どうしても素直になれない「ひねくれ者」へ贈る言葉

メンタル

「これやっといて!」

普段から仕事でクソ忙しい時に限って先輩や上司から別の仕事を頼まれる。

「これやってー!」

家でもやっと落ち着いてソファに座ろうと思えば子供から何か要求される。

まるで監視されて「休ませないように」狙い撃ちされてるような気持ちになる。

かと言って私は自分の仕事を誰かにお願いするような事はない。

なぜなら指示されるのが大嫌いだから誰かに指示するのも嫌なのです。

「もっとこうした方が良いよ?」

と指図されるのも大嫌い。

なんでこんなに嫌な気持ちになるのか自分でもよくわからないが、とにかく嫌なものは嫌なんです。

教えられるのも好きじゃない。

自ら教わりたい事があるなら端的にわからない部分だけを教えてほしい。

なにも聞いていないのに「こうした方が良いよ?」と言われるとなんか否定されているような気がしてムカつく。

私はひねくれ者なのかもしれない。

本来は適切な指摘に対して「親切」だと感じる人が多いのかもしれないけど、私はお節介だと感じる。

わざわざ説明してくれているのに「そんな事言われなくてもわかってるわ!」と感じる。

今回は私のように誰かが言うことを素直に受け取れない「ひねくれ者」へ伝えたい事がある。

スポンサーリンク

そのまま突っ走れ。

ひねくれ者だからってそれがいけないわけじゃない。

誰かに迷惑をかけてるわけじゃないしそれが本当の気持ちなんだから。

全世界の人にアンケートをして、百発百中で「嫌い。直した方が良い。」って書いてあるなら直した方が良いけど、そんな事はまずない。

だからそのまま突っ走るといい。

ひねくれ者を貫くには勇気がいる。

ひねくれ者を続けるには努力がいる。

ひねくれ者を認めてもらうには結果を出さなくちゃいけない。

世界中には多くの偉人がいて、偏見かもしれないけど、そのほとんどがひねくれ者で、努力家で、変態的なセンスを持っていて、突っ走ってきた。はず。

一癖も二癖もある天才かバカかわからない境目を貫いてきたはず。

ひねくれてたって大きな結果を残せば天地返しだ。

数少ない周囲の意見に流されて丸くなる必要なんてない。

頑固に続けてみればいい。

私もひねくれ偏見頑固おじさんだ。

根っこがひねくれてるからこれまで何度も何度も周囲に合わせようとしたけど結局ストレスしかなかった。

だったら自分らしくひねくれ続けた方が生きていて楽しいと思った。

結果はこれから。

だから突っ走っていくべき。

道を開けろ!

ひねくれ様のお通りだ!

ビビって周りに合わせて沈没してった天才を何人も知っている。

別に死んだわけじゃないけど。

ひねくれ者が誰かに迷惑をかけたわけじゃないのにどうして肩身の狭い思いをしなきゃならんのだ。

他人に私の人生は歩めない。

他人に私の人生は背負えない。

だから突っ走れ。

自分の人生をひたすら突っ走れ。

そしたら何かがきっと見えてくる。

天地返しで大逆転を夢見てひねくれ続けてやるよ。

誰かに頼りきれば後悔が生まれる。

大人になると、社会の在り方を知って、「ひねくれ者ではいられない」と思う瞬間もある。

今自分が生きている社会に見合った考え方も必要だと知る。

知らなきゃいけない事はこれからも沢山ある。

勉強しなくちゃいけない事も続々と出て来る。

だからと言って不安になって誰かに頼りきっちゃいけない。

誰かが「この世界ではひねくれ者は生きていけません」と言ったか?

言ってない。

社会の在り方を知って、その中で多くの人と共存していく知恵は必要だけど、「ひねくれ者が生きていけない」と決められたわけじゃない。

だから自分を否定しちゃダメ。

自分を否定して、不安になって、誰かに頼りきって生きればきっと後悔する。

どうせひねくれ者なんだから「面白くない」って思うに決まってる。

多くの人が勘違いしている順序がある。

「共感」と「実行」だ。

ほとんどの人が「共感」されてから「それならやってみよう」と実行する。

普通だ。

ひねくれ者が普通で満足する?

しないでしょ。

世界の偉人達は常に逆なんです。

「実行」から多くの結果を残して「共感」を得る。

だから偉人と呼ばれる。

人がやらない事で大きな結果を出したからこそ絶大な「共感」を得られるんです。

共感を得ないと実行出来ないなんて全然ひねくれ者ではない。

普通にもひねくれ者にもなれないただの雑魚です。

我々ひねくれ連合軍は誰かに頼りきってたら大きな結果は残せない。

それどころか後悔の引き金となる。

だって根がひねくれてるんだから。

さっさと突っ走る準備をしろ。

社会の在り方を知って、多くの人と手を取り合って生きていく意味を知ったなら、それを踏まえて突っ走れ。

誰かを頼るんじゃなくて自分を信じてやれ。

ひねくれが足りないんだよ。

誰かにひれ伏してる場合か。

自分の足で歩け。

なにが正解かなんて未来でわかる。

どんなに自分を信じて突っ走っていたとしても、不安になる瞬間は必ずある。

ひねくれ者だからこそ不安になる。

誰かと違う道を進もうとしているからこそわからなくなるんです。

でもその不安はなにを目指していても感じます。

ひねくれていなくても感じる不安。

それが未来への不安です。

未来でしかわからない不安を今感じていてもしょうがない。

どうせ未来にならないとわからないんだから。

どんなに考えても答えは見つからないんです。

ひねくれていようが、そうではなかろうが、未来は不安。

だからこそ今を頑張るんです。

その頑張りが未来を作る。

今頑張っている毎日が未来の毎日を作っていきます。

「だから不安になるな!」とは言わないけど、不安だからこそ頑張れる今だってきっとある。

答えは未来の自分が教えてくれる。

どうか悔いのない毎日を送ってほしい。

今、悔いが残る毎日を過ごしていれば、未来だって悔いが残る毎日になる。

だから今を自分が納得出来るように過ごしましょう。

答えは未来にならないとわからない。

ところが未来は今が作ってる。

ちゃんと伝えればわかってくれる人がいる。

どんなにひねくれ者でも、頑固者でも、信念を持って何かを貫く姿は共感を呼びます。

自分のそばにいる家族や、最愛の人に一生懸命自分の想いを伝えれば応援や共感に変わるかもしれない。

この世は理にかなっている事だけが共感を得られるわけでもない。

人を動かすのは感情です。

ビジネス視点で見れば数字に偏るかもしれないけど、「感動」は文字通り感情を動かす事です。

感情を動かす事で行動へと変わります。

ひねくれ者だろうがIQが高い賢者だろうが持っている志とそれを伝える力で、相手の印象は変えられる。

自分がひねくれ者だからって理由だけで大衆から隔離されて、誰にも相手にされないと思って一人で抱え込んでいる悩みがあるなら、それを1番近くにいる人に本気で伝えてみてほしい。

すぐに全てを理解してくれるわけじゃないとは思うけど、本気で伝えようとする気持ちに誰一人として気が付かないほど世の中腐っちゃいない。

必死に自分の想いを発信し続けているのに無視し続けるようなクソな社会じゃない。

私はブログで言いたい事を発信し続けるひねくれ者だけど、きっとどこかで誰かが共感してくれる可能性を信じている。

だからこそ続けていられる。

レスポンスに期待しているわけじゃなくて、どこかで誰かが見ていてくれるってだけで少しだけ元気になる。

そりゃ超有名なサイトにアクセス数や人気では勝てないかもしれないけど、そんなのはどうでもいいんです。

一人でも二人でも、共感してくれる人がいて、その人達に少しでも自分の気持ちが伝わればいい。

「こんな人もいるんだ」って思ってもらえるだけでいい。

ひねくれ者でも一生懸命伝えようとありとあらゆる努力をすればきっと受け取ってくれる人がいる。

きっと理解してくれる人がいる。

私自身がそれを証明したいんです。

「一人」と「孤独」は別物です。

どんなにひねくれ者だって孤独は辛い。

ただ、人はそう簡単に孤独にはならない。

家族がいて、友達がいて、先輩後輩がいて、上司がいて、先生がいる。

必ずどこかで繋がっているものです。

それでも人には「一人で」頑張らなくてはいけない時期が必ず来る。

学生であれば学業で、恋愛だってそうだ。

仕事でも夢や目標も。

どこかで「たった一人で」頑張らなくてはいけない時が来る。

その時に感じる「孤独感」は本当の孤独なんかじゃない。

「一人」で頑張るべきタイミングなだけ。

そして頑張り続けた結果はどこかで誰かに評価され、共感を得たりする。

ひねくれ者でも夢や目標を定められるのはこれまで人が培ってきた社会があるからなんです。

だから孤独なんかじゃない。

どんなに身近な人に嫌われても、除け者にされても、人が作った社会で生きていく。

「一人」と「孤独」を勘違いしてはいけない。

人には必ず一人で頑張る時が必要。

それはひねくれ者じゃなくても一緒。

ひねくれてるから一人になるわけじゃない。

誰の人生にもそういう時期があるだけ。

一人になったからといってビビる事はない。

自分だけの人生を進め。

偉業を成し遂げろ。

ひねくれて生きていこう!

共に!

だって一人じゃ寂しいじゃん!

メンタル
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました