俺はお洒落に気を使い過ぎてる男とは絶対にうまくいかない

人間関係

いつもビシッとキメキメの服装で出掛ける男。

素敵だとは思う。

いつも清潔な格好を心掛けてるのは魅力的だ。

首のところがダルダルになってたり、シワシワだったり、毛玉だらけだったりすると「気を使わな過ぎだろ」と思う。

魅力的には見えない。

でもね。

私は「お洒落に気を使い過ぎる男」の方が苦手だ。

身に付けているもの全てにこだわりがあって、髪型がキマるまで時間がかかり、お洒落に妥協を許さない奴。

身近に一人はいるでしょ?

本気で苦手。

久々に一方的な悪口を言うけど聞いてほしい。

スポンサーリンク

全然似合ってねぇ。

これはもう経験上の話なんだけどね。

お洒落に気を使い過ぎてる男ってお洒落を飛び越えてもう誰にも似合わないような服を選ぶんだよ。

「高い服なのにダサい」ってもう意味不明な状況になってる。

男にだってファッションへのこだわりはあっていいと思うが、こだわり過ぎると「誰かと被らないように」と奇抜方面に寄る。

もう似合ってるか似合ってないかよりも「質」に偏る。

その結果、超絶似合ってねぇ気持ち悪い格好になったりする。

それでも本人は「どうだ?カッコいいっしょ。お洒落っしょ!」ってドヤ顔で言ってくるんだからもうこっちは「怖い」って感覚になるわ。

ファッションって「自分に似合ってる」ってのは大前提じゃないのか?

女で表現するならぽっちゃり体型でアラレちゃんメガネをしている奴が叶姉妹みたいな服装をしてるって事だ。

怖いだろ?

てか、似合ってねぇだろ?

でも本人はドヤ顔なんだ。

気持ち悪いだろ。

ぜってーこういう男になりたくねー。

思考すらファッショナブルになり過ぎて誰も付いていけない。

というか誰もわからない。

迷宮入りファッション。

謎の着まわし。

スポンサーリンク

影響を受け過ぎてないか?

お洒落に気を使い過ぎてる奴の家には大概ファッション雑誌がある。

毎月買っているんだろう。

それなりの量が本棚に並んでいる。

で、そういう奴が読む雑誌は絞られている。

ジャンプ派かマガジン派かって感じで、1つの雑誌を追い続けている。

持っている服や小物は見事なまでに雑誌内で紹介されている物ばかり。

「雑誌に載っている=お洒落」って思考回路。

「少年ジャンプ=全てが面白い漫画」って思考回路。

視野が狭い。

ファッション雑誌はお洒落を発信する情報誌であるのは間違いない。

それは認めよう。

だけど各メーカーの「売りたい物」が紹介されてるのも事実でしょ。

スタイリストは無限にあるファッションアイテムから選んでいるわけじゃない。

「メーカーから与えられた材料から選んで」ファッショナブルにするわけで、ビジネスがバチバチに絡んでるわけだ。

だから雑誌と言えどたまに「明らかに変な格好じゃない?」ってファッションも掲載されていたりする。

「モデルの体型じゃないと絶対に似合わないな」って服もある。

さすがに街を歩いていればいくら雑誌に載っているとは言え、「あれは変だろ」っていう人もいる。

それなのにお洒落に気を使い過ぎて「雑誌に載っている=お洒落」になると、街で見かける明らかに奇抜なファッションでも「さすがだな!」と真似したりする。

影響を受け過ぎなんだよ。

自分に似合ってるかどうかを雑誌に載ってるファッションだけで決めるな。

影響を受け過ぎてるんだよ。

「雑誌=正解」って思ってるもんだから

その他のファッションは認めない。

全く同じデザインの車でも「ベンツが正解」みたいな感じになってるわけ。

そりゃファッション雑誌に載ってる品物はカッコいいさ!

だってカッコよく撮影してるんだから。

そういう仕事なんだよ。

何でもかんでも影響を受け過ぎると逆に変だ。

気が付けよ。

お前にその服や小物が本当に似合うか考えろよ。

スポンサーリンク

モデルでもないくせに。

ファッションに気を使い過ぎてる奴は誰かのファッションに口出しするのがお得意だ。

趣味みたいなもんだ。

「この服ダサくない?」と平気で言う。

好きで着ている服なんだから別に良くないか?

ファッションアドバイザーからの助言だとでも思ってる?

せめて「こういう服の方が似合いそうだよ!」って言い方をしろ。

ファッションには敏感なくせにコミュニケーションにはクソ鈍感なんだな。

そもそもお前がモデルならわかる。

誰かの服装を見て「ダサいなぁ」と言ってもギリギリ許せるだろうよ。

でもな、お前はファッションモデルではない。

なんなら今までなんの結果も出した事がないペーペーだ。

貴様はクソ庶民のクセに何を血迷ったか誰かのファッションにいちゃもんをつけてる。

身の程を知れ手足短めクソ庶民が。

モデルにもなれない体型のお前にファッションを語られても「雑誌の受け売り」としか思えないんだよ。

悔しかったらモデルになってみろよ。

そうなりゃみんなが信用してくれるぞ?

まぁコミュニケーションすら取れないお前がモデルになれるとは到底思えないけどな!

いい服着てりゃ貴族だと思ってんだよ。

スポンサーリンク

お前の事なんて誰も見てねぇよ。

ファッションに気を使い過ぎる奴は自分の髪型をセットするのに時間がかかる。

いくつもの整髪料を手に馴染ませ、髪につけてから指で引っ張ったりくしゃっとしたり。

鏡の前で小一時間。

おいおいおい。

外に出れば風が吹いてるぞ?

絶対に乱れるだろ。

だから外に出ても何度も鏡を見たりする。

髪の毛を直しながら鏡に映った自分を見てキメ顔。

「今日も俺はイケてるわぁ。」

キリっ。

…。

キモい。

なんなんあれ。

マイ鏡持ってるパターンもある。

なにより髪型を整えながらのキメ顔がマジでキモい。

口元だけ力入れてる。

鏡を睨みつけてるし。

同じ男としてちょっと引く。

指で前髪をちょっとだけ引っ張って動かす時間よりキメ顔してる時間の方が長くない?

そんなに髪型変わってないしな!

お前の事なんて誰も意識して見てねーよ。

お前を意識してるのはお前だけだ。

もう一発ギャグのレベルなんよ。

マイ鏡を持って髪の毛を気にする男にどうしても「モテたい欲求MAX」と感じてしまうんだが、それって俺だけかな?

「カッコいい」じゃなくて「やり過ぎ」と感じるのは俺だけかな?

そりゃ多くの男が鏡を見るし髪型も気にするよ?

でも過剰なまでの「今日の俺もカッコいいじゃんチェック」が感じられると怖いんだよ。

お前らには「まぁ、こんなもんでいっか!」って日はないのか?

そんなにいつもお洒落に気を使わなくちゃダメか?

お洒落じゃなきゃ死ぬのか!?

死なねーよ!

スポンサーリンク

お前がやるべき事をまとめといてやるよ。

モデルならわかる。

スタイリストならわかる。

外見が重視される仕事ならわかる。

ファッションを否定したいわけじゃない。

街中で「あの人カッコいいな!」って思う人もたまにいる。

たまにね!

本当にたまに!

モデルになれる奴なんてのはごく少数だ。

お前はなんだ?

モデルでもなく、見た目を必要とする仕事でもなく、お洒落に気を使い過ぎる存在って…。

生き甲斐か?

そっか。

それなら仕方ないか。

生き甲斐を否定するなんてのはクソだな。

ってなると私はクソだ。

今回わかった事。

それは、世の中には「どうしても分かり合えない奴がいる」って事ね。

洋服なんて似合ってるのがいくつかありゃ十分だ。

腕時計なんて携帯を持ってるからいらん。

アクセサリーなんかジャラジャラと邪魔でしかない。

歳を重ねる度に身に付ける物が減っていく。

「私」と「お洒落に気を使い過ぎてる男」は絶対にうまくいかないようになってる。