SNSに人生を捧げフォロワー数といいねに翻弄される毎日にさようなら

生活

裏垢の存在を知って私は驚愕した。

「〇〇の裏垢が流出!」みたいな記事を読んで笑いが止まらなかった。

「裏」と決めてるのは誰だ?運営側じゃないのは明らかだろうに。

裏垢は本人のSNSの使い方に違いがあるだけでアカウントを作る時点で表だと思うんだが。

知り合いが「いいね」が欲しいからと普段は絶対に行かないスタバで限定の何ちゃらフラペチーノを頼んでパシャリ。

フォロワーを増やすのに必死になって迷いまくってるキャラ設定。

なんの為なのか興味が無いのに相互フォローを推す人の存在。

なんなんだ。

芸能人ならわかる。

人気商売だし。

ビジネスならわかる。

広告として拡散出来るし。

でもそれ以外の人で、SNSを情報集めに使うわけでもなく、個人的に使っているのにそこまで「いいね」や「フォロワー」気にする意味がわからない。

私のツイッターアカウントはこのブログにも載せていて、過去に色々試した形跡も残っているから見て欲しい。

SNSを個人的に頑張っている人から見たら「なんだよこのしょーもねーアカウントは」って思うかも知れないけど、私にとっては「ただブログ用に作ったアカウントの1つ」であって、「あった方が良いじゃん!」くらいの気持ちでいる。

ただ、ここからは熱を持って更新していこうと思っている。

私は芸能人でもなく、SNSを商売として使っているわけでもない。

だからこそもっと血が通ったアカウントにしようと思った。

フォロワーが欲しいわけでもない。

いいねが欲しいわけでもない。

ただありのままを発信したい。

なんでそう思ったか?

簡単だ!

SNSに疲れたんだよ!

私のようにSNSに疲れたなら、そのまま読み進めろ!

それがお前の為だ!

スポンサーリンク

「いいね」と「フォロワー」がゼロじゃダメなのか?

そもそもなんだけど、「別にいいねが無くてもフォロワーがゼロでも良くね?」って思うんです。

オールゼロの人が情報を発信しちゃいけないなんてルールはない。

オールフリーのビールらしき飲み物でも満足する人がいたって良いじゃないか。

だって飲めない事情があるんだから。

それでも自分が有益だと思える情報を発信し続けるのは何処かで誰かの役に立つ瞬間があるかもしれないっていう自己満です。

バズるのが正解なわけじゃない。

バズったら偉いわけでもない。

SNSは誰でも参加出来るんだから自分が満足出来るように使うべき。

たくさんの機能がある中で、「いいね」と「フォロワー」はたった2つの機能。

たった2つ…。

そんなに重要??

例えば災害が起きた時、自分がいる場所がどんな状況なのかを発信するだけでその情報を元に様々な救助活動が出来るかもしれない。

そういった情報はフォロワーじゃなくても、いいねを押さなくても、有益だと捉える人は沢山いる。

「いいね」や「フォロワー」がゼロで何が悪い。

SNSの魅力はそれだけじゃない。

もし「いいね」や「フォロワー」がゼロでも、それをバカにするような奴は一生都会の奇抜な食べ物をパシャパシャ撮ってインスタやツイッターにアップして「いいね」を思う存分にもらって「フォロワー達」にチヤホヤされ続ければ良い。

「いいね」なんてワンプッシュで出来るしフォロワーなんて多過ぎたら誰が誰だかわかんねーよ。

私のツイッターアカウントを見よ!

ゼロじゃないかもしれないけど、劇的に弱いぞ!

でもな!

発信は自由じゃボケ。

SNS上のお洒落な写真に「いいね」を貰うより、1番大切な人に1番近くで「いいね!」って言ってもらえた方がよっぽど嬉しいわ!

スポンサーリンク

嘘をつき続けるのも楽じゃない。

私はたまに意味がわからないタイミングでフォローされる。

そしてそのフォロワーを見るとほとんどFXや仮想通貨をやっている人。

私がお金に困っていると良くわかったな…。

プロフィールを見ると、「私の手法を教えます!」みたいな事が書いてあるんだが、「儲かってるなら教えなくていいじゃん」と本気で思うのは私だけだろうか。

しかもDM付き。

ご丁寧な自動ツールだこと。

この辺は考え方の問題だし私も誰かに自慢出来るような仕事をしているわけじゃないけど、好きじゃないんですよ。

本当かもしれないけどいかにも「今私稼いでますよー」みたいなのをチラつかせて「教えましょうか?」ってお金を取る考え方が。

ビジネス的な視点では全くわからないから専門的な人が見たら「理にかなってるね〜」なんて言うかもしれないけど、私には「嘘をついているか盛ってる」としか考えられない。

これまで沢山の嘘をついてきたけど、後々嘘が重なって自分でも訳が分からなくなって結果的に多くの人に迷惑を掛けてしまった苦い思い出が盛りだくさんなのでもう嘘は嫌なのです。

ちなみに盛るのも嫌。

面白い事以外は。

「稼ぎ方を教える事で稼ぐ」って広告の出し方にグレーな香りが漂ってる感じがするのは…私だけだろうか…。

稼ぎ方って人生で最も重要な課題。

どうしてそれを学校では教えてくれないのかね。

「先生になる」って答えしかわからないから教えようがないのか。

それを教える。

お金を取って?

答えがわからないから嘘でもないのか。

それとも一時的な結果を見せるのか。

わからん。

こないだのフォロワーの人に教えてもらおうかな…FXの稼ぎ方…。

スポンサーリンク

「誰かみたいに」なんてのは捨てちまえ。

たまに大物の人をフォローすると、それに反応したいくつかのアカウントがこれまた自動なんだろうけどフォローしてくれた。

ブログをやってるんでね。

ブログ界の大物をフォローしたわけです。

情報は欲しいし。

で、それにつられてフォローしてきたのが、「今ブログで稼いでいます!」ってのをバッチバチにツイートしてる人。

で、その内容は「noteってサービスで公開中です」との事。

一応見ました。

オンラインサロンじゃん〜。

お金取るじゃん〜。

で、他にフォローしてくれた人も見ました。

オンラインサロンじゃん〜。

お金取るじゃん〜。

みんな一緒じゃん〜。

流行ってる方法なのかもしれない。

実際にすごくわかりやすい誘導。

「そんなに稼いでるの!?」

「どうやって!?」

っていう私の深層心理を上手に刺激してくれる。

そして私は本心に気付く。

「稼ぎてーーー!」

でも今はまだオンラインサロンには入っていません。

なぜなら、同じような人がいっぱいでどこに入れば良いのかわかんねーからです。

なんか、もうちょっと、その人にしか出来ないようなアイデアや魅せ方をしてくれるといいんだけど。

今なら問答無用でイケハヤさん以外はスルーしちゃうかも。

ホリエモンや箕輪さんのオンラインサロンも面白そうだ。

やっぱり有名人が持つ特殊な影響力ってゴイスーですね。

他の人がパイオニアでもみんなコピーみたいに見えちゃうんだから。

スポンサーリンク

リアルをサボる代償は思ったよりデカいぞ。

ちょっとSNSからズレてきたので戻します。

私の知り合いにもSNSに取り憑かれたような人がいます。

朝から晩まで「いいね」と「フォロワー」を意識して、側から見た私はその人を見て、「なんか、忙しそうね。」と思う。

仕事をサボって県境のお洒落なカフェにパフェを食べに行くこともあるそうな。

もう、仕事より重要なんだな。

いいねが欲しいんですって…。

本人は好きでやってるんだから直接言ったことはないけど、なでなでしてほしい子供みたいだな。

仕事そっちのけでSNSにハマるとなんか大事な事を忘れてしまうような気がするのです。

リアルの人付き合いとか特にね…。

職場の人もあんたのSNSは見れるわけで、仕事の日にそれをやってるのがバレてギクシャクするのはめんどくさい。

まぁ、素直に「SNSの為に休みます!」と言って認められてれば話は別だけど、そうじゃない場合の代償って自分で気がつかない間に大きくなる気がするのです。

リアルをサボってSNSって選択は、なんかキケンな感じがしないかい?

と、本人には怖くて言えない。

これ、リアルな人付き合い。

スポンサーリンク

SNSが全てではない。

タイトルで「SNSさようなら〜」みたいな事を言ってるけど、これはリアルにさようならって訳じゃないです。

気持ちの面です。

リアルとSNSを分けて考える。

私達はどんなにSNSにハマっても、毎日のリアルを生きています。

で、毎日のリアルをSNSに投稿したりするところからスタートしたはずです。

この時点ではまだリアルが優先。

その後にSNSがグングン飛躍していって気がつけばSNSの為のリアルに切り替わってる。

個人的な意見だけど、これって逆だと思うんです。

「いいね」も「フォロワー」も目に見えないじゃないですか。

てかスマホで指一本で出来る操作じゃないですか。

実際に会って本気の「いいね」を直接貰うのってすげー大変なんです。

でも、その繋がりって結局リアルで生きてく支えになってくれたりします。

私をフォローしているFXや仮想通貨を教えたい人が「いいね」をくれたところでリアルの生活で支えるになるかって言われたら…ならんのです。

どのくらいならないかって言われたらウチの3歳の娘が明日20歳にならないって位にならない。

仕事でもないならクソの役にも立たないフォロワーを数えて「いいね」に一喜一憂しててもしゃあないでしょう。

それでも、私はSNSを続けますけどね。

それはリアルを生きる情報やヒントを得る為です。

SNSで生きる為にリアルは使わない。

じゃないと疲れるっす。

匿名世界で本音を探るのはどうも果てしない作業な気がしてしょうがないんです。

すっごくリアルな人もいるけどね。

だから、SNSと良い距離感を保つ為のさようなら。

リアルで頑張ればSNSの結果も付いてくるかもしれないよ。

っていつも自分に言い聞かしてます。