから自分で考えて、無駄だと思う時間を自分らしくいられるように使う。

もしそれを「みんな我慢して聞いてるフリをしてるんだからお前もやれ!」とか言うアホがいるなら「嫌だ」と言う。

我慢出来なくて暴れたり大声で文句ばかり言って他人に迷惑をかけるようなクズ野郎がいるならその混乱に紛れて席を外す。

巻き込まれても嫌だし。

それの何が悪い!

全てはクズ野郎のおかげです。

私が私らしく、人生の中で様々な選択をしていけるのは、経験があってこそです。

この世には少なからず無意味に誰かを傷つけたりするクズ野郎がいる。

そいつらが様々な問題を起こす度に私は対策を考える。

自分なりの平和や自由や幸せについて考える。

むしろ、クズ野郎のおかげで対極にある存在に気が付けるわけです。

クズ野郎がいてくれるおかげで、私はそいつらがいない世界に幸せを感じられるんです。

ユートピアを作れるのは、実はクズ野郎共がわんさかいてくれるからなんだと思ったんです。

そいつらがいない世界を多くの人が求め続ければ、いつか辿り着けるような気がするんです。

そんな事を考えてる私はクズ野郎なのかもしれないけど。

クズ野郎を作るのもまたその対極にある「何か」なのかもなぁ。

人間関係
この記事を共有する
daimaruをフォローする
心優しきあなたにお願いがあります。

お見苦しい点が多々ある私なりの文章をここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。改めまして、執筆者のdaimaruです。

この度、DONGURILOGという日記サービスを共同運営させて頂く事になりました。

シンプルに伝えると、「みんなで日記を書くスペース」になります。

かれこれ数年このブログを続けて思った「ひとりで更新し続ける難しさ」を解消しつつ、多くの価値観を共有しながら楽しめる場所です。

まだ始まったばかりのチャレンジではありますが、多くの方に使って頂きたいと思っています。

ここまで私が書く、しがない文章を読んで頂き、目もお疲れかと存じますが、どうか、最後に、私の渾身のワガママを聞いて頂けないでしょうか?

無理なお願いをしているのかもしれません。

でも、「日記を書く」には多くのポジティブな効果があります。今日一日を振り返るだけで多くの気付きがあります。

じらしてすみません。

一緒に日記を書いて頂けないでしょうか?

私は多くの人と日記として記録を残す毎日を過ごしたいと思っています。

そしてそれがきっかけで多くの人が救われる瞬間があるんじゃないかと思っています。

私が求めているのは募金や署名ではありません。

シンプルにあなたが持つ価値観や考え方です。

本来「日記を書く」は一人で行う趣味的な存在なのかもしれませんが、それを多くの人と同じスペースで書く楽しさを大声で主張したい。

「うおー!」です。

是非一緒に、DONGURILOGで、日記を書きましょう!

自分の為になり、誰かの為にもなる。

そんな最高のスペース作りにご協力ください!宜しくお願いします!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました