イライラするときに爆発させるのか取り込むのか。活かすのか。

メンタル

あー。イライラするわー。

周りにも絶対に気が付かれている程にイライラしてるわー。

拳が震えてるぜ。

どこか、いや、なにかをブチ殴りてー気分だ。

あんまり撒き散らしてるからなだめられる始末。

なんだか気持ちが落ち着いて…きた…かも…じゃねーよぼけー!無理じゃ!

イライラするときになだめられて落ち着くようならイライラしてねーよ。

そもそもだよ。

大体そんなに寂しがり屋じゃねーから逆にあんまりなだめようとするな。

お前いい奴かよ。

イライラするときに言葉遣いが荒くなるのは普通だ。

だってイライラしてるんだもん。

普段は意識的に思っても表に出さないような事をはっきり口に出して言ってやる。

だってイライラしてるんだもん。

でもあんまり周りにイライラを吐き出しまくるのは良くない。

わかってる。

わかってるから。

スポンサーリンク

可能な限りこっそりイライラを吐き出す。

完全に密封する事が出来ればそりゃすごい。

そういうメンタルの持ち主はさすがだ。

むしろそれをプラス思考に捉えられたらもうその人はすでに雲の上の存在さ。

だから私みたいタイプはどうしても外に漏れてしまうんです。

イライラのおもらしね。

どんな感じでおもらしすると思います?

まず顔ね。

面白い事を言われても全然笑顔にならない。

もし無理やり笑顔にするようなら違和感しかない。

しかもその違和感がある笑顔に自覚すらあるわ。

これが一番のおもらし。

壁とかぶん殴りたくなるけどそれはさすがに

「あの人なんかイライラしてるわー」って

思われるから出来ない。

出来たとしたら床ね。

ジダンダしてみるね。

マンションとかだとダメっす。

下の人に迷惑がかかるからね。

でもイライラって急に色々と重なったときに訪れたりしません?

だから思いました。

スポンサーリンク

イライラしていない時にイライラした時の対策をしておこう。

イライラしてないんだからイライラした時の対策なんて思いつかないっす。

それが当たり前っす。

でもね。

イライラしてる時もその対策なんてもっと思いつかないわけさ。

だからせめてイライラしていない時に対策をしないとダメだ。

じゃないと今後も誰かに迷惑をかけてしまったり。

「あの人イライラしてるわー。」

って距離を置かれてしまう事間違いなし。

そうなると一時のイライラで失ったものを回復するまで時間がかかってしまうじゃないですか。

だから、

出来るならこっそり、誰にもバレないくらいの感じでイライラを発散させるか、バレても大丈夫な状況を作っておかないといけないわけですよ。

めんどくさい?

そんなことしたくない?

やろうよ。

やっておこうよ。

だって絶対にまたイライラするよ?

今もイライラしてるだろうけどまたイライラするから。

だから対策は必要っしょ。

準備準備。

それとイライラがバレても大丈夫な状況っていうのはみんなでその対策を共有するっていうことね。

例えば会社でイライラしたときにみんなが共有で使えるサンドバッグが置いてあるとか。

そういう事っす。

イライラの共有が許される環境ならね。

でもほとんどの場合がイライラを表に出さない方が良い状況が多いわけですよ。

だから対策するためにもですよ。

スポンサーリンク

イライラの理由を自分で理解しないといけない。

なんでイライラしてんの?って話じゃないですか。

周りから見たらですよ?

わからないからこそ

「うわーあいつイライラしてるー。こわー。やばー。」

ってなるわけですよ。

でもちゃんとその理由がわかっていればかける言葉も対応も変わってくると思うんですよね。

意味がわからないから距離を置くんですよ。

男と女の関係なんてモロじゃないですか。

どっちかがどっちかにイライラしてればそれが原因でケンカになったりしません?

ケンカになっちゃったら拍車がかかったように余計にイライラが増す。

そして大元のイライラなんてもうどうでもよくて、ケンカをしてるから違う部分でさらに熱くなる。

この現象っていります?

無駄なイライラが多くありません?

誘発されてるわけですよ。

イライラが起爆剤。

そのあとにもっともっとイライラして来て関係のない事にまで当たり散らす。

「お前昔こんな事俺に言ったけどあれなー!」

とか

「そういえばこないだやったあれ根に持ってるからなー!」

とか。

そもそも根に持ってなかったから忘れてたような事もまるでずっと思ってたばりにまき散らす。

マジこれ無駄っす。

むしろ本当は根に持ってないっす。

ダサダサっす。

思い出しただけっす。

イライラという起爆剤によってね。

だから自分の「今」のイライラは説明出来るくらいちゃんと理解しておく必要があるんです。

というか、

あなたの事を心配している人はその原因を本当は知りたいはずです。

でもイライラしてるもんだから聞きづらいだけ。

謎が多すぎて逆にこっちまでイライラするわ!っていう感じ。

そうなんですよ。

スポンサーリンク

イライラはめちゃくちゃ伝染する。

観戦爆発か!って言いたくなるくらいに伝染しまくるんです。

もうこうなっちゃうと元のイライラがなんだったのかなんて絶対に気にしてないっす。

どうでもよくなってます。

「もうどうでもええわ!」

っていう本当にどうでもいいオチになります。

「もうどうでもいいや!」

っていうのが一番スベってます。

何も解決してないし。

イライラの根源がなんだったのか誰も理解出来ないまま。

そして必ず繰り返す。

だから誰も理解出来なくなる。

そして、「あいつうぜー。」と嫌われる。

それがイライラの伝染力。

これは気を付けよう。

自分で気を付けていこう。

無駄に嫌われてメリットなんてねーです。

自分のイライラは自分の問題ですから。

だからちゃんとイライラの対策をしておくことは大切なんです。

対策があればイライラは早く収まる。

無駄に周囲に伝染させる必要は一つもないっす。

むしろやめて。

いや。やめたい。

だとするとですよ。

問題なのは

スポンサーリンク

イライラとして体の中に貯まった爆弾をどうするか。

そのイライラでため込んだ爆弾を爆発させずに取り出すのか。

それとも爆発させて元通りにするのか。

そのイライラ爆弾の処理の方法を考えておく。

それがイライラ対策。

この対策が完璧であればイライラしても、させられたとしてもですよ。

周囲に嫌われることなく処理出来るではありませんか。

爆発させるのか爆発させないのかはたぶん個人差あるんですけど。

どっちのタイプ?っていうよりもイライラした時の状況で使い分けないといけないと思うので両方とも対策しておく必要がありません?

だって会社でイライラ爆弾を爆発させたら大変でしょ。

大問題です。

そんなイライラテロリストにならない為にも必要なのはむしろ爆発させないでイライラを取り除く方。

爆発させるのってすごく簡単じゃないですか。

何かにぶつけるだけなんですから。

だからそれは本当に最終手段なんです。

イライラを爆発させるのは本当に最終手段だと思ってください。

イライラをため込むわけではないんです。

取り除いやる手段を考えるんです。

爆発させるのは本当に本当の最後の手段。

つまりですよ。イライラを解消する方法は2通りあったとしても

スポンサーリンク

イライラは爆発してしまう前に取り除いてあげる方がいい。

誰かに迷惑をかける事を懸念しているわけでもなく。

自分が今後同じように生活をしていくことを考えてです。

自分自身の為にもうまくイライラをコントロール出来るようにした方が何かと役に立つと思いませんか?

自分の為にです。

誰かの為とかでもなく、今後の自分に返ってくる見返り的にも取り除く方を選べるようにしていきたいものです。

すぐに爆発させてスッキリしてしまう人っていますよね。

でもそれって本当に周りはスッキリしてますかね?

次にそうならないように周りは距離を置きません?

距離があれば逆に周りの人にイライラが溜まっていきます。

そのイライラは自分一人のものではないんですよ。

さらに周りの人に溜まったイライラが爆発したら?

誰がイライラを周りに与えたのか。

誰がその矛先を向けられるのか。

自分なんです。

一時的だとしても爆発してしまった被害は周りに残ります。

それを修復する前に次の爆発を繰り返していれば絶対に自分にそのイライラが返ってきます。

だから最初の一手で爆発させるを選ばないようにしたいんです。

その為にどんな事が出来るんでしょう。

次の一手も爆発させない為にどうすればいいか。

100手先までイライラを爆発させないために。

その為にはいくつもの対策が必要なんです。

そしてそれを必ず実行する。

超細かくていいんです。

それを100こなした後にイライラがどうなっているのか。

少しでも落ち着いているならイライラがどうして訪れたのか。

それを具体的に防ぐ方法がないか。

ゆっくり考えられるかもしれない。

だから最後の一手まで、 イライラを爆発させない為にはどうすればいいのか考えるんです。

スポンサーリンク

最後の一手の爆発を発動させないようにするにはどうすればいいのか。

今ままでは溜まったイライラをどうすればいいのかを考えていました。

今このどうしても爆発してしまいそうなイライラをどう処理すればいいのかを考えていたんです。

でも一歩手前に戻って、爆発を防ぐ。

爆発させない為に出来る事を考えるんです。

イライラは絶対に訪れます。

これから先、何回も何回も訪れます。

その度に爆発させていたら気が付いたら独りぼっちです。

周りが理解してくれていないのか?

違います。

爆発させてしまうからです。

これまで一生懸命積み上げてきた強い信頼も一瞬で浮き飛ぶかもしれない。

だからその爆弾を取り除く為に踏む段取りを決めておく。

具体的な方法なんて本当になんでもいいんです。

何段階になってもいいからとにかくたくさん決めておくんです。

誰かの似顔絵を描くでもいい。

鉛筆を削るでもいい。

その書いたものを消しゴムで消すでもいい。

アイスを食べるでもケーキを食べるでもいい。

筋トレをするでもいい。

なんでもいいんです。

とにかくイライラが爆発しないようにする。

それを決めるといろんなことをしている内に少しずつ落ち着いてくるんです。

そしてイライラの根源みたいなものを考え出すんです。

どうしてイライラしてしまったんだろうって。

何が原因なんだろうって。

スポンサーリンク

ここでやっとイライラの原因を説明出来るまで考える事が出来る。

周囲に自分のイライラを冷静に説明出来るようになればきっと理解してくれる人もいます。

自分自身も、周囲もいい方向へ導く事が出来るようになります。

イライラは伝染するもの。

だけどそのイライラをちゃんと理解出来れば多くのものが改善出来るようになるかもしれません。

多くの環境をいい方向へ変える事が出来るかもしれません。

それがきっかけにいい話し合いが出来るかもしれません。

イライラは全てが悪いものではありません。

何かのきっかけになる可能性だってあるはずです。

冷静になれば周囲にイライラをぶつけたりしません。

言葉で理解してもらえるように説明だって出来るんです。

例えばイライラの原因が仕事であれば伝えるべき人にちゃんと理解してもらえるように説明出来ます。そして解決へ向け話し合う事が出来ます。

イライラの対象が家族でもちゃんと理解してもらえるように説明出来ます。そして解決へ向け話し合いをすることだって出来ます。

イライラの対象がなんであっても自分の中にあるイライラの原因を説明出来るほど理解していれば解決出来る問題だってある。

たくさんあります。

やせ我慢するんじゃなく、イライラを爆発させるわけでもなく。

取り込んでやりましょうよ。

自分の力にしちゃいましょうよ。

逆にもったいないって思えるくらい利用してやりましょうよ。

スポンサーリンク

イライラをキラキラにしてしまいましょう!

イライラしたおかげ!

イライラありがとう!

と。

思えるのか。

思えないか。

無理か。

でも、いい方向になったって実感出来たら思えるでしょ。

イライラしている最中に楽しい事を考えるのなんてまず無理。

壁をぶん殴りたい気持ちだってわかる。

そうする。そうしてた。

でもそれじゃあ結局何も解決してないっていうこと。

一時的にスッキリしたから無理やり心のタンスにしまい込んだ。

それだけ。

次のイライラが来た時にそのタンスからいろんなイライラが出てくるよ。

きっと抑えられなくなる。

そして爆発する。

でもちゃんと自分でイライラを理解して、それに向かってどんな解決方法があるのか考える事が出来ればタンスなんていらない。

心が狭くなるようなタンスはいりません。

だからタンスにしまい込む前にちゃんと冷静になる必要があるんです。

そしてその結果自分がどうするべきなのか。

それをしっかり見極めていけばいい結果になる。はず。

広い心をキラキラでいっぱいにするんだ!

今はまだあいつをぶん殴りてーけどな!