仕事の悩みをぶちまけたら後悔もあるけど真の力も発揮する

仕事

仕事の悩みって誰に相談してもなんか「そんなことで?」って言われそうで言うのが嫌だったんですよね。

なんか弱そうに見られてしまうんじゃないかと。

でもぶちまけたら初めは恥ずかしかったんだけど結果的に解放されたような気がした。

そのままにしたらむしろどこかでトラウマのようになっていたかもしれないし、当然のようにやり過ごせていたかもしれないし。

時間が解決してくれたのかもしれないし、ずっとどこかで引っかかっていたのかもしれない。

過去の事だと思えるまで時間がかかるものだから今は判断が出来ずに悩んでいる。

それなら一度誰でもいいから時間を取ってもらってぶちまけてしまった方が少し楽になると思う。

もちろんそれはそれで勇気がいる事だと思うけど。

でも今はそうしてよかったと思える。

スポンサーリンク

仕事の悩みは解決しないと山積みになる。

放っておくとって感じかもしれないですけどね。

悩みは早く解決してしまった方が割とダメージが少なくて済むのかもしれない。

解決出来ずにいるとその上にまた違う悩みが覆いかぶさって消えないものになってしまうかもしれない。

またはさらに大きな悩みになってしまうかもしれない。

それって。

最悪だな。

それはさすがに困る。

大きくなる前にぶちまけてしまった方がいい。

このぶちまけるっていう表現以外に適切なものが見つからなかったのですいません。

悩みって相談したりすると思うんですけど仕事の悩みって相談というよりもなんか「ぶちまける」っていう表現の方が爽快感もあって伝わるかなって思ったんです。

もちろん職場の人に直接ぶちまけるっていうのも含めてですけどね。

職場で言えない事であればもちろんそれ以外の人に。

ぶちまけてしまえば当然自分の価値は一時的に下がるんです。

仕事が覚えられないとか、同僚が合わないとか、上司がどうのとか。

基本的に仕事に対する悩みも文句みたいなもんじゃないですか。

だから自分としての評価は一時的に下がるかもしれない。

でも評価が下がることを恐れて大きな悩みになる方が後々自分が後悔しそうな気がしませんか?

今ある問題を今すぐに解決するのが一番かもしれないけどそれが出来ないなら可能な限り早く解決してしまう方がいい。

解決するために「ぶちまけようぜ!」って話なんです。

いや。

ほとんどの場合ですよ。

手っ取り早く解決する方法がなにか本当は知っている。

それを隠して仕事をしているから悩みになってしまう。

本当は自分でどうすれば解決するのかわかっているんです。

それが一番手っ取り早く解決する方法だと。

でもそれが出来ないでいるんです。

それをやってしまう事が仕事をする上で多くの人に迷惑をかけてしまうかもしれないからです。

対象がなんであっても自分の心に聞いてみてください。

今すぐに解決する方法はなに?

ふむふむ。

そうですよね。

わかってはいるんです。

でもそれが出来ないって思っちゃうんですよね。

超わかります。

そうすれば自分の悩みは解決されるかもしれない。

実際に解決出来るとは思います。

ただ、それがきっかけで別の悩みになってしまうかもしれない。

超わかります。

でも、次に来る悩みがわかっている方がまだ良くないですかね。

今抱えている悩みが大きくなる方が嫌じゃないですか。

ぶちまけないで悩みがそのままだったらいいですけど、さらに大きくなる可能性だってあるんですよ。

それなら次の悩みがわかっている方が解決も早くなるとは思うんです。

どうせ悩みなんて尽きません。

どうせ乗り越えていかなくちゃいけないんです。

別に大変な方を選んでいるわけでもありません。

単純にクリアするべき悩みが見えているだけなんです。

見えているものだからまだ見えない方を選びたくなってしまうんです。

次に見えた時にはめちゃ大きな悩みになってしまっている可能性だってあるんです。

そんなの。

逆に怖いっす。

いや。

そんな事ないか。

どっちが良いのかわからないですけどね。

もし大きい悩みだったら後悔するわけじゃないですか。

そしてそれを乗り越えたらそれはそれでよかったって思えるかもしれないし。

どれを選んでも結果的に何かを乗り越えなくちゃいけないっていうのは変わらないかも。

ただ悩みをぶちまけたら後悔が残るかもしれない。

悩みって自分では簡単に乗り越えられない事なわけですよ。

だから悩んでるわけです。

それをぶちまけたところで解決するのは自分なんです。

だからぶちまけてもぶちまけなくても何とかクリアしていかなくてはいけないもの。

じゃあどうしてぶちまけたかっていうと自分でもどうすることも出来ないって思ったから。

もうある意味諦めみたいなものだったわけです。

ぶちまける前と比べてどうなったかっていうと自分の悩みを一緒に解決しようとしてくれる人が現れたわけです。

どんな人かっていうと、

自分で抱えている悩みを一生懸命解決しようとして、それでも出来なくて、でも解決したくて頑張って。

ってその姿を見ていた人たちだったわけですよ。

ただぶちまけりゃいいわけじゃないっていうことが言いたいんです。

悩みがあればすぐにぶちまけちゃえー!

みたいな感じではないわけです。

応援なんて必要ないけどもう一人じゃどうする事も出来なかったからぶちまけてしまったのです。

ぶちまけたとしても自分で何とかするっていう気持ちは持ってたんです。

でもぶちまけちゃったんです。

そしたら応援してくれる人がいる事に気が付いたんです。

後から応援する人がいた事に気が付いたわけですよ。

「助けてくれー」

とは言ってないですし。

ぶちまけてしまった。

そういう後悔。

「自分だっさー」

っていう後悔。

でも助けてくれた。

だから今は感謝しております。

そして迷惑をかけてしまった事を本当に後悔しています。

だって。

自分の悩みを応援してくれる人は新たな悩みが追加される。

悩み連鎖状態。

今は解決することが出来たんですけどね。

でもその時は「悩ませてしまった」んですよ。

他の悩みもあっただろうに、自分のせいで新たな悩みを追加してしまったんです。

本当に申し訳ない気持ちになりました。

逆にその事で悩んでしまうくらい申し訳ない気持ち。

それもまた後悔している部分でもあります。

だけど力になってくれたんです。

ありがたいことに。

だから何か悩みがあったら応援するって決めました。

必ず力になってあげなくてはいけないと思いました。

直接的な悩み解決に繋がったアドバイスだったり行動をしてくれたんですから。

だから今後何か悩みがあって一人では解決出来ない事があれば力になりたいと思ったわけです。

そのきっかけが自分が悩みをぶちまけるっていうパンクした時。

と同時に応援してくれる人の悩みを増やしてしまった時。

って考えると。

やっぱり誰にも頼りたくないって思う人もいるでしょうし、

実際に応援してくれる人がいるのかどうかもわからないわけですよ。

たまたまそうなった。

ほとんどの場合がたまたまそうなった。

たまたまの連続。

もはや奇跡みたいなもんなんです。

予想なんて出来ないじゃないですか。

今目の前にある悩みを解決出来る方法があって、それを実行したとしてもその後予想した通りになるとは限らない。

だとしたらですよ。

悩みをぶちまけようがぶちまけまいが、予想通りに進む事なんて滅多にない。

その予想外に常に対応していかなくちゃいけないんです。

たぶんこれって個人的な問題だけじゃないかもしれないなって思ったんです。

 

団体スポーツでも会社でもきっと一緒なんです。

大きな見通しを立てても全てがその通りに進むわけではない。

絶対につまずく。

でもその度に修正しているんです。

修正を繰り返していく内に出来上がっていくんだと思うんです。

悩みっていうのはその修正が必要なきっかけなような気がするんです。

自分を修正する。またはその周りにも修正が必要な時。

その修正をしないと大きな目標なんて達成出来ないんです。

諦めない事もすごく重要だと思います。

でもその度に修正する力を持たなくてはいけないって思いました。

今目の前にある悩みってやっぱり修正が必要なんです。

何かを修正しないといけない時なんです。

そうじゃないとずっと修正出来ないまま大きな問題になるかもしれない。

すぐに気が付いて、すぐに修正出来る人っていうのは目標へも早く辿りつけるんだと思う。

そしてその問題や悩みが次に起こってもすぐに解決する術を身に着けていると思う。

だからたくさんの悩みを解決していく方がその修正する力は大きいんじゃないかなと。

だって今後どんな事が起こるのかってわからないじゃないですか。

ほとんど予想は出来ない。

でも強いチームっていうのはどんな事態にもすぐに対応出来るように準備されているものなんじゃないでしょうか。

だからずっと強いんじゃないでしょうか。

いきなりサッカーの話をすると、やっぱり強いチームって選手層が厚いじゃないですか。

それってもし選手がケガをしてしまってもそのポジションの穴埋めが出来る選手がいるってことじゃないですか。

だからずっと強い。

ずっと強豪チームであることっていうのはそういった事態でもすぐに修正が出来るようになっているんじゃないかなって。

「仕事での悩みをぶちまける」っていう起きた事も無いエラーのおかげで修正する術を得たようなもんです。

それに伴って迷惑をかけてしまったと思うのは間違っていない。

だってサッカー選手がケガをした時に結果的にチームが負けてしまったら自分の責任だって思うでしょう。

勝つためにケガをしない体を作ろうって思うでしょう。

チームとしてはケガをしないように何が出来るのかって見直すでしょう。

グラウンドが悪いのか。

トレーニング器具が悪いのか。

相手の選手が悪いのか。

自分の体が弱いのか。

修正が必要になるんです。

そして修正された時に真の力を発揮出来るんじゃないでしょうか。

眠っているパワーを引き出せるようになるんじゃないでしょうか。

悩みっていうのは真の力を引き出すきっかけなのかもしれない。

あなたの力はまだまだ眠っているままのものがあるんです。

だから悩むんです。

それを解決することで真の力を引き出せるようになるかもしれません。

だから完全なる力が発揮出来るようになるまでは修正が必要なんです。

「悩みをぶちまけた」「悩みをぶちまけない」

どっちでも悩みはそのままなんです。

ぶちまけたからって悩みが解決するわけじゃない。

新たな悩みが出来るかもしれない。

だからと言って悩みをぶちまけないとしても結果的には解決しないといけない。

どっちでも解決しなくてはいけないんです。

そして解決したらしたでまた新たな悩みが現れる。

出現する。

でもそれを乗り越える度に自分の真の力が目覚めるんです。

修正を繰り返す内にその真の力の出し方を覚えていくんです。

いきなり真の力を発揮出来る人なんてきっといません。

どんなに有名な人でも多くの悩みを解決してきたはずです。

その結果、有名になる程の力を発揮出来たんじゃないかなって思います。

決して有名になりたいわけじゃなくても悩みはある。

必ずあるんです。

だけどその度に解決出来ないんじゃしょうがない。

だってすんごい才能があるってわかっているんですよ?

悩みがあるっていうのは自分の体が真の力を発揮したくてウズウズしている状態なのかもしれないんですよ。

悩みがあるっていうことはまだ力が隠されているっていうことだと思うんです。

悩みが無いっていうのはその力が解放されたっていうことなんじゃないかなって思うんです。

悩みが無い方がいいに決まってます。

悩みたくなんてありません。

でも悩みがあるっていうのはまだまだ自分の中に使われていない力が隠されているっていうこと。

だから少しでも早くその悩みを解決したいって思うのはめちゃくちゃ良い事だと思うんです。

その気持ちの焦りでさらに悩みが増えることもあるかもしれません。

ただ、全ての事が修正を繰り返して来て完成されるんです。

今道路を走っている車があるじゃないですか。

いきなりあれだけの耐久力があったと思いますか?

絶対にない。

ありえない。

修正の連続であれだけ強化されてきたんです。

それは鉄の可能性。タイヤの可能性。

車の可能性。

その潜在能力を発揮することに繋がったんです。

車の真の力はまだ眠っています。

自動運転や事故がないように。

空を飛べるように。

雪でも滑らないように。

もっと便利に。

でもそれを実現するのは修正の連続です。

修正して、問題があって、修正して、問題があって。

それしか真の力を発揮する方法なんてないんです!

だから、

もっと悩みこいや!

悩ませてみーや!

バッチこいやー!

って思えたら最高です。

そのくらい強い人になれればさぞかし楽しいのではないでしょうか。

どちらかと自分はこれ以上の悩みはノーセンキューです。

またぶちまけて迷惑をかけてしまう人が増えるかもしれませんし。

って思うとそれを実現する為の悩みが出てくるんです。

やっぱり悩みは尽きません。

自分はまだまだということでしょう。

くそが!

仕事
この記事を共有する
daimaruをフォローする
過小評価され過ぎアーティスト

過小評価され過ぎなアーティスト、「楽屋シンジ」さん。

この方、作ってる音楽は素敵なのに評価が低い。

むしろ誰にも評価されてない。

あまりにも残念なので応援したい。

ポップな音楽だから多くの人にそれなりの評価を貰えそうなのに圧倒的に露出が少ない。

なのでこのブログを通してお勧めしたい。

もったいないなぁとつくづく思う。

「楽屋シンジ」さんのYouTubeチャンネルを貼っておきますのでとにかく一回聴いてチャンネル登録してあげましょう!

みんなで!

あれんじ

どうか感想をください。

タイトルとURLをコピーしました