「考え過ぎてしまう」が自分の弱点だと気付いているなら

メンタル

どんなに考えても、どんなに悩んでも、どんなに眠れない夜を過ごしても、結局実際にやってみる方が遥かに早くその問題が解決したりする。

実践に勝る経験値など無いと私は信じている。

単純な話、野球選手になりたいのに試合をしないで「野球の事を考えるばかり」では成長は遅い。

実際に野球をやらなきゃ話にならない。

考えたり勉強したりするのが悪いわけじゃないけど、実践も含めて考えたり勉強したりした方が遥かに「野球選手」になるのは早いと思う。

例えが野球選手だからわかりやすいけど「自分の人生」はどうだろう。

考える事が多くないですか。

悩む事が多くないですか。

眠れない程考えてしまう日がある。

「自分の人生」となるとなんか複雑な感じに思えてきちゃう。

でもたぶん本当は単純。

実践に勝る経験値などない。

やってみて、考えて、勉強して、進んで行く。

わかっているのに出来ない私がいるんです。

スポンサーリンク

考えたり悩むことを否定しているわけじゃない

たぶん考えているだけじゃ人生の全ては解決出来ない。

絶対に出来ない。

どんなに予測したって想像以上の事が起きる。

その時の経験から更に深く考えられるようになったりする。

でも経験しなければいつになってもその問題を解決出来ないかもしれない。

なんでもかんでも「やってみる」ってなるとアホっぽいけどある程度考えたら「もうやってみた方が早くない?」って自分に言ってあげてほしいのです。

毎晩考え過ぎていたこともあっという間に解決出来るかもしれないし、違う角度から考える切っ掛けを掴めるかもしれない。

なんだって実践して、失敗してから考える。

結局それは成功への近道になる。

私はいつも行動を起こす前に考え過ぎてしまう癖がある。

悩みながらも「行動してみると」すぐに解決したりする。

何日も悩んで、考えたことも、実践してみたら一日で解決してしまうかもしれない。

もちろん「何を考えているか」によるけど、大体のことは考えてチャレンジして失敗してまた考えるようになる。

私の体はそれを繰り返していくように作られているらしい。

もし「絶対に失敗しないように」毎晩眠れなくなる程考えていてもどこかで「どんなに考えても失敗する可能性をゼロになんて出来ない」って知ってたりする。

結局やりながら学ぶようになる予感がする。

世の中実践しないとわからない事ばかり。

何日も同じことをグルグルと考えているのなら、たまには「あれ?考え過ぎじゃね?」って自分に言ってあげても良いかもしれない。

考えることや悩むことを否定しているわけじゃなくて、「先に行動した方が解決の糸口」を掴めたりする場合だってあると言いたいのです。

先に行動することを全て否定してはいけない。

先に考えた方がうまくいくこともあれば先に行動した方がうまくいくこともある。

どっちかに寄せないで両方持っていた方が良いと思うのです。

まぁ。

私は眠れない夜を過ごす事が多いんだけどね。

スポンサーリンク

考えるも実践

考え過ぎなきゃ「考え過ぎ」の経験は出来ない。

私は「考え過ぎる思考の持ち主」です。

でもそれに気が付いたのは紛れもなく「考え過ぎたから」であって、考え過ぎたことがなければ「考え過ぎ」って自分で気が付かない。

「あれ?みんなそこまで考えないの?なんで?」

みたいな経験が多いことから、私は考え過ぎる思考を持っているんだと自覚している。

経験ね。

結局誰かに「今こう考えているんだけど」とか「今こんな事で悩んでいるんだ」って相談をすることでそれを知った。

行動してみて知ったわけです。

もちろん最初は反発気味になる。

だって「そこまで考えるのが普通」だったわけだし。

当然納得がいかない。

ところが自分の人生を歩んで行く中で様々な人と出会い、話をしたり、一緒に行動するようになって徐々に「普通」が書き換えられていく。

誰もがそうなるわけじゃないし、そういった経験が出来るわけじゃないけど、私の中で「考え過ぎて行動出来なくなる」のと「少し考えて後は行動してから考える」のどちらが魅力的か聞かれたら後者になった。

徐々に変わったんだと思う。

考え過ぎながら生きてきたせいかもしれないけど、ちょっとそんな自分にうんざりしていた。

憧れから湧いてくる願望みたいなものかもしれないけど、私にとっては「考え過ぎないで行動出来る人」の方が魅力的なのです。

個人的な答えなんですけどね。

ただ、これも「考え過ぎてから行動してやっと辿り着いた答え」なんです。

そこまでを一括りにするなら、考えている時間も実践に入るんだと思っている。

屁理屈かもしれないけど私がそうだったんだから別に良いじゃないか。

スポンサーリンク

自分の弱点知ってますか?

私の場合は自分の弱点が「考え過ぎてしまう」だった。

その弱点に気が付くまでは「考え過ぎるのが超普通」だと思っていたわけです。

大人になる過程で様々な人と出会って、「考え過ぎてはいけない時もある」と学んだ。

だから強制的にでもそれを直したかった。

気が付いたら自分の弱点になっていた。

無理矢理何も考えずに行動したりもした。

でもそれはただの苦痛だった。

だって自分の中では普通なんだもん。

その普通をしないで真逆の事をするって苦痛だしストレス。

だから無理矢理直す方法はやめた。

てか無理だった。

無理矢理真逆の事はしなくなったけど、自分の中で「考え過ぎる」って弱点があるっていうのを知った。

それからだと思う。

徐々に、何年もかけて、今思うことがある。

「今も考え過ぎてしまう時はあるけど、「あの時」と比べたら割かしマシにはなったかな。」

考え過ぎっていう弱点が「今すぐ」克服出来るわけがない。

ただ、それが「弱点」だと気が付いた瞬間から、時間をかけて徐々に、徐々に、ゆっくり自分が思う方へ変わっていくんだと思っている。

「それは考え過ぎじゃね?」

誰かに言われたとしたらそうなのかもしれない。

私はそれを言われて一発で方向転換出来るほど器用じゃない。

だから時間をかけて徐々に変わっていくんだと思う。

これからもずっと変わっていくと信じたい。

一発で方向転換出来たらなんと楽な事か。

もしかしたら「考え過ぎ」と「疑い深い」の2つの弱点を持っているのかもしれない。

ただ、それを「弱点だ」って本気で思えたら、その瞬間から弱点じゃなくなる。

弱点を認める。

自分をもっと良く知る。

徐々に強くなる。

自分を知るって強くなることだと思うんです。